自分のお店を開く時の心構えとは? >>

私は中学から剣道部に所属し、剣道を始めたのですが6月に海外へ引っ越すことになりました。
引っ越し先でも同好会のようなものに入って続けるつもりですが、
やはり部活でやっている子よりも下手になってしまいますでしょうか。
ついでに、部活は毎日会って、その同好会のほうは週に一度しかありません。
また、戻ってきますので、強くなりたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 できないことはできないと諦めることが大切でしょう。

しかし、海外という不利な環境でも、できることは少なからずあると考えたらどうでしょうか。


  竹刀を振ることはできます。


  野球の世界の第一人者、王貞治さん、落合さんが、素振りという練習を何よりも、誰よりも重視し継続したことは伝説的事実です。


  基礎体力のトレーニングも可能です。瞬発力、持久力の訓練は、ひとりでも、どこでもできます。

  
  剣道に関する文献を読む。日本から雑誌を取り寄せる。これも可能です。ネットやDVDなどでの研究もできます。


  また、別のスポーツをやってみて、それがも思いがけず、剣道に関する発見につながることもあります。


  練習環境の不利にもかかわらず、いろいろな競技で一流の結果を残す人も多くいます。

  25メートルプールでしか練習できないのに、オリンピックで入賞した人も実在します。

  あと、メンタルトレーニングも、どこでもできます。



  蛇足ながら、一言。武道の最終目標は「勝つこと」だけではないはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

できることを続けて頑張っていきたいと思います。
勝つことだけではない・・・
参考になりました。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/05/25 17:27

アメリカ合衆国では、朝鮮人が、「剣道」と看板を上げて「コムド」を教え、「空手」と看板を上げて「テコンドー」を教え、「日系人」と名乗って「朝鮮人」である・・・、という状況です。



確実に確かに絶対に「日本剣道かどうか?」と「道場主が本当に日本人か?」をよくよくお確かめの上、剣道をなさって下さい。

アメリカは文化音痴ですので。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2013/06/02 18:04

国内での毎日の部活と、海外での週一サークルの剣道とは別物です。

剣道とは称しているものの、不思議な世界が繰り広げられている可能性があります。精神のあり方、指導法も大いに違います。そこで、貴方が「それは違う」と主張するのが良いのか、郷にいれば郷に従えが良いのかを選択しなければなりません。しかし、部活で培ったものを振り回せば、サークル内では浮いた存在になりましょうことは明らかです。海外での貴重な体験を有意に過ごす為にも、ここはひとつ、今までの剣道を捨てましょう。下手になること、弱くなることを受け容れて、剣道とは何たるかを考えましょう。

あるいは、別世界に見えるかも知れぬ週一サークルの中にこそ、武道本来の姿、または、スポーツ競技の真実があるのかも知れませんよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね。貴重な体験ですから、素直にあっちで頑張ります。
参考になりました。回答ありがとうございます。

お礼日時:2012/05/25 17:25

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング