痔になりやすい生活習慣とは?

デルタ航空のスカイマイルの上級会員になりたいと思い、
調べたところ、デルタアメックスゴールドカードを持てば、
ゴールドメダリオンになれるということを知りました。

サイトで申込みをすると、5,000円のキャッシュバックもあるようなのですが、
実質年会費は22,300円になると思うのですが、このカードは年会費分の元は取れるでしょうか?


デルタアメックスカード所有者の方のご意見がいただければと思います。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

デルタアメックスゴールド保持者です。


細かい計算はtsuyoshi2004さんがしていらっしゃるので割愛します。
デルタアメックスゴールドの最大のメリットはそれを保持しているだけで、デルタ航空のゴールドメダリオンステータスが与えられることです。他のカードではあり得ません。
これは通常年間50000マイルの飛行をするか、60回飛行機に乗らないと与えられないステータスで、ゴールド会員以上だと、飛行機を使うときにはかなり優遇されます。

たとえば、チケットがエコノミーでも下記の特典が受けられます。
1.ビジネスクラスのカウンターで優先チェックイン
2.エアラインラウンジ無料(同伴者1名迄無料)
3.ファーストクラスの次に搭乗できる
4.到着空港で、預け荷物が早く出てくる
など、エコノミーチケットであってもかなり優遇されます。ちょっとした優越感もあじわえる?
これはスカイチームの航空会社であればどこでも同等のサービスを受けられますので大韓航空で韓国へ行く時でもサービスが受けられます。

このカードはスカイチームの航空会社を使うことが多く、スカイチームのマイルを貯めたいという人には最強のカードだと思いますが、スカイチームの航空会社を使わない人には何の魅力もないカードといえます。

余談ですがデルタスカイマイルの良いところは、マイルに有効期限が無いということです。
他のほとんどの航空会社はマイルに有効期限を設けていて、有効期限が過ぎると消滅してしまい。使いたいのに使えなかった、ということがあります。私もJ☆LカードCLUB-Aのマイレージバンクを持っていましたが、有効期限内に使うことがほとんど出来ませんでしたのでデルタアメックスゴールドに乗り換えました。
私は北米と韓国に行くことが多いのでデルタスカイマイルの方が都合が良いという判断です。

ちなみに、国内海外問わず、アメックスが使えないところがあるので、私はメインのカードをデルタアメックスゴールドにし、サブで年会費無料のAEON・JALマイレージMasterカードと楽天VISAカードを持っています。メイン以外は年会費を払うのがもったいないですよ。

また、アメックスはJCBと提携していますので、アメックスの表示が無くてもJCBを取り扱っているお店ならアメックスが使えます。一度お試しあれ。
    • good
    • 3

デルタのアメックスゴールドカード会員です。


(元々アメックスのゴールド会員だったので、旧カードを解約してデルタアメックスのゴールドに入会しました。)

まあ、説明どおりですね。
デルタのゴールドメダリオン特典(スカイチームエリートプラス特典)の主なもの
1)スカイクラブラウンジ(同行者1名まで可能)
スカイチームの国際線に搭乗する際は、各スカイチームのラウンジが使えます。
2)優先チェックインと優先搭乗
ビジネスクラスなどのカウンターでチェックインができます。
3)ボーナスマイル
通常のマイルと同数のマイルがボーナスとして加算されます。
4)無料預託荷物の増量(一緒に予約した人にも適用)
地域などにより違いますが、手荷物1個分が増えます。
日本発の国際線だと3個まで無料です。

デルタアメックスの特典
1)100円に付き1マイル
これは、普通のアメックスでもあまり変わりありません。
(年間3150円でメンバーシップリワードプラスにしておけば、ポイントのマイルへの移行でも同じ比率です。)
2)デルタ航空のウェブや機内での使用では、100円につき3マイル
3)海外での使用分(外貨建てでの使用分)は、100円で1.25マイル
4)毎年更新のたびに3000マイル

その他に関しては、特に通常のアメックスとの違いはないようですね。

ここで、試算してみると・・・・(入会ボーナスは加味してません。)

仮に、年に一度デルタ航空のウェブで買った航空券で旅行するとして(行き先は片道5000マイルで往復で10万円と仮定しました)

10万円の支払いで通常マイルに比して2000マイルの増
往復1万マイルのボーナスマイル
現地での滞在費が仮に10万円だとして250マイルの増
年間3000マイルの付与
合計で約1万7千マイルが通常のクレジットやマイレージカードよりも特になります。
ラウンジなどのメリットを換算するのは難しいですが、仮に1回の使用を千円(空港内の飲食店でお茶などを飲むことを想定しました。)として行き返り共に利用して、2千円
増加するマイルを年会費27000円-2000円=2万5千円で割ると1マイル1.5円くらいですね。
スカイマイルでのマイルの購入は2.8円/マイル+手数料ですが、キャンペーンなどだと実質1.5円くらいになるときもあります。

個人的な結論としては、
最低でも年1回はデルタ航空で航空券を購入して利用する
ので、あれば損はしないかなと思います。
一緒に海外旅行に行く人がいれば、更に良し
といったところではないでしょうか?

逆に言えば、デルタ航空を滅多に使わなかったり、使っても近距離やパック旅行が多いと元を取るのは困難かもしれませんね。(デルタ航空からの直接の購入以外は3倍のマイルが付きません。)

ちなみに私は、大抵嫁と年に1回は海外に行くので、元は取れていると思っています。
(デルタ航空の安かろう悪かろうのサービスは許容の範囲だと割り切ってます。)
    • good
    • 2

入会するだけでゴールドメダリオンになれるのは本当のようですが、付帯サービスを使いこなせれば「元は取れる」し、入会だけして旅行もしない方には元は取れないことになると思います。

個人の価値観次第のところもあると思います。
「上級会員になりたい」目的を22,300円で果たせるなら、それだけでほぼ元は取れることになるのではないですか?

年4~5回ペースで旅行はしてもスカイチーム航空会社はほとんど利用する機会がない私の場合は「元は取れない」で確定ですが、質問者さんは、上級会員の恩恵を受ける機会がどれぐらいあるでしょう?興味を持ったという時点で、年数回は海外旅行されている方だとは思いますが・・・
以下に、さらにメリットが詳しく書かれていましたので、参考にしてみてください。
http://www.mile-tokutoku.com/technique/elite_del …

それから、アメックスはすこぶる評判悪いです。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7489116.html
付帯サービスは充実しているように見えても、加盟店は最近減っているようなので、特に日本国内で「クレジットカードとして」使えない場面に遭遇することは今後、増えていくと思います。
「クレジットカードとして」として使えなければ、ショッピングマイルは貯まらないことになります。
デメリットも知った上で、それが許容範囲だと思えるようなら、入会してよいと思います。
    • good
    • 1

在米ですのでご参考になるかどうかわかりませんが・・・。


日本では入会するだけで、ゴールドメダリオンになれるんですか? ちょっと、信じがたい。(失礼!)
でも、ゴールドメダリオンになっても、エコノミーで旅行だと無料ではラウンジつかえませんよね。

アメリカではそんなこと(ゴールドメダリオンになれること)はありません。 こちらで入会しましたが、あまりメリットもないし、年会費が高いので1年で退会しました。

こちらでは、入会時にラウンジ利用券が2枚 もらえたのと、 アメリカ国内線の預け荷物が無料になる、という特典だけでした。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q航空会社の上級会員の中で勘違いする人、何故なのか?

昨今どうしてこんなにも、お手本となるべく航空会社の上級会員というだけで勘違いする人が多いのでしょう??

私は先日アメリカから成田迄、デルタ航空を利用、そしてその中で座席はエコノミーコンフォート席に座っておりました。この座席は言葉の通り、
エコノミーよりは少しは快適さを売りにしており(実際はエコノミー席とは殆ど差がありません)、デルタで言えば上級会員のプラチナメンダリオン以上は無料で座れます。
私は、デルタではプラチナ会員なので無料でこの席に座り、仕事を終え寝不足という事もあり長時間のフライトでこの席では寝ようと思ってました。
しかし、この11時間余りのフライトは最悪のフライトとなり、大変不快な思いを経験しました。

今回は行きはMクラスのチケットを購入し日本からは自分のマイルを追加してUPグレードして、Cクラスでアメリカに入り、帰りはエコノミーコンフォートを手配してました。

私は前方の席で窓からの通路側席でした。シートを倒すと真後ろの席の白人年配者の男性が、こちらが吐きそうになる位、何度も後から蹴りを入れて、最初は偶然かと思ってましたが、その尋常でない蹴りに恐怖を感じてました。そして私がトイレの為に席を外し、席に戻ると何とその男性が私のシート席を勝手に元の離陸時の位置に戻していたのです。

そしていざシートを倒そうとしても、後から押さえていて、一向にシートは倒せず、たまりかねた私は、それを確かめる為にも再度トイレに行く振りをして、後のその男性の行為を見ました。
何とその男性は膝で私の席を押さえて一向に倒せない様に、故意にしていたのです。
何度も蹴りを入れられていたのは、この男性が故意にしていた事であった確信したのです。
そして私は後に行き、外人の女性乗務員に伝えました。
☆蹴りを入れられていた事
☆トイレで席を外した隙に勝手に私の席を戻し、一向に倒せない様にされている
↑↑できれば乗務員から注意して下さいと。

そして彼女もその行為を身に行き確認し注意をしてくれて、私はシートを倒せる事になりました。
私はある程度英語はできますが、その男性の言い分はこうです「俺はダイヤモンド会員なんだ!だから前の席を倒されたら狭くなるだろ不快だ!!」と。でもその男性は自分のシートは倒しているのです!

信じられません!これはダイヤモンドである上級会員が発する言葉なのでしょうか?勿論、上級会員でなくても、通用しない事だと思います。私もデルタではプラチナ会員であり、他の航空会社でも同じレベルの会員ですが一度たりとも、そんな発想は思いつきもしない事です。
ましてや、そんな事が通用するのでしょうか?
結局、その白人男性ですが、最初は女性乗務員に注意され、次に納得が行かないという事で上席乗務員、更に最終的に上席の責任者が来て、彼に言い放ちました
「貴方の言う事は通用しない、確かにダイヤモンドでお世話になってはいるが、これ以上納得いかないのなら、Get Out Here!!!」と!!
その通りであり、この男性は最終的には上席責任者には、態度を一変して謝罪ばかりしてました。これは航空会社のブラックリストに載るからでしょう。
年齢でいえばもう70歳代程の男性です。
しかしこの男性は注意された後も、乗務員が去った後に、乗務員が見てない暗闇で態度として蹴りを入れてきてたのです。
私は女性ですし年齢的にも若いので、異常者と関わるのは嫌だった事もありただ、もう最終的には我慢しました。

11時間余りのフライトでの睡眠は結果としては妨害され、この尋常でない大きな勘違いをしている上級会員の態度はまず許されない行為であると思うのです。
そんなに快適な席に座りたいのならCクラスのチケットを買うか、Mクラスチケットを購入し自分のマイルでUPグレードしろ!と声を大にして言いたいのです。

皆様がこんな事を後の人にされたらどうしますか? それが外人だった場合です。

上級会員である事がそんなにも偉いとは私は決して思いません、何を勘違いしているのでしょう!?それは今回のデルタに限らず、JALでも非常に多いです。
日本の大手航空会社でも上級会員が勘違いしていて、何でこの席なんだ!と言っている人に何度も遭遇しているが、はっ?上級会員がどうしたの?「So What!?」と言いたい。
同じレーンで並びチェックインしている者としては、本当にやめてほしいし恥ずかしい。日本人としてもやめてほしい行為である。
聞いていて、ほとほと呆れます。私は上級会員だからといって、UPグレードや特別な扱いを受けるのは当然とは思いません、そしてその様に思う神経が理解できません。
一体何故こんなにも勘違いする人が多く、またこれ見よがしにステイタスを自慢するのでしょうか?

ちなみに今回デルタの私の通路側の席を挟んで隣の初老白人は1Mでしたが(100万マイルフライヤー)とても腰が低く私にも優しかったです。
その初老は私の後ろの男性には首をかしげて笑ってました・・・・
ある意味、この初老こそが本当の上級会員のあるべき余裕と姿なんだなと思いました。
いちいち自分で、●●会員なんだから!という人間に限って、勘違いしていると思うのです。
いい席に座りたいのであれば、ケチらずお金を払うか自分のマイルを使え!!と思います。
私は、自分の意志でCクラスに乗りたい時には、そうしてます。

昨今どうしてこんなにも、お手本となるべく航空会社の上級会員というだけで勘違いする人が多いのでしょう??

私は先日アメリカから成田迄、デルタ航空を利用、そしてその中で座席はエコノミーコンフォート席に座っておりました。この座席は言葉の通り、
エコノミーよりは少しは快適さを売りにしており(実際はエコノミー席とは殆ど差がありません)、デルタで言えば上級会員のプラチナメンダリオン以上は無料で座れます。
私は、デルタではプラチナ会員なので無料でこの席に座り、仕事を終え寝不足という事もあ...続きを読む

Aベストアンサー

文章を読ませてもらって私が感じたことは、気分を悪くしないでいただきたいですが、あなた自身もすごく「上級会員を意識している」ということです。

そのアホな外人は最も軽蔑されるべき人間です。そのバカガイジンは、たまたまあこがれの上級会員になれたから日ごろの欲求不満で歪んだ心が露呈したんでしょうね。

一方、あなたが言うように、日本人でも威張った人が多くいます。クソジジイという感じですね。常日頃だれからも相手をされないので乗務員に対してステイタスを威張って示したいのでしょうね。会社の使い走りで飛行機に乗る機会が多いから(つまり会社のお金で)上級会員になれただけのことですから何も威張る要素は無いのに寂しい心が見えてしまいます。

実は私もJALのダイヤです。その他のエアラインにもステイタスがあります。私は全額自腹で旅行を続けておりましたが、そういうステイタスにこだわるのはもう止めにしたいと思っています。かつては「修業」と称して無意味に大気圏にCO2を撒き散らしていた頃もありましたが今ではそれを後悔しています。

そんな私から見ると上級会員が変に威張るのも、そういう上級会員を変にけなすのも同じ範疇のように見えてしまいます。

もうひとつ、そういう状況がエアライン側にも分かったのになぜ席を変わってもらえなかったのか?という素朴な疑問があります。その人がどのように変化するか一部始終を見学したいという悪趣味な心理があなたにあったからじゃないでしょうか?英語がお上手なのに疑問に感じました。

最後は余分なことだったかも知れませんが、注意されてさらに蹴りを入れられたにも関わらず我慢したというのは信じられません。

文章を読ませてもらって私が感じたことは、気分を悪くしないでいただきたいですが、あなた自身もすごく「上級会員を意識している」ということです。

そのアホな外人は最も軽蔑されるべき人間です。そのバカガイジンは、たまたまあこがれの上級会員になれたから日ごろの欲求不満で歪んだ心が露呈したんでしょうね。

一方、あなたが言うように、日本人でも威張った人が多くいます。クソジジイという感じですね。常日頃だれからも相手をされないので乗務員に対してステイタスを威張って示したいのでしょうね。会社...続きを読む

Qマイレージ上級会員を目指したいです。

上級会員について教えていただきたくて質問させていただきます。
まず、私の希望は、
1、上級会員になるべく少ないマイレージでなりたい(都合よくてすいません。)
2、一旦なったら、年会費を払って継続したい。
スターアライアンスとワンワールド 両方に上級会員がありますね。
JALは毎年たくさん乗らないと継続ができないようですが、
http://tabiatama.cool.ne.jp/hotel/gold.htm
によると、
スターアライアンスならば、年会費で継続ができるようですね。

もう少し詳しい情報をご存知の方、
どこの航空会社(上記URLでいくとエアカナダ)のマイレージプログラムでためていけば一番近道でしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは、フィンエアーの件で回答して以来になるかと思います。その際補足頂いた必要マイル数の表は私にとっても参考になりました。ありがとうございました。

私は現在、ANAマイレージクラブのスーパーフライヤーズカード会員です。
ご希望の条件に近いのはやはり
(1)JALマイレージバンク(JMB)でサファイヤ会員以上となり、JALグローバルクラブ(JGC)に入会
(2)ANAマイレージクラブ(AMC)でプラチナサービス会員以上となり、スーパーフライヤーズカード(SFC)に入会
の2つでしょう。SFCはそのままスターアライアンスゴールドですが、JGCは前年の搭乗実績が2万FLY ON ポイント(*1)に満たないとワンワールド・ルビーの扱いになると発表されています[1]。2万FLY ON ポイント以上ならワンワールド・サファイアに、1ランク上がります。
このことを「JALは毎年たくさん乗らないと」とおっしゃっているのでしょうか。全く乗らなくてもJGC資格自体は継続できますし、しばらく乗らなかった後でも1暦年で2万FLY ON ポイント乗れば、翌年にすぐワンワールド・サファイアに昇格します。

このほかご希望の条件とは若干ずれますが、取得・維持とも比較的容易なものとして
(3)アシアナ航空"Asiana Club"でダイヤモンド会員となり、その後3年ごとに4万マイル以上コンスタントに搭乗する
が挙げられます。
各社のマイレージプログラムにおける上級会員取得の難易とメリットについては、[2]でも回答しております。その後の規約改定もありますので参考程度にご覧ください。
[1] http://www.jal.co.jp/jmb/oneworld/03.html#jgc
[2] http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1661723.html

【スターアライアンス】
マイレージプログラムごとに多少異なりますが、「スターアライアンス・ゴールド」を得るには年間5万マイルの搭乗が目安です。
その中で最もハードルが低いのは、おっしゃるようにエアカナダ"Aeroplan"の"Air Canada Elite"で、年に3万5千マイルの搭乗で足ります[3]。ところがAeroplanではその後年会費を払って継続するようなことはできません。「年会費で継続」は日本の2プログラム(JMB, AMC)の独自の制度なのです。
[3] http://www.aeroplan.com/your_aeroplan/top_tier_benefits/benefits_2007/home.do

また2年がかりで取得するならタイ国際航空"Royal Orchid Plus"があり、連続2暦年で8万マイル搭乗するとゴールドメンバー(スターアライアンスでの扱いもゴールド)に認定されます[4]。一度認定されるとNo. 3のご回答にあるように2年間有効ですが、年会費で継続する制度はありません。
[4] http://www.thaiair.co.jp/rop/status/index.html

一方、アシアナ航空"Asiana Club"では累積マイルで上級会員資格が取れます。No. 3のご回答にある通り、累積100万マイルに達すれば終身有効のプラチナ会員(スターアライアンスでの扱いはゴールド)に認定されるのですが、最初にスターアライアンス・ゴールドに達するのはその途中段階の累積10万マイルの時点でです。ハードルは意外に低いのです。
Asiana Clubで累積10万マイルに達するとダイヤモンド会員(スターアライアンス・ゴールド)になり、その後は36か月以内に4万マイルの搭乗があれば資格を維持できます[5]。年会費支払での継続はできませんが、36か月で4万マイルなら搭乗でもそう難しくはないでしょう。
[5] http://www.asiana.co.jp/club/class.html

継続の容易さでは冒頭述べたようにANAマイレージクラブでしょう。1暦年に5万プラチナポイント(*2)搭乗するか、50回以上かつ1万5千プラチナポイント搭乗すれば「AMCプラチナサービス」会員となり、スーパーフライヤーズカードに入会できます。その後は年会費(10,762円から)を払い続ければ半永久的にスターアライアンスゴールド会員なのはご存じかと思います。
余談になりますが東京-大阪50往復で貯まるのは1万でなく2万プラチナポイントであり、No. 5のご回答の計算が正しいです。No. 4および質問中に挙げたページは、国内線のプラチナポイントがフライトマイル×2になる点の見落としがあるようです。

ANA SFCと似た制度ではルフトハンザ"Miles and More"に、Miles and Moreセネターを達成すると入会できるセネタークレジットカードがあるのですが、SFCのように永久ではない、セネター資格の達成自体が大変、ドイツに銀行口座がないと入会できない[6]などの理由からわざわざ狙うまでもないでしょう。
[6] http://mymoon.nm.land.to/weblog/2007/01/post_39.html

スターアライアンス・シルバーでよいなら前出のRoyal Orchid Plusのハードルが低いのですが(1暦年に1万マイル、または連続2暦年で1万5千マイル)、シルバーはさしたるメリットがないのでわざわざ取るほどではないです。

【ワンワールド】
こちらもプログラムごとで多少異なりますが、年間5万マイル程度の搭乗で「ワンワールド・サファイア」会員に認定されます。
JALマイレージバンクは実質的なハードルは他プログラムより高いのですが(区間マイルに対する加算率が50%や70%と低いため)、いったんJGCになってしまえば継続は楽です。また現在「JAL国内線ステップアップキャンペーン」「FLY ON ポイントスタートダッシュキャンペーン」の2つのキャンペーンが行われており、これを最大限活用すると予算23万円・所要2日(最短)でJMBサファイアに届きます。詳細は[7,8]でご覧下さい。
ただし冒頭で述べたように、JMBサファイアとなってJGCに入会したとしても、前年に2万FLY ON ポイントの搭乗がないと「ワンワールド・ルビー」に扱いが下がります。
[7] http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2730470.html
[8] http://mairimashita.blog14.fc2.com/blog-entry-885.html

ワンワールド会社のプログラムは他にもいくつかありますが、ワンワールド・サファイア認定基準はアメリカン航空"AAdvantage"が5万マイル、ラン航空"Lanpass"が8万キロ、フィンエアー"Finnair Plus"が12万キロといずれも低くありません。年会費支払で継続する方法も聞かないです。
カンタス"Qantas Frequent Flyer"とブリティッシュエアウェイズ"Executive Club"はポイント制による独自の計算法で、ビジネスクラス中心なら他プログラムより容易にワンワールド・サファイアに届きますが、エコノミークラス割引運賃の利用が中心だと条件は却って厳しいです。

キャセイパシフィック航空に絞って乗るなら、同社の「ザ・マルコポーロクラブ」という手もあります。キャセイパシフィック航空では通常のマイレージプログラム「アジア・マイル」のほか、上級会員制度を「ザ・マルコポーロクラブ」という別建てのプログラムで運営しています。
「ザ・マルコポーロクラブ」では1暦年に3万マイルの搭乗でシルバー会員になれます[9]。ワンワールドでの扱いはルビーですが、キャセイパシフィック便および香港ドラゴン便利用時に限ってラウンジも使えるので実用上の差はわずかです。なお年会費支払で継続する制度はありません。
[9] http://www.cathaypacific.com/cpa/ja_JP/ffp/mpo

【スカイチーム】
スカイチームでハードルが低いのはエールフランス&KLMの"Flying Blue"でしょう。日本在住であれば暦年に4万マイルまたは30回の搭乗でゴールド会員に認定されます[10]。Flying Blueゴールドのスカイチームでの扱いは"Elite Plus"です。ただし年会費支払で継続する制度はありません。
継続するには、"Flying Blue"でその一つ上のプラチナ会員(年に7万マイルまたは60回搭乗)を続ける方法があります。10年間プラチナ会員を継続すると永久プラチナ会員に認定されます。もちろん、スカイチームでの扱いも永久に"Elite Plus"です。
[10] http://www.airfrance.co.jp/ffp/flying-blue/privilege/index.html

また大韓航空"Skypass"は前出Asiana Clubと同様、累積マイルで上級会員資格を取ることができます。累積50万マイルで終身有効の「モーニングカーム プレミアムクラブ」に認定され、スカイチームではElite Plusとして扱われます[11]。その上に累積100万マイルの「ミリオンマイラークラブ」もありますが、「モーニングカーム プレミアムクラブ」で十分でしょう。
「プレミアム」の付かない単なる「モーニングカームクラブ」は累積5万マイルで取れますが、以前より特典が縮小したため今は通過点でしかないです。スカイチームでの扱いも(Plusの付かない)単なる"Elite"で、他社ラウンジの利用などはできません。
[11] http://www.koreanair.com/local/jp/ld/jpn/sp/cb/jpn_sp_cb_ml.htm

上記以外のスカイチーム系プログラムについては前出[2]をご覧下さい。ノースウエスト"WorldPerks"やコンチネンタル"OnePass"はマイル自体は貯め易いのですが、スカイチームElite Plusには暦年で7万5千マイルの搭乗が必要です。(5万マイルで認定されるその一つ下の資格でも、一部ラウンジは利用可)
デルタ航空"SkyMiles"は累積100万マイル搭乗すると"Million Miler"となって"Sliver Medallion"資格が終身で与えられますが、スカイチームでの扱いは単にEliteですので魅力はありません。大韓航空の「モーニングカーム プレミアム」を狙った方がよいでしょう。

【結論】
単年度の取りやすさならAeroplanやFlying Blueもあるのですが、継続が目的であれば最初のハードルが高くてもJMBサファイア(→JGC)かAMCプラチナ(→SFC)を目指した方がよいです。
累積マイルで取るならAsiana ClubやSkypassという選択もあります。Asiana Clubダイヤモンドは取得後の維持もそう難しくないので、「JMBサファイアやAMCプラチナはハードルが高くて」とおっしゃる場合の代案となります。Skypassモーニングカームプレミアムクラブは、累積マイルで取る永久資格では最も容易と言えます。

*1 既にご存じかと思いますが、国内線搭乗で加算した1マイルあたり2 FLY ON ポイント、国際線では1ポイントです。クレジットカード利用や提携ホテル宿泊で加算したマイルはFLY ON ポイントには含まれません。
*2 JALのFLY ON ポイントと同じく、国内線搭乗で加算した1マイルあたり2プラチナポイント、国際線では1ポイントです。スターアライアンス他社搭乗分もプラチナポイントに含まれます。ただしクレジットカード利用や提携ホテル宿泊のマイルはJALと同様、カウント対象外です。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1661723.html

こんにちは、フィンエアーの件で回答して以来になるかと思います。その際補足頂いた必要マイル数の表は私にとっても参考になりました。ありがとうございました。

私は現在、ANAマイレージクラブのスーパーフライヤーズカード会員です。
ご希望の条件に近いのはやはり
(1)JALマイレージバンク(JMB)でサファイヤ会員以上となり、JALグローバルクラブ(JGC)に入会
(2)ANAマイレージクラブ(AMC)でプラチナサービス会員以上となり、スーパーフライヤーズカード(SFC)に入会
の2つでしょう。SFCはそのままスターア...続きを読む

Qデルタ航空の機内持ち込み手荷物について

デルタ航空を利用する予定です。
機内持ち込みの荷物について質問があります。

私は出来るだけ多く機内持ち込みの手荷物として持って行きたいので、機内持ち込みサイズのスーツケースともう一つ大きめのリュックを持って行きたいと考えています。しかし、問題はもう一つのリュックの大きさです。

デルタ航空のホームページには、「機内には、バッグ 1 点および身の回り品 1 点を無料でお持ち込みいただけます。」とあります。こちらは2つ機内に持ち込むことが出来るという理解で大丈夫でしょうか。

また、機内に持ち込み手荷物のサイズ制限として、56cm x 36cm x 23cm(または 22 インチ x 14 インチ x 9 インチ)以内という規定があります。これはもう一つの身の回りの品にも適用されるのでしょうか。 (つまり機内に持ち込む荷物は2つとも56cm x 36cm x 23cm以内ということでしょうか。)

重さについては何も書かれていないのですが、大きささえ規定を満たしていれば良いのでしょうか。

デルタ航空に身の回りの品の大きさことを問い合わせたところ小さめとしか教えてもらえず、ホームページに書いてあることしか言ってもらえませんでした。
デルタ航空を利用したことのある方で自分はこれ位の大きさのカバンで大丈夫でしたというような経験の話があれば教えていきたいです。

アドバイス宜しくお願い致します。

デルタ航空を利用する予定です。
機内持ち込みの荷物について質問があります。

私は出来るだけ多く機内持ち込みの手荷物として持って行きたいので、機内持ち込みサイズのスーツケースともう一つ大きめのリュックを持って行きたいと考えています。しかし、問題はもう一つのリュックの大きさです。

デルタ航空のホームページには、「機内には、バッグ 1 点および身の回り品 1 点を無料でお持ち込みいただけます。」とあります。こちらは2つ機内に持ち込むことが出来るという理解で大丈夫でしょうか。

また、機内...続きを読む

Aベストアンサー

#4の方が正解で、機内には2個まで持ち込みできます。機内持ち込みはサイズは収納棚に入りきるサイズかどうかだけが問題で重量はあまり関係ありません。
よくキャリーケースの上にバッグを重ねている光景を見るかと思いますが、その組み合わせで何の問題もありませんし、上に重ねたバックもキャリーケース並みに大きいものをよく使ってます。

キャリーケースのサイズですが、メーカーにより取っ手の部分やタイヤの出っ張りなどでサイズが若干違うようですが、
20インチのキャリーは収納棚に縦に入れるとピッタリ収まります。
メーカーによっては21インチでもギリギリOKなものと収納棚のフタが閉まらないものも世に出回っているようです。
22インチのキャリーは横にすると入りますが、荷物2個分のスペースをとるので、物言いが付く恐れがあります。
ちなみに収納棚のサイズは比較的小型機と言われているB-737やA-320の場合です。

実際にはアメリカの場合、セキュリティラインに入る前に係員がチケットを持っているか確認を行ってますが、
この時オーバーサイズのキャリーを持ち込もうとしたり、キャリーとバックの2段重ねの他に肩からショルダーバッグを提げていると荷物多すぎと言われ、チェックインカウンターで預けるように言われます。

ということで、機内持ち込みは2個まで許容しているのが実態ですが、日本のデルタ職員は確かに機内持ち込みは1個までですという説明はしてきます。キャリーとバッグを重ねてこれで1個ですけど何か問題ありますか?と逆に注意すればOKです。

#4の方が正解で、機内には2個まで持ち込みできます。機内持ち込みはサイズは収納棚に入りきるサイズかどうかだけが問題で重量はあまり関係ありません。
よくキャリーケースの上にバッグを重ねている光景を見るかと思いますが、その組み合わせで何の問題もありませんし、上に重ねたバックもキャリーケース並みに大きいものをよく使ってます。

キャリーケースのサイズですが、メーカーにより取っ手の部分やタイヤの出っ張りなどでサイズが若干違うようですが、
20インチのキャリーは収納棚に縦に入れるとピッタリ...続きを読む

Q何故貴方はAMEXを手放せないのか?

AMEX会員の方にお尋ね致します、質問は表題の通り。

御多分に漏れず、私もAMEXカードを所持してはや20数年、ここ10年は完全なるサブ・カード扱いにて、決済金額も年間100万円弱、唯一年会費無料のプライオリティ・パスにのみ何とか価値を見出してはいるが、その他はその辺のカード以下の使い勝手。

その間グリーン⇒ゴールド⇒プラチナ⇒ゴールドと変遷を重ね、果てしも無く続くステイタスとサービス及び付帯機能の低下、加えてその点に見合わぬ年会費の高さを考えるのですが、それでも何故か脱会する気になれない不思議なカードかと。

現在は定職に就き・クレヒスに傷さえなけえば誰もが取得出来るカードと聞き及びます、依って見栄張りの小道具にすらならぬ始末。

高い年会費を払い・維持する事がさして個人的なメリットに繋がるとは考え難いのですが、皆様は何故当カードを持ち続けるのでしょうか?、それとも私が知らぬ何かがあるのでしょうか?

説得力のある論旨を期待しております。

Aベストアンサー

私もアメックスは何となくカッコいいくらいの気持ちで持っていましたが、定年を目前にして数年前にやめました。確かに私の若い頃は、アメックスとダイナースは、それぞれステイタスあるカードというイメージがありましたが、今や、何でこんな若造が!?と思うような人が持っているのも、よく見ます。
ということは、まだそれなりに「カッコいい」というイメージはあるのかもしれませんが…。
今考えると、結局、海外旅行時のサービスなんて、一生に何回も享受しないわけで、日常的な利便性を優先すべきではないかと思いますね。てことで、今は、誰でも持ってる楽天VISAを便利に使いつつ、BMW購入時に入らされ、車をカードで買ってポイントを貯めるという快感に魅せられて持っているBMWダイナースカードの2枚を使っています。
ちなみに、アメックスはヨーロッパで使えない店があり、JCB並じゃん…と、失望したこともあります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報