ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

星の王子様を何度か読んだのですが、結局、どういう話しだったのかよく分かりませんでした。

薔薇の花が、自分を風から守るために、王子様にガラスの囲いをしてもらいますが、結局、世界中で自分だけが美しい花と勘違いしていた薔薇の花が、実は世界中に咲いていた事 は覚えているのですが…

結局、どういう話しだったのでしょうか?

A 回答 (1件)

 星の王子様の献辞をみてください。



 レオン・ウェルトへ と書いてあります。
 作者サン=テグジュペリは、子供向けの本を出版しましたが、じつは親友のレオン・ウェルトに向けてこの本を書いたのではないでしょうか。
 祖国フランスからアメリカに亡命してきたサン=テグジュペリが心配していたのは、フランスに残してきた親友のこと。ユダヤ人ジャーナリストであるレオン・ウェルトは、フランスに残ってナチス・ドイツの暴圧を書き綴ることを選びました。
「こんなひどい状況だから、理想を思い浮かべよう」というサン=テグジュペリと、「このひどい状況を、どこまでも書いてやろう」というふたりには物を書く姿勢でのちがいはありましたが、互いをおもう気持ちは一緒でした。
 しかし、当時のフランスに手紙を出してもレオン・ウェルトに届く可能性は低い、本を出しても、ナチスの検閲にひかかって自分の言いたいことは伝わらないだろう。
 そこで、サン=テグジュペリは子供向けの本という体裁をとって、本を出したのです。
 戦争について、妻とのこと、自分のこと、そんなことどもを、伝えるために書いた本だそうです。

 参考
http://homepage2.nifty.com/atugi/kennji.htm
http://www.lepetitprince.net/shohyou.html
レオン・ウェルトに
わたしは、この本を、あるおとなの人にささげたが、子どもたちには、すまないと思う。でも、それには、ちゃんとした言いわけがある。そのおとなの人は、わたしにとって、第一の親友だからである。もう一つ、言いわけがある。そのおとなの人は、子どもの本でも、なんでも、わかる人だからである。いや、もう一つ言いわけがある。そのおとなの人は、いまフランスに住んでいて、ひもじい思いや、寒い思いをしている人だからである。どうしてもなぐさめなければならない人だからである。こんな言いわけをしても、まだ、たりないなら、そのおとなの人は、むかし、いちどは子どもだったのだから、わたしは、その子どもに、この本をささげたいと思う。おとなは、だれも、はじめは子どもだった。(しかし、そのことを忘れずにいるおとなは、いくらもいない。)そこで、わたしは、わたしの献辞を、こう書きあらためる。

子どもだったころのレオン・ウェルトに
    • good
    • 3

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q星の王子さま読書感想文

こんにちは!高校生です

星の王子さまの読書感想文を書いているんですがまだ2前半/5です…

正直、この本は深すぎて感想文としてはとても難しいです
今まで特に読書感想文に悩んだことはありませんでした

自分的に本の選択に失敗しました…
でももう変えることはできません!
なぜなら感想文を書く本が決められていて(本のリスト表の中から決める)学校で借りる制なんです

読んだことある方、
書くコツがあれば教えて下さい!

お願いします!

Aベストアンサー

感想文のための読書って,ちっとも面白くないですよね。

「心で見なくちゃ、ものごとはよく見えないってことさ。かんじんなことは、目に見えないんだよ」キツネの言葉です。

あなたが今まで生きてきた中で一番大切なものは何ですか?
命? 愛? 友情? 思い出? それらはどれも目に見えませんよね。
そしてその「大切なもの」を失った人がたくさん出てしまいました。そう,あの日。
3月11日。あの日,波に飲み込まれたたくさんの愛,思い出,そして命・・・

すぐに分かることは,本当はよく分かっていないことが多い。分かっていないのに,分かったつもりになってしまっていたことに気づかされます。

>正直、この本は深すぎて感想文としてはとても難しいです
それなら,それを広げたら感想文になりますよ。
例えば・・・
騙された。私はこの本の表紙の男の子に,また「星の王子さま」というタイトルに油断して,読書感想文の本に選んだことを後悔してしまった。わずか○○年の人生しか生きていない私にとって,この本の内容は難しい。内容が深すぎるのだ。(以下略)
みたいな形でも十分感想文になりますよ。

感想文のための読書って,ちっとも面白くないですよね。

「心で見なくちゃ、ものごとはよく見えないってことさ。かんじんなことは、目に見えないんだよ」キツネの言葉です。

あなたが今まで生きてきた中で一番大切なものは何ですか?
命? 愛? 友情? 思い出? それらはどれも目に見えませんよね。
そしてその「大切なもの」を失った人がたくさん出てしまいました。そう,あの日。
3月11日。あの日,波に飲み込まれたたくさんの愛,思い出,そして命・・・

すぐに分かることは,本当はよく分かっていな...続きを読む

Q「星の王子さま」はどうして蛇に咬まれなければならなかったのか?

サン・テクジュベリの「星の王子さま」のエンディングで、
王子さまは、毒蛇に咬まれて倒れます。
この儀式により、自分の星に帰ることができたようですが、
どうして毒蛇に咬まれなければいけなかったのでしょうか?
イニシエーション(通過儀礼)の一つとして必要だったのでしょうか。
とすれば何の通過儀礼でしょう。
毒蛇は何の象徴でしょうか?
大人になるということでしょうか。
王子さまは地球にやってきたときと同じ方法で帰ることができなかったのでしょうか?

ファンタジーっぽく、笑える話といい話が続いたあとの最後だけ恐ろしい場面が出てきて違和感をおぼえます。
浅学のため作者のエンディングに託した意図を汲み取ることができません。
文学に詳しい方、ご教授願います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。
たしかに謎めいていますね。浅学であろうと篤学であろうと、永久に解き明かせないような気もします。

私からも、先の回答者のかた同様、『星の王子さまの世界』(塚崎幹夫、中公新書)をおすすめします。
とてもよい本で、あなたの疑問をすこしは解消してくれるでしょう。

たとえば、54ページをご覧下さい。
「王子の死を子供時代の終わりを表したものとする解釈がある。(…)子供はいつまでも子供でいることはできない。子供はいつか死ななければならない。(…)いちおう筋道はとおっている。しかし(…)あのにじみ出る悲壮感、緊迫感は、そのような死ではとうてい説明できない。」
それから、82ページをご覧下さい。
「このさくばくとした地球上に、このいたいけな王子を住まわせるには忍びなくて、早々に地球から救い出してやったのだというような解釈もある。(…)賛成しない。」
「王子が星に残してきた花は(…)王子を必要としている。王子は『責任』を果たすために星へ帰るのである。」
そして塚崎氏は、「花」=危機下のフランスと解しています。
どうでしょう?
これで、ある程度、納得出来るのでは?

ただし、毒ヘビ自体が、単体で何を象徴するか、また、ヘビの黄色い色は何を暗示しているのか、といった質問の立て方には、答を出しにくく感じますね。

クレオパトラは、敗色濃厚となったときに、毒ヘビに自分の胸を噛ませて自害したそうですが、それに似ていなくもない。
作者のなかに、意識はあったのではないでしょうか。悲劇的なイメージを描くためにです。

でもまだ、「星の王子さま」の黄色い毒ヘビについて、なぜ「ヘビ」でなければならず、なぜ「黄色」くなければならないのか、とても難しいですね。
当時(約2年前)、ナチがドイツで、強制的にユダヤ人に「黄色い」「星」を付けさせました。これも何らかの関係があるかもしれない。
うがった考えですが、「星」の王子さまは、自ら進んで「黄色」のしるしを身に刻みつけ、ユダヤ人と同じく、確実な死の危険に飛びこんでいったのだ、というような……

こんばんは。
たしかに謎めいていますね。浅学であろうと篤学であろうと、永久に解き明かせないような気もします。

私からも、先の回答者のかた同様、『星の王子さまの世界』(塚崎幹夫、中公新書)をおすすめします。
とてもよい本で、あなたの疑問をすこしは解消してくれるでしょう。

たとえば、54ページをご覧下さい。
「王子の死を子供時代の終わりを表したものとする解釈がある。(…)子供はいつまでも子供でいることはできない。子供はいつか死ななければならない。(…)いちおう筋道はとおってい...続きを読む

Q星の王子様はどこが名作なのですか?

星の王子様を最近読みました。しかし、世間で言われているほどおもしろくありませんでした。以前読んだ夜間飛行の方が私は好きです。
読んだことのある方、簡単にこの本のいいところを教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。お答えする前に久々に読み直してみたら、ボロボロ泣いてしまいました(汗)

この本がなぜ名作なのかと言うと、世界中でたくさんの人がこの話に共感し、感動しているからだと思います。
ただ、誰でも共感するとは限りませんから、「面白くない」と思われる方がいても不思議ではないと思います。私自身も「名作」と言われる作品がさっぱり理解できないことがよくありますから。

私は大人になって社会に出てからこの本を読み、とても感動したのですが、正直学生時代に読んでここまで感動したかどうかはわかりません。
音楽座でミュージカルが上演されたことがありますが、出演者の方たちのコメントでも、「昔読んだ頃はよくわからなかったけど、今読むと色々感じるところがある」と言っている人が多かったです。
歳を取って色々な経験をした後に読むと、また感じ方も違うのではないでしょうか。

私がとても感動するのは、やはり「ほんとうに大切なものは目に見えないんだよ」ということですね。
好きな花がどこかにいるから星を見ると美しく思える、井戸を隠しているから砂漠は美しいんだ、なんて言葉がとても胸に染みますね。

こんにちは。お答えする前に久々に読み直してみたら、ボロボロ泣いてしまいました(汗)

この本がなぜ名作なのかと言うと、世界中でたくさんの人がこの話に共感し、感動しているからだと思います。
ただ、誰でも共感するとは限りませんから、「面白くない」と思われる方がいても不思議ではないと思います。私自身も「名作」と言われる作品がさっぱり理解できないことがよくありますから。

私は大人になって社会に出てからこの本を読み、とても感動したのですが、正直学生時代に読んでここまで感動したかどう...続きを読む

Q『星の王子さま』の日本語訳

かつては『星の王子さま』の日本語訳は、岩波書店の内藤濯訳しか販売されてゐませんでしたが、2005年に翻訳出版が自由になり、今では大量の翻訳が出回つてゐます。

内藤濯訳以外に、1冊か2冊、買つておくつもりなのですが、オススメはどれですか。

Aベストアンサー

こんばんは。

これはすぐに回答がつき始めるかと思っていたのですが、まだついていないようなので、私が感じたことを書きます。
河野万里子訳(新潮文庫)と管啓次郎訳(角川文庫)を比較しましたが、河野訳が良いです。訳語がこなれていて、文章のリズムがよく、整っているため、すらすらと読めて頭にはいりやすく、あっという間に読んでしまいます。管訳の方は、「ちび王子」というのが少し気になって、子供の読者を意識しているのかと思ったのですが、それにしては少し硬い訳語もあるように感じました。
新訳の比較は、ネット上にもたくさん情報があります。何か所か訳文を比較しているサイトや、この作品を訳すときに必ず問題となるか所について論じているサイトもあります。倉橋由美子の訳があるというので、ちょっと気になったのですが、この人は、この作品は完全に大人向けのものという前提があったようです。また、問題となるか所の一つ、apprivoiserとcréer des liensの訳もちょっと問題ではないかと思いました。apprivoiserは、内藤訳では「飼い慣らす」となっていて、新訳の多くもそれを踏襲しているらしいのですが、賛否両論があります。フランス語の原文と、ドイツ語訳、英語訳を見てみましたが、河野訳の「なつく」でよいと私は思いました。管訳もそうなっています。池澤夏樹訳を推す声も多いようですが、人称代名詞を「彼」と訳してあるのが気になります。子供でも読めるよう、日本語として自然な文ということでいえば、「王子さま」と毎回言い直した方がよいのではないかというのが、個人的な意見ですが、その点を除くと、ネット上で比較されている部分を読む限り、割とよさそうです。池澤訳では、apprivoiserは「飼い慣らす」となっていて、批判もあるようですが、なぜそうしたかについて訳者自身が説明していました。
すでにかなりの訳が出ているようなので、全部はチェックできず、私自身が持っている二つの新訳と、英、独、仏版、およびネット上の情報からの推測になりますが、とりあえず、新潮文庫の河野万里子訳をお勧めしておきます。

参考URL
http://matome.naver.jp/odai/2138819298012195001

http://homepage2.nifty.com/dokodemoroudokukan/ouji.htm

http://d.hatena.ne.jp/rararapocari/20060601/petit

http://www.lepetitprince.net/sub_shoshineuv/apprivoiser.html

http://langue-fr.c.u-tokyo.ac.jp/07taidan/entretien.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

plapotaさんお勧めの「ジャマイカの烈風」を入手し、読んでいます。中古品しか出ていなかったのですが、ほぼ新品がきました。描写力、比喩の発想が秀でています。

外国語カテは、また安心していかれなくなりました。一見何もしていないようですが、よく見ると、細かいことをやっているようで。

御参考になれば幸いです。

こんばんは。

これはすぐに回答がつき始めるかと思っていたのですが、まだついていないようなので、私が感じたことを書きます。
河野万里子訳(新潮文庫)と管啓次郎訳(角川文庫)を比較しましたが、河野訳が良いです。訳語がこなれていて、文章のリズムがよく、整っているため、すらすらと読めて頭にはいりやすく、あっという間に読んでしまいます。管訳の方は、「ちび王子」というのが少し気になって、子供の読者を意識しているのかと思ったのですが、それにしては少し硬い訳語もあるように感じました。
新訳...続きを読む


人気Q&Aランキング