私の兄は神経病です
もう11年、病院に通っています。でも今だ改善されず、もう30歳になるのに働いていません。

兄が大学受験失敗からひどくなってきて、19歳の時に母が神経科に連れて行きました。そこで神経過敏症っていわれました。現在もその病院に通っています。

始めのうちはバイトをしたりしていましたがバイトも半年ほどでやめてしまい、家にいる生活が始まりました。

神経病になったら家に引きこもりがちになるっていうらしいですが、兄はすぐにしんどくなったりヤル気というのは確かにありませんが、週2、3回スポーツジムに行ったり、最近はパソコン教室に母につれたれて行ったりしています。独り言やおかしな行動は今でもあります。

入院して徹底的に治したら?って思ったのですが、兄は入院するほどでもなく、またデイケアにも何度か行ってみたのですが、兄は、デイケアに来てる人達と話そうとしないのです。「俺はこの人達と一緒ではない!」っというのが理由です。
そしてデイケアにも行かなくなりました。ムリをさせてはいけないっと言われたので。

母も歳をとってきて、この生活に疲れてきています。父はまったくノータッチです。でも兄と父は仲が悪い訳ではありません。

近所には兄のことは秘密、親戚にも秘密…。
秘密にするのは両親と兄のプライドからだと思います。

私は親戚ぐらいには話したほうがって思うのですが兄自身が嫌がるので黙っています。

20代という1番輝かしい時を兄は何もしないですごしてしまいました。
せめて30代は思い出のある時間を過ごしてもらいたいです。

完治とまではいかなくても、兄がもっと外へ出てやる気を出してもらえるようになれるにはどうしたらいいのでしょうか?

もう、どうしていいか分かりません…。
同じような家族をお持ちの方。神経病に博識の方。良いアドバイスをお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

妹がうつ病らしく、病院(精神科)にかかりました。

カウンセリングのようなことはほとんどなく、妹が最近の状況を少し話すと「薬を増やしましょう」と言われるだけだったそうです。あっという間に薬が増えて、なんだか怖くなって、薬を飲むのも病院に行くのも止めました。今は、完治したのかは分かりませんが、友達のおかげで随分状態は良くなってきているようです。妹の場合は、比較的軽い状態だったのかもしれません。ただ、「病院に行って逆に悪くなっていったような気がする」と行ってたので、病院に行くのをやめたのは良かったのだと思います。
他の方も書かれていますが、一度病院を代わられるのも良いと思います。先日、私も妹のことでここで質問させて頂いたのですが、その時に「精神科」よりも「心療内科」の方が良いとアドバイスをもらいました。
少しでもお兄さんが良い方向に向かわれると良いですね。頑張って下さい。
    • good
    • 0

神経過敏症という診断は神経科・精神科でうつ、またはそれ以外の病気かもしれないけれど、すぐには判断できないので一応そう診て診断・診療を進めていくためのものだと思いますね。

11年と言うことですが30~40年に及ぶ人もそう珍しくありません。大体11年経過した今でも「神経過敏症」という診断なのでしょうか?。うつとかどうとか専門家が診て診断しませんと必ずと言っていいほど誤診します。引きこもるからうつだとは言えません。うつといいましても内因性か神経性かその他の原因があるのかでも違ってきます。うつ病であったとして、悪い時期といい時期が交互にやってくることで、しっかり治療がなされませんと慢性化します。こうなりますとなかなかすぐには改善しません。このような病気と言うのは傍目で見てるよりかなり苦しく大変なものなのですよ。家族に理解されないとなると悪化しても改善はしません。
秘密云々はあなたが勝手にどうこう批判してもはじまりません。別に風潮しなくてもいいことですね。
☆第一に、主治医の判断はどうなのか?。
☆服用してる薬があればどんな薬なのか?。
このぐらいは書いてもらいませんとお兄さんがどういう状況なのか判断できません。あなたのご感想だけでどうです、こうですとは一切言えないです。診断し治療する方もかなり大変な思いをしているものです。
「社会不適合者」という表現はおやめになってくださいね。それからやれ結婚させろ、あれをさせろ、これをさせろということでは何も解決しません。押し付けては何も解決しません。秘密にすることが「プライドから」というのも極端な意見ですね。ご本人の心情と言うのも考えてあげてください。
それから管轄の保健所で相談なさってみてください。精神衛生担当の保健婦さんがいます。
いいですか。病気だから、いや怠けてるかもしれないとか勝手に決め付けて解決したためしがありません。ご苦労はご察しいたしますが、先へ進むことを考えて、お兄さんにどうして欲しいとか、20代に何もしなかったとか、30になるのに働いていない、とか以前に、現在何がどうなっているのか把握できるよう行動してみてください。何かお兄さんを理解するどころか排除しようとしているようにしか感じ取れないんですよ。お互いがどうすれば前進して建設的になれるのか、今からでも遅くありません。諦めないで行動してみてください。うつ病か神経過敏症かそれ以外の病気かは、実際診察しませんとわかりません。ご家族には「共に歩く」という姿勢を持っていただきたい、というのが専門家としての希望です。そこから始まるんです。
    • good
    • 1

