自分のお店を開く時の心構えとは? >>

現在日本国債10年物のCDSは150前後で取引されているようですが
これは10年以内の日本国債のデフォルト確率が1.5%と市場が考えているということでしょうか?

この理解は正しいでしょうか?

CDSの仕組みはいまいちよく分かっていないのですが
他国と比べても全然低いと思うのですが、これで日本は本当にギリシャのように破綻するのだろうか?と。

破綻論者が言うように本当に日本がギリシャのように破綻するなら、CDSだってギリシャのように高値で取引されているはずではないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

No.1です。

多少補足させていただきます。

そもそもCDSという商品は、一種の破綻保険みたいなもので、保有する債券が危ないと
思うからこそ、保険をかけるために買うものなんですよ。(まあ、賭博に利用する奴ら
もいますがね。。)

逆に言えば、No.1で指摘した英・米・日の国債のCDSの取引量が少ないということは、
市場参加者が3カ国の国債に保険をかける必要性を見出していないということであり、
つまりは相対的に破綻するリスクを低く見積もられているということになりますね。


なぜこの三ヶ国のCDS取引量が少ない≒破綻する可能性が低いか?についてですが…

>それとイギリス・日本・アメリカのCDS取引量が少ないのは
それぞれの国債が自国通貨建てだからなのかなぁ?とちょっと思いました。

このご指摘はまさしくそのとおりだと思います。まあ、実際財務省も「日・米など
先進国の自国通貨建て国債のデフォルトは考えられない。」って断言してますからね。

●外国格付け会社宛意見書要旨
http://www.mof.go.jp/about_mof/other/other/ratin …

あともう一つ挙げるなら、その市場が持つ流動性の違いですかね。日本やアメリカ
など先進国の国債は市場が開かれているため、危機を察したらすぐ売り払うことが
できます。しかし、新興国の中には資本規制がかけられたりして、国債をすぐに売り
払うことができない国もあるのです。そういう国に関してはCDSを買ってリスクヘッジ
をせざるを得ないのでしょう。


次に各々の国の事情を鑑みるならば、日本については国内保有率が異常に高く、国内
保有者からすればCDSを買う意味がないのでしょう。そりゃあ、日本が破綻すれば、
自分の生活基盤・経営基盤も潰れるわけで、一種の一蓮托生の関係にあります。
日本が潰れるなら自分たちも死ぬわけで、お金をうけとっても意味がないと。

次にアメリカは、リーマン・ショックが起こる以前は、歴史的に世界で最も安全な
債券と見なされていたため、破綻するリスクを織り込まれていなかったということが
No.1で紹介した日銀レビューで指摘されています。

ただ、最後のイギリスがよくわからないんですよね…。ロンドンは世界でも有数の
金融市場であり、CDSを含む金融派生商品の取引もさかんで、英国債のCDSももっと売
られてもいいはず…。
素人の私ではこの件はよくわからないので、お茶をにごしておきますが、イギリスの
国債が安全とされる理由の一つとして、「他の国より圧倒的に平均償還年数が長い」
ことが挙げられます。

http://www.newsweekjapan.jp/stories/business/201 …
>英国債の償還期間は平均13年で、ドイツやアメリカの倍以上。

たしか日本でも平均償還年数は7年弱ですので、単純に2倍近いです。すぐに国債を
償還する必要がないということで、その分安全と見なされていると。。。
イギリスの歴史的なものなんですかね?(WWII以前は基軸通貨だったわけですし)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
とても勉強になります。

昔からいろいろなメディアで日本は近い将来破綻する!!と言い続けてきた結果、
真剣にそれを信じている国民がなんと多いことかと思ったことが、今回の質問の動機です。

でも市場は破綻しないと言ってるじゃないかと思ったわけです。

もし日本国債が本当にデフォルトするならCDSを買うだけで大金持ちになれるのでは?
とても低い保険料で全額を補償してもらえるんですから・・・と思いました。

ありがとうございました。

お礼日時:2012/05/29 07:06

>現在日本国債10年物のCDSは150前後で取引されているようですが


>これは10年以内の日本国債のデフォルト確率が1.5%と市場が考えているということでしょうか?

そういうことです。説明としては以下のURLの●CDSの数字の意味を再確認する
が説明になりますかね

●破たんリスク30%超えも!? 日本企業のCDS値をチェックし直してみる
http://www.garbagenews.net/archives/393354.html


今回の話題である日本国債のCDSの話ですが、高い安いの話以前に市場取引量が少なく、危機の指標として充分に機能していないのですよ。

これを裏付けるのが日銀のレビューのこれ
http://www.boj.or.jp/research/wps_rev/rev_2010/r …

該当する記述をあげるなら

(引用)
>これによると、公的債務残高では全体の2/3 近
くを占める日米英が、ソブリンCDS 残高では数
パーセントのシェアしか持たないことがわかる。
日米英については、国債を保有している投資家が、
そのデフォルト・リスクに備えてプロテクション
購入の動きを強めるといった事態は、これまでの
ところ、大規模には生じていないとみることがで
きる。

>このうち、日本については、国債保有において
国内投資家が著しく高いシェアを持っている一
方、ソブリンCDS はもっぱら海外投資家が取引
を行っていることが指摘されている。このことは、
ソブリンCDS は、主な国債保有者に殆ど利用さ
れていないことを意味する。

というところかな?簡単にいえばイギリス・アメリカ・日本についてはCDSの取引量が
少なく危機の指標としては不適切だよということです。


ちなみに日本のCDSは上昇しつつあるじゃないかという反論があるかもしれないけど、
この話のあとに国債金利との連動性が少ないため、CDSと財政リスクが連動している
とは考えにくいと指摘もしています。(つまり今のCDSの上昇はその国そのもののリスク
というより、市場的な要因として生じたものということ)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わざわざ詳しくありがとうございました。
少し分かってきました。

それとイギリス・日本・アメリカのCDS取引量が少ないのは
それぞれの国債が自国通貨建てだからなのかなぁ?とちょっと思いました。

自国通貨建ての国債は決してデフォルトしないとはよく聞く話ですが、関係はありますかね?
日本政府はいざとなったら日本円を刷って返済するわけですから。

お礼日時:2012/05/28 06:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QCDSの仕組みを分かりやすく教えて下さい。

サブプライムローンに端を発した金融危機から世界同時不況へと大変な情勢になっています。
いまだ出口は見えないとも。
そして、いま最も問題視されているのがCDSという金融商品だそうです。
クレジット・デフォルト・スワップの略です。
全世界で、ざっと5000兆円もの金がこの金融商品の売買をめぐって動いているそうです。

一応ネットで調べてはみたのですが、いまいちよく分かりません。
CDSの仕組みを素人にも分かりやすく説明していただけませんか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

シンプルに言うと保証人制度のような保険です。

Aはお金を借りたい。でも信用がイマイチだからお金を貸してくれるところがない。そこで信用度が高いBが保証人になります。そうするとCという金融機関も「Aに何かがあっても、あのBからなら回収できるだろう」となってお金を貸してくれます。そして、Bはただで保証人にはなってくれません。保証人になる代わりにAから保険料を貰います。

例えば、1億円の借金の保証人なら500万円のようにです。
 ・AはBに500万円払うことで無事に1億円の融資を受けられました
 ・BはAが無事に返済をしてくれれば500万円はただ儲けです
 ・CはAが支払い不可になってもBから貸したお金を回収できます

景気がいいうちは3者共にハッピーです。
Aは借りたお金を使って事業で大儲けできます。
Bはただで保険料をもらえます。
Cは無事にAからお金が返済されます。

ここ最近は数年間にわたって世界的な好景気が続きました。そこで、関係者全員が幸せになれるハッピーループのこの商品に大勢が飛びつきました。その結果、CDSの規模が急激に拡大しました。

シンプルに言うと保証人制度のような保険です。

Aはお金を借りたい。でも信用がイマイチだからお金を貸してくれるところがない。そこで信用度が高いBが保証人になります。そうするとCという金融機関も「Aに何かがあっても、あのBからなら回収できるだろう」となってお金を貸してくれます。そして、Bはただで保証人にはなってくれません。保証人になる代わりにAから保険料を貰います。

例えば、1億円の借金の保証人なら500万円のようにです。
 ・AはBに500万円払うことで無事に1億円の融資を受けら...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報