今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

すみません、教えて下さい。

遺留分の計算方法ですが、遺言で第三者に全額遺贈する、とあった場合

1. 1/2が第三者
2. 残りの1/2は相続人で分ける

として、全額を分ける計算になると思います。しかし、もし、遺言もなく、第三者に渡す意思もない場合、遺留分は、あくまで、全体の1/2をふりわけるのでしょうか。その場合、残った1/2はどこにいってしまうのですか。

あるいは、全額を法定相続として、わけきるということでしょうか。遺留分は、第三者が介入した場合のみという理解でよいですよね。遺留という感覚がいまいち、しっくりきません、初めから第三者に渡さなければいいだけだと思いますが。

宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

遺言書が無い場合は、まず相続権者同士の話し合いで決めます。


その時に参考にするのが各々の法定相続割合です。

相続権者間でもめて調停や裁判などになった場合は、法定相続割合に添った判断がなされます。

遺言があり法定相続権者以外に全額が遺贈されたばあいですが、相続から外された法定相続権者は、相続人に対して遺留分を請求できます。

この権利を遺留分減殺請求権といいます。

遺留分は法定割合の半分ですから、例えば全額が第三者に渡った場合に、法定権者の全員が遺留分を請求すれば第三者には半分しか残らないということになります。

請求権という権利ですから、その権利を行使しなくても構いません。なので第三者は遺留分の請求が無ければ払う必要は無く、遺言通りにすべて受け取って構いません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、勉強になります。ありがとうございました。

お礼日時:2012/05/28 14:20

遺言書がないときには、遺留分なんてありません。


遺留分があるのは、遺言書に、遺贈や相続させるとあるときのみです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはりそうですよね、有難うございます。

お礼日時:2012/05/28 14:19

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング