仕事を頑張る人のおしりトラブル対策

みなさんに質問です。原発再稼動に反対ですか。それとも賛成ですか。またその理由をそれぞれお聞かせください。
因みに私はどちらかと言えば賛成です。って言うか、そうやらざるを得るしかないでしょう。その理由は今や原発の安全親和は履がえされましたが、政府が国民に求める節電の時間稼ぎはいづれは持ちません。これまで支えられてきた国民の生活、経済の状況を考えればけっきょく再稼動しないと、いづれ社会全体が混乱するのではないかな。ほんとうのところどこまで停止のままでいるのか理由がよく分かりません。みなさんはどうお考えですか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (15件中1~10件)

再稼動反対です。



女川などを例に問題ないという人がいますが、
奇跡的に助かったに過ぎません。

福島第一も津波ではなくゆれで壊れています。
田中三彦さんが東電、保安員との会議で、福島第一が揺れで壊れたことを証明して追及しましたが、
東電、保安員は、黙ってしまって、全く反論できませんでした。すなわち、揺れで壊れたことを黙認しています(揺れで壊れたのでなければ反論できるはず)。

またM8からM9クラスの地震、特に直下型で起これば原発がまた壊れることはほぼ確実です。
柏崎刈羽はM7以下の地震で壊れ、3年半たっても2~4号機は直せていません。

ウランは石油や天然ガスよりも早く枯渇します。
動かせば、放射能廃棄物が増えていきます。
これが元の放射能レベルに戻るまで100万年かかります。
原発が止まったあとも放射能廃棄物を冷やし、隔離しなければいけません。
埋めるにしても100万年後までそのことを伝えなければいけません。
江戸時代のことすら現代に全部は伝わっていないのに、
100万年とは言いませんが、1万年後に伝えることができるのでしょうか?
100万年後に日本の形がどうなっているかすら不明です(100万年前は、六甲山は海のなか)
こんな不安定な日本には、放射能廃棄物を処分する場所もありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
それが原発発展国日本なのです。いまさらどうすることもできない、100万年後、200万年後の話かも分かりませんが、あなたは未来のために再稼動反対を訴える。それは素晴らしいことだと私は拍手を贈りたい。
しかし現実を考えていただきたい。いま原発以外に安定供給できる施設があるでしょうか。
節電、それはそれでいいでしょう。一時しのぎの話に過ぎません。どこまで人はストレス無くがんばれることができるでしょう。国もそこまで馬鹿じゃなく、いづれ再稼動に踏み切ると思います。
それに福島の原発が揺れで壊れようが、津波で壊れただろうが、災害で破損したのは変わりはないのです。証明がどうとか責任追及ばかりで、被害住民のことはまったく無視しています。

お礼日時:2012/05/28 16:05

>資源が豊かな豪州は別で世界は原発だらけです



あまり考えられることではありませんが
豪州が戦争などに巻き込まれれば
核燃料が高騰するのではないでしょうか。

日本で、それほど核燃料が採掘できるとは
思えません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
戦争で高騰しますかね。

だから再稼動は反対という事でしょうか。
戦争と核燃料の高騰とは直接関係ないと思いますがね。

お礼日時:2012/05/28 15:47

再稼働は、賛成です。



1、現状ですでに、核物質は存在をしています。
再稼働しようが廃止をしようが、現状の原子炉・核物質の処理のために経費は同一にかかります。
停止をすれば、そのまま負債として残りますが、寿命まで稼働させれば、経費負担を減らせます。
廃止論者はこの点が理解できていないのか、あえて無視しているの分かりませんが、処理問題をあげつらうだけの廃止論者については、私は軽蔑しています。

2、地震が起きれば、全ての原子炉が放射能をまき散らすかの様に言う人がいますが、宮城県の女川原発の存在を無視していますね。

3、元々、原子力エネルギーは、資源の多様化を目的にしています。
主要なエネルギー源の石油は、中東に依存しておりイラン問題(アメリカの問題ですが)政情に問題があり、より安定化を目指してあえて利用しています。

4、自然エネルギーの利用にしても、高コストは避けられず、製造業に与える影響は大きく、海外移転による空洞化が進むでしょう。 既に、企業の中には電気の供給不安から海外に主力を移しています。

5、最終的に原子炉を廃止する事は否定しません。
ただし、現状で安定的に電気を供給しながら、コストを考慮しながら転換していく方向性をはっきりとさせた政策が必要ですね。

福井県の西川知事は、現実的な発言をされていますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
現実的なご意見だと思いますね。私達の生活、経済が原発に頼って来ており、現在はそれ以外の安定供給がないことから今後も頼らざるを得ないという事ですね。
どれぐらい先になるか、できることなら今後は原発反対という事です。でも今は再稼動が必要でしょうね。

お礼日時:2012/05/28 15:35

資源が豊かな豪州は別で世界は原発だらけです 化石燃料の高騰になれば企業、国民は絶対に困るし 競争力は一気に弱まります 東電解体もすんなり交わせる力があるので 原発はイヤでも稼動するはず。

稼動しなくても維持するだけで大変な費用がかかり続けてしまう代物です すでにサイは投げられています 隠蔽体質をなくし「日本が誇るすぐれた原発技術」にぬりかえて欲しいです(合掌)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見ありがとうございます。
これまで何の意識もせず自然と原発に頼ってきた人々が、昨年の津波被害によって破壊された原発を見てウラを返すかのように一気に反対する人がいる。いったいこれって何なのでしょうね。直接被害に合われた方の気持ちを考えると同情せざるを得ません。
しかし反対を訴える理由は同感でも、まだまだ理想論でしかありません。
安全基準は大切なのはもちろんですが、どんなに完全な安全対策を施しても100パーセント絶対はないのです。言ってはならないことですが、想定外は想定外でしかないのです。
だから今は再稼動をするべきでしょうね。周囲に阻まれ政府の決断力が無いだけです。

お礼日時:2012/05/27 23:27

私自身は福島原発事故なんてなかったことにして、さっそく再稼働してもらってこれまでのぬくぬくした生活をエンジョイしたいですなぁ。

再稼働したいという感情、不安、焦りってのはよく解るよな。

しかし、守るべきは妊婦、乳幼児、児童 つまり子供達。自分のぬくぬく生活のために、人の命を蔑ろにすることはゆるされないとおもいますなぁ。
もし、私が胎児だったなら・・・・汚染された地上に産み落とされたくはありまへん。

あなたの言う国民の生活の基本とは何か・・・生命と健康なんじゃありませんかね。そこが土台でその上にエネルギーやら経済がある。

エネルギーや経済やインフラを土台にして、生命や健康があるという見方もできないこともないけど、原子力発電というのは生命と健康を脅かして拡大する構造だから破綻することが解ってるのね。
このまま100年発電し続けると100万年ビクビクして暮らすことになるという愚かな選択。

ここで判断を誤ると人間存在はガタガタになる。
厳しい判断をしなければならないってことも解っているけど、ぬくぬく生活はやめられないってのは、人間としてどうなんだろうかということ。自分の命は自己責任でいいにしろ、他人の命で博打はできませんぜ。

言いかえれば、甘い判断を続けた結果が福島原発事故だってこと。
甘いぬくぬく判断をすると事故がまた起こる。推進派はそのリスクを負うんだって言うんだけど、これから生まれてくる人間達の判断じゃないからね。我々は片目をつむったまま、天寿を全うして墓に入るかもしれんけど、これから白血病で死亡する大勢の子供達の亡霊に墓を掘り起こされるで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重なご意見ありがとうございます。
確かに昨年の津波災害による福島の被害はただ事ではありません。原発の恐ろしさを再確認し、安全神話は覆されました。
しかしこれまでの電力に頼ってきた国民が今後、原始的な生活を強いられることになった場合、どうやって生き延びますか。
反対して今はなんとか節電で補えてもこの先どうしましょう。結果的に再稼動しかないのではないかな。
現在人間が生活できる安定供給にどんな施設がありますか。後世の子孫のことは先の歴史的な運命として受け告ぐしかないと思います。
そもそも人間は火を発見したときから化学に目覚めはじめ、これまで世の中を近代化に導いてきましたが、人間の最後は化学で滅びるのです。そういう図式になっている気がします。

お礼日時:2012/05/27 22:59

 1 核廃棄物の捨て場があること【どこにもない】


 2 使用済み核燃料の処理が出来ること【六ヶ所村の再処理は金掛けて何年たってもまだ動かず】
 3 直下に断層がある原発を廃炉にすること【直下に断層がある原発が幾つか有る】
 4 もんじゅも廃炉にすること【莫大なかかっていても先の見通しつかず】
 5 津波防護壁など安全対策が出来ていること【防護壁など着工さえも数年先】
   
   以上が出来たら一部稼働させても良い
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
政府の考えは正直早く稼動させたいところなのでしょう。
現実的この世に原発以外に頼る術はどこにもない。かといって新たに安定した供給施設を完成させるにはまだまだ程遠く先の未来です。
なんと言おうと今は原発に頼らざるを得ないのでは・・・
kofusano様のおっしゃる5項目は非現実的で不可能に近いです。
それにすべての原発を廃炉させるのに5000年以上掛かる計算です。これも東電天下りを容認してきた国の陰謀として受け入れるしかないでしょうね。
結果としてこれまで国民が認め、生活してきたのは事実ですから。

お礼日時:2012/05/27 22:21

原発の稼働に賛成です。



菅直人がストレステスト発言で
おかしくなっちゃった。と、思っています。

自然エネルギー買取法で、これからは
電気料金が今まで以上に高くなってしまうでしょう。

電力の安定供給の面からも原発発電をやらないと
ムリだと、思っています。
自然エネルギーでは、安定供給は難しいと思います。

福島の事故後の東電・菅政権の
対応で原発はどうなの?と、なってしまったのも
複雑にしてしまった
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
菅の突発的な思い付きだったのでしょうか。半分パニックもいいところです。
今だったら国民も平静を保っていますが、このまま節電を強いられると国民のストレスが持たないでしょう。どうしても必要な病院、老人施設などもありますからね。どう対処するんでしょうね。
供給量があっての節電と訳が違いますからね。

お礼日時:2012/05/27 22:02

私は反対でも賛成でもどちらでもありません。

これまで原発再稼動の是非は、経済産業省が個々に判断してきたことです。今このスキームを変える合理性を見出せません。スキームを変えるなら国会での審議を経て立法に拠ってなすべきことです。なし崩し的にスキームを変えるというのでは戦前と同じです。それでは法治国家とはいえない。それは個々の発電所ごとに個別に是非を判断すべきことであって、原発とひとくくりにしてしまうような乱暴は許されません。だから私は反対でも賛成でもない。経済産業省の職務放棄は許されないし、愚民の直接介入も許されません。

日本国憲法は前文で「そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものてあつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。」と謳っています。

なし崩し的に日本国憲法を踏みにじる暴挙は私は断じて容認することはできません。

この回答への補足

日本国憲法の前文はあくまで建前論に過ぎないと思います。法治国家である前に国が定めた法律は国家を思想とする理想であります。これは社会主義国家にはまずあり得ません。理想と現実は違います。
民主主義である以上国民個々の意見、批判は当然のことと私は認識しています。

補足日時:2012/05/27 14:11
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
賛成でも反対でもないご意見も勉強になりました。

お礼日時:2012/05/27 14:11

>1)自然エネルギーは安定供給に不安がある



これについては、高速増殖炉を実用化しない限り
石油より先にウランが枯渇してしまうので
逆に原子力に未来は無いといえると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
確かに自然エネルギーでは不安ですね。供給量が補えないのは目に見えています。
高速増殖炉には「もんじゅ」がありますが、将来を見込めばもっと実用化するべきでしょうか。

お礼日時:2012/05/27 13:45

私は反対です。


その理由は廃棄物の最終処理が出来ておらずその負の遺産を将来に残すからです。
当面は火力発電に頼る事になるかと思います。
その燃料費が高いと言う事をしきりにアピールしていますが円高に加えドルが余っている日本では決して買いにくいものではないと思います。
火力でしのいでいる間に今までペンディングになっていた再生可能なエネルギー利用技術を国家事業として実用化していくべきです。
風力や太陽光ばかりでなく地熱、海洋発電など考えられる技術を再評価して実用化するべきでしょうね。
その為の増税であれば私としては甘受したいと思っています。

この回答への補足

反対されるご意見はごもっともです。反対は否定していません。しかしそれは将来を見込んでのご意見と判断しています。
いまはその供給量は補えませんね。現在はどうしましょう。火力だけでは国内の電気量は補えないのが現実ではないでしょうか。その期間は節電を強いられるのは仕方ないと考えておられるのであれば、またその原因で経済の衰退、生活圏の侵害、それによる人の死もやむを得ないというお考えでしたら、それは非現実的です。

>廃棄物の最終処理が出来ておらずその負の遺産を将来に残すからです。
いまの原発を廃炉にするにしても莫大な負の遺産を残すのは同じです。いやそれ以上かもしれません。
稼動しなくても核物質燃料は危険に晒されるのは現実です。なら再稼動するにあたり現在の国民の生活圏、経済安定の見込みは最低でもあります。
私は原発は反対ですが、いまの社会情勢を考えれば再稼動は認められずにはいられないのでは。。これも過去安全神話を謳い、国の口車に乗せられた結果ではないでしょうか。

補足日時:2012/05/27 13:24
    • good
    • 1
この回答へのお礼

貴重なご意見ありがとうございました。将来は原発に変わる充分量の供給施設を期待したいものですね。

お礼日時:2012/05/27 13:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング