マンガでよめる痔のこと・薬のこと

新聞を含めたメディア関係に詳しい方がいたらお聞きしたいんですけど、紙の新聞にまだ未来はあると思いますか?

電子媒体が普通になっている世の中で、紙の新聞の役割や使命はまだ残されていますか?

日本は宅配制度のおかけで新聞が普及して国民の識字率が高まるなど、今まで新聞は大いに日本の文化に貢献してきましたよね?

僕個人としては新聞がこのまま衰退していくのは余りにも惜しいと思うんですけど、どうでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

新聞の使命と役割。

新聞にまだ未来はありますか?

○未来があるかと問われれば、あるようなないようなとしか言いようのない現実ですね。今のままでしたらおそらく生き残ることはむつかしいかもしれませんね。
新聞の使命とはという定義が非常に曖昧になっているからですね。あるものはイデオロギーに染まり、あるものは大衆迎合に走り、あるものは組織にぶら下がり言われた通りを垂れ流す。これでは当然、立ち行かなくなりますね。このような情報であればネットで十分ですね。ネットでは情報の善し悪しや真偽、価値に無関係に映像や情報が垂れ流されていますから、それと何ら変わらないですね。
つまり、何がこの時代の正義で、何が悪かといった視点がない単なる情報であれば、わざわざお金を出す必要はないわけですね。これは新聞全体に言えることですが、やはり新聞で生計を立てるという理想の欠如ですね。代わりはいくらでもあるわけですから、いかに新聞の価値を上げるかを目指さないと時代の波にのまれて消えてゆく存在ですね。そう言う意味で未来があるような無いような存在になっているということですね。
    • good
    • 1

補足を受けて回答しておきたい



>ところで産経新聞って疑似科学とか載せてるんですか?

載せている
面倒なので関係URLだけ紹介

http://blackshadow.seesaa.net/article/7460434.html
http://d.hatena.ne.jp/dj19/20080128/1201497150
http://d.hatena.ne.jp/pr3/20110421/1303346935

残念ながら、「水が伝える」みたいな話は、『腐った羊水』と同じ次元だったりします
ちなみに、ある程度の科学知識があれば、看過できる話が満載されてるw

http://taizo3.net/hietaro/2008/02/post_186.php あたりは解り易いかもしれないが・・・
『マイナスイオン新聞』はネタで読んだことがあるが、爆笑してしまった

まぁ、『正論』読者と同じで知能が高くない産経の現実は仕方ない・・という諦観が多いのが現実だからね

そういえば、東京新聞のデスクが指摘していたが、

『産経新聞はネタで発行部数を確保するしかない新聞社なのだから、その上で読めばいい・・・
東京スポーツほどの潔さがないのが残念だが、ああいう無知無能を鵜呑みにしてしまうような人間を(新聞通して)峻別する意味でも価値はあるだろうよ』

と皮肉って居たことは、大変思慮あると思う


そうそう・・こういう話は微妙なのだが
宇宙飛行士の毛利衛氏・・この人、疑似科学信奉者だったりするので、あしからず

まぁ、ヒステリックな疑似科学批判が、毛利氏を科学技術の世界から駆逐しちゃった、という見解もあるが、彼の優生学は古典的優生学に過ぎないので、擁護しようもない話だったりするw

こういう怪しさも含めて新聞の面白みだと思われ。
よくよく偏向とか言うが、その偏向さえ新聞の価値でありえる・・と思われ

達観というよりも、諦観かな?

以上


以上
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。確かに、メディアの中でも最も信頼度が高いと言われる新聞にも、偏向やある種のいかがわしさはついて回りますね。ただ、それを言ったら産経を皮肉った東京新聞も「反日万歳」「フェミニズム万歳」「脱原発万歳」みたいな、根拠無用のヒステリックな感情論が渦巻いてるのは一緒のような気もしますが…

お礼日時:2012/05/27 21:08

>新聞を含めたメディア関係に詳しい方がいたらお聞きしたいんですけど、



詳しいとは断定できないが、その業界に関係している立場としては、回答する資格はあろうと思うので回答したい

>紙の新聞にまだ未来はあると思いますか?

未来の意味によるが、「ない」とは断定できない
統計的には、逓減傾向が指摘しえるにしても(http://www.garbagenews.net/archives/1883265.html
新聞社は電子情報と紙面の差別化は図っているし、その新聞だけでしか開示されない情報の価値は未だに褪せていないだろう
その典型例が、『お悔やみ欄』(訃報)であろう
北海道のお悔やみ欄の充実ぶりを思慮すれば(以下自重)

仮に新聞で提供される情報が全面的に電子化されているならまだしも、そのような状況にない
したがって、紙面だけで提供されうる情報の需要がありえる限りは、暗黒の未来とは言い切れないように思う

なお、地方新聞の価値などは、ローカル情報の必要性の程度によっては大きく変わるだろう
新聞との関わり方は多様であって、単なるニュースソースに過ぎない人々だけで新聞の需要は形成できているわけではない。
企業人事などの特殊な広報領域は新聞だけが担う部分である。

>電子媒体が普通になっている世の中で、紙の新聞の役割や使命はまだ残されていますか?

上記した通り
同時に思慮するべきは、電子媒体の限界がある
電子媒体は必然的に電源問題との兼ね合いがある。東日本大震災時に大規模停電になった地域では、電子媒体を利用した伝達手法の限界を呈したことは言うまでもない。
同時にこれは極めて一般人には理解しにくいだろうが
電子情報と紙媒体では、情報発信者側にとっての価値が異なることが多い

例えば、ブログという極めて私的な情報伝達手段は発展しているが、そのブログが書籍化されることの意味などはよくよく考えれば、新聞にも通じる話があろう
小生も教育業界で物を書き残す立場であるが、電子情報よりも紙媒体であることの方が、発信者としての満足感が強く、権威などの付加価値になりえる
電子情報は溢れる魑魅魍魎の世界の延長に過ぎないが、紙媒体は一定の情報信用が保障されていることなどでも意味が大きい
正直いえば、電子媒体でも紙媒体でも、本質的価値は内容なのは指摘するまでもないが、両者の価値には実は発信者にとっては雲泥に違うこともありえる。
まぁ、簡単にいえば、安っぽい電子情報よりも、紙媒体の方が好意的になりえるからこそ、その要素を利用したい・・という部分も強いだろう。
タブレット端末の普及で教育も電子情報により管理・運営が合理的ではあるが、それでも黒板・ノートという手法に”こだわる”ように、紙媒体への価値神話のようなものは、現況では簡単には崩壊しないと思われる。

>日本は宅配制度のおかけで新聞が普及して国民の識字率が高まるなど、今まで新聞は大いに日本の文化に貢献してきましたよね?

新聞の文化貢献度については細論が必要だと思うが
小生個人は、文化寄与度に関しては、新聞の役割は低いと思う
確かに新聞媒体で伝達される文化的な事象は広く伝わり意味を成し得ているように思うが
それは単なる間口・門戸の問題であって、文化そのものの価値は、やはり文化的接触なしには論じられないだろう
同時に思慮するべきは、新聞の文化的マイナス要素もあろう
例えば、産経新聞などは堂々と疑似科学を「科学欄」に掲載してしまうし、商業主義的背景から、無理に文化宣伝・文化賞揚することも多々あり得る。
マイナス面を差し引く必要を鑑みれば、小生は貢献度については、総論的には好意的とは言い切れない部分が多々指摘できる
ただし、新聞の問題点ではなく、情報を受け取る側の問題に依拠する部分が大きいのであって、新聞に責任転嫁出来ない話とも言えることは留意・配慮が必要とは思われる

>僕個人としては新聞がこのまま衰退していくのは余りにも惜しいと思うんですけど、どうでしょうか?

小生は、衰退してゆくだろう新聞へのセンチメンタリズムのようなものはない
あくまでも必要とされる部分に特化して生存するだろう新聞を思うに、現況のままの新聞よりは、電子媒体と切磋琢磨され洗練された形状で「新しい新聞・瓦版」という生存戦略の道に進めばいいと思うだけである
少なくとも小生は、紙の新聞に「こだわらない」だろうが、紙の新聞でしか提供されない情報に価値がある限りは、紙の新聞を定期購読し続けるだろう

まぁ、専門の業界新聞などは滅びるとは到底思えない・・・

以上
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい分析ありがとうございます。ところで産経新聞って疑似科学とか載せてるんですか?

お礼日時:2012/05/27 13:33

衰退はしていませんよ。

広告の媒体であり、チラシを運ぶ媒体という役割があります。紙には紙の強みがあり、電子媒体には電子媒体の強みもある。紙は紙の強みを活かせば良いだけの話です。ただ、いろんな面で工夫が足りないという気がします。もっと記事にして欲しいことがうずもれている。本当に知りたいことが記事になっていない。もっと頑張って欲しいです。
    • good
    • 0

新聞にまだ未来はあります


電子媒体には震災のときの壁新聞(石巻日日新聞)のような真似は絶対できないでしょう
紙には保存性もあるし、資料としての価値もあるし、多人数が一度に読める
残念ながら新聞に魅力が乏しくなったのは、やはり作り手の問題と言えます
一方、電子媒体は読むツールの種類や有無によって得られる利益が違うなど公平性に欠け、新聞とは全く違う次元のものとして捉えた方が良いように感じています
    • good
    • 0

メディアに詳しくありませんが


紙の新聞は発行部数は
減ると思いますが
なくならないと思います。

地方の新聞社は、
なくなることはあると思います

またあらゆる業界の専門の新聞社も
残ると思います

電子媒体が、すべての
世帯・個人に普及していくとは
思えないからです。

あと「新聞紙」って
以外と使い道があって
その意味でも、残るかなと、
思います
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q新聞業界に将来性はあるか??

現在大学三年生です。

私は本を読んだり文章を書いたりすることが好きなので、来年の就職活動において新聞業界を志望の一つにしようかと考えています。全国紙と、地方紙(地元が神戸なので神戸新聞)を両方受けて見たいと思っています。

ただ、新聞業界に果たして将来性があるのかという点がすごく心配です。なぜなら、今はただでさえ若年層が新聞を読まなくなっている上、ニュースを必要とする人はわざわざ新聞を買わなくてもインターネットやテレビで情報収集ができる時代ですよね。なので、倒産とまではいかなくても新聞業界はこれから規模縮小を余儀なくされ、これから就職しようとする場合はよほどの覚悟で入社する必要があるのではないかと思っています。

以上は私の見解なのですが、新聞業界の将来についてみなさんの認識はどうでしょうか?さまざまな意見を聞かせていただけるとありがたいです。あと、全国紙と地方紙の経営状況の違い(どちらのほうが経営状態が比較的健全か)などあれば教えていただけると幸いです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 現役の新聞記者として、老婆心から補足します。

 企業としての新聞社の実情は、容易にうかがい知れません。なにしろ上場企業ではないので財務情報も少ししか開示されていません(未上場版の四季報などに僅かばかりの情報が載っていますが…)。しかし、各新聞社の(企業としての)優良性は「部数」だけでは決して判断できない、ということは留意しておいてください。

 地方紙の場合、重要なのはむしろ「シェア」です。特定地域におけるシェアが高ければ高いほど、効率良く広告収入が稼げるからです。だから、神戸新聞より部数が少なくても財務状態がはるかにいい新聞社がありますし、その逆もまた言えます。

 また、地方紙の場合は、(良くも悪くも)地元の行政や財界や論壇との結びつきが深いため、その地域において、見かけの部数や業績以上の「存在感」を持っている場合がままあります。
 わが国の企業は、将来的に、「超大型企業か、専門性の高い企業しか生き残れない」という意見がありますが、そうした点からみれば、地方紙には全国紙にない魅力がありそうです(むしろ全国紙や通信社の方が、淘汰や再編の波に巻き込まれる可能性が高いかもしれません)。ただし、地方紙と全国紙では、活動のフィールドが違いますし、「ニュース価値の判断基準」も大きく異なります。どちらが自分に合っているか、よく考えてみてください。

 すでに多くの人が指摘していますが、新聞が斜陽産業であることは間違いありません。しかし、「生きる道はある」と私は考えています。とりわけ、ネットの普及によって情報が無尽蔵に溢れる現代にあっては、情報を取捨選択する「指針」としての役割が増してくると思います。

 ただし、鼻柱の高さから構造改革が立ち遅れている業界なので、将来的には、社会における位置付けや、仕事のあり方なども大きく変わっていくことでしょう。
 いずれにせよ、厳しい状況であることには変わりがありませんが、自分なりの「やりがい」を見出して、初志貫徹してくれることを願ってやみません。

 ところで、新聞社は、業種別採用が徹底しています。「記者」として入社した以上、余程の事情がないかぎり、販売の仕事に回されることはありません(もちろん、販売の道を志して入社してくる人もいます)。

 現役の新聞記者として、老婆心から補足します。

 企業としての新聞社の実情は、容易にうかがい知れません。なにしろ上場企業ではないので財務情報も少ししか開示されていません(未上場版の四季報などに僅かばかりの情報が載っていますが…)。しかし、各新聞社の(企業としての)優良性は「部数」だけでは決して判断できない、ということは留意しておいてください。

 地方紙の場合、重要なのはむしろ「シェア」です。特定地域におけるシェアが高ければ高いほど、効率良く広告収入が稼げるからです。だか...続きを読む

Q近い将来新聞なんて無くなると思いませんか?

近い将来新聞なんて無くなると思いませんか?
新聞とってますか?新聞業界間もなく近い将来危機的壊滅?次いで雑誌、本、製紙会社、インク会社まで!

Aベストアンサー

 すぐに無くなるとは思えません。
根拠として情報量を別の回答者も上げていましたが、正しいと思います。
もっと言えば更に深堀しているのが雑誌ですよね。
TVが普及してもラジオは無くなりませんでしたから、新聞も部数が減っても残るでしょう。
ジャーナリズムは権力を監視する役割を担っております。
新聞記者は本来、購読料を払っている一般の市民(購読者)の為に正義感を持ち、使命感を持って記事を書いています。
多分・・きっとそういうことになっております。
スポンサー、広告主の顔色を見て内容に手を加えるようではジャーナリズムとは言えません。
新聞、新聞記者には頑張ってもらいたいものです。
一部の経営者や権力者は平気で報道に対して圧力を掛ける発言をしたり、実際に行動したりしているみたいですが・・これは許せない!
頑張れ!!日本のジャーナリズム!!

Q新聞とテレビの報道の違い。

質問の通りです。新聞報道と、テレビ報道の、双方のメリット、デメリットを教えてください。
また、この質問の答えになるようなサイトがあれば教えてください。

Aベストアンサー

他の人の答えももっともだと思うのですが、さらに付け足すなら。

テレビ
1メリット:臨場感をもって伝えられる
デメリット:扇情的になりやすい
2メリット:次々新しい情報が与えられる(受身でも情報がたくさん手に入る)
デメリット:すぐに情報が薄れる

新聞
1メリット:一旦文字に置き換えるので比較的冷静
デメリット:現場の空気を伝えにくい
2メリット:文字として情報が残りやすい
デメリット:自分から読むという行動をしないと情報にたどり着かない

これらも上げられるかな。
最近ではテレビの速報性も、ネットにとって代わられつつありますし、さらにさまざまなメディアとの比較も必要でしょうね。

Q続・各紙の新聞の記事の特徴を教えてください。

前回の質問で、いろいろな人の意見をいただきました。

意見をいただいておいて申し訳ないのですが、私としては、
各紙の記事の特徴を教えていただきたかったのです。

例えば、○○新聞は庶民的で読みやすい。
    ○○新聞の見出しは、他の記事と比べて、○○である。
    ○○新聞の写真は、他の記事と比べて、○○である。
    ○○新聞は、○○の関連記事が、比較的多い。もしくは少ない。
    ○○新聞の、○○の記事は面白いのでいつも読んでいる。
等です。
本当は、自分で購読して読むべきなのですが、そのまえに皆さんの意見を聞いてみたく、質問させていただきました。

現在、読売、朝日、毎日の三紙から選ぼうと思っています。
日経新聞は、以前読んでいたのですが、やめてしまいました。
なので、上に挙げたようなアドバイスを三紙についていただけた   らうれしいです。
右、とか左とかのご意見は、前回しっかり教えていただいたので、
もう大丈夫です。
少々思い切った考え方でもかまいませんので
自由に、そして具体的に考えを聞かせてください。

よろしくお願いします。

前回の質問で、いろいろな人の意見をいただきました。

意見をいただいておいて申し訳ないのですが、私としては、
各紙の記事の特徴を教えていただきたかったのです。

例えば、○○新聞は庶民的で読みやすい。
    ○○新聞の見出しは、他の記事と比べて、○○である。
    ○○新聞の写真は、他の記事と比べて、○○である。
    ○○新聞は、○○の関連記事が、比較的多い。もしくは少ない。
    ○○新聞の、○○の記事は面白いのでいつも読んでいる。
等です。
本当は、自分で購読して読むべきなの...続きを読む

Aベストアンサー

思い切った意見といわれると、主要全国紙(朝日・毎日・読売・産経)を全部とって読み比べなさい。。。というのが一番良いんですけどね。
というのも、事実を告げる記事の部分は、どれもたいした違いは無いのですが、「社説」や記事の端々に出てくる「記者(会社)の意見・見解」なんかが細かく違いますから。
まぁ、そこが右や左の違いになって出てくるんですけどね。
で、両方の意見を聞いて自分で考えることで、思考力・情報リテラシー力がついてきますから。

とはいっても、やっぱり四紙すべてとるのは経済的に難しいと思うので、、、。
個人的な独断と偏見ですけど、特徴を。

・朝日・・・文化面に力を入れており、書評や映画のレビューなどが豊富。また、各界で活躍している著名人が度々寄稿しており、社説よりもためになる。なぜか、天声人語が大学入試や入社試験ででるので、高校・大学生の読者も多い。そのため、時々子供向けのニュース解説が載ることがある。また、(地域によって差があるでしょうが)広告チラシが豊富に入ってくる。契約の時、「読売と迷ってるんだけど~」と言うと、洗剤やビール券など色々おまけをくれる。

・毎日・・・経営基盤が弱いからか、一貫した主張制がない。ただ、なぜか年に1~2度「スクープ記事」が載ることがある。他紙に比べて、「おばあちゃんの知恵袋」みたいなオピニオン小ネタが豊富。朝日・読売に比べ景品は質素。

・読売・・・本来はリベラル系だったらしいですが、かのナベツネが牛耳るようになってからは、自民党の機関誌と言えるくらい政権にべったりな記事が多い。最近は朝日から若年層を奪うためか、若年層向けの記事を増やしてる模様。また、巨人の親会社なのでスポーツ欄は巨人が目立つ。別名「巨人新聞」。朝日にライバル意識を燃やしている。

・産経・・・大阪・奈良ではそこそこだが、他の地域ではじり貧で経営は赤信号。記事は自他ともに認める右派・保守系新聞。一般記事は、共同通信や時事通信、米国の経済専門の通信社ブルームバーグかなどのからの提供が多い。東京では夕刊が廃しされる反面、関西の企業・団体などを集めて『ミナミ活性化委員会』を発足さた模様。まもなく、地域紙に転落かも?。

日経・・・経済界御用達の新聞。各種企業の動向など産業界の記事が豊富。政治的な面では、経団連ヨイショの記事が多い。一般記事は共同通信からの提供が多い。

とまぁ、こんな感じでしょうか。
お勧めは、朝日か読売ですかね。
さすがは全国1位と2位ですから、事件や政治以外の記事も豊富で質が高いですしね。
販売店のおっちゃんとうまく交渉すれば、色々景品もらえますし・・・
まぁ、年に一回のサプライズを狙って、毎日って手もありますが(笑)
参考になりましたら幸いです。

思い切った意見といわれると、主要全国紙(朝日・毎日・読売・産経)を全部とって読み比べなさい。。。というのが一番良いんですけどね。
というのも、事実を告げる記事の部分は、どれもたいした違いは無いのですが、「社説」や記事の端々に出てくる「記者(会社)の意見・見解」なんかが細かく違いますから。
まぁ、そこが右や左の違いになって出てくるんですけどね。
で、両方の意見を聞いて自分で考えることで、思考力・情報リテラシー力がついてきますから。

とはいっても、やっぱり四紙すべてとるのは...続きを読む

Q新聞のお悔やみ欄をネットで見ることはできないか?

 地方の新聞のお悔やみ欄をネットで見ることはできないのでしょうか。できれば、北海道新聞の情報を知りたいのです。

Aベストアンサー

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/fuhou/index.html

この程度が限界です。

Q新聞販売店は潰れないの?

色んな町を散策していると、色んな店が閉店しています。
しかし、新聞販売店が潰れたという話はあまり聞きません。今日では 新聞の購読者も減少して経営の苦しい店も多いかと思いますが、新聞販売店が 潰れることはないのでしょうか?
また、潰れたら、ある程度の 町なら代わりの人が引き継ぐこともあるでしょうけど、採算の取れないような田舎の場合、どうなるんでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

我が家の近くにあった某全国紙の新聞販売店は潰れたようで、隣の町内で別な経営者が某全国紙の新聞販売店を引き継いだようです。

潰れた原因は、販売店に設置されてた金庫が荒らされて金庫内に保管してた現金数100万円が盗まれたことではないかと噂されてますが、販売店の事情に詳しい者の内部犯行節も噂されて、販売店経営者が新聞配達員など販売店従業員を疑ったことで新聞配達員が大量に辞めてしまった影響で新聞販売店の配達業務が成り立たなくなってしまったというのが実情のようです。

なお、私自身も高校時代に朝刊専門で新聞配達のバイト経験がありますけど、昨今は賃金が安くても良いという学生バイトの新聞配達員がいなくて安い賃金では新聞配達員が集まらないと人件費を上げざる得なくなり人件費が嵩むので、人件費も新聞販売店の経営を圧迫する原因にもなると思いますが、新聞販売店の収益を左右するのは「折り込みチラシ手数料」と聞いてますから、折り込みチラシの依頼が多く入り配達部数も多い全国紙の新聞販売店は人件費を上手く工夫して経営すれば潰れることはないのでしょうけど、折り込みチラシ依頼が少なく配達部数も少ない地方紙の新聞販売店は決して楽な経営ではないと思います。

こんにちは。

我が家の近くにあった某全国紙の新聞販売店は潰れたようで、隣の町内で別な経営者が某全国紙の新聞販売店を引き継いだようです。

潰れた原因は、販売店に設置されてた金庫が荒らされて金庫内に保管してた現金数100万円が盗まれたことではないかと噂されてますが、販売店の事情に詳しい者の内部犯行節も噂されて、販売店経営者が新聞配達員など販売店従業員を疑ったことで新聞配達員が大量に辞めてしまった影響で新聞販売店の配達業務が成り立たなくなってしまったというのが実情のようです。...続きを読む

Q○○ゼミ記入→担当教授の名前を記入?

エントリーシートなどでよくゼミ名記入の欄があるのですが、私は今までそのゼミの内容、専攻(例えば『近世文学ゼミ』)の名前を書いていましたが(その方が他の人にも分かりやすいと思って…)、どうやら説明会などで周りを見ていると皆、そのゼミの担当教授の名前(例えば『山田太郎ゼミ』など)を書いているようです。

やはり、この欄には担当教授の名前を書くべきなのでしょうか?
今まで専攻のゼミ名を書いてエントリーシートを提出していたので、心配になって来てしまいました。。

どなたか教えて下さい!よろしくお願いします!!

Aベストアンサー

結論から言えばどちらでも良いと思います。

担当教授が、その研究分野で知名度が高い場合は
教授名を書いておくと良いような気がします。
また、履歴書の中の自己アピールのような欄に、
これまでの研究について書いていく場合は、
同じく担当教授名を書いておけばよいと思います。

そうでない場合は、あなたがなさってきたように
ゼミの内容を書かれているほうが、面接をする側にとって親切だし、これまで勉強してきた内容をアピールしやすいので良いと思います。

納得のいく就活をしてくださいね☆

Q地方新聞社への入社の道(筆記・作文)

地方の新聞社の筆記のレベルってどのくらいなのでしょうか。また、どのように対策をすればいいのでしょういか。
新聞を読んでいるだけではダメでしょうね。という事で新聞ダイジェストを熟読したり、漢字の書き取り等をしております。、朝日や読売の過去問題を見ると、「ゲっ!」としかいいようがない問題ばかりで難しすぎて歯が立ちません。地方新聞社の問題のレベルは見当が付きません来月作文、筆記試験を控えており、今からどのように対策を講じればいいのか全く分かりません。ある程度以上の一般知識はあるとは思うのですが、、。
残り1ヶ月で地方新聞社の筆記、及び作文のレベルを合格水準まで上げる方法をご教示ください。

Aベストアンサー

昨年度、地方新聞社を受験したものです。

一言で地方新聞社と言っても各新聞社により、どこに重きを置いているかでテスト内容も若干変わってくるとは思います。が、基本的には一緒と考えた方がいいでしょうね。

つまり、全国紙なみの知識は必要であるということです。ハッキリ言って相当難しいです。侮っていては絶対に受かりません。地方新聞社でも、過去問がHPに載っていると思います。一度ご覧になることをオススメします。

あと、全国紙との出題の大きな違いとしては、地方の事件に関する問題の出題率が高いことです。ので、その新聞社の新聞を読んでいる・その地方に住んでいて、事件の顛末を十分把握できていることが必要になります。

新聞記者志望とのことですので、文章力は基本を抑えてらっしゃると思うので、今更練習は必要ないと思います。自分の感性や客観的な視点での意見を出せれば十分だと思いますので。

これから残りの時間は知識の詰め込みに入った方が無難だとは思います。文芸分野は現在だけでなく、過去のものも必要です。頑張ってください。

Qなぜ朝日新聞は評判が悪いのでしょうか。

高一の者です。
よくインターネットをしていると朝日新聞の批判が書かれていることがよくあります。朝日新聞の批判が多いんです。うちはずっと朝日新聞をとっていて、毎日、新聞に目を通しているのですが、これといって記事に深いな点は見られないような気がします。
なぜ朝日新聞は評判がよくないのでしょうか?教えてください!

Aベストアンサー

8晩です。「ダブルスタンダード」で思い出したこと。
既にあるように「自分の新聞社の不祥事に対して、真摯な、報道機関に必要な客観的名対応を取らない」で有名なのが.朝日新聞の鉛中毒裁判。過去の報道では.労働者の労災にならないような案件を労災にするように求める報道があり.従業員一同その気分でいました。
ところが゜.鉛中毒患者が出ると逆に.従業員に対する各種いじめが行われました。詳しくは判決文を読んでク多罪。

ですから.反政府的人間を集めて騒がせるだけ騒がせて.後で.全部一網打尽に苛め抜くという手法を使っている新聞社です。

Q読売、毎日、朝日、日経の論調の違いは今は、どのようなところであるのでし

読売、毎日、朝日、日経の論調の違いは今は、どのようなところであるのでしょうか。


「あらたにす」というサイトなどで比べて読んでみると、最近は論調の違いがなくなってきたような気がするのですが、同じような新聞は要らないのではないでしょうか。発行部数も減ってゆくでしょうし、とくに読売と日経など、合併するとよいのではないでしょうか? 
http://allatanys.jp/S001/ex32000.html

Aベストアンサー

【読売】
 中道で、特に目立った論調の差はない。ただ自社で新憲法案を紙面に載せたりして傍観者ではなく、自己の主張が強い

【毎日】
 反政府主義、基本として与党を叩き『マスコミは社会の木鐸である』を地でいっている。ただし、反政府主義という目的の為に手段を選ぶ事はなく、自己の論調にたびたび矛盾が生じる。
 又、親韓路線でもあり、他社の紙面では犯罪が起きた場合本名で報道するが、毎日の偽名(通名)で報道することも多く、韓国擁護路線が強い。
 又信濃毎日、佐賀毎日など独自の記事を書く部署も多く、地方分権色が強い

【朝日】
 毎日とは似ているが、毎日とは違い反政府とゆうより反権力路線に近い。そのため紙面の論調も弱者救済思考が強い
 外交では親中路線であり、中国よりの報道が目立つ。毎日とは違い中央集権色が強い

【日経】
 主に経済に特化、その為政治も経済面から見る記事が多い。その為、記事を記者の主観ではなく、数字で捕らえる。
 その為他の新聞と比べ最も客観的な記事が多い

補足として・・
【産経】
 産経とは元々産業経済からきたもので、記事の論調もその方向性が強い。他紙面で扱われる弱者救済や、人道的という記事は少なく、利益追求の記事が多い。又ケインズ理論的資本主義経済を新聞の基本方針としいる為、自民党より米国よりの記事が多い。

【日刊現代】
 最も中身のないゴミ。記事には記者の意見が多く、記事の多くは主観的な反論のみ。その為記事をつなぎ合わるとに整合性が全く見えてこない。

【読売】
 中道で、特に目立った論調の差はない。ただ自社で新憲法案を紙面に載せたりして傍観者ではなく、自己の主張が強い

【毎日】
 反政府主義、基本として与党を叩き『マスコミは社会の木鐸である』を地でいっている。ただし、反政府主義という目的の為に手段を選ぶ事はなく、自己の論調にたびたび矛盾が生じる。
 又、親韓路線でもあり、他社の紙面では犯罪が起きた場合本名で報道するが、毎日の偽名(通名)で報道することも多く、韓国擁護路線が強い。
 又信濃毎日、佐賀毎日など独自の記事を...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報