イギリスの労働党と保守党、それぞの特徴って何ですか?
それと、政策の違いとかはどこなんでしょうか?
ちょっと、最近興味がありまして。

おまけに、米国の民主党と共和党についても
詳しく教えて頂けないでしょうか。
どうか、おねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

質問者の方へ


 再質問を頂いたので、お答えいたします。イギリス保守党のサッチャー・アメリカ共和党のレーガン、そして日本の中曽根康弘など1980年代に世界の保守主義者に流行したのは、社会福祉などの弱者救済を出来るだけ廃し、国民の国家に対する依存心をなくし(ついでに政府の社会福祉関連予算も削り)、国民を互いに競争させることによって、経済を活性化させようという考えでした。(新自由主義といいます)
 確かに、新自由主義によって運と才覚によって巨万の富を得る社会が出現しました。しかし、競争といっても、世の中には親から莫大な財産を受け継ぎ、高い教育を受け、様々な資格を取得する機会に恵まれた階層と能力があっても貧しさのあまり学校に行けない階層とがあります。これら生まれた時のハンディを無視して、勝つも負けるも競争の結果というのはフェアではありません。さらに、社会福祉を削減してしまったため、一度競争に敗れた人々は悲惨な状況に置かれ、再挑戦できない状況に追い込まれました。
 そこで、イギリス労働党のブレアやアメリカ民主党のクリントンは新自由主義が社会に活力をもたらした側面を評価しながら、奨学金制度や失業者への技能教育制度などを整えて、貧しい人々でもハンディなく競争に参加できるようにし、さらに社会福祉制度を一部復活することによって一度競争に敗れてももう一度再挑戦できる環境を整えました。このような施策を「公正な競争確保のためのある程度の勤労者保護」と言ったのです。(ブレアやクリントンは自分達の路線を福祉国家主義でも新自由主義でもない「第三の道」と呼んでいます)
 なお、昨年のアメリカ大統領選挙では、家族制度など伝統的価値観は守る一方で、弱者救済も維持するという「思いやりのある保守主義」を掲げたブッシュが当選しました。第三の道に代わって思いやりのある保守主義が新しい世界的な潮流となるのかが、今後の世界政治を見る上で問題になってくると思います。
 なお、日本の政治家たちの話を聞いていると、まだサッチャーの段階にとどまっています。日本の政治がいかにレベルが低いかがわかります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

質問に丁寧に答えていただいてありがとうございました。
とても参考になりました。

お礼日時:2001/05/21 23:40

 イギリスの政党制は階級と深い関連があります。

産業革命初期はイギリスの二大政党はトーリー党(保守党)とホイッグ党(自由党)で、保守党は貴族や地主層、自由党は産業革命によって台頭した資本家階級を支持基盤としていました。しかし、労働者の力の増大に伴って、労働者に選挙権が与えられるようになると、資本家階級の利害を保守党が代表するようになり、一方、労働者陣営は当初自由党を支持していましたが、やがて自分達の労働党を結成し、自由党は没落しました。労働党は戦前にも政権を担ったことがりますが、保守党と肩を並べる政党に成長したのは戦後のことです。第2次大戦末期に成立した労働党のアトリー内閣は主要産業の国有化をすすめ、世界一の福祉国家をつくりあげました。しかし、労働者の権利拡大によってストライキが頻発し、産業が停滞するようになると、小さな政府と徹底した自由化をすすめるサッチャー、そしてその後継者メージャー率いる保守党が1980年代から1990年代初頭にかけて政権を握りました。一方、労働党は中産階級出身のブレアを党首に迎え、サッチャーの小さな政府を踏襲しつつ行きすぎた自由化を是正する方針を掲げて、1990年代後半に政権を奪還し、今日に至っています。現在では、保守党と労働党の差は非常に小さいのですが、強いていえば、保守党が極端な小さな政府と徹底した自由化を唱えているのに対して、労働党は福祉国家の復活は考えていないものの、公正な競争確保のためのある程度の勤労者保護を主張しているというところでしょうか。
 アメリカの民主党と共和党の政策の違いは時代によって変遷します。例えば、南北戦争のころには民主党は奴隷制維持、共和党は奴隷制廃止を主張、1930年代は共和党が自由競争、民主党が経済に対する政府の介入を主張するようにです。ただ、階級の存在しないアメリカでは、基本的に考え方の相違はほとんど存在せず、政策とは無関係に無条件にどちらかの党を支持する地域もあります。例えば、今のブッシュ政権が誕生するまでは南部は民主党の牙城と思われていました。一般の有権者にとって民主党を支持するか共和党を支持するのかといった問題は日本の野球ファンが巨人を応援するのか、阪神を支持するのかといった違いしかありません。強いて言えば、民主党が進歩的、共和党が保守的ですが、非常に保守的な人が民主党員だったり、逆に進歩的な人が共和党員だったりする例はざらにあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても分かりやすかったです。返事が後れてすいません。
1つ質問してもいいですか?
「公正な競争確保のためのある程度の勤労者保護」
っという箇所なんですけど、具体的にはどういうことなんですか?
また質問しちゃってすいません。

お礼日時:2001/05/17 21:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q民主党と自由党と保守党と社民党と共産党VS自民党の外交政策の違いとは?

 自民党の外交政策(とよべるかわからないですが)は、いろんなところで論じられるのでわかってきましたが,民主党や自由党などの自民党以外の外交政策というのは、自民党とはちがうものなのでしょうか?ちがうとしたら、どの点がちがうのでしょう?
 例えば,対中国・対韓国にたいする戦争責任の問いへの回答、集団的自衛権に関する対アメリカとの関係などはどうなっているのでしょうか?
 特に,党首の考え方を知りたいので,過去の発言に関するものでもいいのでおしえてください。

Aベストアンサー

外国の方々との生易しくない(!)ディスカッションの準備にに私のような素人の情報提供を参考にしていただくのは畏れ多くて逃げ出したい気分です。

補足頂いたなかでの御質問内容については信頼できる活字となった資料が手許にありませんので少なからず私の主観が含まれてしまいます。13toraさんの賢明な御判断による取捨選択を期待するばかりです。重ねて告白しなければなりませんが、各党の集団的自衛権の捉え方についてはあまり関心を持っておりませんでした。私が付け焼刃の見識不足である事を御承知置きください。

各党とも、集団的自衛権の行使が憲法解釈上認められない、という点では異論がないようです。御指摘の通り、自民、自由、民主の各党は国際問題において日本が果たすべき役割や期待は大きいと考えており、自国の防衛だけに専念していられる立場ではないという点では一致しているようです。しかしながら、与党側の公明党が否定的である為に小泉首相でさえ避けて通れぬものとは明言できない状況で、民主党などは党内で意見が割れており鳩山代表も立場上何も言及できないでいます。しかしながら、小沢党首や扇党首を含めて実務を意識しているこれらの人々は憲法を改正してでも国際社会での責任を果たす為に必要な事と考えているように思えます。国際問題に対して真剣に具体策を考える立場を採る人は国民受けする理想論などを語ってはいられない、という本音のように感じています。

同様に、戦争責任の問題については、外野でヤジ将軍のあいだは好き放題に発言できますが政権与党となって関連諸問題を意識した時にはかなりのトーンダウンが余儀無くされるのではないかと思っています。社会党連合政権の折にも村山首相はほとんど何も出来ませんでした。日韓共同宣言で過去の国策の誤りを認めたにも拘わらず日韓関係の問題が解消していないのは実務が伴わなかった為だと思っています。アメリカとの同盟関係が厳然として存在している中で対中国、対韓国の態度が意のままにならない事情もあるでしょう。そもそも事実上のアメリカとの軍事同盟そのものがかの国にとっての脅威なのでしょうから、対米関係と切り離して態度を決める事は不可能です。
自国のアイデンティティーを主張すべき、とする政党は、政権を握った時に対米関係で苦慮する事は明らかでしょう。その一点においては正当な主張であってもバランス感覚を欠いていては現実味がありません。戦争責任問題の解決は政党が変わる事よりも、時代のタイミングでなされるものだと思います。自民政権でも革新政権でも大差ないと思います。

最後に、外務省はお役所ですから、政府方針で決まった事を忠実に遂行して頂きたいものです。あまり自己主張してもらっては困ります。はは。

後半、完全に私見になってしまいました。ちょうど参議院選挙期間で新聞にはいろんな意見が載ってます。この回答もそんな様々な意見の一つとして御参考になれば幸いです。

長々と駄文で失礼しました。

外国の方々との生易しくない(!)ディスカッションの準備にに私のような素人の情報提供を参考にしていただくのは畏れ多くて逃げ出したい気分です。

補足頂いたなかでの御質問内容については信頼できる活字となった資料が手許にありませんので少なからず私の主観が含まれてしまいます。13toraさんの賢明な御判断による取捨選択を期待するばかりです。重ねて告白しなければなりませんが、各党の集団的自衛権の捉え方についてはあまり関心を持っておりませんでした。私が付け焼刃の見識不足である事を御承知置き...続きを読む

Q民主党と自由民主党の大連立って自由民主党ってこと?

民主党と自民党が大連立し、谷垣総裁が首相になる可能性があるとありました。

結局、民主党は自分たちで駄目と判断し、自民党にくっつき、自由民主党になるのでしょうか?

Aベストアンサー

大連立は有り得ても、政党同士の合併はないでしょうね。
自民側としては、迅速な成立が必要な復興支援政策に無闇に反対するわけにも行かず、かといって賛成してばかりでは存在感が薄れるため、与党側に入り込んで存在価値を示したい、といったところでしょう。
非常時にはこうした大政翼賛会的な国会が必要だと思います。

大連立したとして、国民としては、どさくさにまぎれて変な法案が国会を通過しないように十分監視しなければなりません。

Qアメリカの共和党/民主党の党首という役職の人はいるのですか.

アメリカの政党の話です.

日本やイギリスだと,
自民党 小泉さん
民主党 菅さん
共産党 志位さん
社民党 土井さん
後は省略(支持者の方,すみません.)

イギリスでは,
労働党 トニー・ブレアさん
保守党 ???(メージャーさんですか?まだ)

と言う風に,党首という役職の人がテレビででてきますが,
アメリカのニュースでは聞いたような気がしません.(私の気のせいかもしれませんが)

たぶん,大統領が一番えらいのでしょうから,現在の共和党の党首(格)は「ブッシュさん」
なんでしょうね.
では,「民主党」はダレなんでしょう.

それよりも,なによりもアメリカの政党に「党首」という役職があるんでしょうか.
もしもあるとしたら,「大統領予備選」などというものがあるのはおかしいと思うのですが.
議会と政党の立場が,大統領制と議会制民主主義とでは違うんでしょうか.


よろしくお願いします.

Aベストアンサー

いやあ、私も検索するまで知りませんでした。

下記のサイトによると、アメリカの2大政党に党首はいないそうです。

党本部も無いのには、またびっくりです。

参考URL:http://allabout.co.jp/career/politicsabc/closeup/CU20010919/index2.htm

Q共和党と民主党の逆転

1896年のアメリカは民主党が多く支持されていたのに2004年には共和党が支持が多くなり、共和党と民主党が逆転しています(写メ参照)。何故、1896年のときには民主党が支持が多く、2004年には共和党の支持が多くなったのですか?回答よろしくお願いします!!!

Aベストアンサー

1896年から2004年までは100年以上あります。その長い年月の中では民主が政権をとったり、共和が政権をとったりしています。その時の事情は様々です。
そもそも1896年に民主党は多く支持されていません。既に他の回答者の方が言っているように、共和党が勝利しています。
大統領選挙は州の選挙人をどれだけ獲得したかで決まりますし、州の人口によってそれぞれ選挙人の数も違います。だから一概に州を多くとった方が必ず勝つとは言えません。選挙人の少ない州をたくさん押さえた陣営よりも、数は少なくても選挙人の多い州を押さえた陣営が勝つ場合もあります。

1896年、1900年、1904年、1908年は大統領選挙で共和党が勝利しています。
1912年には民主党が勝ちました。この年は共和党が分裂し第3党ができるという事があり、共和党が自滅に近い形で敗北しました。
1916年も共和党の分裂の余韻のおかげで民主党が勝利しています。

1920年には共和党が勝利します。これは第一次世界大戦後の混乱で経済が悪化しており、民主党の政権に国民が失望したからです。
1924年と1928年も共和党が勝利しました。経済が上向きになっていた事と、民主党内部で分裂があったせいです。

1932年には民主党が勝利します。1929年から世界大恐慌が始まり、それに有効な対策を打てない共和党に国民が失望したからです。
この時、民主党に登場したのがルーズベルトでニューディール政策で大恐慌を乗り切りました。この時の成果により、1936年、1940年、1944年の大統領選挙でルーズベルトが勝利を続け民主党政権が長く続きました。
1948年も民主党が勝ちます。任期途中で亡くなったルーズベルトの跡を継いでいたトルーマンが選挙で大統領になりました。

1952年は共和党が勝利します。1950年から始まっていた朝鮮戦争がうまくいっていない事に加え、共和党の候補が第二次世界大戦の英雄アイゼンハワーだったために民主党が敗北しました。
1956年も共和党のアイゼンハワーが勝利します。

1960年には民主党が勝利します。この時は接戦で共和党が勝ってもおかしくありませんでしたが民主党のケネディが勝ちました。しかし、暗殺されます。
1964年もケネディ暗殺の影響から民主党が勝利します。

1968年には共和党が勝利しました。ベトナム戦争の影響で国内がだんだんと荒廃してきており、法と秩序の回復を主張した共和党のニクソンが当選したのです。1972年の選挙もニクソンが勝ちます。しかしウォーターゲート事件で辞任します。

1976年はウォーターゲート事件の影響で共和党が敗北し民主党が勝ちました。

1980年は共和党が勝利します。民主党のカーター大統領の時代の、イラン大使館人質事件の解決の不手際によるアメリカの威信の低下と不景気に国民が失望し、共和党のレーガンを選びました。
1984年も共和党のレーガンが勝利します。景気の回復と共産圏への強硬姿勢が支持されました。
1990年も共和党が勝利します。レーガンの副大統領だったブッシュが大統領になり政権を引き継いだ形になりました。しかし、彼の時代に経済が悪化します。

1994年には経済の悪化から民主党のクリントンが勝利します。彼は経済を好転させ1998年にも勝利しました。

2000年には共和党が勝利しブッシュが大統領になります。この時の選挙は接戦で民主党が勝ってもおかしくありませんでした。
2004年も接戦でしたがブッシュが再選を果たしました。

このように国民の支持はその時々の状況によって変化しており、民主が勝ったり共和が勝ったりしています。

ちなみに2004年の大統領選挙における一般投票では共和党が獲得したのは50.73%で、民主党が獲得したのは48.28%とその差は僅かにすぎません。共和党の支持が圧倒的に多いというわけではありません。

1896年から2004年までは100年以上あります。その長い年月の中では民主が政権をとったり、共和が政権をとったりしています。その時の事情は様々です。
そもそも1896年に民主党は多く支持されていません。既に他の回答者の方が言っているように、共和党が勝利しています。
大統領選挙は州の選挙人をどれだけ獲得したかで決まりますし、州の人口によってそれぞれ選挙人の数も違います。だから一概に州を多くとった方が必ず勝つとは言えません。選挙人の少ない州をたくさん押さえた陣営よりも、数は少なくても選挙人...続きを読む

Qアメリカ民主党、共和党の党首は誰

 フランスや韓国といった、他の大統領制国家の政党と比べて、「党首」という存在がわかりにくいと思います。

 これはなぜなのでしょうか。また実際に党首にあたる人は誰なのでしょうか。

Aベストアンサー

アメリカの政党には党首がいません。
日本は党が主体ですが、アメリカは議員の個人個人が主体で政党に大きな力はありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報