ファンデーションで隠すような方法ではなく、顔の赤みを少しでも直す方法を知りたいです。例えば、おふろ上りに冷水をバシャバシャと顔にかけることや、顔のマッサージなどは、効果がありますか?それとも逆効果ですか?何かよい方法を知っている方がいましたら、教えてください。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

実際に見ることができないので、ayu-ayu-ayさんの赤みが


(1)血行の良さによる「林檎のほっぺ」的なもの 
(2)にきび・にきび跡等の軽い炎症による赤み 
のどちらなのかは判断できませんが、(2)のただの炎症だとしたら、皮膚科ですぐに治せますよ。私も赤ら顔が気になって皮膚科へ通った事があるのですが、飲み薬+硫黄系の塗り薬の治療を1ヶ月弱続けたら、きれいに治りました。保険が使えたので、費用は総額で1万円いかなかったと思います。

ただ、(1)のように血色の良さに起因しているとなると…おっしゃるとおり冷水などしか対応策がないかもしれませんね。
直接的な答えになってなくて、すみません・・・。
    • good
    • 0

アロマセラピーに興味があっていろんな本を読んでいたら「赤ら顔にヘリクリサムというエッセンシャルオイルが効果がある」と書いてあったのを思い出しました。

「アロマテラピー32の基本ガイド」(草隆社)です。該当か所を引用しますね。
・・・・赤ら顔、静脈瘤、酒き性挫創(毛細血管が拡張して、にきびのような丘疹、面疱、膿ほうが生じた状態)に有効です。
フェイスクリーム50グラムに対し、ヘリクリサム4滴を入れて使用します。フェイスクリームはお手持ちのもので結構でです。・・・・
これだけですが。アロマ関連のサイトは沢山ありますが、このヘリクリサムを扱っているところ、めったにありません。わたしが買っているところにはなかったのですが、ようやく見つけました。こちらのサイトは本格的でいろんなコンテンツもあるようです。直接こちらにメールで相談されてもいいかもしれませんね。

参考URL:http://www.nwj.com/neotown/bella/air/index.htm
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qおふろに入る前と入った後で顔が違う

おふろに入る前と入った後で顔が違うのですが、なぜでしょうか?お願いします!

Aベストアンサー

化粧が落ちたからでは?血が顔に昇ってるとか。

Q顔の赤み

前からにきび、にきび跡に悩んできましたが、最近になって顔に赤みが出てきました。エステでフォトフェイシャルを受けたり、化粧水をつけたり対策はしていますが、いっこうに効果は出ません。かなり悩んでいます。ちなみに、20歳男子大学生です。なにかいい対策があれば教えて欲しいです.

Aベストアンサー

私は女なのであまり参考にならないかもしれませんが・・・・・・。
私もにきびができたり肌が赤かったりするので参考にしていただけたら幸いです。
 (1)ジャンクフードをよく食べてませんか?マックとかファーストフードばかり食べていると油などの大量接収の影響とかで肌が荒れやすくなります。外食やお菓子とかも影響大きいと思います。
 (2)汗ちゃんとかいてますか?新陳代謝がうまく行われないと体の中に悪いものがたまりやすくなるのでにきびにも影響が!水分をよくとるといいですよ。炭酸などではなく、御茶やミネラルウォーターがいいそうです。
 (3)顔を気になって触ってしまっていませんか?にきびを触ると手や指ににきびの菌がついて、ほかの部分にその手で触るとその菌が移ってしまってにきびちゃんをかおに増殖させる原因になります。顔を触るときは手が清潔な常態か汗をかいたらタオルでやさしく抑えるようにふくとか・・・・・・
 (4)身の回りのものは清潔ですか?枕のカバーをずっと変えていないとか、顔を拭くタオルをめったに取り替えないとか。顔に触れる布製品はいつも清潔にしておくといいと思います。まきうらかばーを毎回帰るのは面倒なのでバスタオルより小さい長方形タオルを引いて毎日取り変えられるとりそうですよ!!

 結構日常生活リズムを見直すとおさまってきたりしますよ!それでもやっぱり気になるなら一度皮膚科に行くことをオススメします。薬を塗れば確実によくなったりしますし。でもねんれいてきにはにきびとか出ると思うので・・・抑えようとせずに今のうちに悪いものを出しちゃえくらいの気分でいいと思います!!
  私は上記のことを気にして実行してみて結構よくなりましたよ!時々お菓子食べちゃってにきびちゃんできますけど・・・汗

私は女なのであまり参考にならないかもしれませんが・・・・・・。
私もにきびができたり肌が赤かったりするので参考にしていただけたら幸いです。
 (1)ジャンクフードをよく食べてませんか?マックとかファーストフードばかり食べていると油などの大量接収の影響とかで肌が荒れやすくなります。外食やお菓子とかも影響大きいと思います。
 (2)汗ちゃんとかいてますか?新陳代謝がうまく行われないと体の中に悪いものがたまりやすくなるのでにきびにも影響が!水分をよくとるといいですよ。炭酸などではなく...続きを読む

Q顔の赤み

私はちょっとあつかったり寒かったりしたら顔がりんご病みたいに赤くなります。
普通の時や朝は白いときが多いんですが、すぐ赤っぽくなります。
ファンデーションを塗って白くなっても赤くなります。
どうしたらいいですか?

Aベストアンサー

私もよく赤くなります。
なので、ファンデーションの前にグリーン系のコントロールカラーを
よく使用しています。
もう既に使っていたらごめんなさい。
頬の赤い部分にトントンとなじませてからファンデ塗ります。
私はこれで割と赤みを抑えられるのですが・・・

あとは、乾燥していると余計に赤ら顔になる気がしますので
保湿をしっかりすることも大事だと思います。

Q顔の赤みとアトピー

僕は今高校一年生の男なのですが、小さいときからアトピーに悩んでます。
今の症状は前と違い、掻きむしって血が出るようなことは殆どなくなったのですが、肌の乾燥はしているといった感じです。乾燥は保湿用ジェルで十分カバーできていると思います。
けれど、顔の赤みが収まっておらずとても悩んでいます。そこである人は成長が止まって大人の体になると赤みは消える、と言っていたのですが、それは本当なのでしょうか?
あと何かアトピーの赤み対策なるものがあったら教えてください。

Aベストアンサー

私も幼少期から1年前まで、顔、手、首、など全身にアトピーがあり顔は赤みを帯びた状態でした。
現在は、顔には殆ど赤みの症状はでず、アトピーも首すじのみです。
成長が止まって大人の体になると赤みは消えるということかどうかはわかりませんが、私はなぜか3ヶ月前から首以外の部分がアトピーにならず、引っかいたとしても、かさぶたのような傷になるという現象が起こっています。
私が、顔の赤みが徐々に直ったはきっかけは、洗顔石鹸、化粧水、乳液、保湿クリームなどをすべて、アトピー、敏感肌用のものに切り替え色々試したことです。私が使ってみて特に良かったスキンケア商品は、Hand-clapという化粧品メーカーのものです。
少し値段ははりますが、洗顔料・化粧水・UVカットベース・オールマイティオイルの無料サンプルもインターネットから申し込めるので、よかったら試してみてください。

参考URL:http://www.hand-clap.com/

Qアトピーと顔の赤み

初めまして。
21歳の男なのですが、アトピーのことで悩んでいます。
子供の頃軽いアトピーでほぼ治っていたのですが、今年の春ごろから急に顔にアトピーが出始め外に出かけることもできませんでした。
皮膚科へ行きステロイドは使いたくなかったので、プロトピックとプロペトでなんとか抑えて、現在では2週間に一度くらいプロトピックを使っています。
できればプロトピックも使いたくないのですが2週間くらいたつとかゆみが出始め仕事に支障がでるので仕方なくつけています。
あとアトピーのせいか、もしくは最近寒くなったせいかお風呂上りや外から帰ってくると頬と鼻が赤くなってしまって困っています。去年以前はこれ程赤くはなりませんでした。プロトピックを使えば少しは赤みは消えるのですが、やはり副作用の心配と薬に依存してしまうのが怖くて使いたくないのです。
よろしければこれらを改善するいいアドバイスを教えていただけないでしょうか。
是非よろしくお願いします。

Aベストアンサー

NO.1の続きです。

分かりました。アトピーの症状が改善されたというのは何よりのことですね。そこで現在、お薬からの脱却を考えてらっしゃるのですね。

まず前述しましたように、プロトピック(軟膏)の副作用として発赤・ほてりがありますが、これを休薬・中止することによっても灼熱感・ほてり・痒みが起こることがあります。もちろんほてりに伴う発赤も考えられます。

では、どうやって脱却を図るか。
(1)まず次回プロトピックを塗布する際、プロペトと半分半分位の割合で混ぜて使用する。
その後、2週間かけてその割合で(掻痒感がある時)塗布し、
(2)次々回は1:2の割合で混ぜて使用する。

もし(2)の時点で悪化するようなことがあっても、プロトピック全量に戻すのではなく、(1)の用法でお使いください。
以上のような要領で段々とプロトピックを減量していってください。

プロトピックは市販されていないので、もちろん医師にかかられていると思います。定期的に診察を受け、医師の指導のもと行われることをおすすめします。

お大事に。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報