人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

私は今回の津波は、想定する必要のない巨大な天災地変だと思っています。
しかしながら、世間の報道では「想定外」などあってはならないといっているように聞こえます。
そこで質問です。
巨大隕石の襲来は想定すべきですか?
富士山クラスの噴火による火山弾は想定すべきですか?
噴火による溶岩流は想定すべきですか?

何年に一度の地震や台風・津波は想定しなくてよいのですか?

よろしくお教えください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (15件中1~10件)

「女川は大丈夫だったから」とか言ってる人がいまだにいるようですが、


女川も福島も明治三陸津波のときの教訓からそれを十分防げるように設計されたものです。

しかし今回はそれよりかなり南のほうで起きた津波で、
おまけに高さもそれより遙かに高かったから福島は防ぎきれなかったのです。



私は「過去の歴史上その地域で一度も確認されてない災害まで想定する必要は無い」と思います。

そうじゃなければいくらやっても足りないことにしかならないですから。



プレートが無い地域や日本海側の原発にまで20mの津波を想定するべきか?

東京湾に20mの津波が来ることを想定して避難訓練しておくべきか?

答えはNoでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすいご説明ありがとうございます。

お礼日時:2012/06/02 11:42

お礼を頂きありがとうございます。



>想定範囲であるのに故障したとなるば、設計ミス

説明が伝わらなかったようで…。
当初想定はされていたんですが、建造コストをケチる為に値を下げ、
下げた値に合わせた設計及び建造をしているのですから、
設計ミスでは無く計画ミスとか判断ミス若しくは発注ミスです。
日立や東芝を始め受注会社は色々と提案しますが、国や東電から却下される訳です。金がかかるから…。
「大丈夫大丈夫、そんな地震来やしないって。万が一来ても現場の訓練をしっかりやってれば何とかなるって。そんな事よりこの見積り額のほうが大問題だよ。そんな来るか来ないか分からない災害の対策なんて金かけれないよ。」ってな具合にね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>来るか来ないか分からない災害の対策なんて金かけれないよ。

これって一般の経営者の発言でもあり、あるいはお家を耐震補強しましょう
と言われた時の住民さんの反応とおなじなので、人間として普通ですね。

ありがとうございました。

お礼日時:2012/06/02 11:42

まぁ しょうがない面もありますのはたしかですけど



今回は、東電が悪いでしょ

女川原発は無事で福島がアウト・・・

発電機の位置とか考えれば

設備投資をけちったせいです。(数億をけちって数兆の被害)

設計も古いし稼働年数も

やるなら設備投資を惜しまずにきちっと対応

巨大隕石なら原発に落ちなくてもアウトでしょう

火山弾は、微妙

溶岩流は、考えるべき

やるだけやっていての事故ならしょうがないけど

迅速な対応と情報開示は必要じゃないでしょうか?

原発は、ほかの視点からして微妙な・・・

適正な原価、特定の人たちの利益(働く場所としてはあったほうがいいのかも)など

全部が全部悪いとは言いませんけど悪いところがあるなら改善すべきだと思います。




というわけで

今回の津波は、対応できる(考える必要のある)津波だと思いますよ・・・

女川は考えて作られていましたので

かといって全部が全部想定するのは無理でしょう
(特に巨大隕石とか)

こんな感じの回答でいいですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

東電の何が悪いのか全く理解できませんが?
何の法律違反したのですか?

その辺の説明を聞きたいものです。

お礼日時:2012/06/02 11:43

事故前は福島第一は津波であろうが地震であろうが、事故は起こらないというのが東京電力・経産省の見解でした。


そもそも想定外とは誰かが想定したものを越えたということです。
実際に事故は起きたのだから、想定外を想定できなかった人は本来刑事罰の対象になるくらいです。
それに今回の地震や津波は果たして1000年の一度の出来事なのかというのも疑わしいです。

どんなにまれに発生する自然災害でも原発事故を誘発するなら想定は当然すべきです。
隕石や噴火は自然災害で受け入れなければいけませんが、原発事故は自然災害でないので受け入れる必要はありません。

放射能は危険でないと胸を張れるのなら、政府や東京電力の人たちは福島第一の近くに住めばよいのです。
でもそれをしないのは政府や東京電力は放射能の危険性を知っているからです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

原発で電力会社のエリートさんたちも働いていますよ。
本当に心配なら、働くのをためらうと思いますが・・・

ありがとうございました。

お礼日時:2012/06/02 11:45

千年に一度の地震を想定すべきかどうかはやや判断が分かれるでしょう。


その規模になると、もたらされる損害とそのために必要な安全対策にかかるコストを比較しないといけません。
ですが今回の津波は東電の安全対策の無視と、不適切な非常用電源の設置が原因です。
これは非常用電源は原子炉と同等以上の安全性を確保する、設置された安全装置はフルに使えるよう適切に整備・訓練すると言う基本的な安全に対する最低限の考え方を無視した結果もたらした人災です。
災害があったとき、原子炉より先に非常用電源が壊れると言うのはお話になりません。火事になったら消化器が壊れてたといったレベルのていたらくです。非常用復水器の使い方を知らなかったというのは、火事になっても消化器の使い方を知らなかった・訓練したことが無かったと同等のお粗末さ加減です。


最大限安全を考慮した結果なお想定漏れで起きた巨大地震がもたらした人災なら、ここまで避難は大きくならなかったでしょう。事前に想定され国会にまで名指しで指摘され、なおかつそれにも関らず構造的に安全不備があり、なお訓練さえしていなかったというのが今回の放射能まき散らしの原因です。

特別な対策など無くても、本来すべきことをきちんとできていれば、現状分かっている限りではここまで深刻な事故にならなかった可能性が高いのが現状です。異常に巨大な地震が原因ではなく、設計じからの原発の不備と、東電の安全無視の姿勢が問題であると言えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

千年に一度の大災害が来ればあきらめるという設計なので
それを了解した国、その国会議員を選んだ国民の同意ですので。
東電に責任は全くありません。

法律で罰せられないものをバッシングするのをリンチというのです。

しっかり勉強してください

お礼日時:2012/06/02 11:47

 >巨大隕石の襲来は想定すべきですか?



 想定すべきです。

 >富士山クラスの噴火による火山弾は想定すべきですか?

 想定すべきです。

 >噴火による溶岩流は想定すべきですか?

 想定すべきです。

 >何年に一度の地震や台風・津波は想定しなくてよいのですか?

 しなくてよい理由がありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

じゃあ、原発を作るのは無理ですね。でもどうして放射能を怖がるのですか?
反原発運動家は必要以上に放射能を怖がるように思えます。
まさか、放射能でミュータントがワラワラなんてことを信じているわけないですよね
ありがとうございました。

お礼日時:2012/05/29 01:39

全ての可能性を想定すべきだと思います。



問題は、その可能性を想定した上で、
その可能性に対応しておくかどうか・・・

その発生確率を考慮したうえで、前に進むのか引き下がるのか、
どこまで準備をしておくかを十分に議論することです。


なにはともあれ、まず「まな板の上にあげる」ということが大事だと思います。

これがリスク管理の大事なところだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

まな板の上に乗せたうえで、可能性が低いから相手する必要なしと
判断すればよいのですね。
そこをはっきりしてほしいのです。
1000年に一度の大災害では、原発が壊れても仕方がないと
言ってほしいのです。
ありがとうございました。

お礼日時:2012/05/29 01:42

はっきり言わせてもらえば全ての事態を想定すべきです。


巨大隕石の直撃も想定すべきです。火力発電所なら発電所がつぶれるだけの事でメルトダウンなんか始まりません。
(もっとも、真に巨大なら、そんな事を気にする意味もないですが、、)

富士山クラスの噴火は当然想定すべきでしょう。
学者は充分有り得ると言っているのですし、火山弾なんて、飛ぶ時には沢山飛びますよ。
(過去の他の火山をみれば)
富士山が噴火して溶岩流も流れるでしょう。頂上が噴火するとは限りません。中腹だって、少し離れて新山ができるかもしれません。
全て想定すべきです。
完全に破壊されても単に壊れるだけなら良いのです。連鎖反応が始まったり、放射性物質をまき散らしたりされるのでは被害が極端に広がります。
火力発電所も爆発したりして死亡者が出たりもするでしょう。ただ、これはどんな事故でもある事であって、放射性物質が何年経っても問題になるような事はありません。そういう点が原子力の怖さなのです。

で、熱帯魚はバッテリーでも買ってくれば何とかなりますよ。
計画でない、原発と何の関係も無い不意の事故による停電だってあるでしょうに。
昔は、雷が近くに落ちるだびに1、2時間平気で停電してましたけどね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

震災から一年たちましたが、津波の傷跡は残ったままです。
広島カープができたのは、広島に原爆が落とされた5年後です。
せいぜいそんなものなのです。津波と変わりません。
その事実を踏まえてさらに言えば、放射能は怖くないのです。
研究が進むにつれ、放射線障害の実態とメカニズムが解明され
放射線によるDNA損傷ではなく放射線により活性酸素が生じ
それでDNAが損傷されることがわかりました。
ですから、通常生活で出会う程度の活性酸素の増加、つまり
スポーツをした程度であれば、発がんするどころか健康増進に
効果的なのです。

もう原発を特別扱いするのはやめませんか?

お礼日時:2012/05/29 01:48

展望が構築出来る政治家民主党には無理目先ごまかす事しか出来ない



※政権が原発利権者に動かされるのd無く

※資源開発に資金投入中国の植民地になる

※無料の自国資源世界第三位の地熱安定電源大欲光など問題外これに資金投入が政権の仕事

※民主党は皆口先男前原八場ダムどうした、枝の話しがコロコロこれ政治家小学生以下

※口先のぶた

※原発利権者なんとか黄門と鳴き真似上手な福島県知事

こんあんで日本良く成る訳が無い


※消費税の前に、脱税者

所得が有るのに申告しない職人個人営業者

収納番号領収書に添付義務化が必要

消費税分すぐ集まる

又公務員は一般年収の比率にする必要が有る、給料は税金なのだ

公務員の労働組合は認める必要は無い

いやだら、公務員止めろ。
    • good
    • 0

一般的に皆さん勘違いされているようですが、


今回の地震や津波は当初想定の範囲内だったのです。
福島原発計画当時から近く巨大地震がくると言われていました。
また最近になって安全委員会だかなんだかが実は発電機の津波対策を提案しただのと後出し発表しましたよね。
計画という物には見積りと予算があります。そして見積りは大抵そのままでは通りません。コスト削減の名の元に削られます。
下請け各社は要求性能に対して見積りますので本来削る要素なんてありません。
そして発注元は来るか来ないか分からない危機に対して想定値を下げます。となると安全対策をごっそり削る訳です。
ですので発電機の津波対策も施さず今回の結果を招いた訳です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

想定範囲であるのに故障したのであれば、設計ミスといえるでしょうね。
ありがとうございました。

お礼日時:2012/05/29 01:49

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング