出産前後の痔にはご注意!

よろしくお願いします。教えてくさい。

日本の対外資産と対外負債は米国に比べるとわずかで、なぜ積極的に海外に直接投資して挑戦しないのかが以前より気になっていたのと、対外負債の額をみても、海外からの直接投資が日本の場合は少なすぎる傾向にあるので、外国の企業がもっと気軽に日本に入ってくるようにできないのでしょうか?

経団連などをみても、ガラパゴス化だと批判をうけてますが、実際これらのことができない理由は何が原因なんでしょう? 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

ちょっと気になったので回答してみます。



確かに質問者さまのご指摘通り、日本の対外資産・対外負債は他国と比べて、
相対的に少ないのは事実です。

※勘違いしている人向きに書いておきますと、例えて言うならば日本は3000万円
の資産に対して1500万円の負債がある国。イギリスなどは1億円の資産に対し、
1億円の負債を抱えている国だということです。資産と負債の差額は日本が一番
ですが、資産だけで見たりすれば、日本は最高額ではないということですね。


次に、対外資産・対外負債が大きいことは何を意味するのかについてですが、
ほかの方の補足で紹介されているデータではいまいちよくわからないので、
同じサイトの他の記事で見てみましょう。

●日本の対外債務は? 世界の対外債務国ワースト20をグラフ化してみる(追補編)
http://www.garbagenews.net/archives/1197716.html

さて、このランキングで上位に位置する国々の共通点はなんでしょうか?


答え:「金融立国」であること


なんですね。(ちなみに、ルクセンブルクとかアイスランドとかはもっとひどい
数値だった記憶があります。この2カ国も金融立国。)

単純に言ってしまえば、上位に位置する欧州の金融立国はお金をアメリカやドイツ
などから低金利で大量に借りて、それをリターンが大きい新興国に投資している
のです。
悪く言えば、お金を右から左に流して儲けを出している国々ということですが。


ちなみに、日本は対外資産・対外負債とも相対的に少ないですが、そのこと自体は
悪いことばかりではありません。
リーマン・ショックのとき日本の銀行に影響が少なかったのは、対外資産が少なか
ったことそのものなんですよね。まあ、そのぶん銀行の利益も低く、「日本の銀行
は利益が少ない!もっとアメリカやヨーロッパの銀行を見習え!!」な~んて
リーマン・ショック以前は主張していた(似非)評論家もいましたがね。。


最後に質問の直接的な回答をしておきます。

>経団連などをみても、ガラパゴス化だと批判をうけてますが、実際これらのこと
ができない理由は何が原因なんでしょう? 

私個人的な意見ですが、外国への投資が大きい国はそれなりのツテを持っている国が
大きいと思うんですよね。例えば、南米でしたら旧植民地であったスペイン・ポルト
ガルが影響が大きいですしね。。
日本は今までそういう繋がりが少なかったゆえ、なかなか対外投資・対内投資を
増やせなかったのでしょう。
あともう一ついえば、日本は内需中心の輸出指向型国家ゆえ工業などに優秀な人材
が流れやすく、金融業界を希望する人材がいなかったのかもしれません。

ただ、このまま今まで通りというわけでもなく、地道に投資などで実績をあげていく、
つまりツテを増やすことで、これからは対外投資は少しづつ増えるのではないでしょ
うかね。
時勢を見ても、欧州の金融機関がコケてるので、今まで欧州が握っていた優良資産を
買うチャンスでしょうね。


まあ、これらの意見は所詮素人の戯言なので否定されたらそれまでなのですが(笑)

代わりにそれなりのバックがある人のご意見が書かれているページを紹介して終わり
ます。
●日本の対外資産・負債の少なさから期待できること
http://www.dir.co.jp/publicity/column/111207.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。対外純資産の額が、日本の場合は、おおいけど、アメリカなどでは額が膨大で、そのと比較するのもどうかなぁ~と思ってました。私も気になっていました。債務国ワースト20の情報はとても参考になりました。新しい発見です。
最後に、このように長い文で解説していただいたことに感謝します。

お礼日時:2012/06/02 13:55

「日本の常識は世界の非常識」


「イランの常識はイギリスでも常識」
「イギリスの常識は中国でも常識」
「中国の常識はフランスでも常識」
「フランスの常識はブラジルでも常識」
「ブラジルの常識はアメリカでも常識」
「日本の常識は世界の非常識」

グローバルスタンダード
日本はガラパゴス
このままだと日本は世界の孤児になる
などなど

こういったことを信じ込んでる日本人はかなりいて、要するに日本人はお人好しが多いということだ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2012/06/02 13:55

ぜんぜんそんなことないです。

日本には日夜海外企業が入ってきては潰れてもいます。

ただ海外企業にとっても非常に困難なのは日本がデフレにあるということです。そのためインフレ経済下で強かった企業などが日本市場を開拓しに強気で入って来ても、デフレ環境ということが理解できずに、まるで見えない猛毒を吸い込んでいながらそれに気が付かず倒れるが如く、多くの企業が撤退をしていたりもします。ただ再参入というのもまた珍しくありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。 やはり、デフレも影響があるのですね。

お礼日時:2012/05/31 22:54

どの資料を見て書かれていますか?


2011年末で日本の対外資産は602兆円、負債は352兆円で差し引き250兆円の対外純資産を持っています。
これは世界一。
バブルがはじけた後も日本は営々と対外投資を続けています。
外国の企業がなかなか参入できないのは、日本の競合先の品質の高さときめの細かいサービスのため、太刀打ちできないから、あるいは中国のような労働集約型産業は存在しないからです。
中国やアジアでで百店舗以上も展開して成功しているフランス系スーパーのカルフールが日本では惨敗して撤退したことは記憶に新しいと思います。
ガラパゴスで結構なのでは?
対外負債も結構大きいですが、これは外国人が安全な日本国債を買っていることも寄与しています。

この回答への補足

この資料なんですけど↓↓ サイトの中間ぐらいに、各国の対外資産と対外負債がのデータがありますが…
http://www.garbagenews.net/archives/1199207.html

比べると、アメリカはダントツに対外資産・負債の金額が違うので、日本は確かに、差額を基準にすると、対外資産が世界一だといわれてますが、アメリカとや他の国に比べたら、額が少なすぎる中での差額なので、実際は、どうかなぁ~といったところです。

補足日時:2012/05/31 13:27
    • good
    • 0

素人ですが、日本の国債が自国ないでしょうかんできているから、世界的に信認があつく、、エンガ80円なのでは、日本の国債を外国に売り渡せば、いつアメリカで起きた、あの、巨大銀行だっけ、、あれと同じことが起こっても、ということだと思います、でも、もうすでに、日本の巨大企業の資本にはかなり外資系が入っているという話です。

外国企業が気軽に入ってこないから、今の日本が保っているのでは、いずれ、tppなどで、日本も変わるだろうとは思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング