【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

前面が垂直な擁壁を施工しようとしている場所へ、
ブロック積みもしくは
二段式の擁壁(ブロック積みの基礎が擁壁タイプのもの)
を施工する場合、経済的な理由以外になにか妥当な
変更の理由があるでしょうか?
どんな場合でもかまわないのでよろしく御願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

5mの垂直擁壁ですと、現場打ち逆T擁壁ですね。

(最近は2次製品もあるかも・・・)
ブロック積みの採用が可能だということは、土圧が余り掛からない切土部でしょうか。

逆T不採用の理由としては
構造的には
1.滑動:主動土圧に耐えられない。
2.転倒:ミドルサードを外れる。
3.地盤反力:地盤反力が不足している。

施工条件としては
1.クレーンが現場に進入できない。または作業半径に入らない。
2.工期の短縮のため。

ただ5mを越える擁壁は、下に家屋や道路があるなどの現場条件によっては重要構造物と言えるので、耐震設計を含め慎重な判断が必要だと思います。

2段式擁壁は接合部の構造によっては、耐震設計に問題がある場合があるので、注意が必要だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
ただ、擁壁は逆Tではなく
前面が垂直で
後背(土圧をうける側)が1:0.35(図面が手元にないので不確かですが)の勾配になっているタイプの
重力式擁壁です。
重力式擁壁の不採用理由はあるのでしょうか?

でも参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2004/01/13 04:14

重力式ですとやはり自重が大きいので、地盤反力の不足が考えられます。


変更理由を探す場合は、二つの荷重などを比較表にしてみると違いがはっきりしてくると思います。
構造計算のチェックにもなりますし。
    • good
    • 0

あなたの土地の話ですか?


また、どのような地形なのでしょう?
あなたは、オーナー?それとも設計者?
目的は、金額ですか?
偽名ですから、出来るだけ詳しく書かないと、レスが付きにくいように思います。

この回答への補足

そうですね。
えと。他の方の土地です。
といっても山の中でして。
設計してるのですが。
前面が垂直のタイプの擁壁であったものを、
二段式擁壁へ変えて経済的にしたいのですが、
変更の理由としてそれは理由にならないんですね。
それで妥当な理由はないものか悩んでるのですが、

ブロックを擁壁に変えるなら、水平土被り厚が足りない等理由はあると思うのですが、逆となると理由が
見当たらなくて。。
地形は斜面(三十度未満)です。床堀り部(基礎部)は岩の箇所もあれば土砂の箇所もあります。
地形的にはかなり急峻な箇所でして。。。
当初5.0mタイプの擁壁(前面垂直)を設計しているのですが、ここに6.0mタイプの二段式擁壁を施工したいと
思ってます。

ぶっちゃけ当初の設計を経済比較してないのが
理由なんですが。。当初は他の方が設計していて
(´;ェ;`)ウゥ・・・

よろしく御願いします。

補足日時:2004/01/12 22:53
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q現場打ちの集水桝に鉄筋は必要でしょうか?

現場打ちの集水桝に鉄筋は必要でしょうか?何か基準書等があるのでしょうか?
(車道、内深1m未満、壁圧150mmです)

Aベストアンサー

国土交通省土木構造物標準設計より下記の寸法を一部でも超える場合は設計計算を行い、必要に応じて鉄筋を配置することになっています。
・蓋に輪荷重が作用する場合 1000×1000×1400
・蓋に輪荷重が作用しない場合 1500×1500×2000
(ただし深さが1000を超える場合の壁厚は200)
ご質問のケースは平面寸法が解らないので判断できません。
道路管理者の設計基準(市町村で独自基準がない場合は県、地方整備局)の確認してください。

Qライニング水路って何?

専門用語みたいなんですがライニング水路と無ライニング水路の違いはなんですか?

Aベストアンサー

ライニング水路は、水路の側面又は底をセメント等で舗装してある水路で、素掘りのままの水路を無ライニングと言うようです。

参考URL:http://www.town.rokugo.akita.jp/mizusigen/c_04.html

Q土木の縦断図で以下の2つの質問があります。

土木の縦断図で以下の2つの質問があります。

(1)バーチカルが出てきたのですが、どのように計算して作図すればよいのでしょうか?
R=○○、L=○○とありますが、L=○○はわかりますが、R=○○がよくわかりません。
L=○○の範囲でR=○○で円弧を描くということでしょうか?
AUTOCADで作図できずにこまっています。

(2)片勾配のすりつけ図の描き方がよくわかりません。
破線と実線がありますが、これは左側が実線?破線?この片勾配とは道路中心から見ての話なのかそれとも低い方?高い方?どちらなのでしょうか?

Aベストアンサー

(1) 縦断曲線について
 縦断曲線半径は、変化点の前後の縦断勾配と必要な縦断曲線長により決まります。縦断曲線長および縦断曲線半径は、その道路の設計速度により「道路構造令」で最低値が定められています。
 計算方法は、縦断曲線長=L、縦断曲線半径=R、勾配の代数差=Δiとすると、

R=100×(L/Δi)
L=(R/100)×Δi

 ただし、縦断図の場合は水平方向と垂直方向で縮尺が異なる場合がほとんどです。したがって、計算上の縦断曲線半径でそのまま作図することは出来ません。厳密に言えば、前後の縦断線形に接し、縮尺の縦横比に応じた楕円弧となります。
 そのような曲線をいちいち設定して描くのは効率が悪いので、通常(というか私のやり方ですが)は変化点における計画高さ(縦断曲線を考慮した高さ)と縦断曲線両端の高さの3点を結ぶ曲線を描きます。
 AUTO-CADで3点指示曲線が描けるかどうかは判りませんが、可能であればこれが最も現実的なやり方でしょう。

(2) 片勾配すりつけ図について
 左側が実線、右側が破線です。片勾配はあくまでも道路中心から見ての勾配です。従って、一般的な直線区間では、両側ともマイナス表示となります。

(1) 縦断曲線について
 縦断曲線半径は、変化点の前後の縦断勾配と必要な縦断曲線長により決まります。縦断曲線長および縦断曲線半径は、その道路の設計速度により「道路構造令」で最低値が定められています。
 計算方法は、縦断曲線長=L、縦断曲線半径=R、勾配の代数差=Δiとすると、

R=100×(L/Δi)
L=(R/100)×Δi

 ただし、縦断図の場合は水平方向と垂直方向で縮尺が異なる場合がほとんどです。したがって、計算上の縦断曲線半径でそのまま作図することは出来ません。厳密に言えば、...続きを読む

Q縞鋼板のCADデータを探しております。

どなたか教えてください。
縞鋼板のCADデータを無料でダウンロードできるサイトを探しております。
模様はメーカーを問いませんので縞鋼板模様なら問題ありません。
DWGかDXFの形式を希望しております。

御存知の方はお知らせ下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

↓こんなものがありました。
お試しください。

参考URL:http://nihon-pit.co.jp/HP/cad-data.htm

Q擁壁の工作物申請について

擁壁の工作物申請について教えてください。
・高さ2mを超える擁壁は工作物申請(確認申請)が必要と聞きました。
高さ2mとは、工作物自体の高さですか、それとも敷地の高低差のこと
をさしているのでしょうか?
擁壁の高さに関しての根拠や条文等があれば教えてください。

Aベストアンサー

No.1の回答へのお礼の文中の質疑に対して、
その場合、対象外です。
擁壁を必要とする敷地の高低差で判断します。
簡単に説明しますと、
擁壁が支える荷重(主動土圧)とその荷重に対抗する荷重(受動土圧)によって計算されます。
その際、主動土圧は擁壁の全高(躯体高さ)で算出しますが、擁壁が低い方の地盤(質問の場合は、道路面です。)より深い位置に擁壁の底版を築造しますから、道路面より深い部分には主動土圧に対抗する力である受動土圧が発生します。
結果、道路面より深く擁壁を築造すれば、安全側になります。
擁壁の高低差2.0m以上と考えるのではなく、敷地の高低差2.0m以上と考えるのです。

Qアスファルトの重さ(t)をm3に置き換えたい。。。

アスファルトの重さ(t)をm3に置き換えるにはどのような計算になるのでしょうか?
誰か詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

アスファルトは重量(t)で出荷します。基本的には体積を算出し、単位重量を掛けます。通常使用する密粒度13mm、舗装厚0.05m(50mm)とします。面積(m2)×厚さ(m)×2.35となりますが、さらに転圧減量として1.08を掛けます。これで算出された数量が使用重量(t)となります。
(以上引用)
 ですから、Xtのアスファルトは、X÷2.538(立方メートル)となります。
例によって、受け売りでした。(^_^;)

参考URL:http://www.setsubi-forum.jp/cgi-bin/c-board/data/construction/log/tree_105.htm

Qセメントと砂の配合について

モルタルを作る際のセメントと砂の配合についてなんですが、
一般的に1対2から1対3といわれてますがこれらはどういう違いが出てくるのでしょうか?
もし1対1とかにするとどうなりますでしょうか?

Aベストアンサー

no2で回答したものです。

ご質問の主旨がイマイチ解りませんが、
砂・セメントの調合比率と強度の関係を知りたいのでしょうか?

まず最初に、調合比率ですが、概ねセメント1に対して砂2~最大4ぐらいです。
この調合比率は 強度では無く用途で調合割り合いを変更するケースがほとんどです。

では次に、強度ですが、残念ながら1:2の場合は○○Nとか1:3の場合いには○○N と決まっている訳ではありません。 おそらく大学の研究室で実験しないと解らないと思います。

ちなみに、国土交通省が建築工事改修基準書という本を出していますが残念ですが その本にも強度は記載されていません。

では、どの様な基準があるか? となりますが、普通コンクリートの場合(コンクリートミキサー車で運んで来るものです) スランプ率15~18が一般コンクリート強度と表されています。
 しかし、普通コンクリート強度は、中に入れる鉄筋の太さ、数量などで強度が変わって来ますので、それ自体では強度の計算も確認もできないのが実際です。

ゆきつくところ、実際 砂セメントの調合比率・添加する水の量でどれだけの強度となるのかを知っている人は居ないということですし、調合比率で A+B=C みたいな計算式は成り立たないということです。

例えば、厚さ15センチのモルタルの板でも、ごく普通のサラリーマンでもハンマーで割ることが出来ます。

ですので、砂・セメント・水の調合比率で強度を計算することは不可能です。 どうしても知りたければ、大学の研究室に依頼して実験をしてもらう以外にないと思います。

最後に、最初に調合比率は用途でほほ決まると書きましたが、これも左官屋さんの経験値で変わります。
例えば、壁とかを塗る場合には、1:2 ぐらい
土間などを打つ時は(駐車場など)1:3 ぐらい
捨てコン とか、敷石などを固定するときなどは 1:4ぐらい
が一般的です。
『ぐらい』としか書けないのは、その時の施工条件、気温、湿度、施工部位、目的、砂質などで毎回変わるからです。そしてそれらを決めるのは左官屋さんの経験値と腕です。

いずれにしましても、大工にしても、塗装にしても左官にしてもそうですが、職人は今の時代でも 大工10年 左官7年 塗装3年 ぐらいの修行は最低して来ないと一人前と認められません。
つまりは、『こうすればこうなる』などという簡単な公式はありませんので それだけ経験して、実際に勉強してやっと一人前になるぐらいの難しさがあるということです。

no2で回答したものです。

ご質問の主旨がイマイチ解りませんが、
砂・セメントの調合比率と強度の関係を知りたいのでしょうか?

まず最初に、調合比率ですが、概ねセメント1に対して砂2~最大4ぐらいです。
この調合比率は 強度では無く用途で調合割り合いを変更するケースがほとんどです。

では次に、強度ですが、残念ながら1:2の場合は○○Nとか1:3の場合いには○○N と決まっている訳ではありません。 おそらく大学の研究室で実験しないと解らないと思います。

ちなみに、国土交通省が建築工...続きを読む

Q砕石 クラッシャランと粒度調整砕石の違いは?使い分けは?

庭にレンガを敷設しようと思っているのですが、路盤材はクラッシャランC‐40がよいか、粒度調整砕石M‐30がよいか迷っています。
違いと、それぞれに向いた使い分けがわかりません。
解るかたいらしたらよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 クラッシャランも粒調砕石も路盤材として使用する材料ですが、クラッシャランは下層路盤か路盤を単層で施工する場合に使用するのに対し、粒調砕石は上層路盤に使用します。
 通常、道路の路盤は上層と下層に分けて設計・施工します。道路の舗装を設計する場合、大型車の交通量などから必要とする強度を求め、それをすべてアスファルト・コンクリートで施工した場合の厚さを等値換算厚さと呼びます。実際そのようにすると、非常に不経済となるので、より安価な材料で置き換えるわけですが、その場合にその材質がアスファルトに換算するとどのくらいの厚さに相当するかを算定するための係数があり、これを等値換算係数と呼びます。この係数が大きいほどよりアスファルトに近い効果があるといえます。
 クラッシャランの等値換算係数は0.25、粒調砕石は0.35です。つまり、同じ厚さであれば、粒調砕石の方が大きな強度を得られるわけです。
 ただし、粒調砕石はクラッシャランよりも高価で、地域によっては良質なものが入手しにくい場合もあります。そのため、一般的には粒調砕石の施工厚さを小さめにして、下層路盤であるクラッシャランを厚くします。歩道などの荷重が小さきところはクラッシャランのみで路盤を施工します。

 レンガ舗装とのことですが、車の荷重を考慮しないかもしくは駐車場程度の車載荷重であれば、クラッシャランで十分でしょう。ただし、レンガ自体が車などの大きな荷重に対して弱いので、下地としてコンクリート版の施工が必要な場合があります。コンクリートブロックを並べる場合でも、車載荷重が考えられる場合は10cm程度の厚さでコンクリート版を施工するのが普通です。
 群衆荷重(要は人のみ)を考えるのであれば、路盤の厚さは10cmもあれば十分ですが、その場合でも転圧による減量を考慮する必要があるので、投入量は必要な体積(面積×厚さ)の2割程度の割り増しを見込んだ方がよいです。

 クラッシャランも粒調砕石も路盤材として使用する材料ですが、クラッシャランは下層路盤か路盤を単層で施工する場合に使用するのに対し、粒調砕石は上層路盤に使用します。
 通常、道路の路盤は上層と下層に分けて設計・施工します。道路の舗装を設計する場合、大型車の交通量などから必要とする強度を求め、それをすべてアスファルト・コンクリートで施工した場合の厚さを等値換算厚さと呼びます。実際そのようにすると、非常に不経済となるので、より安価な材料で置き換えるわけですが、その場合にその材質...続きを読む


人気Q&Aランキング