 ボクもお兄さんと同様に神経症と診断されている者です。

病名は鬱と不安症ですが、お兄さんと同じくすぐにしんどくなったりやる気が出なくなったりします。
 ここから先は酷いことを書いているかもしれません。コレはボクが病気だからではなく、ボク本人の思想から来ています。もし気に入らなければ、読み飛ばして下さい。

 で、まずお聞きしたいのですが、お兄さんに対してどのような期待をしていらっしゃるのですか? またどのようになって欲しいのですか?
 文章を読んでいると、お兄さんが働いていない事や、お兄さんの状態を治すこととかを書かれてらっしゃいますが、どうもお兄さん自身に現状を変えようという気が見えてきません。
 あと、ボクが(同じような病的気質のヒトとして)気になるのは、「もう30歳になるのに働いていません」とか「神経病になったら家に引きこもりがちになるっていうらしい」とか「入院して徹底的に治したら?」などです。何を基準として正常と異常を区別しているんですか? また30歳になったら必ず働いていなければならず、働いていないヒトは正常ではないともとれますよね? それに「いうらしい」と噂を鵜呑みにしている雰囲気があります。
 そして「20代という1番輝かしい時を兄は何もしないですごしてしまいました。せめて30代は思い出のある時間を過ごしてもらいたいです」と言っていますが、それはお兄さんからそう聞いたのですか? それとも貴女がそう思っているだけじゃないんですか?

 ボクは、お兄さんが貴女に「秘密にしろ」と言ったことが分かるような気もします。だって、「世間の常識」とやらに凝り固まったような感じのヒトに自分が病気であることを風潮されたくはないでしょう。方向性が違う解釈をされる可能性が高くなりますから。
 仕事は義務だと法律では書いてあります。ですが、本当は義務でも何でもないんです。しなければ生きていられないだけです。何もしなかったのは本人の意思かもしれません。それを病気だからと放っておいたのは、家族であるあなた方です(放って置いた訳じゃないのは分かっていますが…)。

 と、ここまではお兄さんを擁護してみました。あまりにも常識に捕らわれすぎている 7348 さんに、同じ病状で同じようなことを毎日言われているボクの心情を書きました。
 ですが、さすがに11年は長すぎます。そして家族に対して、負担がかかりすぎてます。コレは何とかしなければ行けませんよね。

 精神病もしくは神経病というのは、傍目から見て異常でも本人が自覚しなければ病気として成立しないのです(逆に自分が正常と思っても、周りが異常と思えばそれも病気となります)。
 最初の診断が「神経過敏症」という事ですが、もしかすると違うのかもしれません。「神経過敏症」は「神経系統が不安定な状態」という事ですから、鬱だって不安症だって、カテゴリ的には範疇にはいるはずです。ですから「神経過敏症」を治そうと努力しても、もし間違った診断(曖昧な診断)であれば意味がありません。
 すぐにしんどくなったりヤル気がなかったりするのは、典型的な鬱の症状のようです(医師じゃないので、断定しちゃいけませんが…)。そもそも、こういった病状に関する明確な規定は何一つありません。判断はそれぞれの医師が下しているのが現状です。
 他のご意見にもありましたが、まずは病院を変えてみてはいかがでしょうか?
 あとはお兄さんとコミュニケーションをもっと取ってみて下さい。初めから「神経過敏症」だと決めつけない、「お兄さんは他人とは違って異常だ」と決めつけない。お兄さんにはお兄さんの世界があるんです。貴女には貴女の世界があるように。貴女だって、「お前は異常だ」と影で言われたらイヤでしょう? それと同じです。分かり合わなければ、状況は改善しません。そして分かり合おうとするためには、とんでもない苦労が必要です。

 また、こういう問題は家族だけでは解決できないものです。医師とか相談できる第三者が必要です。ちなみに、ボクは初期の頃から通院し、適切と思われる処方をしてもらっています(本当に効くかは、相性の問題から飲んでみないと分からないんですが(^^;)。
 精神病・神経病については、今までの常識を捨てて下さい。ヒトの顔が違うように、心や思想、好き嫌いは違って当たり前なんです。もしかするとお兄さんは、ただ怠け者なだけかもしれません。もしくは「心身症」かもしれない。「注意欠陥障害」からくる鬱かもしれない。
 本当の事はまだ闇の中ですし、それを探し出すために10年かかるかもしれない。でも、今の状況は家族に負担を強いているのは確かです。その状況は打破しなければならないはずです。このまま行けば、共倒れになる気がしますからね。

 鬱とか不安症は傍目から見れば「社会不適合者」です。ですが、それは物事の側面にすぎません。お兄さんが本当はどうしたいのかは、質問からはまるで見えてきません。それはとりもなおさず貴女が知らないからではないでしょうか?
 またボクの話なんですが、ボクはこの病気(鬱&不安症)で会社に行けなくなり給与もストップして、実家へと戻りました。実家には持病で足を切った父親(無職)と月収の少ない母親が3Kの借家に住んでいます。
 そこへボクが戻ると言ったとき怒鳴り合いの喧嘩になりました。でも、それをやったお陰で相手が自分をどう思っているか、自分が相手をどう思っているかなどが良く理解できました。引っ越した現在でも、時々怒鳴り合いの喧嘩をします。そうやってコミュニケーションしているわけです。
 貴女はお兄さんや家族と怒鳴り合いの喧嘩をしましたか? そこまでしなくとも、腹を割ってお兄さんや家族と話し合いましたか? どうもそういう部分が見えてこないんです。ただ悩んでいるだけのような気がして…。

 いろいろと酷いことを書いた気がしますね、本当に申し訳ありませんでした。ですが、鬱や不安症といった神経症・精神病のヒトビトは、病状が目に見えないだけに影でイロイロと言われていることを知っていますし、その声に嫌気がさしています。そして社会から奇異の目で見られていることも知っています。
 だから隠したがるのは無理もありません。でも、だからこそ家族だけは味方になってやれないでしょうか? 病気を治すのではなく、病気とつき合っていくのです。そうして行くうちに状況は改善されるかもしれません。
 そして専門家で信頼できる医師とともに、どうやって生活していくかを検討するのです。もし、医師が信頼できなければ、別の医師に診てもらうのもいいかもしれません。でも最後に決めるのは、お兄さんとその家族の方です。このまま行くのか? 鬱状態から仕事が出来る状態まで治療するのか? それとも…。
 まずは話し合いです。まずはそこから始めてみてはどうでしょうか?

 ながながと不快になりそうなことを書いてしまいましたが、もしこんな文章でお役に立つようでしたら、参考にして下さい。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Oak/6399/de …
    • good
    • 0

私は大学受験生です。

私も19歳で、今年受験に失敗しました。私は医学部を目指し自らの経験を生かし、できたら、精神科を希望しています。私も、受験が終わって(落ちた後に)心療内科の方へ通いました。私も、神経質でそれが過剰になって受験勉強に支障をきたすようになってきたからです。でも、一回きりしか通わなかったですし、現在こうして普通に日常を過ごしています。誰だってみんな少しは神経質だということを、知ったからです。例えば私は、保健所の精神のケアをしてくれるところに電話しました。すると、電話に答えてくれた精神科の先生も神経質だということを知りました。その先生は、電車でつり革にはつかまらないそうです。普通の人なら何気なく、つかまりますよね。神経質な私でも、つかまります。つまり、みんな、誰だって神経質で、自分ひとりじゃないんだ!と思うことです。また、私の場合は(私があきらめずに受験している理由)自分に自信を持っているからです。自分はこんなとこで終わる人間じゃねえ!と思っています。そして、神経質じゃなかった頃(小中高)を思い出して今と何が違うかを考えることです。何も違くありません。一緒です!とりあえず、一番大事なのは自分に自信を持つことと、生きる喜びを日常生活にみいだすことです。
    • good
    • 0

「永遠の仔」というテレビドラマを知っていますか?精神病院の中に学校があって、施設みたいな所が登場してきました。

そこにはいっている子供は、本当は本人は精神病患者ではなく、親が性的虐待とかをしていたのです。精神病院ってカウンセリングをして心の病気を治すようにしていく。とおもいがちじゃないですか。でも実際にカウンセリングはしておらず、医師の判断で薬が出されるだけ。医師によってもだいぶ判断が違うらしいですよ。だから医師の判断だけをたよってお兄さんに対することを決めるのはどうかと思うのです。20代の一番いいときを楽しく過せないなんて。お兄さんは独り言を言ったり、内にこもったりというだけのものならば、それは本当に神経病なのでしょうか?周りの人もうまく持っていってあげるように努力をしてあげたら。お兄さんがその程度なら、結婚させてみては?心の支えになってくれる人がいれば生活もかわるはずです。お兄さんのような人は世間にはいっぱいいますよ。それを病気ととるかどうかで、病気ととっているから家族も苦しいんだと思います。お見合いでもさせてみたら?だらしがないから病気だと思うのは変。医者がどう言おうと医者も一人の人間でしょ。私は人間が人間のことを決める。というのはどうかとおもう。憲法で言う基本的人権の尊重に反しているのでは?内容である社会的立場。医者はえらいけど、医者の中にだって殴りぐせのある人やストーカーをしたりする人がいるんだから。医者の考えはあくまで参考にしておいて、おにいさんをあまり変に見ずに、自然に接していれば?その上でだめなら、もしかしたら家族と合わないだけかもしれないし。お兄さんの病気のことはお兄さんの為を思うなら人には言わないほうがいいと思う。お兄さんがにくくてつぶそうと思うならゆうだろうけど。お兄さんに未来を見せてあげて。
    • good
    • 0

お兄さまのこと、大変だと思います。


現在通院されているとのことですから、お兄さまを担当
されているお医者様に相談するのが一番いいのでは、と
思います。神経過敏症といっても千差万別かと思います
ので、今までの経緯をご存知のお医者様から医学的見地
からお兄さまへの対処方法を伺ってみてはいかがでしょ
うか。その時には、7348さんだけでなくお父様とお母様
も一緒に伺う方がいいと思います。
    • good
    • 0

直接的な回答ではありませんが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「精神病」
このページで「原因と危険因子」「治療」と関連リンク先を参照してください。

さらに
http://userhp.nirai.ne.jp/gibson/0kenkou.htm
(人体を科学:神経症)
http://www.elife.co.jp/community/fi_ico/lecture/ …
(ビタミン サプリメントを考える - 一覧表)

ご参考まで。 

お大事に。
    • good
    • 0

神経病というよりも、うつ病のように思われます。


神経科の先生の説明はどの様な話なのでしょうか。

一度、転院されたらどうでしょうか。
良い先生と良い薬に出会うと、快方に向かうものです。

うつ病の「著名な病院リスト」が下記のURLに有りますから、参考にしてください。
ページを開いたら、86番 87番を選択してください。
http://www.nikkansports.com/news2/health/10/he10 …

もう一つ、下記のページの「おすすめ・耳より病院診療所サーチ」でも、地域を選び診療科目を精神科として検索してください。
http://www.10man-doc.co.jp/topics/cmnd.html

なお、うつ病の場合は、励ましの言葉はかけないでください。
うつ病については参考URLをごらんください。
お大事に。



   

参考URL:http://ww1.enjoy.ne.jp/~mh-hiroshima/7.4.htm
    • good
    • 0

本人だけでなく、あなたも含めたご家族の方も苦労をされていると思います。

私は専門ではありませんので参考までに捉えて下さい。

あなたのお兄さんと実際に逢ったわけではありませんので症状がどの程度かはあなたの文面から想像するしかないわけですが、施設の人と話そうとしない、というのは理解できますが、お兄さんに友人などはいないのでしょうか。メル友でもいいですから、家族以外で話をする相手がいるというのはとても大切なことです。
それから、家族と暮らしている以上は金銭面で苦労がありません。一人暮らしをすることで苦楽が全て自分の責任であるということを自覚することが出来、本人の為になると思いますがどうでしょうか。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング