これからの季節に親子でハイキング! >>

考えたくはありませんが、もし、日本破たんした時に金や外貨を持っているとどのようなメリットがあるのですか?お金持ちしか関係ない話ですか?どこの国の外貨をどのくらい持っていればよいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

破綻というのは、財政的破綻ということですよね。


いうなれば、円が無価値になる(というほどではなくても円の価値が極端に下がる)ということです。
円の価値が下がる、つまりは円安になるということです。

1ドル=80円
としましょうか、このときに缶コーヒーを買いました。
(自販機ではなくスーパーで買ったのでちょっと安い)1本80円でした。
この店はドルでも購入することができるお店で、1本1ドルの値札がついていました。
何で日本国内でドルを使わないといけないだ、そう思いつつあなたは店を後にしました。
帰途、銀行前で友人い出会い、円からドルに両替したと聞かされました。
海外旅行に行くわけでもないのに自分には関係ない、そう思いつつあなたは友人と別れました。
ちなみにこの日、金1g=50ドル=4,000円でした。

数日後、日本の財政が破綻し、
1ドル=4,000円と超円安となりました。
日本の財政が破綻してもうちの家計が破綻した訳ではなく、
いくら円安になっても日本で円だけを使って生活しているので、自分には関係ない
そう思いつつまた缶コーヒーを買いに行きました。
缶コーヒーの値札は4,000円になっていました。1ドルの値札は変わっていないのに。
1ケースの値段にしても高すぎる! 何かの間違いだろう。
そう思ってレジで精算すると、やはり4,000円を請求されました。
愕然としていると友人が隣のレジにやってきて、同じ缶コーヒーを買っていきました。
友人は支払いに1ドルを使っていました。
ちなみにこの日、金1g=50ドルのままでしたが、金1g=200,000円に高騰していました。


実際には円が破綻すれば、ドル建ての金価格にも、
物品の流通にも影響が出るだろうから、極端な例ですが。

何が言いたいかと言えば、ドルや金の「価値」が変わらない世界で、
円が破綻して極端な円安になった場合、
ドルから見ると物品の値段は変わらないのに、
円から見ると物品は値上がりすることになります。

円が破綻する前にドルを購入していれば、
破綻後に持っているドルで支払いを続ける限り、
これまでと同じ値段で物品を購入することができる。というわけです。

実際にはドルで購入できるお店はほとんどないので、
持っているドルを円に両替して円で支払うということになるでしょうか。
金の場合も、破綻前に金を購入していれば、
破綻後もドルに対しては同じ値段で換金することができ、
日本円に対しては 円の価値が下がった分 高い値段で換金することができるのです。


外貨や金の保有は、金持ちにしか関係ない話ではありません。
モスクワで外国人が買物をすると
「ルーブルでは売らない、ドルで払ってくれ」
と言われた、という時代もあったわけだし。

ただし、何をどのくらい、かといえば、それは個々人で考えてください。
今の日本では、基本的に円でしか店頭で買物ができませんし、
円高になれば外貨の価値が下がることになるし、
外貨の両替には手数料がかかります。
日本円が危ないからと言って、外貨だけを保有していたのでは生活が成り立ちません。
匙加減は個々人の実情や、経済の先行きを考えて、自分自身で決めてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とてもわかりやすい例で説明して頂きありがとうございます。

お礼日時:2012/06/03 10:11

持っていた方が良いと言うのなら、金でしょうね。


でも、日本に在住するならば、あまり意味がないですよ。

国が破綻する……
ということは、どういうことか分りますか?
貴方が金を持っていると知った強盗が、
貴方から金を奪っても、それを取り締まる警察がない、
ということですよ。
給料もらえずに、正義感だけで強盗と立ち向かう警察官が
何人いると思いますか?
それよりも、拳銃もって、物持っている人から
強奪する方が現実的ですよね。
何しろ、それを取り締まる警察がないのですから。

以上、極論ですが、国が破綻するということは、
こういうことなのですよ。
これを笑い話だと言うのならば、
http://oka-jp.seesaa.net/article/164846735.html
を、読んでください。

金がなければ、消防車やパトカーを走らせるガソリン代も
払えません。
今までは、月末払いで良いですよと言っていたのが、
現金払いじゃないと、ガソリンも入れさせない、ということになるのです。
国家が破綻するということは、そういうことですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

映像拝見しました。日本ではありえない話のようですが。狭い日本、隣が困ってしまって農家の家ならほっとくでしょうが日本のように密集した住宅街では迷惑ですよね。厳しい世界状況でこの先不安になります。

お礼日時:2012/06/03 10:16

日本が破綻した場合、金の現物を持っている事が最大の


メリットになると思われます。
その理由は、日本破綻によって円相場が暴落するからです。
金価格はドル建てなので、円安は金価格上昇に繋がります。

円安になるのであれば、ほかの通貨でも大丈夫のように
思われるかも知れませんが、日本破綻の前にユーロ崩壊や
米ドル崩壊の可能性があります。
先進国の通貨は全てリスクが高いと考えています。

金の現物は、全資産の10%は持っていた方が良いでしょう。
この比率は欧米の一般的な比率で、資産の保険として
多くの人が保有しています。
お金持ちであっても、なくても金現物は持った方が良いです。

外貨も持ちたいと言う事であれば、中国の人民元がお勧めです。
比率は金現物と同じぐらいが良いのではないでしょうか。
    • good
    • 0

なんだかんだといっても、基軸通貨である米ドルでしょう。


混乱している日本を見捨てて、米ドルで暮らせる国へ移住できるほどのお金があれば安心できるのでは。
    • good
    • 1

とりあえず「日本破綻論」と「日本破綻しない論」の話ではないのですね?



極論、為替次第としか言い用がないですなぇ。
ですが、破綻する前提での話で日本にいながら外貨預金や金に投資などはまず意味がないです。
円破綻すると大量の日本債権がゴミになります。
そうなると債権を買いまくっている銀行が破綻と同時に倒産します。
外貨預金は保証外ですし、仮に保証範囲でも保証してくれる国が破綻しています。なので、外貨預金は意味がないです。

金は先物取引などの投資の場合は外貨預金と同じ理由で意味がないです。
延べ棒を家に持っておけばある程度復興したら意味はあるかも知れませんが恐らく、円取引以外を制限する流れ(政治的関与)になると思います。
そうなると闇金的なドルなりポンドなり元なりと換金するしかなくなりますのでマトモな流通価格ではありませんし、金の価値はドルで決まりますので日本をATM状態にしているドルが機能しているとは思えません。なので金も無意味です。
唯一有効性があるのは外貨を現金でタンス預金ですが、破綻後どこの国がマトモに機能してるかは神のみぞ知るのでどの通貨持っててもギャンブルです。
    • good
    • 1

もし破たんしなかった場合はレート次第で損しますよ。


本当に破たんするならできる限り変えておけばその分得するでしょうね。

指摘には杞憂だと思いますが、気になるなら銀行でもそういった預金があったはずです。
今の生活が苦しくならない範囲で預けるのも手ですね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q仮に日本の財政破綻が現実に起きた場合、対策として金(ゴールド)を持って

仮に日本の財政破綻が現実に起きた場合、対策として金(ゴールド)を持っておいた方がよいという意見を聞きましたが、どのような利点があるのでしょうか。

Aベストアンサー

円に連動しない資産に変えておけばよいおいうことで、金に限らない。

外国の土地でも、外国企業の株や債券でもいい。円が暴落しても資産を他のものに変えておけば、その資産の価値は減らない。ゴールドは土地などに比べて持ち運びでき、腐ったりしないので資産の保全に便利。



to No3のoskaさん、

>好景気だから円高なら問題ないですが、不景気なのに円高。不思議ですよね。
>単純な理由なんです。
>「金利が0%に近い日本円を借りて、金利が高い国・好景気の国で運用する」のです。

円キャリー取引の話だが、これだと円安になる。

Q日本国の破綻に備えてするべき事は何ですか?

日本の借金がどんどん膨らんで、あと数年で日本は破綻すると言う説があります。

破綻したあと、ハイパーインフレになるとか、預金封鎖になるとか、

その前に、資金を海外に逃がすとか、外貨預金をするとか、いろいろ言われています。

いずれにしても、借金が膨らんでいるのは事実なんでしょうが、

万が一の時の為の対策はどうすべきなんでしょうか?

様々なご意見があるとは思いますが、お教えいただければ幸いです。

Aベストアンサー

ユーロ圏でも銀行の破たんが懸念されています、預金が危ないですね。

分散して備えるしかないのでは、私は株をやっています。

メガバンクが一番やばいのでは、ほとんどの銀行が国債を買っています。

今の民主政権には期待はできません、自民党も似たり寄ったりですけれども。

内需拡大のためにパチンコを禁止すれば景気はかなり良くなりますが今の政権では無理です、パチンコ業界から献金を受け取っている、馬鹿議員たくさんいます。

Q日本が預金封鎖されるのを回避するために海外に預金をしている同僚がいます

日本が預金封鎖されるのを回避するために海外に預金をしている同僚がいます。
もうすぐ日本の銀行が破産するから、預金は海外に移してあるそうです。
本人はそれ以上言わないのですが、気になります。
誰かの本を読んでそのような行動をとっているのでしょうが、誰がそう薦めているのでしょう?
また、その手の預金はどんな種類の預金ですか?
外貨建て預金?
なんでしょうか?

Aベストアンサー

誰が勧めているのかは既に回答にありますし、本屋さんへ行けば沢山店頭にならんでいるので、海外の預金の事について回答します。
その前に参考URLをみてください、実はこのQ&Aは2005年に投稿された財政破綻論に関する物です。

今では裕福層を中心に租税回避の為に海外に口座を開く事をしていますが、これはいずれは捕捉されます。
その前提で考えると、海外の預金の税法上の取り扱いは雑所得になります。
ですから、為替差益に対して最高税率50%が適用されます。
これを逃れる唯一の方法は日本国籍を外国の国籍に変える以外に方法はありません。
要は日本人なんて止めてしまえば日本が個人に対して課税できないからです。

現在有利な節税方法は長期的には税法上の取り扱いが変更される事はよくある事です。
実は、「もうすぐ日本の銀行が破産するから、預金は海外に移してあるそうです。」というのは実は非常に馬鹿らしい話なのです。
それが嫌ならば外国国籍に変えるか、資産を大きく増やして税率に負けない運用をするのかのどちらかです。
むしろ、それによって儲かっている金融機関やプライベートバンカーが裏にいる筈です。
それに気付いてほしいのですが・・・

参考URL:http://okwave.jp/qa/q1548395.html

誰が勧めているのかは既に回答にありますし、本屋さんへ行けば沢山店頭にならんでいるので、海外の預金の事について回答します。
その前に参考URLをみてください、実はこのQ&Aは2005年に投稿された財政破綻論に関する物です。

今では裕福層を中心に租税回避の為に海外に口座を開く事をしていますが、これはいずれは捕捉されます。
その前提で考えると、海外の預金の税法上の取り扱いは雑所得になります。
ですから、為替差益に対して最高税率50%が適用されます。
これを逃れる唯一の方法は日本国籍を外国...続きを読む

Q日本の財政破たんした場合、どこの外貨預金がいい?

国債が1000兆円を超えるので、間もなく日本もギリシャのようになるのではないかと思ってます。
それに備えて外貨預金(やってるのはFXですが)は、どこがよいでしょうか?
安全でかつ利幅がとれるものをおすすめしていただきたいです。
危ないユーロとドルは除外するとして、オーストラリアドル、カナダドル、スイスフラン、ポンドやその他含めてどうでしょうか?

質問はあくまで財政破たん(あるいは寸前)になる前提での回答をお願いします。
「日本は財政破たんしません」といった回答は必要としていません。

Aベストアンサー

世界で流通している通貨はドル、ユーロ、円、ポンドです。ユーロ→円→ドルの順に危機が来る。ユーロの決着がつけば次は円ででしょうう。1、ドル、カナダ 2、オーストラリアドル、ニュージーランド 3、ユーロではスイスフラン、ノルウエー(今の時点で不明)。
上記を1/3いかがでしょうか。

*円暴落時点では、ドルは高でしょう。

Q外貨で入出金できる銀行

 現在、外貨で預金できる銀行は数多くあります。しかし、外貨口座の外貨をそのまま入出金できる銀行には、どこがあるでしょうか。つまり、両替を介さずに入出金したいのです。なお、ATMで入出金する必要はありません。支店窓口での対応で十分です。

 シティバンクでは、それが可能なことは知っていますが、それ以外の銀行ではどうでしょうか。

Aベストアンサー

 私は年間に10回ほど海外に出かけており、両替も含めて外貨の調達法には関心を持って調べています。

 外貨現金を外貨預金として預けたり、逆に外貨預金を外貨現金で払い出したりできる銀行は後述のようにそこそこの数存在します。ただし外貨現金で入出金できる銀行でも、そのほとんどは入出金に際して手数料(外貨現金取扱手数料などと呼ばれる)を徴収します。「円高の時に外貨預金をしておいて、後で現金で引き出して使おう」ならまだよいのですが、「米ドル現金が余ったから、預けておいて次に使う時に引き出そう」などとすると、入金・出金の双方で外貨現金取扱手数料を差し引かれて損をします。(そのまま現金で持っていた方が有利)
 外貨現金取扱手数料については、他の為替用語と併せ回答の最後に補足説明しております。(既にご存じでしたら読み飛ばして下さって結構です)

 外貨現金での入出金ができる銀行で、私がこれまでに確認しているものは以下の通りです。分かっている範囲で取扱通貨種と外貨現金取扱手数料についても記しています。外貨現金取扱手数料は特記のない限り1通貨単位あたりの額です。また銀行によっては最低手数料額の設定があり、その場合当然ながら少額で出し入れすると不利になります。

【外貨現金での入出金ができる銀行】
・みずほ銀行[1] 米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、ニュージーランドドル(以下NZドル)、スイスフラン 全通貨とも預入時1回500円 払出時1回1,000円
・三菱東京UFJ銀行[2] 米ドル預入2円/払出1円80銭 ユーロ2円50銭 英ポンド8円 豪ドル7円70銭 NZドル6円70銭 スイスフラン4円 その他にも扱い通貨あり
・三井住友銀行[3] 米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、スイスフラン 手数料は[3]参照 1万米ドル以上の残高があれば米ドル現金に関してのみ手数料免除
・シティバンク銀行[4] 現金は米ドルのみ可で1米ドルあたり2円 トラベラーズチェックでならユーロ、英ポンド、豪ドルも可
・りそな銀行[5] 米ドルの場合1米ドルあたり2円 最低1,500円
・北海道銀行[6] 米ドルのみ可 1米ドルあたり2円 最低1,500円
・七十七銀行[7] 可能だが対象通貨と手数料についてWeb上に詳細情報なし
・八十二銀行[8] 米ドル2円 ユーロ6円 英ポンド9円 豪ドル10円 香港ドル2円 NZドル7円
・千葉銀行[9] 米ドル1円50銭、ユーロ2円50銭 最低1,500円
・京葉銀行[10] 米ドル、ユーロ、豪ドル 暦年の1回目無料 2,3回目優遇
・八千代銀行[11] 米ドル2円 ユーロ6円50銭 豪ドル8円
・横浜銀行[12] 米ドル2円 ユーロ2円50銭 英ポンド12円 豪ドル11円 NZドル10円55銭 スイスフラン払出4円90銭/預入3円90銭 最低2,500円
・スルガ銀行[13] 可能だが対象通貨と手数料についてWeb上に情報なし
・静岡銀行[14] 米ドル1円50銭 ユーロ6円 豪ドル8円 NZドル8円
・滋賀銀行[15] 米ドル3円 ユーロ5円 豪ドル9円70銭 最低1,500円
・南都銀行[16] 米ドル預入1円/払出2円 ユーロ預入3円/払出6円 豪ドル預入5円/払出10円 カナダドル預入4円50銭/払出9円 いずれも最低1,500円
・北陸銀行[17] 米ドル2円 ユーロ6円 豪ドル8円 最低2,500円 トラベラーズチェックは無手数料
・広島銀行[18] 米ドル3 円 ユーロ7円50銭 英ポンド12円 豪ドル9円 NZドル10 円
・四国銀行[19] 米ドル1円 ユーロ4円50銭 豪ドル6円
・福岡銀行[20] 少なくとも米ドルは可
・南日本銀行[21] 米ドル 外貨額の1%
・沖縄銀行[22] 米ドルのみ可 1米ドルあたり2円 最低500円
・香港上海銀行[23] 支店窓口ででなく現地ATMで引き出す方式(無手数料)*1 対象通貨は米ドル、ユーロほか全22通貨と抜きん出て多い 1千万円以上の口座残高が必要 預入時は要手数料(例えば英ポンドの場合4円)

 手数料の設定は銀行によりさまざまですが全般には高めです。上記の中で広島銀行の米ドルなどは特に不利な例で、日本円を米ドル外貨預金にする際に公示仲値に対し為替手数料が1円加算され、その預金を米ドル現金で出金するのに3円が必要で、合計4円の手数料を支払うことになります。しかし適宜の銀行(広島銀行含む)で即時両替した際のレートは公示仲値+3円なので、外貨預金を経由すると損です。他の銀行や通貨についても、即時両替と同等か割高になるケースが大半です。
 そのような中、活用価値があると考える銀行は以下の通りです。
(1)みずほ銀行
 外貨現金取扱手数料を「預入時1回500円 払出時1回1,000円」と独自の設定にしています。一度にまとまった額で出し入れすることを前提として、他行で外貨現金取扱手数料の高い通貨(英ポンド、豪ドル、NZドル)では活用価値大です。
(2)三井住友銀行
 米ドルの場合に有利です。口座残高が1万米ドル以上あれば、米ドル現金を無手数料で出し入れできます。米ドル以外の通貨では利点はありません。
(3)シティバンク銀行
 トラベラーズチェックで出し入れする場合に有利です。米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドルならトラベラーズチェック発行手数料を含めて無手数料で出し入れできます。支店が少ない上に偏在していること、口座残高が一定基準を割ると口座維持手数料を徴収されるのが難点です。
 米ドルの外貨現金取扱手数料(2円)は口座残高が1千万円以上あれば免除されますが、それなら1万米ドルの預金で足りる三井住友銀行の方が有利です。
(4)京葉銀行
 年に3回までの範囲で、ユーロまたは豪ドルを引き出す場合に有利です。1回目は外貨現金取扱手数料無料、2回目と3回目はユーロ75銭/豪ドル1円25銭です。米ドルは三井住友を利用した方がよいでしょう。支店が東京の1店を除き千葉県にしかないこと、外貨現金預入時には優遇がないことが難点です。
(5)香港上海銀行
 1千万円以上を口座に置いておくことが前提なので気軽には利用しにくいサービスですが、扱いの通貨種が多いことと、外貨現金取扱手数料が不要であることに惹かれます。

 なお参考までに、外貨現金での入出金ができないことを確認した銀行は以下の通りです。入出金ができる銀行/できない銀行のどちらにも名前が挙がっていない銀行は未調査です。
【外貨現金での入出金ができない銀行】
新生銀行[24] あおぞら銀行[25] ソニー銀行[26] イーバンク銀行[27] 住信SBIネット銀行[28] 東京スター銀行[29] 武蔵野銀行[30] 近畿大阪銀行[31]

参考ページ
[1] http://www.mizuhobank.co.jp/saving/asset/gaika/manabu.html
[2] http://www.bk.mufg.jp/tameru/gaika/index.html
[3] http://www.smbc.co.jp/kojin/gaika/list/futsu/index.html
[4] http://www.citibank.co.jp/ja/bankingservice/servicecharges/index.html
[5] http://www.resona-gr.co.jp/resonabank/kojin/service/huyasu/gaika/gaikahutsu/tyuui/index.html
[6] http://www.hokkaidobank.co.jp/foreign/foreign02.html
[7] http://www.77bank.co.jp/tameru/gaika/futsu.html
[8] http://www.82bank.co.jp/hp/menu000002500/hpg000002482.htm
[9] http://www.chibabank.co.jp/kojin/tameru/gaikafutuu_01.html
[10] http://www.keiyobank.co.jp/tameru/gaikahikidashi/index.html
[11] http://www.yachiyobank.co.jp/kojin/tameru/gaika/index.html
[12] http://www.boy.co.jp/kojin/tameru/gaika/index.html
[13] http://www.surugabank.co.jp/surugabank/kojin/service/fuyasu/gaika/lineup/futuu.html
[14] http://www.shizuokabank.co.jp/feeandinterest/fee/fe-007.jsp
[15] http://www.shigagin.com/personal/finance/gaika/pay.html
[16] http://www.nantobank.co.jp/syohin/gaika/gaika02.htm
[17] http://www.hokugin.co.jp/gaitame/gaika1.htm
[18] http://www.hirogin.co.jp/service/gai/gfy/index.html
[19] http://www.shikokubank.co.jp/shohin/yokin/gaika4.html
[20] http://www.fukuokabank.co.jp/fuku/kojin/gaikayokin/gochui.htm
[21] http://www.nangin.com/shisan/gaika/futuu.html
[22] http://www.okinawa-bank.co.jp/kojin/unyou/gaika/ryui.html
[23] https://www.hsbc.co.jp/1/2/promotion/22cards?WT.ac=TKY_PWS_Personal_S1_JP_22cards
[24] http://www.shinseibank.com/gaika/cam/
[25] http://www.aozorabank.co.jp/kojin/products/gaika/teiki/index.html
[26] http://moneykit.net/visitor/fx/fx01.html
[27] http://searchfaq.ebank.co.jp/je/faq.asp?fid=30158
[28] https://www.netbk.co.jp/wpl/NBGate/i900500CT/PD/gaika_futsu_gaiyo
[29] http://www.tokyostarbank.co.jp/starone/products/fx/flow.php
[30] http://www2.musashinobank.co.jp/invest/g_deposit/f_deposit.html
[31] http://www.kinkiosakabank.co.jp/kojin/fuyasu/gaika_info.html

【補足・為替用語】
・銀行間レート 外国為替市場において文字通り金融機関間の取引に使われるレートで、新聞やテレビで「今日の東京外国為替市場、終値は1ドル=89円80銭でした」などと報じられているレートは通常この銀行間レートです。また銀行間レートは世界の為替市場で連動しているため、日本と他の国とで懸け離れた値になることもありません。
・公示仲値(TTM) 銀行間レートは常時変動しているため、これを両替の基準レートとすると処理が煩雑になります。そこで各金融機関は銀行間レートを参照しながら、銀行間レートに代わる数字として「公示仲値」というレートを定め、その日の取引の基準レートに用います。公示仲値と銀行間レートは厳密には一致しませんが、両替の有利不利を考える上では同一視して差し支えありません。また公示仲値は各金融機関が独立に定めるため若干のばらつきがありますが、差異はあっても0.1%かせいぜい0.2%です。
・対顧客電信売レート(TTS) 外貨現金のやり取りを伴わずに、銀行が外貨を売る(顧客が買う)取引きで適用されるレートです。外貨建てトラベラーズチェックの購入、外貨建て送金などで使われます。TTSは決まった幅の手数料(為替手数料)を公示仲値に上乗せすることで機械的に設定されます。
・外貨現金取扱手数料 外貨現金を扱うとその国からの輸送コスト、運用に回せないことによる死蔵コスト、為替変動によるリスクが発生します。そこで外貨現金のやり取りを伴う取引きには「外貨現金取扱手数料」を課すことでコスト/リスクの埋め合わせをします(呼称は銀行により異なる)。TTSにさらに外貨現金取扱手数料を上乗せした数字が「外貨現金売レート」です。即時両替と、外貨預金の入出金とで外貨現金取扱手数料の額が異なる銀行もあります。

*1 シティバンク銀行や新生銀行が提供している、国外のATMで現地通貨を引き出せるサービスと似ているが、シティバンクや新生では「手数料を加えた換算額が、日本円普通預金口座から引き落とされる」のに対し、香港上海銀行は「外貨普通預金口座から直接引き落とされる」点で決定的に異なる。

 私は年間に10回ほど海外に出かけており、両替も含めて外貨の調達法には関心を持って調べています。

 外貨現金を外貨預金として預けたり、逆に外貨預金を外貨現金で払い出したりできる銀行は後述のようにそこそこの数存在します。ただし外貨現金で入出金できる銀行でも、そのほとんどは入出金に際して手数料(外貨現金取扱手数料などと呼ばれる)を徴収します。「円高の時に外貨預金をしておいて、後で現金で引き出して使おう」ならまだよいのですが、「米ドル現金が余ったから、預けておいて次に使う時に引き...続きを読む


人気Q&Aランキング