以前、このSiteで教えてもらったのですが、人の視細胞(少なくとも中心は)が、RGBに対応する3種類の錐体からなるそうです。

しかし、もし短波長側に対応した錐体が「青」に対応していると仮定すると、400nm~450nmまでの光は「青」にしか見えず、波長が紫外領域端400nmに近づくにつれてどんどん「暗く」なるだけのように思えました。長波長側も同様です。

しかし、マンセルの色立体や色環図などでお馴染みのように、色相は、赤~赤紫~紫~青紫~青と、切れ目なく連続しています。

あるSiteでは、眼の3錐体を「赤、緑、紫」と説明していましたがこれもよく考えると合理的とは思えません。

■人の知覚にとって「紫色」とは何なんでしょうか?眼の3錐体モデルで説明してください。

■レーザのような単色光と、広帯域に広がる連続スペクトラムの場合で各々説明してもらうと助かります。「その辺が鍵かな」とチト思ってますんで...。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

三種類の錐体がRGBに対応する、とは言っても、それぞれワイドスペクトルの感度分布を持っています。


それぞれの錐体の最大感度100%としたときに、1%以上の感度を持つ幅を見ますと、だいたいの値ですが
R: 700nm~400nm (peak=580nmあたり)
G: 660nm~400nm (peak=530nmあたり)
B: 520nm~400nm (peak=440nmあたり)
です。特にRは可視光の全波長に感度があるんですね。またGは空間解像度が高いのが特徴です。Bの特徴は短波長において選択的に感度が高いことです。Bと比べると、RとGは互いによく似た感度分布を持っているとすら言えます。射撃競技では黄色いサングラスをよく使いますが、これは青い光をカットしてBの反応を抑えるので、明るさを犠牲にせずに解像度の高いGがよく働くようにできるからだと思われます。

単波長の光fを見た場合には、その波長における感度R(f), G(f), B(f)に応じた信号が発生します。この信号がさらに脳内で黄-青(Y/B)、赤-緑(R/G)、明るさ(L)、という成分に換算されます。この換算結果が色覚です。このため、同じ光に対して黄と青は同時に反応せず、赤と緑も同時には反応しない。

単波長光源の色の見え方について、反対色のペア青-黄、赤-緑をそれぞれ対比させたとき、どちらが優位になるかを調べると、
青:400-500nm、黄:500-700nm
赤:400-480nm、580-700nm、緑:480-580nm
つまり、赤は長波長の「ホントの赤」以外に、短波長においても緑より優位になることが知られています。しかし短波長においては同時に青も見えているので純粋の赤を見ることはできません。これが紫です。
赤でも緑でもない、という状態は480nm, 580nmの2カ所にあり、480nmでは純粋の青、580nmでは純粋の黄色が見えることになります。一方、青でも黄色でもない、という状態は500nmで、この時純粋の緑が見える。ところが長波長の光に於いても黄の成分が消えきらないために、純粋の赤というのはどうもはっきりしない。
またこの数字と、上記の錐体の感度分布を比べると、たとえばRの感度が最大である580nmにおいて赤が一番強く見えるわけではなく、むしろ緑でも赤でもなく黄色に見える。つまり飽くまでもR(f), G(f), B(f)ではなくY/B, R/G, Lの方で色を感じているんだということです。

さて、連続スペクトルs(f)を見たのなら、R(f), G(f), B(f)の代わりに∫R(f)s(f)df, ∫G(f)s(f)df, ∫B(f)s(f)dfが発生し、これがY/B, R/G, Lに変換されることになります。各積分の値だけが問題なので、同じ答が出るスペクトルsは何種類でも存在する。

かくて、結論といたしましては、紫色の単色光や、青と赤が混ざった混合光、一般に∫R(f)s(f)df, ∫G(f)s(f)df, ∫B(f)sがこれらと同じであるようなスペクトルの光はいずれも紫に見える。Bと、そして若干のRが反応する状態を紫と感じるわけです。

余談ながら:カラーディスプレイや写真や印刷が出すスペクトルは、現実の物体の発する光のスペクトルとは似ても似つかない。それにも関わらずおなじ色に見えてしまうのは、ヒトの目の仕組みのせいです。SF映画で宇宙人がテレビ見てたりしますけど、R-G-Bの錐体で色を見ているのではない生物(たとえば蝶の目は5原色)がカラーモニターを見ても、奇妙奇天烈な色に見えるはずですね。なお、ヒトでも4種類目の錐体を持つ個体が少数ながら居ると言われております。

この回答への補足

補足に書くのが適切かどうか分かりませんが、CDや、MOで、回折光を観察すると、青の隣に確かに「紫」が見えます。ということは、一部疑問は残りますが、基本的にstomachmanさんの説明で納得しました。

どうもありがとうございました。一応締め切ります。

補足日時:2001/05/14 12:30
    • good
    • 0
この回答へのお礼

実は昨夜電車の中で、「完全に分かった」とヒラメキまして、どなたか回答くださっているか楽しみにして開けてみましたところ、stomachmanさんから丁寧な回答を頂き、しかも私の「ヒラメキ」とは聊か異なる説明で、大変面白く拝見させて頂きました。前回私の不適切な発言のためにスレッド自体が削除されてしまい、stomachmanさんにはご迷惑をおかけしました。遅くなりましたがお詫び申し上げます。

1)「Rは可視光の全波長に感度がある」:

なるほど、そういうもんなんですか。手元の資料中の、眼のRGB錐体に対応したモデルと思われる「CIE1931RGB表色系のと等色関数」によると、R(γ)は確かに広範囲に感度分布を持っているものの、435.8nmを下限としています。これは必ずしも人間の眼を正確にモデル化してないのでしょうか?

2)「Gは空間解像度が高いのが特徴」:

前回も伺いましたね。感度が高いという話は他でも聞いたことがあるのですが、G錐体の密度が高いということですか?また、密度が高いからこそ感度も高いと...。

3)「射撃競技では黄色いサングラス云々」:

なるほど!事実だと面白い話ですね。

4)「脳内で黄-青(Y/B)、赤-緑(R/G)、明るさ(L)、という成分に換算」:

そういうもんなんですか..。RGBに対する感光特性が同じでないので完全に対等に取り合うつもりはないのでが、大雑把には対等と考えると、この説明には対称性が欠けているように感じます。「Y/B」は補色関係であるのに、「R/G」は補色関係でない。「R/C(yan)」、「G/M(agenta)」なら分かりますが...。

5)「青:400-500nm、黄:500-700nm 赤:400-480nm、580-700nm、緑:480-580nm 」:

なるほど。どなたかが実験されたのでしょうから信じるほかないですね。

6)「短波長においては同時に青も見えているので純粋の赤を見ることはできません。これが紫」:

ようやく核心部分に入ってきました。実は昨夜電車の中でヒラメイたのは、

■単色色で「紫」は存在しない。青--青緑(=シアン)--緑--黄色--赤だけ。
■そうでない場合、単に中波長域(=「緑」)が短波長・長波長域に比べて落ち込んでいる、または、「赤」と「青」色の混合が紫。これは光の加色混合や補色の理論でもよく知られている。
■「紫外線」などという表現は間違っている。「青外線」と言うべきでは?

です。しかし、stomachmanさんの話だと、単色光でも「紫」は存在することになります。すると虹を観察すると、青の外側に紫が見える理屈ですね?

7)「長波長の光に於いても黄の成分が消えきらないために純粋の赤というのはどうもはっきりしない」:

そうなんでしょうか?私には疑問に思えます。粗っぽいながら、単純にRGB,CMYモデルで考えれば済むように思ったのですが...。
・RBGは眼の3錐体に対応
・CMYは所謂「補色」であり、隣接2原色の混色でもある。但し、Magenta(=赤紫)はR-Bはスペクトル上は隣接していないもののRGBの対称性(巡回性)を考えると「隣接」としてよい。
・何を「純粋」とするかは単に定義の問題では?

8)「R(f), G(f), B(f)ではなくY/B, R/G, Lの方で色を感じている」:

なるほど。4)のことですね。

9)「同じ答が出るスペクトルsは何種類でも存在する」:

所謂「色相(=Hue)」はまさにそうなんでしょうけど、「彩度(=Saturation)」まで入れるとどうなんでしょう?私には、R,G,Bは一次独立な直交するベクトルに思えます。つまりある色のRGB空間での「座標値」は一意だと思えます。実際、RGB<->HLS空間への変換も一意です。

10)「ヒトでも4種類目の錐体を持つ個体が少数ながら居る」:

もし事実なら面白いですね。「蝶の目は5原色」も大したもんで、紋白蝶も人間から見ればただの白だが、赤外だが、紫外域で立派な「色」を持っているそうですね?

お礼日時:2001/05/13 12:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qどうして小さな核スピンからVHF(長波長)信号が発射できるのですか?

通常ダイポールアンテナは波長程度の大きさを持ちます。通信機の出力インピーダンスが数十オームであり空間のインピーダンス377オームと整合を取り放射効率を上げるというのが一般的な考え方のようです。

原子核のサイズで空間を見たときそのインピーダンスは殆ど無限大か殆どゼロに等しく古典電磁気学ではとても放射できるとは思えません。
しかしMRI画像は0.5ミリくらいの分解能で信号を画像化できます。

量子力学の結論といってしまえばそれまでかも知れませんがNMRは古典電磁気学の範囲で十分説明されていると思います(勘違いかも?)。核スピンによる自由な電磁エネルギーの吸収と放射については曖昧です。波動関数の収縮・膨張を言うと携帯のアンテナまで一個の電子からの放射・吸収の合成になると考えてしまいます。

MRIのような大量の光子(マイクロ波磁エネルギー)を扱うには古典電磁気学で十分なのではないでしょうか。複数の核スピンを同相で合成しても0.数ミリ単位の大きさの発振源からエバネセント(誘導場)ではなく、自由な長波長電磁波としてエネルギーを取り出せることをどう考えれば良いのでしょうか。

アンテナ技術から見るとこの不思議な現象に対して適切なコメントをどうかよろしくお願いします。

通常ダイポールアンテナは波長程度の大きさを持ちます。通信機の出力インピーダンスが数十オームであり空間のインピーダンス377オームと整合を取り放射効率を上げるというのが一般的な考え方のようです。

原子核のサイズで空間を見たときそのインピーダンスは殆ど無限大か殆どゼロに等しく古典電磁気学ではとても放射できるとは思えません。
しかしMRI画像は0.5ミリくらいの分解能で信号を画像化できます。

量子力学の結論といってしまえばそれまでかも知れませんがNMRは古典電磁気学の範囲で十分説...続きを読む

Aベストアンサー

#2,#5です。またまた断片的なコメントですが。

NMRについてはブログを書いたかたが専門家で、私は間違えているのかも知れませんが、インピーダンスマッチングはNMR現象とは別の工学的な話であって、あまりこだわらないほうが良いと思うのです。核スピンと検出器とのエネルギーのやりとりというふうに考えると、マッチングが気になるのはわからなくもありませんが。
NMR信号受信に関して、RFコイルのインピーダンスを50Ωに取るのは、純粋に同軸ケーブルや増幅器のインピーダンスにマッチングさせるためですが、それは定在波ロスとかによる信号雑音比低下を最小にしようとしているものです。あるいは前置増幅器のNFが50Ω信号源でベストとなるように設計されているとか。別に50Ωでなくても良いですし、実際にインピーダンスマッチングを全然取らない受信コイル系もあります。

「理論だけではなく”誘導放出ではエネルギーは取り出せない”ということを実験的に証明された事実はあるのでしょうか」
→Hoult論文は、「誘導放出は否定しないけどそれで説明できる信号レベルは実際の観測される信号レベルにはるかに届かない。観測される信号レベルは電磁誘導で説明される」、ということを実験レベルで証明したものだ、というふうに私は理解しています。(でも熟読理解していません。)

入力の場合って、RF励起のことですね。やっぱり量子力学的な誘導吸収だと思ってます。というか、教科書的にはそう扱われているので、私としても特に疑問を持っていない、ということです。でも、光子(電磁波)を介在させて記述するかどうかは流儀の問題に過ぎないんじゃないでしょうか。
同様に、光子とか輻射とかアンテナとか言うのが間違いかどうかはわかりませんが、それによって考え方が狭められるとしたら、ちょっと離れたほうがよいのではと思います。

前記マッチングの話に戻ります。入力(RF励起)の場合の電磁誘導現象とマッチングは別の意味で重要です。RFエネルギーは人体でマクロ的に吸収されます。それは電磁誘導による渦電流損失です。それに比べたら微々たる量のRFエネルギーがNMR励起に回るのみです。このNMR励起のメカニズムは電磁誘導とは別物です。渦損失は巨大であるため、励起コイルから見たインピーダンスを支配します。巨大なRFエネルギーをなるべく無反射で扱うために、RF励起コイルはしっかりインピーダンスマッチングを取ります。ですが、このインピーダンスマッチングはNMR現象とは無関係です。
これを翻って考えてみると、NMR信号検出時のインピーダンスマッチングもNMR現象と無関係であることがわかるのではないでしょうか。クロスコイルでなくて、シングルコイルとしましょう。そのとき送信時の負荷インピーダンス(人体の渦電流損失で決まる)は、受信時の信号源インピーダンスと同じです(相反則と言います)。受信コイルの見る信号源インピーダンスはNMR現象とは無関係の、渦電流によるインピーダンスなのです。

#2,#5です。またまた断片的なコメントですが。

NMRについてはブログを書いたかたが専門家で、私は間違えているのかも知れませんが、インピーダンスマッチングはNMR現象とは別の工学的な話であって、あまりこだわらないほうが良いと思うのです。核スピンと検出器とのエネルギーのやりとりというふうに考えると、マッチングが気になるのはわからなくもありませんが。
NMR信号受信に関して、RFコイルのインピーダンスを50Ωに取るのは、純粋に同軸ケーブルや増幅器のインピーダンスにマッチングさせるためですが...続きを読む

Q空気中の赤、水中の青

 信号の止まれが赤なのは、空気中では赤がもっとも遠くまで光が届くからと言うことです。
 それに対して最近のイカ漁は青色発光ダイオードを使うそうですが、それは海中では青がもっとも深くまで光が届くからだそうです。
 光と媒質?(光は真空中も伝わるので空気や海水は媒質とは言わないのでしょうか)の関係を分かりやすく教えていただけないでしょうか。
 よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

実は、空気も水も、光に影響を与えることは殆ど無くて、
影響したのは、ちりなどの不純物です。
空気中のちりは、レイリー散乱という現象が起こして、
長い波長の赤色は、散乱せずに遠くまで届く、
短い波長の青色は、散乱して近くでひかる、
ようなります。
それが、空が青く、夕焼けが赤い理由です。

海中のちりは大きいので、レイリー散乱の度合いは弱く
空気中ほど強く青を散乱させることはありません。
それが、海が空ほど青くない理由です。

信号機の赤は、
雨や霧でも、遠くから見えることになります。
でも、赤にした理由は、血の色と関係があると思います。

イカ漁は、漁火を発電するコストが高くなったので、
電球から効率のよい発光ダイオードに替えることになりましたが、
いろんな色をテストした結果、青色ダイオードの成果が良い、
ということになりました。

Q電圧測定時の緑(接地極)と赤・青(電源)について

お世話になります。
通信設備の直流電圧測定時にふと疑問が発生しました。

ちょっと長くなってしまいますが、最初に状況の説明をさせてください。


-48Vの電源を使用している分電盤があり、
その分電盤から装置に向けて「赤ケーブル(+)」と「青ケーブル(-)」が引かれています。

「 分電盤 」=====   「 装置 」


装置の電源ユニットに接続するケーブルは、上記「赤・青ケーブル」と、集合接地板から伸びている「緑ケーブル」の3本あり、極性確認のため直流電圧測定をしました。


「 分電盤 」=====   ←測定ポイント   「 装置 」
           | ̄ ̄
           |
       「 集合接地板 」


ここからが質問になります。

この測定で、緑と青ケーブルにテスターを当てた時に-48Vの電圧が確認できました。
青ケーブルは基準電位から見てマイナス48V、緑ケーブルは接地極で0V。数値としては問題ありません。

しかし、測定するのにはテスターの両ケーブルと測定ケーブルの回路が繋がっていなければ測定出来ませんよね?
今の状況ですと緑ケーブルと青ケーブルはテスターで繋げた箇所しか物理的に接続されていないように見えるのですが、反対側はいったいどこで繋がっていと思われるか教えてください。

私で考えられたのは、

テスター ⇒ 測定ポイントの緑ケーブル ⇒ 集合接地板 ⇒ 集合接地板に繋がってる分電盤のアース線(存在するのか未確認) ⇒ 分電盤内のこの装置向けの青ケーブル ⇒ テスター

というような構成しか思いつきませんでした。

お手数ですが、アドバイスお願い致します。

お世話になります。
通信設備の直流電圧測定時にふと疑問が発生しました。

ちょっと長くなってしまいますが、最初に状況の説明をさせてください。


-48Vの電源を使用している分電盤があり、
その分電盤から装置に向けて「赤ケーブル(+)」と「青ケーブル(-)」が引かれています。

「 分電盤 」=====   「 装置 」


装置の電源ユニットに接続するケーブルは、上記「赤・青ケーブル」と、集合接地板から伸びている「緑ケーブル」の3本あり、極性確認のため直流電圧測定をしました。


「 分電盤 」==...続きを読む

Aベストアンサー

アースされている。
分電盤、柱上トランス、発電所の発電機、その他・・・もアースされているのでは?。
アースでつながっています、そのためのアース(接地)でもあります。

Q白青赤のそれぞろの光の海水における吸収

白青赤のそれぞろの光の海水における吸収

先日
水の光の吸収係数に関して質問したのですが
以下の内容の返事が返ってきました。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6192227.html
数学、物理とも苦手で自力で計算することは出来ませんでした。
そこで、質問なのですが、
海水における白色の光と青色の光、赤色の光の吸収のそれぞれの差が知りたいです。

赤色は青色より3倍(2.9倍)届くと出ていますが、白色との差はどれくらいのものでしょうか?
あと計算式も記入してください。

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

すべての可視光を合わせると白になるのだから白と他の色を比較するのは意味がありません
水の質によって変動する係数を含むので実験で求めるのです

QN/cmをN/mmにするには

二点支持の単純ばりの等分布荷重についての計算問題において、支点AからBまでにW=8N/cmという等分布荷重がかかっているのですけれども、この場合は恐らくN/mmという形に変換して計算式にあてはめればできると思うのですけれども、どうやって変換すればよいか教えて下さい。

Aベストアンサー

 
1cm=10mm
N/cm=N/10mm
10で割ればよい

 


人気Q&Aランキング

おすすめ情報