パッシングをするとロービーム(キセノン)も同時に点いてしまいます。キセノンは頻繁に点・消灯を繰り返さないほうが良いと聞きましたので、昼間(ロービーム消灯時)のパッシングではロービームは点かないようにする方法はないでしょうか? ライト関係はロー・ハイ・ポジション・フォグ全てノーマルです。 
よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

通常 同様のライトの場合 同じ様な作動です



メーカーが 良しとして 販売しているシステムです それなりの 耐久テストも行われています。
なので 異常が起きたら 考える方が 良いと思います。

メーカーが 標準で設定している 機構を 変える事で 弊害も出る恐れが有りますので。
(パッシングスイッチ回路に リレーをかませ Hiのみ 電源供給にすれば出来ますよねー)

なお パッシングも そう頻繁に 行う物でなく やむを得ない時に使用
クラクションや パッシングは、トラブルの 元にもなります。
まして セド・グロではねー 血の気の多い若者が・・・ 絡んできそう~

ライトを 大切に思うなら キセノン?HIDでは パッシングしない事を 心がけた方が 得策です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速ご回答下さいましてありがとうございました。
パッシング回路のバイパス手術、検討してみたいと思います。

お礼日時:2012/05/31 11:16

ライト関係全てノーマルで


Y34にキセノンがあったかは記憶があやふやですが
バイキセノンの場合、同時点灯が保安基準の必須要件ですので
そのからみかも、、、しれません、、、
が、、Y34は違うのでは無いかと記憶します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
ちなみに、Y34後期のローは普通のキセノンで、ハイはHB3です。

お礼日時:2012/05/31 11:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング