両手3本の指が腱鞘炎になりました。
整形外科へ行きましたが、湿布を貼って様子をみてください、とのこと。
本来ならば腱鞘炎の患部に負担をかけないようにするのが良いと思いますが、
仕事柄それが出来ず、負担をかけないようにするには転職他ありません…。

湿布を貼って様子見とのことでしたが、温めたほうがいいのか冷やした方がいいのかわかりません。
インターネットでも検索しいろんな記事を見ましたが、自分に置き換えたときどちらだろうと思い質問させていただきました。


私の指は症状が出て2週間ぐらい。
腫れ・熱は無し、曲げると痛みが走り、それに悩んでいます。
朝起きると特に指が痛いです。
この場合温シップで大丈夫でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ご自分でも分かっておられますが、使い過ぎが原因なのですから患部をできるだけ休めて体の治癒力に任せることが効果的な治療法です。

炎症がおきても同じような使い方をすれば当然ですが炎症は長引き治癒は遅れます。
それを承知でできることといえば温めて体の治癒力を応援することです。質問者さんの場合、お風呂から上がった時は楽なはずです。タンパク質を合成して壊れた組織を修復するためには熱を上げ血流を増やして代謝を高め(これが炎症の正体です)なければなりません。体は破壊された組織を炎症を起こして治します。

冷やしてしまうとその時は炎症は鎮まりますがミトコンドリアが働かずそれがままならなくなってしまいます。冷湿布、温湿布あるいは痛み止めはすべて修復に必要な代謝を阻害するものです。尋常でない痛みの場合はストレスになってしまいますので短期間の痛み止めの使用もやむをえませんが、そうでない限りは工夫して積極的に温めてください。
    • good
    • 7

腱鞘炎だけでなく一般的に「急な痛みは冷やして、慢性的な痛みは温めると良い」と言われています。


ただ、自分の感じ方が一番大切だと思うので、どちらで痛みが楽になるか試されてみて下さい(*^∪^*)

私は電気治療や湿布が合わず、テーピングやサポーターなど色々試した中で最終的にたどり着いた方法が「アイシング」でした☆

アイシングだと保冷剤で簡単に出来ますし、職場に冷蔵庫があれば仕事中にも使えて便利です。
もし冷やして痛みが落ち着くようでしたら、痛みがあるのは指との事ですが、指と繋がっている腕や肩から痛みが来ている場合もありますので、指以外にも気持ち良いと感じる場所にあててみて下さい(*^▽^*)

他に民間療法ですが、塩は余分な水分を排出して炎症を抑える効果があるらしく、お風呂で首や肩から腕、指先を塩で軽く撫でると私は少し楽に感じます。

あと、PCのマウス操作が負担に感じる場合はダブルクリックをワンクリックに設定変更したりと、ほんの少しでも身の回りから負担を減らす事も大切だと思います☆

私も仕事がきっかけで腱鞘炎になり、何件か整形外科を渡り歩いたものの、電気治療や湿布が合わず病院に行くのを止め、ネットや本で情報を探して「アイシング」が一番自分に合うと分かりました。
それまでに「ずっと付き合っていく病気」と諦めてしまった期間や、他に問題もあって私は慢性化してますが、完治した方々もいるので、主さんもお仕事しながらでは大変でしょうが、出来るだけ安静に身体を労って完治を目指されて下さいね(*^∪^*)

長々と失礼しましたが、経験談が参考になれば幸いです☆
    • good
    • 3

シップとは冷やす効果は一切ありません。

一般的には冷シップ、温シップとありますが、これは冷感シップ、温感シップの略です。冷感、温感と “感” の文字がつくことからもわかるように、実際には冷やしたり、温めたりしているわけではありません。冷たく “感じる” 、温 かく “感じる” という意味です。

コップの水にシップを貼って、水が冷えますか?
アイシングは冷えますが、シップでは冷えません。

では 「シップの効果とは?」 というお話になりますが、シップとはお薬で炎症抑えるものです。たとえばバンテリンは、インドメタシンという薬剤で炎症抑えるのを目的にしています。実際に冷やしたり、温めたりする物でいえば、冷やすものでいったら氷(氷嚢)や流水です。温めるものはお風呂やホットパックなどになります。

これら冷却、加温などの処置は、結構専門的な見極めが必要な場合が多くあります。ですから一般の方はまずは患部の保温をし “シップ貼って安静” が無難かつ最善な方法だと思います。


基本的には温シップは必要ないです。急性でも慢性でも冷シップがあれば十分です。ちなみに冷シップで、関節の動きが悪くなるなんて情報がありますが嘘です。インターネットの世界は嘘が多いですね。


三本も腱鞘炎で 「シップで様子を見て」 は丁寧な診察ではありませんね~。少し意地悪とさえ思えてきます。一本であれば治る可能性もあると思いますが、三本ではほぼ無理。悪化する可能性方が高いでしょう。シップにしても指は良く動くところですから、塗り薬の方がいいと思いますし。腱鞘炎の治療は薬、注射、電気治療、鍼治療、マッサージ、可動域訓練の様なものをおこない、それでもだめなら手術と言う方法もあります。まずは病院を変えてみることをお勧めいたします。


今日同じようなご質問がありましたのでご参考ください。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7509480.html

長文、乱文失礼しました。ご参考になれば幸いです。お大事にどうぞ。

参考URL:http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7509480.html
    • good
    • 4

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q温湿布と冷湿布の違い?

すみません。くだらない事かもしれませんが、
温湿布と冷湿布の根本的な違いってご存知でしょうか?(@_@)

温めるのと冷やすの違いって言うのではなく、、、
こう言う症状は温めるべき、冷やすべきとか、
具体的効能の違いがあるのなら教えてください。

薬局で購入時いつも悩みます。(@_@)

Aベストアンサー

温湿布も冷湿布も実はほとんど変わりません。
区別する必要はありません。私は実は売薬をしていますが、温湿布は温感湿布と書かれています。成分を見ると温湿布も冷湿布もほとんど同じで、温湿布には唐辛子が入っている程度です。
冷湿布はスーッとする感覚が冷たい気がするだけで冷やしているわけではありません。温湿布はスーッとする感覚を通り越してヒリヒリして痛た熱く感じます。
同じ感覚の強弱で、温感だったり、冷感だったりしているだけです。

 打撲や捻挫などで炎症があるときには、冷やした方がいいですから、しばらくは湿布薬は貼らずに、ぬれたタオルなどで冷やした方がいいと思います。

 落ち着いたら冷でも温でもどちらでもいいです。その他慢性的な痛みなどには湿布薬はいいと思います。

 スーとする働きで血行をよくしますので、とにかく怪我をした直後以外はどちらをつかってもいいでしょう。しかし温湿布はヒリヒリしますので、余り一般向けでありません。どちらかというとマニア向け。

Q右肘内顆炎で湿布を貼る位置。

整形外科にて、

 医師「ココ痛いでしょ(むぎゅっ)」
 私「イテテテ」
 医師「はい、右肘内顆炎ね」

・・・というワケで、湿布(モーラステープ20mg×21日)を処方してもらいました。

帰宅後、さぁ貼るぞという段階になって、「はて、どこを押したら痛かったんだっけ?」となりました。今のところ、画像の箇所に貼っています(赤線が湿布で、青線が肘→体側線)。この場所でOKですか?

バカな質問ですみません、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>医師「はい、右肘内顆炎ね」

上腕骨内側上顆炎でしょうか?外側ではないですよね?

肘の内側にボコッとした骨のでっぱりがあると思いますが、その周辺で押して痛いところがあると思います。湿布とは炎症えを押さるためのものです。押して痛いところでないと、効き目はありませんのでご自分で確認しながら貼るといいと思います。


長文、乱文失礼しました。ご参考になれば幸いです。お大事にどうぞ。

Q処方の湿布とサ○ンパス

整形外科をはじめ医師が処方する湿布と市販のサ○ンパスやト○ホン等の違いを教えてください。

Aベストアンサー

処方の湿布には、鎮痛成分や抗炎症薬が含まれている。
市販薬には、含まれていないか、含まれていても低濃度。

よく『バンテリン』なんて市販薬がありますね
あれは、元々処方薬に使用されていたインドメタシンという成分を市販薬にも使用出来るようになって商品化されたもの。

普通のサロンパスやトクホン(なせ伏せ字にするのか?よく分かりませんが)には、含まれていないでしょう。
あれは、単純に患部を冷やしたり温めたりすることで、痛みを和らげたり血行を促す事で症状の改善を図るもの。

先に上げた薬剤成分は、直接痛みの原因を抑制する効果がある。

Q足首捻挫:温湿布とサポーターについて教えてください

テニス中に後ろに転がってたボールに乗って捻挫をして、今日で6日目です。
お医者その1「レントゲンでは骨に異常ないので安静に」、その2「この腫れと内出血はヒビ入ってる」とのことで、自宅で氷水・冷却スプレー・冷湿布し続けました。少しマシになりましたが、腫れは引かず足の甲は青色、指先は紫色のままです。
(1)そろそろ温湿布に変えてよいものでしょうか?
(2)腫れてても無理にサポーター(薬局で購入)する方がよいでしょうか?
自宅前に60段階段があって一人で上り下りできないのですが、夫には既に1日会社を休んでもらったのでもう頼めず、お医者さんに行けないんです・・・。私は幸い今週は在宅勤務できましたが来週は出勤しなければならず、何といっても少しでも早くテニスを再開したいです。
どうぞよろしくお願い致します、助けて下さい!!!

Aベストアンサー

 腫れてても、というか腫れを抑える為に最初からサポーターをしたかったところですが。薬局で買うよりもお医者さんからしっかりしたもの出してもらった方がいいと思います。

 テーピングで固めてもいいんですが、歩けないほどの状態を回復するまでに巻き直す分を考えると、お値段的にもサポーター並みになってしまうでしょうし。テーピングなら薬局で買ったものでもしっかり固められるという利点はありますが。とりあえずテーピングの紹介ページを。
http://www.battlewin.com/cource/parts/ankle.html
http://www.ntmed.co.jp/taping/course/ankle.html

 あと、「一日でも早く」ということですが、いちばんいけないのが無理をすること。焦らずじっくり治しましょう。

Q湿布薬の効果

 40代の男性ですが、慢性的な腰痛持ちで、病院に行っても原因がはっきり分かりません。
半年に1度くらいの頻度で急に左側の腰が痛くなり、立ち上がることさえ困難になります。2週間くらいすると少しずつ元に戻るのですが、この繰り返しです。その都度整形外科に行くのですが、いつも湿布薬(モーラス)を処方されます。 ところがそれもあまり効果がなく、気休め程度にしかなりません。
 このモーラスというのは医者でなければ処方できない湿布薬のようですが、市販の湿布薬と何が違うのでしょうか。効能はやはり市販のものより効くのでしょうか。それならモーラスでも効かなければ次の手段(神経ブロック等)を考えなければならないので、その辺の事情を教えてください。もし市販の湿布薬もモーラスもたいして違いがないのなら、高い料金を払って病院に行くのがもったいないので、市販の物に切り替えようと思います。
 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

説明が他回答者と少しかぶりますがご勘弁ください。

一般的には冷シップ、温シップとありますが、これは冷感シップ、温感シップの略です。冷感、温感 と “感” の文字がつくことからもわかるように、実際には冷やしたり、温めたりしているわけではありません。冷たく “感じる” 、温 かく “感じる” という意味です。冷湿布にはメントール、温湿布にはカプサイシンが入っています。スースーするお菓子で口の中は冷えません。

では 「シップの効果とは?」 というお話になりますが、シップとはお薬で炎症抑えるものです。たとえばバンテリンは、インドメタシンという薬剤で炎症抑えるのを目的にしています。実際に冷やしたり、温めたりする物でいえば、冷やすものでいったら氷(氷嚢)や流水です。温めるものはお風呂やホットパックなどになります。

これら冷却、加温などの処置は、結構専門的な見極めが必要な場合が多くあります。ですから一般の方はまずは患部の保温をし “シップ貼って安静” が無難かつ最善な方法だと思います。

基本的には温シップは必要ないです。急性でも慢性でも冷シップがあれば十分です。ちなみに冷シップで、関節の動きが悪くなるなんて情報がありますが嘘です。インターネットの世界は嘘が多いです。


さてモーラスをお使いとのことですが、テープとパップどちらでしょうか?市販薬では同じ成分でオムニードケトプロフェンパップがあります。これはモーラスパップと同じですね。少し調べた限りではテープ剤はないようです。持続時間はモーラステープで24時間、モーラスパップとオムニードケトプロフェンパップは12時間ですね。

その他成分が変わるとボルタレンがあります。こちらは全く同じものです。
http://www.voltaren-ac.jp/p_faq/index.html


しかし病状が気になりますね。病院は一件だけでしょうか?もし原因が分からないなら違う病院に行ってみてはいかがでしょうか?治療に関してはシップで症状が取れにくいなら、貼り薬と同じ成分の飲み薬がありますし、鍼治療などもいいと思います。

自分自身に関係することならば運動不足、筋力の低下、肥満などあると思います。心当たりがあるのなら、ダイエット、腹筋背筋を中心にした筋トレ、4、50分の屋外ウォーキングを週三回以上なのです。


長文、乱文失礼しました。ご参考になれば幸いです。お大事にどうぞ。

説明が他回答者と少しかぶりますがご勘弁ください。

一般的には冷シップ、温シップとありますが、これは冷感シップ、温感シップの略です。冷感、温感 と “感” の文字がつくことからもわかるように、実際には冷やしたり、温めたりしているわけではありません。冷たく “感じる” 、温 かく “感じる” という意味です。冷湿布にはメントール、温湿布にはカプサイシンが入っています。スースーするお菓子で口の中は冷えません。

では 「シップの効果とは?」 というお話になりますが、シップとはお薬で炎症抑...続きを読む

Qギックリ腰は温湿布?

さっき夕食の時、主人がギックリ腰になってしまいました。

初めての事でどうしたら良いのか分かりません。
明日は病院に行くつもりですが、とりあえずの処置を教えて頂きたいのです。

湿布は温めた方が良いのでしょうか?
他になにか楽になる方法は有りますか?
痛み止めの座薬などは使っても良いのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。私は医者ではありませんので,参考という事で考えて頂けたらと思います(治療指導は出来ませんので)自分の経験談で恐縮ですが,ご主人さんは,ギックリ腰は始めてなのでしょうか?そのへんによっても少し違うとは思われますが,ギックリ腰をやった直後は,とにかくシップで冷やします。これはやった直後は炎症している為との事です。のち,一週間後で痛みがなくなってからは暖めたりもします。当然,今はお風呂もやめたほうがいいですね。で,とにかく安静に寝てるしかありません。(基本的に,絶対安静)病院は外科がいいと思われます。成体,ハリなどは,痛みがある間はやめたほうが,無難です。外科では,まずレントゲンを撮りますから,骨のズレで,神経が圧迫されてないかどうか確かめてもらえますし,腰の体操?なども教えてくれます。すいません,あまり参考になりませんね。

Q至急!寝違い【むちうち】のときの対処教えて下さい!

至急教えて下さい
寝違いで右に傾けるの痛いです
湿布やらなんか塗り薬やらあるんでしょうか?
病院いけないのでお願いします

Aベストアンサー

今はもうなってしまいましたけど、
もし今後も寝違えになった時の、最初にする応急処置としては
先ず凍らせた冷却材(アイスノンなど)をタオルで包んで、患部を15分位冷やす。そして間を空けてまた冷やす。それを3回位繰り返した後に患部に冷シップを貼っておくとかなり痛みは和らぎます。
下手に揉んだり湯船で温めると逆に炎症を広げてしまいますからね☆

Q腱鞘炎

ピアノの練習で無理をして、少し前に腱鞘炎になってしまいました。そのときは、冷やして休めることで落ち着かせました。
が、最近また痛みを感じます。

このまま、持病のようになってしまうのでしょうか?
なにかいい治療法はあるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

40代。男性。ウエイトトレーニング歴6年。

●私もピアノは弾けますが、ウエイトトレーニングで手首の腱鞘炎になりましたのでその経験をお話しします。

右手の手首の腱鞘炎を、1年間ぐらいずっと持病で持っていました。
今は完治しています。

原因としては、冬のトレーニングで手首が温まっていないところにトレーニングをしたせいです。
最初は手首が少し痛い程度だったのですが、トレーニングで手首を酷使するため、日常でも無視できない痛みになっていきました。

治療の一環として、リストバンドを巻いて局部の温度を上げ、血行を良くしました。
また、外出時でも、リストバンド、手袋をして温めるようにしました。
温めると痛みが少し和らぎます。

トレーニングをサボると筋肉が落ちますので、リストバンド、トレーニング時には軍手をして続行しました。
次の冬に入る前には直りました。

今でも、この経験がありますので、ウォーミングアップで手首を温めることは欠かせません。
冬のトレーニングでは、軍手は必需品となりました。

●筋肉、腱、関節、骨の順に故障時の治りの早さがあります。
もちろん程度によります。

最近では、腱、関節の病気、故障は、「痛くない範囲で動かすリハビリトレーニング」を推奨しています。
安静時より、血流が多くなるため治癒能力が上がるためです。

腱の組織自体、血流が直接は行き届かない構造のため、回りの体液の受け渡しで栄養、酸素を得ています。
動かすことにより、血流の循環、体液の循環で治癒能力を上げることが出来るのです。

●急性期(1週間内)の痛みはアイシングをして冷やし、炎症を抑えます。
慢性期(1週間以上)に移行した痛みは逆に温め、血行を良くします。

40代。男性。ウエイトトレーニング歴6年。

●私もピアノは弾けますが、ウエイトトレーニングで手首の腱鞘炎になりましたのでその経験をお話しします。

右手の手首の腱鞘炎を、1年間ぐらいずっと持病で持っていました。
今は完治しています。

原因としては、冬のトレーニングで手首が温まっていないところにトレーニングをしたせいです。
最初は手首が少し痛い程度だったのですが、トレーニングで手首を酷使するため、日常でも無視できない痛みになっていきました。

治療の一環として、リストバン...続きを読む

Q寝違い

2週間くらい前に寝違いをし、次の日の夜には振り向く事ができるようになりました。
しかし、それから時々軽い寝違いを繰り返すようになったのです。

少し話が脱線しますが、旦那と話す時少し上を向いて話すのですが、
それでもすぐ首が痛くなってきます。

整形外科とか行っても無駄でしょうか?湿布や鎮痛剤だすくらいなら行きません。
治る方法はありませんか?

Aベストアンサー

私も1週間くらい前に、たぶん寝違えで病院へ行きました。
基本的には湿布と痛み止めで、2週間くらいで痛みが取れるそうです
場合によっては3週間かかることもあるそうですが
あまり痛みが取れない場合、精密検査が必要だと言われました。
寝違いを繰り返してる点と二週間経過している事から考えると
病院で精密検査をした方が良いような気がします。

Qだっこで 腱鞘炎

新米ママ2ヶ月目に突入なのですが 最近手首が痛くなり腱鞘炎になりかけているようです。予防体操などあればおしえてください。手首をきつく巻くといいと聞いたのですが本当でしょうか?

Aベストアンサー

医者は、非ステロイド系抗炎症剤を処方し、リハビリテーションとして温熱療法を行います。難治例ではステロイド腱鞘内注射を検討します。
赤ちゃんをだっこして、外科にも行けない様でしたら、近くの薬局で、バンテリン様の 外用薬を購入してください。 血行をよくする お薬も服用されると良いですよ。 それでも治らない時には、鎮痛炎症薬の 飲み薬も追加購入してください。
 暇があれば、お湯に浸して、温めると気持ちよくなります。 逆に
痛くなる場合には、止めてください。
サポーター、テーピングなども、固定する意味では、効果的でしょう。
まだ、急性の段階ですから、できるだけ 動かさないでいる方が良いでしょう。 
だっこ 出来るような 補助帯を 使うといいですよ。
お大事に。

参考URL:http://www.yutokuyakuhin.co.jp/fx/index.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報