【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

1889年に行われた選挙で、直接国税15円以上の納付者が選挙権があるとされていますが、当時の一円とは、現在ではどのくらいの価値があるのでしょうか。

A 回答 (1件)

地租です。



登記所で、土地台帳を閲覧すると
当時の地価と地租が、書かれています。

その土地が、現在いくらなのか
調べるとわかります。

自宅の土地台帳を取り寄せてみてください。
 閲覧・謄本は、無料です。返送切手は必要です。

価値については、いろいろありますので、
なんともいえません。

1円は、金地金750ミリグラムでした。
当時は、金貨でしたので。

バーの値段を割れば、出ますよ。
 今日のバー価格は、知りません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q明治5年の1円の価値はどのくらい

明治5年の文章に、泥棒が旅籠で二人の商人からお金2千百円を盗んだという話が載っていました。
当時の1円はどれくらいの価値があったのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://q.hatena.ne.jp/1156484521
http://okwave.jp/qa/q5360541.html

色々と参考に成ると思いますが。

>明治7年(1874年)の「巡査の初任給は4円」

で考えれば。
★この頃の「1円」は、現在の「4~5万円」くらい。

ですから「二千百円」と成れば、現在の『8千万~1億円』くらいの価値が有ったかも知れませんね。

Q1890年代の15円とは、今で言ったらどのくらい?

 こんにちは。

 訳あって、田中正造さんについて調べています。
 調べていくと、「衆議院議員になるためには当時の15円の税金をはらっていなければならない」と聞きました。
 今では15円というと、すごい安いイメージですが、当時では、どのくらいの価値(現在でいくらくらい)だったのでしょうか?
 あと、知ってればでいいんですが、税金は、年単位で支払っていたのか、月単位で支払っていたのかも教えてくれたらうれしいです!

Aベストアンサー

単純に物価で比較した場合は、20万円程度です。
これだけだと大したことはないように見えます。
しかし、1890年頃の政府予算は約1億円でした。
今の予算規模90兆円の90万分の1ですので、
現代の感覚にすれば、年間15円以上の納税者とは、
年間1300万円以上の税を納めている人に該当すると思います。

田中正造自身はそれほど裕福な家庭の出身ではありませんが、
土地投機によって現在の価値で数億円もの利益を得て、
それを元手に政治活動したと聞きます。


人気Q&Aランキング