これからの季節に親子でハイキング! >>

アマゾンからの返金で、アメリカのクレジット会社から返金checkを送ってきました。日本の銀行では、ドルで支払ってもらうだけでも、手数料が高いし、ドル建口座を作らなければならないと銀行から言われています。アメリカの友人に譲渡して引き出して、わたしのアメリカの銀行口座にオンラインバンキングででも振り込んでもらおうかと考えています。いろいろ調べましたら、裏書に、pay to the order of 譲渡人名、自分のサインを書けば良いとか、アメリカの銀行は、third party check 第三者譲渡小切手は拒否されるとか、インターネットで出てきます。実際はどうなんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

アメリカの銀行に口座をお持ちで、友人がアメリカにいらっしゃるということであれば、代わりにglotteさんの銀行口座にデポジットしてもらえばいいと思います。



裏面に
For Deposit Only
口座番号
サイン(誰のものでもいい)
を書いて、窓口に持っていけば簡単にやってくれるはずですよ。

もちろん手数料等かかりません。

私はアメリカ在住で、アメリカ国外に住む友人のチェックをいつもこの方法で友人の口座に入金しています。
ちなみに友人の口座はシティバンクです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。友人に入金してもらうことになりました。

お礼日時:2012/05/31 15:50

アメリカに口座をお持ちであれば、小切手をその銀行に郵送して口座に入金すればいいかと思います。


これが一番手っ取り早いと思いますけど・・・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。友人に入金してもらうことになりました。

お礼日時:2012/05/31 15:50

求める回答でありませんが、


日本のどこか金融機関に口座を持っているのだろうから、
そこへ直接電話して尋ねてみてはいかがでしょうか?
中小の金融機関のみ口座をお持ちなら、大手都市銀行へも尋ねてみて下さい。

つまり、そのドル建て小切手を決済する依頼をして、日本円で入金してもらう次第です。
しばらく前は、その手数料は高く、かつ決済期間は長かったのですが、
今は、手数料も期間も安価で短期間になっているようです。

この回答への補足

大手銀行に手数料を聞きましたら、ドルでもらうのに、ドル口座を作らなきゃならないし、3000円から5000円(みずほやUFJなど)の手数料が必要と言われました。

補足日時:2012/05/24 20:59
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/05/31 15:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアメリカの銀行の小切手の換金方法

アメリカのA銀行発行の小切手を受け取りました。これを換金したいのですがA銀行の口座を持っていません。自分が持っているC銀行の窓口でも換金できるでしょうか?その際、自分のC銀行発行の小切手帳の最後の方についている「DEPOSIT TICKET」に記入して、これも一緒に提出するのでしょうか?
またATMでも換金できると聞いたのですが、これはC銀行のATMでやらないといけないんでしょうか?

あと、受け取った小切手は、いつまでに換金しないと無効になる、というような有効期限はありますか?

Aベストアンサー

>アメリカのA銀行発行の小切手を受け取りました。これを換金したいのです
  と言うことは、お手持ちのA銀行発行の小切手をご自身のC銀行の口座に入金したいーーということでしょうか?それともA銀行発行の小切手を直接現金化したいーーということでしょうか?

もし「A銀行発行の小切手をご自身のC銀行の口座に入金したい」ということであれば、ご自身が口座をお持ちのC銀行(C銀行であればどこの支店でも構いません)に行って(基本的には)質問者さんが裏書した(小切手の裏のサイン欄にサインした)小切手を必要事項を記入したDeposit Ticketと一緒にC銀行の窓口に提出すれば、質問者さんが持っているC銀行の口座に入金されます。おそらく当日すぐには残高に反映されませんが、遅くとも2~3営業日で口座に反映されてATMで引き出すことが出来るようになります。
ちなみに、Deposit Ticketは小切手帳の後ろについているものでなくても、C銀行のカウンターに置かれているものでもなんの問題もありません。

ご質問の意図が「A銀行発行の小切手を直接現金化したい」ということであれば、どこの銀行でも構いませんから窓口に行って裏書した小切手とフォトIDを見せて「この小切手を現金化してほしい」と言えばその場でキャッシュを貰えます。この時は裏書する時に「For deposit only」と書いてはダメです。
ただし、最近では「現金化する時にはその銀行(現金化する銀行)の口座を持っていなければ手数料が必要です」としている銀行が多いと思います(僕が口座を持っている銀行も数年前にそんな制度に変わりました)ので、小切手を直接現金化するのであれば口座をお持ちのC銀行に行かれる方が良いです。C銀行で小切手を現金化する時に「ウチの銀行に口座を持ってますか?」と聞かれたらATMカードを見せればいいわけです(もしかしたらカウンター横の機械にATMカードを通すように指示されるかもしれません)。

>ATMでも換金できると聞いたのですが、これはC銀行のATMでやらないといけないんでしょうか?
  これは、窓口で行うDepositに関する一連の手続きをATMで行うだけですので、口座をお持ちのC銀行のATMで行います。小切手を発行したA銀行のATMではできません。なぜならA銀行に口座を持っていないからです。
基本的にはアメリカのATMを使って小切手を入金する時には、Deposit Ticketに必要事項を記入して、そのDeposit Ticketと裏書した小切手とを指定の封筒(たいていはATMの側においてあります)に入れて、ATMの指示に従って封筒ごとATMの専用挿入口から入れます。その後は(簡単にいえば)銀行の係員がATMから封筒を取り出して小切手とDepist Ticketの内容を確認して入金手続きをすすめます。そのため、日本のATMのように現金を入金したらすぐに口座残高に反映されるわけではありません(この辺りも窓口で手続きする時と同じ)。
また、ATMでは小切手を直接現金化することはおそらく出来ないはずです(ATMで現金化が可能なATMがあるのかもしれませんが、少なくとも僕は見たことがないです)。

>受け取った小切手は、いつまでに換金しないと無効になる、というような有効期限はありますか?
  はっきりした記憶が定かでは無いんですが・・・・確か個人が振り出した小切手は無期限だったと思います(銀行によっては180日などと期限を設けていることもあります)。会社などが振り出した小切手であれば小切手に有効期限(90日とか180日など)が書かれているのが普通です。

余談ですが、最近はスマートフォンを使ってDepositする方法が出てきていますね。スマートフォンに銀行のアプリをインストールしてそのアプリにログイン、その後小切手の表と裏(もちろん裏書が必要です)をカメラで撮影してアプリからアップロードすると入金手続きをしてくれます。
僕も先日試しに使ってみましたが、夜11時頃に手続きしたんですが翌朝には口座に反映されていました。銀行に行って長い列に並ぶこともなく時間を気にすることもなくデポジット出来るのは便利ですね。


長文、失礼しました。

>アメリカのA銀行発行の小切手を受け取りました。これを換金したいのです
  と言うことは、お手持ちのA銀行発行の小切手をご自身のC銀行の口座に入金したいーーということでしょうか?それともA銀行発行の小切手を直接現金化したいーーということでしょうか?

もし「A銀行発行の小切手をご自身のC銀行の口座に入金したい」ということであれば、ご自身が口座をお持ちのC銀行(C銀行であればどこの支店でも構いません)に行って(基本的には)質問者さんが裏書した(小切手の裏のサイン欄にサインした)小切手を...続きを読む

Qアメリカで発行した小切手を日本で換金できるか?

アメリカから日本にお金を送金してもらいたいのですが、アメリカの銀行の小切手を送る事くらいしかやってもらえそうにありません。

アメリカの銀行の発行の小切手を、日本の銀行で換金することは可能でしょうか?

もし駄目であれば何かいい方法はありませんでしょうか?

Aベストアンサー

 一般的には、外貨建て小切手を日本国内の銀行でただちに日本円に換金することはできません。(トラベラーズチェックは別ですが)
 まずは、外国為替業務を取り扱っている最寄の銀行の本店もしくは支店に持ち込んでみることです。そうすれば、その小切手の支払銀行(つまりアメリカの銀行)宛に送ってくれて、やがて円に換金されてあなたの口座(その最寄の銀行で受け皿となる口座をあらかじめ開設しておく必要があります)に入金されます。これを「外貨小切手の取立」と言います。
 それにかかる費用(手数料)や所要時間は、その銀行によって異なりますので必ずお確かめください。費用は送金されてくる資金から通常差し引きされます。
(アメリカの銀行が発行した小切手ならば、手数料は2~3千円、換金の所要期間は2週間程度でしょうか)
 しかし、ここで注意する点が2つあります。
 ひとつは、その小切手の額面金額が少額ならば手数料の方が多くかかってしまい、逆にアメリカの銀行から差額を請求されてしまうことです。この場合は、換金はあきらめるか、もしくは小切手を振出人へ郵送し、あらためて海外からあなたの日本の受け皿口座へ直接振り込んでもらうよう、振出人と交渉してみるのが得策でしょう。
 もうひとつの注意点は、その小切手が振り出されてからどれくらいの時間が経過しているか、です。銀行によって違いますが、一定期間経過していれば取立てができなくなる場合があります。(通常は6ヶ月程度です)
 スムーズに換金できればよろしいですね。

 一般的には、外貨建て小切手を日本国内の銀行でただちに日本円に換金することはできません。(トラベラーズチェックは別ですが)
 まずは、外国為替業務を取り扱っている最寄の銀行の本店もしくは支店に持ち込んでみることです。そうすれば、その小切手の支払銀行(つまりアメリカの銀行)宛に送ってくれて、やがて円に換金されてあなたの口座(その最寄の銀行で受け皿となる口座をあらかじめ開設しておく必要があります)に入金されます。これを「外貨小切手の取立」と言います。
 それにかかる費用(手数...続きを読む

Qアメリカの小切手の換金期限

よろしくお願いします。
約2ヶ月前にアメリカから小切手を受け取りました。
今冬アメリカに行く用があるので、その時に現地で換金すればいいと思っていましたが、ふと「有効期限があるのでは?」という疑念が湧き上がりました。ネットで調べてみますと、日本の小切手の場合は「10日以内」「3ヶ月以内」「6ヶ月以内」「小切手に印刷されてある」などの情報が出てきましたが、アメリカの小切手に関する情報は出てきません。私が受け取ったアメリカの小切手には有効期限に関することは一切印刷されていませんが、果たして有効期限があるのでしょうか?
ご存知の方、教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

6ヶ月以内であれば大丈夫、額面通りのドルを受け取れると思います(経験あり)。
但し、あなた当てに切られた小切手で、その小切手が振り出された銀行の本支店窓口に持ってゆき、パスポート等の身分証明書の提示が必要です。
他の銀行だと、あなたの口座がなければ無理かもしれません(こちらは自信なしです)。
(米国駐在員)

Q小切手の裏書について

小切手の裏書について二点教えてください。

線引き小切手の場合、現金化するには、裏にも
振出人の印が必要であると聞きました。

その場合、振出人の印+自分(受取人)の氏名或いは
会社名が書かれていてはいけないのでしょうか?
裏書に名前が二つ書かれていることになりますよね?

もう一つの疑問ですが、小切手の裏書は、必ず
住所、氏名が必要でしょうか?氏名だけでは受け入れて
もらえないのでしょうか?

小切手を扱うことが初めてなので、分かりにくい質問で
申し訳ありません。
詳しい方、是非教えてください。

Aベストアンサー

>名前が二つ書いてあっても良いということになるのでしょうか?

線引き小切手を誰でも引き出し出来るように振出人が署名捺印する物と違って、あくまでも引出し人の確認ですから、名前が二つになってもサインだけは求められると思います。
私が振り出した小切手で自分が引き出しに行っても、裏書きのサインだけは求められます。
厳密に言えば、引き出し人の確認と言うだけでそのサインが全くでたらめであっても、それを確認することは無いと思います。
トラブルがあった場合の、銀行側の責任逃れ的な物なのでしょうか。
銀行による取り扱いは色々かも知れませんので、ご質問者様が名前や住所を明らかにすることにこだわりがあるので有れば、とりあえずそのまま提出し、求められる範囲でサインをすれば良いと思います。


なおこの回答は、あくまでも私の経験であって、法的な根拠は解りかねますので念のため。
銀行関係者の専門的な回答があると良いのですが。

Q期限切れになってしまった小切手、どうすれば換金できますか?(アメリカ)

小切手(チェック)の質問続きですみません。前の質問とは全くの別件です。

小切手を換金できないでいるうちに期限を過ぎてしまいました。額も大きいのでこのお金をどうしても受け取る必要があるのですが、どういう方法がありますか? 小切手の発行者に再発行を頼むしかないのでしょうか? 引越に伴うデポジットの返金関係の小切手です。

前の質問にも書きましたが、小切手を受け取ること自体が全くの初めての経験で、恥ずかしながらシステムもまだよく分かっておりません。頓珍漢なことを書いていたらごめんなさい。

以上、どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

通常小切手の有効は発行された日から3ヶ月ほどです。
無制限に有効ではないです。

期限が過ぎた小切手は発行者にお願いして再発行してもらいましょう。
US$の小切手を日本円の口座に入金の場合は外国為替取り扱いの支店で処理してもらえます。

小切手と口座の通帳を持って行き、入金手続きします。
その際換金手数料が取られるでしょう。
小切手がクリアーになるのに約3週間ほど掛かるそうです。
これも銀行や支店などによって違いますのでなんとも。

手数料が銀行振り込みよりも安いので小切手で送金をしましたところ意外と早くクリアーになっていました。

まだ米国にいらして米国内での小切手入金なら現金と同じ扱いになりますので簡単ですよね。
判らないことがあればスタッフに聞いて手続きしましょう。

Qアメリカから日本に電話する時の国番号は?

アメリカから日本へ電話をかける時、日本の番号は何番でしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

No1です。
国番号は81ですが、国際電話識別番号011を忘れていました。

011-81-3-1234-5678
という具合です。

Qアメリカ・カナダの小切手を日本で換金するには?

北米に留学をしていた関係で、現地(アメリカ)にまだ口座が残っています。この口座を閉めようと思うのですが、残金が小切手で送られてくるそうです。また、在籍していた学校(カナダ)から授業料の一部が戻ってくることになっており、これも小切手で送られてくるそうです。

1.小切手の日本国内での換金は、かなりの手数料がかかると聞いていますが、できるだけ目減りさせずに換金するにはどうしたらいいでしょうか? 
2.枚数に応じて手数料がかかるとのことなので、できるだけ1枚の小切手にしてしまいたいですが、細かい小切手を現地の口座に先に入れてまとめてしまうことはできるでしょうか?
3.Bank of Americaの口座で、ATMカード(デビットVISAつき)もまだ持っていますが、いっそのこと、日本のATMで現金で引き出したほうが安くつくでしょうか?
4.その他、できるだけ目減りさせずに、日本国内で換金する方法につきまして、何か良いアイディアがありましたら、お教え下さい。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

在米です。

一番いい方法かどうかは わかりませんが・・・・・。
日本のCiti bank に口座をつくり、そこの マルチマネー口座に入金する。 Check 一枚につき、手数料は 1000円だと記憶しております。
今年の4月に日本に帰国の際、 Citi Bank で聞きました。 アメリカから $US を日本に持ってきて入金したいけれど、Check でOK ですか? とCiti Bank の人に聞いたときの答えがこれです。

ご参考までに。

QアメリカのW-9フォームについて

現在、アメリカのアフィリエイトプログラムに参加しています。

今までは、アフィリエイト報酬を小切手で受け取っていたのですが、先日、アメリカの銀行口座を開設したので、その口座を報酬受取りに指定したところ、そのアフィリエイトプロバイダーから、「W-9 Request for Taxpayer Identification Number and Certification」というフォームが送られてきました。

本来は、アメリカ在住者向けのフォームらしいのですが、フォームと共に、「日本在住の方も名前・住所・サインを記入して送りなさい。送らないと28%の源泉を引きます。」とメールが来ました。

私は日本在住なのに、なぜこのようなものを書かなければいけないのでしょうか?また、このフォームを提出することによって、アメリカから課税されるのでしょうか?

どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>>アメリカから課税されるのでしょうか

 もちろん課税されます。アメリカで得た所得はアメリカに税金を納めなければなりません。
 日本に住んでいない外国人であっても、日本で得た所得については日本に対して税金を納めています。

>>W-9について

 あなたは日本の居住者のようですのでW-9は提出できません。
 http://www.irs.gov/instructions/iw9/ar02.html#d0e43

 ここに書かれているように、U.Sの税法上居住者あるいはcitizenである必要があります。

>>課税に対して

 日本と米国とは租税条約を締結しているので、申請をすれば軽減税率を適用してもらうことができます。
 申請先としては現在2箇所考えられます。

(1)銀行:銀行にW8BENという申請書を提出すると、利子にかかる税金の源泉徴収が軽減されます。

(2)あなたの米国内の雇用先:あなたの雇用先に対して、あなたがtax Treaty(租税条約)の恩恵を得られる立場にあることを申請し、Tax withholding(源泉徴収)を軽減してもらう。雇用形態などによって書類も違うかもしれませんが、私は雇用先にForm8233を提出しています。

 米国内の会社に対して、あなたがnon-resident alienであることを連絡し、必要な書類を確認してはいかがでしょうか。

 仮に源泉徴収された場合でも、tax returnの手続きを行えば余分に徴収された税金の払い戻しはあります。米国内に口座を開いたのであれば、そのような場合でもスムーズですね。

 詳しくはIRSのホームページでご確認ください。必要書類もdownloadできます。

参考URL:http://www.irs.gov/index.html

>>アメリカから課税されるのでしょうか

 もちろん課税されます。アメリカで得た所得はアメリカに税金を納めなければなりません。
 日本に住んでいない外国人であっても、日本で得た所得については日本に対して税金を納めています。

>>W-9について

 あなたは日本の居住者のようですのでW-9は提出できません。
 http://www.irs.gov/instructions/iw9/ar02.html#d0e43

 ここに書かれているように、U.Sの税法上居住者あるいはcitizenである必要があります。

>>課税に対して

 日本と米国とは...続きを読む

QPlease be advised

たまに仕事で使う英文で「Please be advised that ...」という表現を目にします。これは「...を報告します。」という意味で良いのでしょうか。
また、どの様なニュアンス(丁寧さとか)の言い回しになるのか教えてください。例えば、I inform that...とはどう違うのでしょうか。

Aベストアンサー

アメリカに37年半住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

これは、丁寧さを出したいと言うフィーリングを出した表現とは言えなく畏まった、硬いビジネス文書によく使われる表現で、一般的・日常的会話表現をするビジネスメールとは違うんだよ、と言うフィーリングを出しています。

日本語のようにビジネス敬語を「親しい中に礼儀あり」を貫いて使っているのと違いこちらではほとんど日常会話的表現を使う傾向にありますがこの表現をして「まだ、日常的会話表現を使えるような間柄とは私は感じていません」とか「まだ私はこう言う表現をビジネス的表現として心得ています」とか「私は公私分けて表現する人間ですのでよろしく」と言うフィーリングを出しているわけです。

Please be noted, Please be informed, Please be assured, Please be remindedと言うような表現がほかの例としてよく使われます。

I informは単に「私が~と言うことを報告します」「私が~と言うことをお知らせします」という表現となり、ビジネス文書としてはあまり使いません。 I would like you to know thatとかIt is my pleasure to inform you that,とかI would like to take this opportunity to inform youと言う表現であれば「丁寧さ」を出したビジネス表現と言うことになります。

Should you have any questionsも倒置と言う畏まった表現としての例がありますね。 普通であれば、If you have any questions, と言う表現で済ましてしまいます。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 

アメリカに37年半住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

これは、丁寧さを出したいと言うフィーリングを出した表現とは言えなく畏まった、硬いビジネス文書によく使われる表現で、一般的・日常的会話表現をするビジネスメールとは違うんだよ、と言うフィーリングを出しています。

日本語のようにビジネス敬語を「親しい中に礼儀あり」を貫いて使っているのと違いこちらではほとんど日常会話的表現を使う傾向にありますがこの表現をして「まだ、日常的会話表現を使えるような間柄とは私は感じて...続きを読む

Q額面がドルの小切手を換金するには

今、額面がドルの小切手が手元にある訳ですが、小切手というものを初めて手にして戸惑っている次第です。しかも額面はドルだし・・・(^_^;
そこで教えていただきたいのですが、
(1)どこに行けば円に換金できるのか?
(2)手数料はかかるのか?かかるとしたら、どのくらいが相場なのか?
(3)どのように換金したほうがお得なのか
以上、お勧めの方法を教えてくださいm(__)m

Aベストアンサー

私も1年程前にドルの小切手($150)を円に戻しました。

私はその時、他の回答者様方のような知識がなかったので、銀行で変えました。
銀行で帰る際の気付いた問題点をいくつか書かせていただきます。

まず、その小切手に期限があると思いますが、その期限内に交換する必要がると思います。ですので、良いレートの相場を待つ、現地に行く機会を待つ等のことが難しいと思います。

基本的に、銀行に持っていった場合、日本の銀行から海外の銀行へ送るそうです。ですので、2週間掛かると言われました。

手数料ですが、私はみずほ銀行で変えましたが、色々手数料(為替手数料、手数料、支店間の振込み料)などで5000円近く取られました。(最終的に引かれた金額なので、手数料自体はもう少し安いかもしれません。)

ここで気をつけなければならないのが、支店間の手数料です。みずほだけかもしれませんが、私の場合、口座を作った場所が実家の近くの支店(神戸)で、その小切手を持っていった銀行は東京の支店だったのですが、

東京支店→アメリカの銀行→東京支店→神戸支店

という順序になり、最後の東京支店から神戸支店の口座に振り込まれる際、同じ銀行なのに、手数料が取られてしまうということです。
額は700円ぐらいでしたが、個人的には払わなくて良い手数料を払ったような気分になり、すごく嫌でした。

私の場合は期限が2週間に迫っていたこともあり、職場近くの銀行で変えました。

質問者様は、お時間があるようでしたら、その他の選択肢を選ばれる方がいいと思います。

ご参考までに。

私も1年程前にドルの小切手($150)を円に戻しました。

私はその時、他の回答者様方のような知識がなかったので、銀行で変えました。
銀行で帰る際の気付いた問題点をいくつか書かせていただきます。

まず、その小切手に期限があると思いますが、その期限内に交換する必要がると思います。ですので、良いレートの相場を待つ、現地に行く機会を待つ等のことが難しいと思います。

基本的に、銀行に持っていった場合、日本の銀行から海外の銀行へ送るそうです。ですので、2週間掛かると言われました。

...続きを読む


人気Q&Aランキング