つい何年か前から、手塚治虫さんの漫画にハマッてます。
いろんな面から、「本当に大事な事とは?」を問いかけてるような気がして
かなり感動してます。
でも、読んでる作品は数少ない・・・。
最近、本屋でバイトするようになったので本が1割引で買えるので
これを機に集めていきたいと思ってます。
で、同じく手塚作品好きな人教えてください!!

1・一押しの作品は??
出来れば、多分買うのが文庫の方なのでどのタイトルの文庫に収められてる
のか等書いてもらえると助かります。
ちょっとした内容も書いてもらえると、嬉しいです。

2・個人的に今のところ、ブラック・ジャックが一押しなんですが
すごい良いエピソードがいっぱいあって個人個人「良かった」という
話があると思うんです。1つだけ、教えてください!!

3・これは、わかる人は教えてほしいんですが
去年に映画化された「ガラスの脳(?)」読みたいんですが
なんていうタイトルの文庫の中に入ってるんでしょうか??

以上、3つ教えてください!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (23件中1~10件)

▼今のおススメは『七色いんこ』ですね~。

外でも書いたンですが、ハマリました……『ブラックジャック(以下B.J)』が終わった後に「チャンピオン」で連載されてたヤツです。
(下記URL→手塚治虫ワールド・「七色いんこ」の作品解説/ちなみにこのページもお奨めです)

▽『B.J』よりも主人公が【軽め】で、知名度も低いのですが、とても良い作品です!!基本的に一話完結なので読みやすく、さらに全体を通して読むと長編漫画としても楽しめるという、2度おいしい物語なのです。秋田文庫です。

▼B.Jエピソード―→老人が木を守る話ですね。是が一番に思い浮かんだので、記しておきます。

▼ごく最近(2003/5/4現在)では、廉価版で「もうひとりのアトム」という本が出ています。'70年代に描かれたSF作品を主に編纂されています。コンビニにも置いていますョ。

参考URL:http://ja-f.tezuka.co.jp/manga/sakuhin/m100/m100 …
    • good
    • 0

★短編なら・・・鉄の旋律


(少し大人向け、血生臭い3つの短編集、ハズレなし)

★中編なら・・・ワンダー3全2巻文庫
(一番バランスの良い作品と思う、2時間の映画を観てる様なカンジ)

★長編なら・・・ブッダ全12巻文庫
(退屈そうな伝記と思いきや、数々のオリジナルキャラで脚色され非常に読み易い

★歴史なら・・・陽だまりの樹全8巻文庫
(幕末もの、ジョン万次郎、福沢諭吉や手塚先生の先祖も登場する)
    • good
    • 0

いちおしはやっぱ火の鳥ということになりますが、「アポロの歌」も読んだ当時はすごい感激しました。

子供だったし、当時子供向けであんな題材を扱ったものはなかったので(性教育っぽい題材ですが、愛とは何かを真剣に考えさせてくれる内容でした)。

それと、火の鳥ヤマト編では、当時天皇家の歴史についてツッコミを入れる漫画なんてまるでなかったので、すっごくエキサイトして読みました。今では常識となっていることも、手塚さんが教えてくれるまでまるで知らなかったわけです、一般庶民の子供は。(私だけじゃないよね・・・)
    • good
    • 0

こんにちは。


早速ですが、私の一押しの作品は『ばるぼら』です。
フーテンの女を拾った異常性欲の流行作家の行く末は・・・
ってな感じでしょうか。
哲学的なお話なのに、最後にはブードゥー教・・?
”異常性欲”は何処行った?
と、少々?な作品ですが面白いですよ!
できれば、上下巻に別れている物をお読み下さい。
一冊になっている物はカットされている部分があるようです。
それから、『IL(アイエル)』、『空気の底』(※短編)もお勧めです。
    • good
    • 0

幼稚園児だったころ初めて夢中になって読んだ漫画が「ロック冒険期」です。



幼稚園は教会系で、毎日無邪気にお祈りを捧げていた自分が小学校にあがり
初めて神を考えるきっかけになったのが「火の鳥 鳳凰編」です。

中学生になり初めて人生をシリアスに考えるきっかけになったのが
「きりひと賛歌」です。

今でもこの3作品が好きです。
    • good
    • 0

こんにちわ。


手塚治虫さんは素晴らしいですよね。
皆さんのおっしゃられている漫画はどれも良いです。
一押しとなると、「火の鳥」(鳳凰編)になるんですけど、甲乙つけれません。
その時代によって絵もスタイルも変わってくるので、一押しが難しい!!!

アニメにもなったものですと、「リボンの騎士」「ジャングル大帝」
「三つ目がとおる」です。どれも子供むけでアニメでしか知らなかったので、
原作を読んで初めてわかることもありました。これは文庫で出てます。

考え込んだ作品は「アドルフに告ぐ」「奇子」「きりひと賛歌」「ブッダ」

まだ読んでませんが、読みたい作品は「シュマリ」
今読んでいるのは「七色いんこ」です。

手塚治虫さんの作品は結構文庫化されているので探しやすいと思います。
他にもありますので読んでみてください。すると、この時代の作品が好き
とか出てくるはずです。文庫じゃなくてもいろいろでてますので。

未完に終わっている作品も良いですよ。
「ネオファウスト」や「ルドヴィヒ」です。
「ファウスト」「百物語」を読んで「ネオファウスト」を読むと「ネオ・・」は
未完ですが、こんな風に描きたかったのだろうかと、想像できます。
いいところで終わってて寂しいですけど。

3、「ガラスの脳」皆さんが回答されているとおりです。

宝塚に行く機会がありましたら、ぜひ「手塚治虫記念館」に行ってみてください。
火の鳥が迎えてくれますよ。♪(実験映像の「ジャンピング」見てください!!)
    • good
    • 0

1.について



僕は手塚治虫初期傑作選にあった「ファウスト」と「罪と罰」をお勧めします。
特に「罪と罰」はドストエフスキーの小説と大体一緒なのですがやはり,漫画
のほうが読みやすいし面白いです。僕は小説のほうが読めなかったので漫画
のほうを読みました。
    • good
    • 0

こんにちは。


「ミクロイドS」、「海のトリトン」はいかがでしょう。
アニメとはまったく違いますし、その分容赦ない人間への警告が印象的な作品でした。環境破壊、それによる自然の逆襲といったテーマが取り上げられています。秋田書店文庫に入っています。
あと、「ワンダースリー」では、世界戦争を食い止めるためにはどうしたらよいか、という手塚さんの苦悩が感じられました。
    • good
    • 0

 1についてです。


 誰も挙げてないようなので、火の鳥「望郷編」をプッシュしておきます。ただ、かなり「女性」の観点寄りだと思うので、男性の心の琴線には触れにくいのかも…?

 B.J.は、私ももう一度読み返したいなと思っているところで、今は記憶から抜けてるエピソードがたくさんあると思いますので答えません。ただ、やっぱりB.J.のお母さんとか小さい頃の事故についてのエピソードは印象に残っています。
    • good
    • 0

質問2にお答えしたいと思います。


文庫版では分からないのですが、コミックスの第6巻に収められている「ちぢむ!!」をお薦めします。
これはおそらくアフリカを舞台としたもので、体が縮んでしまうという人畜共通病をBJが治療する、という話です。
あらゆる医術を施しても病気を治すことが出来ず、BJは動物たちの生きる本能にヒントを得るのですが、結局感染してしまった恩師を救うことは出来ず、BJは漆黒の夜空に問い掛けるのです。「医者は何のためにあるのだ」、と。
私は天才外科医としてのエピソードよりも、こうした病気に屈してしまい悩み続けるBJのエピソードの方が好きです。
小学4年のときにBJを読み医者になりたい、と思った私ですが、夢は実現しませんでした。(笑)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q手塚治虫の各作品を批評・解説した本は?

手塚治虫の各作品を批評・解説した本(漫画)はありますか?
その時の手塚治虫の心情・エピソードなどが書いてあるものもあれば教えてください。

Aベストアンサー

伊藤剛氏の『テヅカ・イズ・デッド』なんかはどうでしょう。

参考URL:http://takekuma.cocolog-nifty.com/blog/2005/09/post_8459.html

Q手塚 治虫氏の作品に毎回登場する、豚のようなキャラは?

 鉄腕アトム、火の鳥、ブラックジャック、etc…
手塚氏の手がけた作品の多く(全作品ではどうかわかりませんが)で、
豚のような顔につぎはぎがあり、ひょうたんのような形をしたボディの
キャラクターがちょい役でしばしば出てくるのが気になります。

 手塚プロダクションのHP(http://www.tezuka.co.jp/)にアクセスし、
トップを飾るフラッシュを読み込む際にもいきなり上記のキャラクターが現れるのですが、
あの豚の顔をしたキャラクターの正式名称は、公式では一体なんていうのでしょうか?
(正式名称に関する設定がないようでしたら、通称でも構いませんが)

 小さい頃からこのキャラクターの存在がとても気になって仕方ないのですが
何か特別な意味があったりするのでしょうか?

Aベストアンサー

「なにか」というと諸説あるようで・・・
研究ページ見つけちゃいました。

手塚さんの漫画の作り方というのは「スターシステム」といって、
頭の中に「劇団」みたいなものがあって、
ロック(黒サングラスの悪役専門の青年)やヒゲオヤジ、アセチレン・ランプ、ハム・エッグ、スカンクといった「俳優」に作品ごとに「役」を与える・・・といったものだそうです。

ヒョウタンツギもその「団員」の一人(?)ですね。
小説で、ヒョウタンツギが主役を張っているものもあるとか・・・
私も未見ですが、読んでみたいですね。

参考URL:http://www.scn-net.ne.jp/~yato/hyoutan/theory/theory.htm,http://ja.tezuka.co.jp/studio/character/star01.html

Q手塚治虫記念館の展示物について

兵庫県宝塚市にある手塚治虫記念館の展示物についてお聞かせ下さい。

大劇場の近くに手塚治虫記念館がありますよね。昔宝塚好きな友人から、その手塚治虫記念館の中にも、宝塚ゆかりの展示物があると聞いた事があります。

でも、私自身は、行った事がないし、その宝塚ゆかりの品物が展示されているのが、本当に手塚治虫記念館だったのか、ちょっと今となっては自分の記憶に自信がありません。
実は、私の母が、宝塚が大好きで来週何十年か振りに、宝塚観劇に行くのですが、もし宝塚ゆかりの展示物があるのなら、手塚治虫記念館も訪れてみたいと言っています。

手塚治虫記念館に行かれた事のある方、今でも宝塚ゆかりの展示物はありますか?そしてそれはどのような展示物なんでしょうか?(例えば、昔のスターさんの写真とか衣装とか?)

分かる方は是非教えて下さい、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

常設展示に宝塚歌劇に関するコーナーがあります。
宝塚歌劇のファンだった母親の影響で自身もファンになり、漫画家になってからは歌劇団が発行する雑誌「歌劇」や「寶塚グラフ」に挿絵を描いています。「リボンの騎士」は宝塚からの影響の最たる作品です。
使われた衣装などは展示していません。
----------
歌劇のファンの方がご覧になる価値があるかどうか、入場料700円なので微妙です。ただ"迷ったときは実行"することが悔いを残さない良い方法だと思います。

Q手塚 治虫のオススメ。

いつもお世話になります。
手塚 治虫の漫画で、あなたの「オススメ」を、教えてください。

僕は、ブラック・ジャックが好きなんですが、それ以外、あまり読んだ事がないんです。
なんか難しそうなやつとかあるじゃないですか。

なので、「これ、以外に面白い」ってやつを教えていただきたいのです。
※例えると、「火の鳥」なんて、なんか難しそうなイメージがあるんですが…。

どうか、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
  手塚治虫氏は天才です。彼だけは別格という扱いで、わたしのなかではなっています。
 
  まず、『火の鳥』は、傑作で、十ぐらいの長編に分かれていますが、できばえに少し不揃いがあります。「未来編」「ヤマト編」、あと我王という天才彫刻師の出てくる「鳳凰編」でしたか、この三つぐらいは必読です。その他の編も好み次第です。
 
  古いシリーズでは、『鉄腕アトム』があります。これは、今からすると、少し古めかしいですが、古典だと思います。長編でヴァージョンが三つあるはずです。つまり、アトムの最後が三種類あったと思います。太陽に突入して蒸発するという最後と、時間を過去に遡って、自分の誕生の時点まで戻り、話が円環になるというのと、もう一つは何だったでしょうか。
 
  『三つ目が通る』というのも、わたしは非常に好きです。和登さんという女性が非常に格好いいです。これも時代が出ていて古いですが、奇想天外な話が次々に出てきます。「三つ目族伝説」などを、世界の色々な伝承と結びつけて、非常に説得力があります。本当に「三つ目族」はいたのではないかとわたしなどは思ってしまったのですが、最後の巻のなかのインタビューで、「あれはみんな作りごとです」とあっさり言っていたのには驚きました。しかし、「作りごと」ではないと思います。作者がそう言っても、そう思えない、面白い話です。
 
  『ワンダー3』というのもシリーズですが、たいへん面白いです。
  『ジャングル大帝』というのは、ずっと大昔アニメだったので、大長編のような気がしますが、長編は事実ですが、三巻本ほどです。
 
  『アドルフに告げる』も、非常に広範囲な社会的・民族的問題を扱っていて、また非常に面白いです。手塚氏の戦争体験が記されているのだと思います。
 
  別格として、サファイヤ・フォン・シルヴァーランドが主人公の少女コミックの傑作『リボンの騎士』がありますが、これは、男性が読むとどうなのか、分かりません。たいへん感動した話ですが、少女漫画です。
 
  『プライム・ローズ』という長編もあります。非常に興味深いシチュエーションから始まり、意外な展開となる冒険ロマンSF漫画です。
 
  作品がたくさんあり過ぎて、これが、という風に絞れないです。短編で傑作があるのですが、「怪奇サスペンス傑作集」などに入っているかも知れません。
 

 
  手塚治虫氏は天才です。彼だけは別格という扱いで、わたしのなかではなっています。
 
  まず、『火の鳥』は、傑作で、十ぐらいの長編に分かれていますが、できばえに少し不揃いがあります。「未来編」「ヤマト編」、あと我王という天才彫刻師の出てくる「鳳凰編」でしたか、この三つぐらいは必読です。その他の編も好み次第です。
 
  古いシリーズでは、『鉄腕アトム』があります。これは、今からすると、少し古めかしいですが、古典だと思います。長編でヴァージョンが三つあるはずです。つ...続きを読む

Q手塚治虫が生み出した技法

手塚治虫が生み出した技法

今の漫画には当たり前の「効果音」は手塚治虫が作ったと聞きました。
さらに、漫画の技法のほとんどが彼によって作られたとも聞きました。たとえば、どんな技法をうみだしたんですか?
知っている方、よろしく願いします。

Aベストアンサー

変則的なコマ割りや見開きページ、コマ割りをまたいだり突き抜けたりする描写方法もあの方が発明されたものと聞いたことがあります。

Q手塚治虫先生の作品で犬をテーマにした作品を教えて下さい

手塚治虫先生の犬と人間の心温まる交流を描いた作品を探しています。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私には具体的にどの話と絞ることが出来ないのですが、

「手塚治虫アンソロジー犬傑作集」という本があります。手塚治虫氏が今まで描いたマンガの中で犬が出てくるお話だけを新しく集めなおした本です。参考にどうですか?

参考URL:http://ja-f.tezuka.co.jp/manga/backlist/te37/te37_00101.html

Q「アンドリュー」って手塚治虫さんの作風に似てません?

 ロビン・ウィリアムス主演の映画「アンドリュウ-」を見て思ったんですが、ストーリーが手塚治虫さんの作品にタッチが非常に似ているような気がして仕方ありません。
手塚さんの今までの作品の中に出てくる思想や方向性が「アンドリュー」と通じる所が非常に多く、特に鼻の形がいびつな科学者が出てくるところなどはそのものではないかと思わせる所も有ります。「アンドリュー」のクレジットに手塚治虫さんの名前は有りませんが、「アンドリュー」の原作者、脚本家の中に手塚治虫さんの作品を見たことが有る。或いは、何らかの形で関係してるのではないかと考えたのですが、単に思い過ごしなのでしょうか?

事情をご存知の方、或いは映画の感想なんかでも結構ですのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

手塚治虫のロボットのイメージは著名なSF作家「アイザック・アジモフ」から強く影響を受けています。
有名な「ロボット三原則」の生みの親でもあります。
「アンドリュー」もアジモフ作品のテーマであるロボットと人間との共存を
テーマに作られていると思います。
だから作品テーマ的には「手塚治虫作品」も「アンドリュー」もアジモフが原点ということで
似ている部分があるわけです。
デザイン的には、僕はそう感じませんでした。
(ライオンキングとジャングル大帝には意図的なものを感じたけれど。)
ただ、手塚治虫作品は海外でも有名で一般的に誰でも知っていると言うくらい海外でもメジャーな作品です。
鼻が・・というのはやっぱりお茶の水博士へのイマージュなのかも。

Qブラックジャックの手塚治虫文庫全集が今月から刊行されていますが、単行本

ブラックジャックの手塚治虫文庫全集が今月から刊行されていますが、単行本や秋田文庫の文庫版に入っていた話や今まで未収録だった話も含めて全話収録されるのでしょうか?

Aベストアンサー

これまで収録されなかった話が入る可能性はありますが、「全話」収録は無いでしょう。
なぜなら、表現上の問題でこれまで収録されない話があるためです。何も問題がなければ、手塚治虫の代表作の完全版がこれまで出されない訳がないでしょう。
ウキペディアの「単行本」の項目をご覧ください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%83%E3%82%AF#.E5.8D.98.E8.A1.8C.E6.9C.AC

Q手塚治虫は正義ですか?

手塚治虫は正義ですか?

Aベストアンサー

手塚治虫は共産主義者です。マルクス主義史観に凝り固まっていました。

鉄腕アトムを始めとする漫画で、日本漫画界の第一人者であったわけですが、赤旗にも作品を提供しています。私は子供の頃、エジプトのピラミッドが奴隷たちによって建設されている手塚治虫の漫画を見ました。彼にしたらエジプトにもマルクス史観に言う「奴隷制時代」が不可欠だったのでしょう。そんなことをいう日教組偏向教員はざらにいました。今ではピラミッドが奴隷ではなく、ちゃんとした職人によって建設されたことは定説になっています。

手塚治虫が共産主義者であったとは、ほんとうに怖いことです。私も危うく洗脳されることでした。手塚治虫が正義などとは到底思えません。

Q手塚治虫でゲイが主人公の作品

手塚治虫の漫画で、
ゲイの男性が主人公の漫画があると聞きました。
読みきりか連載物かは不明です。
ぜひ読んでみたいと思います。
作品名や、収録されている本のタイトルをご存知の方
いらっしゃいましたら、回答お願い致します。

Aベストアンサー

この作品でしょうか?
『MW(ムウ)』
出版社: 小学館 (1995/02)
ISBN-10: 4091920047
ISBN-13: 978-4091920041
発売日: 1995/02
http://www.amazon.co.jp/MW-%E3%83%A0%E3%82%A6-%E5%B0%8F%E5%AD%A6%E9%A4%A8%E6%96%87%E5%BA%AB-%E6%89%8B%E5%A1%9A-%E6%B2%BB%E8%99%AB/dp/4091920047


人気Q&Aランキング

おすすめ情報