【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

親から12月13日はイエスキリストの命日と教えられたのですが、これって本当でしょうか?確か25日がクリスマスで、クリスマスはキリストの復活祭ということは覚えているのですが...。誰か教えてください。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

ちょっと違うと思います。


12月ではなく、13日の金曜日にイエス・キリストが磔刑につけられたので、13日の金曜日は忌みの日とされ、キリスト教では13という数字も嫌います。
    • good
    • 6

 イエスが生まれたのは今のイスラエルの地で、当時の


かの地では、日没をもって日付が変わる暦でした。

 イエスが生まれたのは西洋では、12月24日の午後7時ころという
認識になるのですが、かの地では日没によって12月25日になってます。
 
 今の暦ならクリスマス(キリスト生誕祭)は12月24日ですが、
かといって23日はイブとはなりません。
それぞれの国の暦の違いで1日の違いが発生しました。

 現地が25日と言っても西洋では24日だし、そんないきさつから
西洋歴12月24日をイエスの生まれた夜ということで イブ という
ようになったらしいです。ということは23日はまだ、お母ちゃんの
腹の中なので、イブとかイブイブなどとはシャレ以外の何物でも
なく、キリスト教徒が「冗談でも怒るで、しかし~」ということです。

 No1の方の言うように”13日の金曜日”はイエスが処刑された日として
西洋人は、13という数字と共に忌み嫌っていると聞き及んでいます。
それが12月かどうかは知りませんが。スンマソ。
    • good
    • 1

 日本でもキリスト教学者として特に有名な山本七平による著書


「聖書の常識」
と言う本から貴方のご質問に回答できる
興味深い一説をご紹介致しましょう

本文からイエスの履歴書と死亡証明書を御覧に入れましょう

※イエスの履歴書
(1)名前・・・イエス
(2)父の名・・・ヨセフ
(3)母の名・・・マリア
(4)出生地・・・不明
(5)生年月日・・・不明⇒後ほど記載致します
(6)居住地・・・ガラリヤのナザレ
(7)婚姻家族・・・不明
(8)職業・・・大工?・巡回の悪魔祓いで説教者
(9)学歴・・・不明
(10)職歴・・・不明

※死亡証明書
(1)死亡場所・・・エルサレム
(2)死亡日時・・・ローマ総督ポンティオ・ピラトの統治時代即ち紀元26年~36年の間
(3)死因・・・ローマ総督の命令による十字架刑
(4)死亡場所・・・エルサレム

以上の様になりまます
この資料は山本七平が学者であ事と併せて
各界で検証済みの断定されている異論の少ない部分を記載致しました

又最も興味深い事には
生年月日が意外と知られていませんが
各種の資料を総合的に考察して
紀元前6年の6月頃というのが最も正論であるとの解釈が成立致します
各種の映画にもあるように
牧童が夜馬小屋で生まれた子供を東方の三博士と共に愛でた
とありますが ナザレでは12月に牧童が羊飼いをする事は全く無く
昼夜を分けずに雪が降り積もる気象条件は2000年間変化なしとの見解からして
12月誕生説は無く 各種の他宗教の祭事と一体化したものとの判断が妥当です
この相対的判断は今も支持され続けています
面白い歴史の嘘と事実ですね


注・引用
講談社オレンジブック
日本人は知らなさ過ぎる 聖書の常識 著者山本七平
から本文中の記載を引用致しました
    • good
    • 3

クリスマスはキリストの生誕祭です。

復活祭は春分後最初の満月直後の日曜日になります。
キリストが死んだ日は「アルタシャスタ王の第二十年、ニサンの月」の伝えられていますが、これが太陽暦の何月何日かは判明していません。

死んで三日後に復活したそうなので、復活祭の三日前って考えればいいんじゃないですか。


ちなみにクリスマスはキリストの生誕祭となっていますが、本来は冬至のお祭りです。
クリスマス・イブのイブはイブニングの事で、冬至の日の日没から翌日の日の出まで盛大に騒ぎ太陽の復活を祝う祭りでした。
元々あった太陽崇拝に基づく冬至のお祭りを後から入ってきたキリスト教がキリストの生誕祭にすり替えたものです。
つまり太陽崇拝はけしからんけど、皆が楽しみにしているお祭りまで禁止してしまうとキリスト教が受け入れてもらえなくなるので、キリストの生誕を祝うお祭りに変えましょうって事にしたのがクリスマスです。
キリストが生まれた日も判明しておりません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

クリスマスはキリスト復活祭ではなく、もともと別のお祭りだったのですね。そのお祭りがキリスト教によってクリスマスとゆうものに変えられたと。自分の中の知識の間違いを正すことができました。回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/05/29 18:51

「クリスマス」は「キリスト生誕のお祝い」で, 復活祭は「イースター」だよ.... どっちも島の名前にあるけど.

    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qイエス・キリストの死亡日はいつですか?

イエス・キリストの亡くなった日は何年の何月何日でしょうか?
処刑された日のことです。
13日の金曜日であったのは作り話だという話を聞きましたが。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

聖書『ネヘミヤ記』第二章1節に「アルタシャスタ王の第二十年、ニサンの月」と書かれておりますがはっきりはせず、処刑されたのは、西暦30年4月7日金曜日と推定されています。

Qイエスキリストはどうして処刑されたのですか?

イエスがなにか変なことをしたがために処刑されたのでしょうか?

Aベストアンサー

一応、主流となっている説です。

まず、イエスはユダヤ教徒であったことを理解してください。
また、ユダヤ人はローマの支配下にあった事も頭に入れておいてください。

当時のユダヤ教は主に2つの派に別れていました。
議会派(サドカイ派)と民衆派(ファリサイ派)です。
議会派の人々は、その権力の基盤がローマに服従することによっていたので、ローマ人の顔色ばかりうかがっていました。(この意味ではユダヤの王ヘロデも同じ)
そんな彼らを、批判していたのは民衆派ですが、彼らは彼らで「戒律主義」に走っていました。

そんな中に現れたのは、洗礼者ヨハネ(十二使徒のヨハネとは別人)とその教団でした。
彼らは、そんな議会派や民衆派の事を激しく批判していました。
そこに現れたのがイエスでした。
彼は、洗礼者ヨハネの主流2派の批判には納得していました。
しかし、完全には洗礼者ヨハネの言うことに納得は出来ませんでした。
そして、修行をするウチに「救世主(キリスト)」として目覚めていきました。(ただし、イエスは自分では「私は救世主だ」とは言ってません)
そして、ユダヤの各地を遊歴して弟子を得ていきました。

やがて、イエスの主導する勢力はだんだんと大きくなり、その影響力は洗礼者ヨハネをも超えていきました。
また、洗礼者ヨハネはヘロデ王も批判していたので彼に捕まり処刑されてしまいました。

ここに来て、主流2派にとってはイエス派の勢力を無視出来なくなってきました。
特に、議会派の人々はイエス派の人々が反乱を企てローマが怒るのを恐れました。
また、付き従っていた人々の中にもイエスが「救い=ローマからのユダヤの解放」をしてくれないので不満が募ってきました。
そこで、紆余曲折を経てイエスをとらえました。
しかし、イエスを裁判で罪にしても死刑にする権限はユダヤの議会にはありませんでした。
そこで、ピラトの元に行き
「イエスはユダヤの王を名乗り、ローマへの反乱を企てた。死刑にすべきだ」
と言いました。
ピラトはイエスの事を調べましたが、嫌疑不十分であるとして「ユダヤの事はユダヤで決めよ」と言い、ヘロデ王に任せました。(ヘロデ王は、イエスの故郷ガリラヤの支配者でした。)
ヘロデ王もイエスを取り調べましたが、やはり「罪」は無いと言い、ピラトに送り返しました。

ピラトは、「罪が無い」と言っているにもかかわらず、ユダヤの人々は「死刑にせよ」と要求します。
このままでは反乱になると恐れたピラトは、人々に取引をもちかけました。
当時とらえられていた「殺人犯」と「イエス」どちらかを「死刑」とし、どちらかを解放しようと。
「どちらを解放するか?」
とのピラトの問いに、人々は「イエスを十字架に」と叫びました。
この結果、「殺人犯」は解放され、イエスは十字架に架けられることになりました。

と、以上が大まかなイエス処刑の経緯です。
つまり、議会派の人々はローマを恐れる余り、民衆はイエスが「神の国」と言ってるわりには「ユダヤをローマから解放」してくれない事への不満のため、イエスは十字架に架けられることになったのです。
しかし、イエスは一言も「ユダヤをローマから解放する」とも「私は救世主です」とも言っていません。(救世主については、弟子には言わせてましたが、、、。)
そして、イエスのいう「神の国」はあの世の事だったのですが、民衆は理解しませんでした。
結論としては、議会派の人々による「冤罪(ローマに反乱を企て、ユダヤの王を僭称した罪)」に、民衆がイエスを「誤解」していたために議会派の人々の提案(扇動)にのった結果、イエスは十字架上で死んだのです。

余談2・イエスが言った一番良い言葉なのに、キリスト教ではあまり実戦されてない言葉に「皇帝のモノは皇帝に、神のモノは神に」があります。
このことからも、イエスはローマへの反乱の意志はなかったと推測できます。

一応、主流となっている説です。

まず、イエスはユダヤ教徒であったことを理解してください。
また、ユダヤ人はローマの支配下にあった事も頭に入れておいてください。

当時のユダヤ教は主に2つの派に別れていました。
議会派(サドカイ派)と民衆派(ファリサイ派)です。
議会派の人々は、その権力の基盤がローマに服従することによっていたので、ローマ人の顔色ばかりうかがっていました。(この意味ではユダヤの王ヘロデも同じ)
そんな彼らを、批判していたのは民衆派ですが、彼らは彼らで「戒律...続きを読む

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)

Q『更迭』と『罷免』の意味

皆様、こんにちは。

最近何かとよく耳にする『更迭』と『罷免』ですが、意味が同じように思えてなりません。(他にも『解任』などもあったりして)

どちらも、『人を辞めさす』という意味で間違いないと思いますが。
gooの国語辞典で調べると、『罷免』は単に辞めさす事。
『更迭』は他の人に変える事とでてきます。
だとしたら、『更迭』の用法としては『○○を△△に更迭する』という形となると思うのですが、新聞やTVなどメディアでは『○○を更迭』と使っている気がします。
これは単にメディアがきちんとした使い方をしていないという事なのでしょうか?

なんだかうまくまとまりませんが、『更迭』と『罷免』について分かりやすい用法や明確な違いをご存知の方がいらっしゃれば是非教えて下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

罷免--免職と同じで、辞めさせる事. **を罷免する。はやくいえば首
解任---任を解く  課長の任、地位を解く。**さんを解任するはその人の任(地位)を解くで、**さんを辞めさせるという事ではない。結果的には首もあるでしょう.
更迭---人を変える。**を更迭する。--に***を更迭でもいいし、**を更迭するでも、どこへ行こうが更迭をされる事実がわかれば、いいのだから、**を更迭でもかまわいと思います.地位を下げられる人もあり.

Q釈迦が菩提樹のしたで悟りをひらいた。

釈迦が菩提樹のしたで悟りをひらいたとき魔がおりてきて釈迦を苦しめて結局釈迦が魔に勝て悟りをひらいたときのストーリーをおしえてください。すいません。

Aベストアンサー

 
  そういう話は、釈迦牟尼の生涯について記された夥しい書物に載っていると思いますが。
 
  釈迦あるいはゴータマ・シッダールタは、四苦(生・病・老・死)を知り、世の無常より自己の救いを求めて、当時の著名な宗教指導者の元に弟子入りし、教えを学ぶのですが、間もなく、師匠を超えた境地に達することができ、しかし、それでも心の平安が得られないので、死を賭して苦行に入り、断食行を続けるのですが、骨と皮ばかりになって、苦行では、悟りは開けないと知りました。彼が山よりおりた処、確か、若い乙女がいて、彼女から乳粥を捧げられ、これを食した後、身を清め、ブッダガヤーの菩提樹の下で、瞑想に入り、この瞑想の過程で、以下の参考URLに簡単に記されているように、悪魔(マーラ)が、釈迦の悟りを妨害しようと、様々な「欲望」で誘惑します。
 
  このシーンは、丁度、イエズスが、荒野で苦行をした折り、サタンが現れ、わたしを拝めば世界の王にしてやるとか、高い崖から飛び降りても、神が受け止めてくれるだろうと、色々、世俗の欲望や力で誘惑し、イエズスの苦行を妨害したのに似ています。
 
  しかし、釈迦は静かに瞑想を続け、遂に、夜明け、金星の光が輝くと共に、「悟り」を開き、仏陀となり、釈迦族の聖者すなわち「釈迦牟尼」になります。
 
  悪魔(マーラ)は、釈迦の成道の妨害に失敗したものの、釈迦が悟りを開くや、その前に姿を現し、「「悟り」を開くという目的は達しられた、もはや、生きていることに未練もなければ、死ぬことに恐怖もないであろう、ただちに、入滅し、ニルヴァーナに入れ」と勧めます。釈迦は、このマーラの言葉にしばし納得しますが、しかし、ここで、泥のなかの蓮の花の話が出てくるのですが、この世には、いま少しのところで悟りへと到達できる者が少なからずいる。今、自分がニルヴァーナに入ることは簡単であるが、それでは、この悟りを開けるかも知れない者たちは、そのまま泥に沈んだまま、花を水面の上に咲かせることができない。いま少し生き、自分の悟ったことを、世の人に伝えてみようと考え直します。ここで釈迦の決意は定まり、マーラ(悪魔)は、釈迦から離れます。
 
  ……と、ここまでの過程が、釈迦の悟りと悪魔(マーラ)の妨害の戦いの話のはずです。釈迦が、悪魔の言葉に従い、あるいは、世の人には、自分の悟った真理は理解できないだろうと、隠遁してしまうと、釈迦は、独覚(プラティエーカ・ブッダ)ではあったでしょうが、仏教は生まれなかったことになります。
 
  また、この時のマーラ(悪魔)との対話が、「大涅槃経」に出てくる、マーラとの会話に続きます。
 
  マーラは、晩年の釈迦の前に姿を現し、「いま既に、汝は、教えを説き、多くの弟子たちが、アルハトとなった。汝の望みは実現した。されば、いまこそニルヴァーナに入れ」と、成道の時の会話の続きで、入滅を求めます。釈迦は、これに答えて、では、入滅しようと答えるのです(この過程で、アーナンダと会話して、「如来は望めばおのが寿命を長くすることができる云々」という話が出てきますが、釈迦の入滅は、悪魔との約束によるものだとも言えます)。
 
  悪魔(マーラ)とは、サンスクリット語ですが、これはラテン語における「悪 mala(malus, malum)」と同じ語根の言葉です。
 

参考URL:http://www2u.biglobe.ne.jp/~gln/77/7710/771012.htm

 
  そういう話は、釈迦牟尼の生涯について記された夥しい書物に載っていると思いますが。
 
  釈迦あるいはゴータマ・シッダールタは、四苦(生・病・老・死)を知り、世の無常より自己の救いを求めて、当時の著名な宗教指導者の元に弟子入りし、教えを学ぶのですが、間もなく、師匠を超えた境地に達することができ、しかし、それでも心の平安が得られないので、死を賭して苦行に入り、断食行を続けるのですが、骨と皮ばかりになって、苦行では、悟りは開けないと知りました。彼が山よりおりた処、確か...続きを読む

Q1滴は何mLですか?

常温常圧での水の1滴は何mLですか?教えてください。辞典などで調べても見つからなくて、困ってます。

Aベストアンサー

こんばんは
0.04ml位です。
滴定時にビューレットから落ちる一滴の容量です。

Q[あわび]と[とこぶし]の違いを教えて!

これまで、[とこぶし]というのは[あわび]の小さいものの総称とばかり思っていました。どなたか両者の明確な違いを教えてください。
併せて、何処産のものが美味しいのかも知りたいです。

Aベストアンサー

一番判りやすいのは[とこぶし]と[あわび]の殻の穴の数を比較すると[とこぶし]は9個前後、[あわび]は7個位で[とこぶし]が多い。

両方とも殻の色は茶褐色で、赤褐色の不規則な斑紋があって内側は真珠のような光沢があり、大きさの違いが特徴です。

[あわび]は北海道南部から九州までの水が澄んだ潮通しのよい海域に生息し・・・旬は晩春から夏にかけてです。

[とこぶし]は北海道南部から九州までの各地に分布し,外海の岩礁に生息し・・・夏が旬です。

[とこぶし]も[あわび]も3~4月頃、内臓に毒性がみられますが一般に夏に解禁時期を迎えています。


[とこぶし]の美味しい所は、東京近辺では伊豆下田、火山被害で心配な「三宅島」が有名です。

[あわび]の美味しい所は、エサの海藻が美味しければ[あわび]も旨く北海道北部の昆布産地の[蝦夷あわび]は最高だと思います。

その他の有名産地では、青森県大間産、岩手県吉浜産は、乾燥アワビでは[鮑魚:パオユイ]といい、香港辺りでは最高級食材で

一個当たり、2万円~25万円(直近)で取り引きされ贅沢な饗宴に供せられます・・・

    http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=205095・・・#2参照。
    http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=285644・・・#3参照。
    http://www.the-kaiya.com/products/index.html・・・こんな鮑もあります。


*中華料理では[鮑魚]とかいてある場合、特にアワビとトコブシを区別しないようです。

*[あわび]の大きいものは、殻の長さが約15~25cmにもなり[くろあわび][まだかあわび][めかいあわび]などがあります。

一番判りやすいのは[とこぶし]と[あわび]の殻の穴の数を比較すると[とこぶし]は9個前後、[あわび]は7個位で[とこぶし]が多い。

両方とも殻の色は茶褐色で、赤褐色の不規則な斑紋があって内側は真珠のような光沢があり、大きさの違いが特徴です。

[あわび]は北海道南部から九州までの水が澄んだ潮通しのよい海域に生息し・・・旬は晩春から夏にかけてです。

[とこぶし]は北海道南部から九州までの各地に分布し,外海の岩礁に生息し・・・夏が旬です。

[とこぶし]も[あわび]も3~4月頃、内臓に毒性...続きを読む

Q現金を郵送するには現金書留封筒でないと駄目ですか?

教えてください。

普通の封筒に現金を入れて郵便局で現金書留で送ることはできますか?


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご質問は「普通の封筒で現金書留」ですネ。
これは、違法とかなんとか言う以前の問題で、郵便局で受理されません。現金書留を含めて、書留郵便物は、郵便局の窓口に差し出さねばなりません。ポストには投函できません。
なお、(絶対にやってはいけないことですが)理論上は、現金を封入した郵便物を書留(現金書留ではない書留)で出すことは、可能です。窓口で内容物を尋ねられたとき「現金である」ことを申告しなけば(ウソを言えば)、郵便局側ではそれ以上の追求はしないでしょう。
現金書留用封筒が手もとになかったら、送りたい現金と相手の住所氏名などをメモした用紙などを持参して、窓口で封筒を買って(20円)、その場で送金しましょう。
もちろん、郵便料も必要です。25グラム以内だったら1万円までが500円。10万円で680円(重くなって25グラムを超えたら、50グラムまで690円)です。これを目安にそれに相当する現金(または切手)を準備しておいてください。

Qペーパバックとは何ですか?

最近、ペーパバックという言葉を耳にしますが
何のことですか?
ご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

日本で言えば文庫本でしょうね。
でも海外の(本来の?)ペーパーバックは日本のものほどしっかりしておらず、ページは週刊新潮や週刊文春の中身のようなグレーの安い紙でできていて、表紙は厚紙一枚だけ。ちょっと縦長で分厚く、ちょうど日本の文庫本のカバーを外したような状態の本です。

たぶん電車の中で外国の方が読んでいたり、映画の中でおじいちゃんがロッキングチェアーなんかに座って読んでいるのを見たことがあると思います。

大きな書店の洋書コーナーへ行けば積まれています。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/browse/-/1007946/249-8988584-4642704

Qアーサー王の性別

最近Fate/stay nightというゲームをやったのですが、劇中でアーサー王は女性だったという設定でした。
おそらく空想の範囲内とは思うのですが、可能性としてアーサー王が実は女性で、男性として育てられ王になったということは有り得るのでしょうか。

それともうひとつ。
彼(彼女?)は王になるまでアルトリアと呼ばれていたのですか? 日本の幼名みたいなものでしょうか。

Aベストアンサー

伝説としてはあり得ません。
なぜかというとそういう話はないからです。
伝説というのは語り継がれるものですから、
誰かが創った空想とは少し違います。
アーサー王の場合は実在の人物がモデルになっていて
その男はローマ軍司令官のアルトリウスといって
ローマとケルトの血を受け継いだブリトン貴族と
言われています。

もちろん諸説ありますが詳しく知りたかったら
「アーサー王伝説 リチャード・キャヴェンデッシュ/高市訳」
「中世騎士物語 ブルフィンチ/野上訳」
などを読んでみるといいでしょう。

フィクションとしてはもちろん何でも可能でしょうが
女性であると拙いことが多々あります。

第一に妻ギニヴィアとランスロットをめぐる重要な物語が
台無しになること。
ちなみにこの筋書きは妻ギニヴィア視点が重要です。
というのは中世においては結婚は家同士のもので
愛情関係はなかったので、どこの家の奥さんも
すばらしい騎士が愛人として現れてくれることを
願っていたので
こういう話が生まれたからです。
これは当時(伝説が物語として普及した近世)の
貴婦人の夢物語なので、それが壊れてしまいます。
もしアーサーが女ならギニヴィアは教会に訴えれば
結婚を簡単に無効にできるので
ランスロットとW不倫をする必要がありません。

第二にアーサーが女性だと王位を相続できません。
アーサーには異父姉がいて、そもそも伝説では
アーサーの父が人の妻アイジャーンを横恋慕して、
魔術師マーリーンに自分がこの女性には夫に見えるように細工させて
無理やり作った子供です。
当然、(未来を見通せる)マーリーンは偉大な王が生まれることも知っていました。
また円卓の騎士にはアーサーの従兄弟が何人かいて
ランスロットの仇敵として有名なガウェインとその弟もこれにあたります。
もしアーサーが女性なら最強の騎士の一人であるガウェインが
王位を継いだはずで、また甥とも息子ともされる
モウドレッドの王位継承の主張が正統なものとすんなり受け入れられて
アーサーと敵役のモウドレッドのキャラが逆転していしまいます。
物語の屋台骨が崩れてしまいます。

第三に、男装は中世当時犯罪で、性の垣根を越えることは宗教的な大罪とされていました。
よってキリスト教徒の王というアーサーの地位にふさわしくありません。
アーサーの物語には多分にドルイド的な要素がありますが
後年になるほどキリスト教色が濃くなって
聖杯伝説などが加わるので女性だとはなはだ不都合です。

第4に、アーサーの力の問題ですが、当時の重い剣を
振りませるということは大男だけなのですが
もしアーサーが女だとすると、男のような怪力の豪快な女ということになります。
漫画のようなガリガリの人間が騎士として活躍できるはずはないので、ふっとい腕や首のガッシリした女アーサー・・・それはそれは見苦しいことになるでしょう・・・。

あと幼名なんていうのはありません。
語形の違いです。そもそもアーサーという言い方が
のちの英語の形です。
いろんな言い方がでてきますので本を読んでみてください。

伝説としてはあり得ません。
なぜかというとそういう話はないからです。
伝説というのは語り継がれるものですから、
誰かが創った空想とは少し違います。
アーサー王の場合は実在の人物がモデルになっていて
その男はローマ軍司令官のアルトリウスといって
ローマとケルトの血を受け継いだブリトン貴族と
言われています。

もちろん諸説ありますが詳しく知りたかったら
「アーサー王伝説 リチャード・キャヴェンデッシュ/高市訳」
「中世騎士物語 ブルフィンチ/野上訳」
などを読んでみるといい...続きを読む


人気Q&Aランキング