人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

暴行を受け、警察に行ったところ、病院に行き治療してもらうと同時に
診断書をもらってくるようにいわれ、病院では傷害の診断書をいただきました。

診断書があれば、警察では暴行罪ではなく、傷害罪で捜査をするとのことでしたが、
刑事事件としてはもちろん進めていただきたいと思っております。

その一方で、暴行を受けたことにより要した治療費や、破壊された身の回り品、
金銭を盗まれたこと、手術により休養を要するとの診断に対し、
民事上の請求もしたいのですが、その方法と、相場がわかりません。

とりあえず法テラスに相談しましたが、有料の弁護士相談を紹介されました。
しかし現在のところ、相手の氏名や住所もわからないので、請求するところがありません。

そこでご質問なのですが、
1)警察が逮捕することができたなら、
 傷害を受けた側に警察から氏名や住所などは教えてもらえるのでしょうか。

2)傷害を受けたために要した治療費等を民事上の手段で解決するとしたら
 どのような証拠を集めれば良いのでしょうか。

3)今のところ相手の住所氏名等が不明で、銀行口座などももちろん不明のため、
 財産をどのように押さえて いけばよいのか、見当が付かないのですが、
 良い方法はありますでしょうか。

詳しい方がおられましたら教えてください。お願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

1)容疑者が、成人の場合は聞けば教えてくれます。


  ただ、未成年者の場合では、少年法の規定で少年Aということになり、裁判所へ開示請求をしないとなりませ  ん。

2)診断書・治療明細・治療費の領収書・通院交通費明細(手書き可)・休業証明(会社から)・入院した場合は
  必要な物を購入した領収書・喝取された金銭は申告のみ・身の回り品は購入金額の半分


3)差し押さえは、訴訟での勝訴判決が必要ですから、まずは2の証拠を固めてから相手に対して民事訴訟を提起
  してください。
  その勝訴判決に、仮執行宣言が付されていますから、確定(14日後)か相手が控訴(高等裁判所へ訴えるこ  と)をした時点で差し押さえができますが、銀行口座等は自分で調べないとなりません。
  あとは、動産(車等)も差し押さえができますが、本人名義でないとできません。

傷害ということですが、その際に金品を被疑者が持って行っている場合、「強盗傷害」ということも視野に入りますから、その点は警察に確認してください。
(強盗致死傷)
第二百四十条
強盗が、人を負傷させたときは無期又は六年以上の懲役に処し、死亡させたときは死刑又は無期懲役に処する。

相談者さんも、一度弁護士に相談して大まかでも進める方向性を確認するほうがいいでしょう。

法テラス
http://www.houterasu.or.jp/

日本弁護士連合会
http://www.nichibenren.or.jp/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

<1)容疑者が、成人の場合は聞けば教えてくれます。
容疑者は、20才前後と思います。警察では
「捕まえるのはいつでもできるから、また警察に来るときは事前に連絡してからきてください。」
「とりあえず傷害部位の写真を撮っておきます」
と、まるでもう一度警察に来ない人が多いかのような対応でした。
もし未成年の場合、確実に氏名住所等を押さえたいですが、警察の「いつでもできる」に時効はあるのでしょうか。

<2)診断書・治療明細・治療費の領収書・通院交通費明細(手書き可)・休業証明(会社から)・
<入院した場合は必要な物を購入した領収書・喝取された金銭は申告のみ・身の回り品は購入金額の半分
No.1様のお礼欄にも書かせて頂いたのですが、その治療が暴行を受けたことによる治療なのか、
勝手に私傷病で治療したものかを、治療明細等だけでは立証できないように感じるのですが、
その因果関係を示す証拠がなくても実務上は問題なく訴訟が進められるのか、詳しく教えて頂けませんでしょうか。

<3)差し押さえは、訴訟での勝訴判決が必要ですから、まずは2の証拠を固めてから相手に対して民
<事訴訟を提起してください。
差し押さえ(強制執行)は、以前にも確定判決の債務名義を持って行ったことがありますが、銀行口座が
わかっていても、個人の動産がわかっていても、空振りを何度も繰り返し、結局なかなか元が取れない
ように感じました。
調停でも示談でもいいのですが、相手に簡便に支払わせる方法がありましたら、その進行方法について
詳しく教えて頂けませんでしょうか。

<傷害ということですが、その際に金品を被疑者が持って行っている場合、「強盗傷害」ということも視<野に入りますから、その点は警察に確認してください。
<(強盗致死傷)
<第二百四十条
<強盗が、人を負傷させたときは無期又は六年以上の懲役に処し、死亡させたときは死刑又は無期懲役に<処する。
教えて頂きありがとうございます。
警察は「病院にいったら傷害罪、いかなかったら暴行罪にするだけ」とやる気がなさそうなまま、
救急搬送されたので、再度警察に確認してみます。

お礼日時:2012/05/26 14:30

1.仮に犯人が捕まっても、警察が容疑者の名前を積極的に教えてくれることはないニャ。



2.治療費や通院に関してかかった交通費の領収書、仕事を休んだ場合の休業補償を得るために給与明細などニャ。

3.つか裁判を起こしても相手に財産がなければ、払ってくれないニャ。
 相手が初犯で起訴猶予や執行猶予を求める場合、相手側の弁護士から治療費や慰謝料を提示して示談を素sめてくる場合があるニャ。その場合は先にお金を貰うことが出るが、相手に財産がなければ、そこまでしないニャ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

<1.仮に犯人が捕まっても、警察が容疑者の名前を積極的に教えてくれることはないニャ。
私は家族が刑事事件の被害者となったとき、身元引き受けにいったことがありますが、
その時は警察はすぐに相手方の氏名や連絡先を教えてくれました。
失礼を恐縮でご質問しますが、ご回答者様は、実体験に基づいて回答いただけているのでしょうか。
今回は犯人が捕まる前なので、どのように準備しておけばよいのかわからず、ご質問したところです。

<2.治療費や通院に関してかかった交通費の領収書、仕事を休んだ場合の休業補償を得るために給与明細などニャ。
その治療が暴行を受けたことによる治療なのか、勝手に私傷病で治療したものかを、
どのように立証するのでしょうか。

<3.つか裁判を起こしても相手に財産がなければ、払ってくれないニャ。
<相手が初犯で起訴猶予や執行猶予を求める場合、相手側の弁護士から治療費や慰謝料を提示して示談
<を素sめてくる場合があるニャ。その場合は先にお金を貰うことが出るが、相手に財産がなければ、
<そこまでしないニャ。
先に示談をしたら、刑事事件が進まなくなる等、よくわからない情報がたくさんあったのですが、
このあたりの流れについて、より詳しく教えて頂けませんでしょうか。

お礼日時:2012/05/26 13:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q傷害事件に遭いました。慰謝料を請求したいのですが

先日、知人と酒を飲みに行き、お互いかなりの量の酒を飲み口論となり、知人に顔面を思い切り殴られ怪我を負いました。殴った後も店の中で知人は怒鳴り散らしていたので、収集つかなくなり、店員さんに警察を呼んでもらい、警察署に行きました。酔いも覚めたころ、知人であるが故、反省の色が見られれば被害届等提出するのはやめようと思っていたのですが、話を聞いても、謝罪こそあるものの、誠意を感じられる内容ではなかったので、被害届を提出し、翌日医師の診断書を提出しました。診断書の内容は、全治一週間とありましたが、10日経った今でも、腫れとアザが取れません。仕事に支障をきたす(接客業)怪我でもありますし、それ以降なんの謝罪もないことから、医者の費用と慰謝料を請求したいと考えているのですが、どういった手順で請求するのが一番なのでしょうか、、警察に聞いても何も教えてくれません。
電話番号は知っているので、直接相手に請求するのがいいのか、やはり弁護士さんを通した方がいいのでしょうか。
問題がなければ、直接連絡してしまおうと思っているのですが、当時から話していない事もあり、相手の出方の想像がつかないので、その場合どういった交渉をすればいいのか良くわかりません。

知人ということで、逮捕はしないと警察は言っていました。
ちなみに知人と言っても、2、3回一緒に酒を飲んだ事があるだけの浅い知人です。当時のことに関しても、きちんとした謝罪もないので、まだ怒りが収まりません。もう、付き合いをすることもないであろう相手なので、徹底的に、取れるものは取っておきたいというのが正直な所です。

先日、知人と酒を飲みに行き、お互いかなりの量の酒を飲み口論となり、知人に顔面を思い切り殴られ怪我を負いました。殴った後も店の中で知人は怒鳴り散らしていたので、収集つかなくなり、店員さんに警察を呼んでもらい、警察署に行きました。酔いも覚めたころ、知人であるが故、反省の色が見られれば被害届等提出するのはやめようと思っていたのですが、話を聞いても、謝罪こそあるものの、誠意を感じられる内容ではなかったので、被害届を提出し、翌日医師の診断書を提出しました。診断書の内容は、全治一週間...続きを読む

Aベストアンサー

とりあえずは「謝罪・治療費・休業補償・慰謝料」を相手に請求(示談)して、
誠意のない対応なら「弁護士を通して傷害罪で刑事告訴する」と伝えては。
ただし高額な慰謝料や脅迫めいた言葉などを使ってはいけません。逆に脅迫罪に問われますから。
また交渉の過程は録音しておいてください。

相手に資産があり定職について給与所得などがあれば補償はとれますが、なければ弁護士を使っても無駄です。

Q傷害事件について(治療費の請求について)

 主人の親友の話です。車で走っていた時に道に迷っていてフラフラ走ってしまったら、後ろの車からクラクションを鳴らされました。そして、友人の車の前にいきなり回り込んだのです。そして相手は友人をいきなり殴り、鼻を骨折してしまい来週整形外科手術を受けることになりました。首もつけていたネックレスを引っ張ってきたのでその跡がクッキリ残る状態の、とても酷い怪我を負わされました。事件当日が祝日だったせいで、病院での診断証明書を発行してもらえず被害届も受理されず。翌日の今日になって被害届を出しました。友人はまったくコチラからは暴力を振りませんでした。なので相手側に一方的に非がある状態です。私が聞きたいのは、この事件の流れはこの先どういう風になるか?と言う事と、治療代や慰謝料を請求するにはどのようなことをすればいいのか?と言う事を教えていただきたいのです。友人は外国人と言う事もあり、それに私も日本人であってもそういうことは詳しくありません。ぜひとも、相手側には治療費・慰謝料は確実に払っていただきたいし、私もこの友人の力になってあげたいと思っています。このままでは、流されるままにコチラが治療費も払ってもらえないのでは?と思っています。こういった事件の流れと、こちら側としてどういうことを相手に働きかけていけばいいのか?詳しい方がいらしたらぜひ教えていただきたいです。急いでおりますので、どうぞよろしくお願いします。

 主人の親友の話です。車で走っていた時に道に迷っていてフラフラ走ってしまったら、後ろの車からクラクションを鳴らされました。そして、友人の車の前にいきなり回り込んだのです。そして相手は友人をいきなり殴り、鼻を骨折してしまい来週整形外科手術を受けることになりました。首もつけていたネックレスを引っ張ってきたのでその跡がクッキリ残る状態の、とても酷い怪我を負わされました。事件当日が祝日だったせいで、病院での診断証明書を発行してもらえず被害届も受理されず。翌日の今日になって被害届を...続きを読む

Aベストアンサー

>>流されるままにコチラが治療費も払ってもらえないのでは?
警察では治療費を払え  と加害者には言ってくれません。。
これは、民事の範囲の話です。
ですが、、、加害者がこの先検察庁送りとなり起訴される様な事にでもなれば、相手側に付いた弁護士から謝罪と慰謝料提示&示談書の話が出てきます。
ここで、示談すると相手は裁判でも比較的 被害者と示談しているって事で有利?な判決が出る可能性の要因でもあります。
加害者に前科・前歴などが無ければ・・・でしょうが。。

相談者さんの友人が上記 段階で加害者にこれ以上の刑事罰を望まず怪我の治療費や慰謝料さえ貰えればいい””と判断するなら示談すればいいし・・・
いやいや!!断固として厳罰を持って罰して欲しいと思うのであれば示談しなくともいい話。
但し、この場合は刑事裁判終わってから改めて 自分から民事裁判を起こさないと相手からは一円も入っては来ません。
当然、弁護士にも相談し依頼もしないと・・・って事は民事裁判 訴えるにもお金が必要になってきますし・・。。
裁判で勝訴しても相手から確実に入って来る確証はないんですから・・
何か、被害者としては理不尽な話にも聞こえますよね?

なので、今後の事件の経緯を眺めた上でどの時期に示談するのかが一番の問題です。

上記 踏まえた上で改めてここで質問されたら如何でしょう?

病院には第三者に由る怪我だと申請する事もお忘れなく^^

>>流されるままにコチラが治療費も払ってもらえないのでは?
警察では治療費を払え  と加害者には言ってくれません。。
これは、民事の範囲の話です。
ですが、、、加害者がこの先検察庁送りとなり起訴される様な事にでもなれば、相手側に付いた弁護士から謝罪と慰謝料提示&示談書の話が出てきます。
ここで、示談すると相手は裁判でも比較的 被害者と示談しているって事で有利?な判決が出る可能性の要因でもあります。
加害者に前科・前歴などが無ければ・・・でしょうが。。

相談者さんの友人が...続きを読む

Q傷害事件の被害者になってしまい。これからどういう手続きをとったらいいでしょうか?

2日前の夜中傷害事件に巻き込まれました。
スナックで3人(先輩、友人、私)で、飲んでいたときに、一緒に飲んでいた先輩が知らない隣のテーブルの人に話しかけにいっていました。
私と友人はその間二人で飲んでいて、隣のテーブルの人とは話もしていません。
帰りに、店を出たところで、その知らない隣のテーブルの人たちが私たちに声をかけてきたと思ったら、友人の一人が突然殴られました。止めに入ったところ、私も殴られ、意識を失いその間も暴行を受けていました。
(私も友人も一切相手に手を出してはいません。)

私たちは救急車で運ばれ、警察も駆けつけ、事情聴取も一応終わり、私たちに暴行を加えた相手も警察に捕まってます。
結果的に、頭を5針縫い、顔面打撲とても腫れていて、全治1週間の診断が下りました。
診断書も警察へ提出しています。
私としては、医療費、破かれた洋服代、血だらけになった洋服のクリーニング代、休業補償、慰謝料までもらいたいのですが、これからどういう手続きをとったらいいのでしょうか?
全くわからないので、宜しくお願いいたします。

相手の人はガラが悪そうな人たちでした。

2日前の夜中傷害事件に巻き込まれました。
スナックで3人(先輩、友人、私)で、飲んでいたときに、一緒に飲んでいた先輩が知らない隣のテーブルの人に話しかけにいっていました。
私と友人はその間二人で飲んでいて、隣のテーブルの人とは話もしていません。
帰りに、店を出たところで、その知らない隣のテーブルの人たちが私たちに声をかけてきたと思ったら、友人の一人が突然殴られました。止めに入ったところ、私も殴られ、意識を失いその間も暴行を受けていました。
(私も友人も一切相手に手を出しては...続きを読む

Aベストアンサー

加害者は傷害罪の被疑者であり、これから加害者に対する刑事手続が進められてゆくことになります。具体的には、警察署で両当事者や目撃者などから事情聴取をしたり実況見分を行ったりし、その後に検察庁へ送致して、更に検察官による捜査が行われます。そして、最後に、その検察官が、(1)起訴、(2)不起訴、(3)略式命令請求(罰金刑の処分)のどれかの終局処分を選択するということになります。

この手続の中で、被害者である貴殿は、警察署と検察庁に呼ばれて詳しく事情を聴かれ、話した内容について供述調書と採られることになると思います。その時は、堂々とした態度で事実を正しく供述して下さい。
被害者と示談が成立するかどうかは、検察官が終局処分を選択する際に重要な判断材料になりますので、加害者が検察官から「示談しないと起訴するぞ」と言われ、慌てて示談の申し入れを行ってくるケースも少なくありません。その場合は、専門家に相談して適正な賠償額を算定して貰うとか、その専門家に委任して示談交渉を行って貰うとかの対応をなされると良いでしょう。

これに対し、加害者が示談の申し入れをしてこない場合もあります。その場合は、貴殿の側から損害賠償請求を行い、それでも不誠実な対応に終始されれば、弁護士を代理人を立てて請求するとか、調停・仲裁・訴訟等のしかるべき法的アクションに踏み切ることになるでしょう。

いずれにしても、早い段階で弁護士に相談なされ、その助言に沿って今後の対応をなされるのが良いと思いますよ。

加害者は傷害罪の被疑者であり、これから加害者に対する刑事手続が進められてゆくことになります。具体的には、警察署で両当事者や目撃者などから事情聴取をしたり実況見分を行ったりし、その後に検察庁へ送致して、更に検察官による捜査が行われます。そして、最後に、その検察官が、(1)起訴、(2)不起訴、(3)略式命令請求(罰金刑の処分)のどれかの終局処分を選択するということになります。

この手続の中で、被害者である貴殿は、警察署と検察庁に呼ばれて詳しく事情を聴かれ、話した内容について供述調書と...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報