ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

製品に昆虫などが混入していた場合、同定検査をしますよね?同定検査の意味は分かるのですが、例えば「カタラーゼ反応」は、同定検査の1つとして行われる、という解釈で宜しいのでしょうか?もしくは、同定検査とカタラーゼ反応は別なのですか?
ネットで調べても、あまりよく理解できませんでした。どなたか詳しい方いらっしゃいますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

全く別です。

カタラーゼ反応は混入している虫が加熱されていたのか、それともされていないかを判別するために行うのであって同定ではありません。同定は虫の種類を判別することです。
カタラーゼは生物なら(少なくとも昆虫や我々高等動物)必ず持っています。その活性があるということは殺菌などの負荷を受けていないことになり、製造後に混入した可能性があります。しかし、このカタラーゼの活性は時間が経てば活性を失います。そのため活性がないからといって熱を受けているとは必ずしも言えませんが参考にはなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

同定は、あくまでも種類を判別することなんですね。ということは、カタラーゼ反応の前には大体同定検査をして、何の虫かをハッキリさせるということですね!?謎が解けてスッキリしました。どうも有難うございました!

お礼日時:2004/01/16 18:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qカタラーゼ反応について

食品などに混入した虫に熱が加わっているかどうか調べるためのカタラーゼ反応に使用する過酸化水素水は何%がもっとも適しているでしょうか?
また、オキシドールでもよいでしょうか?
検査する虫は冷凍しておけば、カタラーゼは維持できますか?
以上よろしくお願いします。

Aベストアンサー

CATの専門家ではないので最適過酸化水素濃度についてはわかりかねます。Pub-Medでそれらしい文献を調べてみてください。

酵素の活性測定をされる場合できれば凍結融解は避けるほうが望ましいというのが生化学界での通説です。通常は、酵素活性を測定する場合4℃でサンプルを保存しておいて常温に戻してから測定します。CATがどの程度温度変化に強いかはわかりかねますが、一週間程度の保存なら4℃のほうが無難です。

参考URL:http://www4.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi


人気Q&Aランキング