ここから質問投稿すると、最大10000ポイント当たる!!!! >>

デジタル画像を作りたいのですが
サイズが黄金比になるようにしたいんです。
横幅が500pixelの画像を作る場合、
縦幅を何pixelにすれば黄金比になるでしょうか?
横幅が500pixelで、縦幅はそれよりも短くしたいのです。
長方形の長いほうのサイズが500pixelという意味です。
もし分かる方いらっしゃいましたら教えて下さい!
単位がpixelなので、むずかしいでしょうか・・

一応自分でも黄金比について検索してみたのですが
計算式とか出てきて、バカなわたしは
頭が痛くなってきました・・お恥ずかしい事ですが・・

ですので、簡単な黄金比の計算の仕方も教えて頂けると
大変ありがたいです。。あくまで簡単な。。
恥ずかしいですがルートとかも全然わかりませんので・・

もちろん一番知りたいのは、
横幅500pixelに対する縦幅ですが!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

500÷1.618≒309pixelです。

    • good
    • 0

黄金比は1:(1+√5)/2です。


約1:1.618になります。
長いほうが500なので短いほうをxと置いて
1:1.618=x:500
x=500/1.618
x=309
になります。
    • good
    • 0

縦横が黄金比の長方形から、短い辺の正方形を切り取ると、残った長方形が、元の長方形と相似(大きさは違うが同じ形)になるんです。



      1       x≒0.618
 ┌───────┬─────┐
 │          │      │
 │          │      │
 │          │      │
 │          │      │
 │          │      │
1│          │      │
 │          │      │
 │          │      │
 │          │      │
 │          │      │
 └───────┴─────┘
つまり、
 1:(1+x)=x:1
なるxを求めると、
 (1+x)x=1
 x^2+x-1=0
    -1+√5
 x=────────
      2
    -1+2.236
  ≒───────────
       2
  ≒1.236/2
  ≒0.618

よって、横:たて≒(1+0.618):1
        =  1.618  :1

あとの計算は、他の方の通りです。
    • good
    • 0

質問者さんが本当に求められているのが、どちらなのかは分かりませんが、いわゆる黄金比と呼ばれるのは


1:(1+√5)/2 ≒1:1.618
のことで、#1の方の方が正解です。

#2の方が言われている 1:√2 というのは、
新聞紙や画用紙・ノートなどに使われている比率で、
A3・A4・A5… とかB4・B5… とかの規格もそうです。
(私も以前、1:√2が黄金比だと誤認識していました)
    • good
    • 0

用紙に対する黄金比といえば普通1:√2です



よってPIXELのサイズが縦横1対1なら(これもあんまりありませんが)

500÷√2≒354です
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング