今、学生です。先日、知人の関係で、某有名出版社の雑誌のインタヴューを受けました。内容は、学生生活と、その学校案内といったようなものでした。知人に、どうして出てくれと言われてのことでした。
ところが実際に出版された物を見てみると、取材の内容からは想像できないくらい脚色されいる事に驚きました。かなり滑稽な感じに編集されており、誹謗中傷とまではいかないにしても、大変不愉快な内容です。こちらは誠実にインタヴューに応えたつもりでしたが、相手の不誠実さに怒りと驚きを感じています。
僕の名字にしても間違っており、全く違った名前で掲載されています。大変不愉快です。
しかも写真もいくつか載っているのですが、その横には事実と異なる、大変不愉快な記事が載っています。
相手の事を全く考えない取材者の姿勢に驚かされました。両親にも見せたところ、同様に怒りを感じていました。
この事に対しては、何か手段を使って正面から抗議するつもりです。
そこで質問です。こういった場合の抗議の手段として、何が有効でしょうか?

具体的に教えて下さい。
例えば、自分で言った方がいいのか、親に言ってもらった方がいいのか、メールがいいのか、それとも電話か、手紙か、本人に言うのか、編集部か、編集長か、など、なるべく具体的にお願いします。
その外にも何か有効な手段があればお願いします。
例えばネットなどで、こういった事実を公に訴える事が出来る場所は無いでしょうか?
また、(名前の)印刷ミスを次号で訂正するようにも要求するつもりです。
もう一つ、取材の前に知人は、取材費が出るから、と言っていましたが、いまだ何も受け取っておりません。取材前に取材者に直接確認もしなかったので、この際、取材費が出ない事はしょうがなく思いますが、通常は出る物なのでしょうか?
色々質問させてもらいましたが、回答よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 お気持ち、わかります。

私も自分が載った雑誌を開いて唖然とした経験があります。それに私が取材を受けたときの雑誌編集者の不誠実さは、今思い出しても腹が立つ(それまで個人的付き合いで好感を持っていた人だけに、余計に)。要するに彼らは「載せてやる」という意識なんですね。

> 例えばネットなどで、こういった事実を公に訴える事が出来る場所は無いでしょうか?

 マスコミ関係が話題で不特定多数の人が読んでいる場としては、「2ちゃんねる」のマスコミ掲示板があります。

http://natto.2ch.net/mass/index2.html

 ただしここは匿名告発の場であり、誹謗/中傷なんでもありです。慎重に判断なさってください。

参考URL:http://natto.2ch.net/mass/index2.html
    • good
    • 0

かつて、似たような経験をしたことがあります。

あるラジオ番組に素人として出演したのですが、後日オンエアを聴いたところ、当日の収録とは全く違う内容に編集されていて驚きました。私の肩書きもいつのまにか「女子大生」ということになっていて(実際は違います)二度びっくり。
また、取材費とはちょっと違うのですが、某テレビ局で番組の小道具を作るバイトをした際、バイト料の振り込みがなんと10ヶ月後!!だったことがあります。この頃は学生だったのですが、大手の有名テレビ局にもかかわらずのずさんな対応に怒りを通り越し呆れかえった憶えがあります。
訴えに関しては、kikumaroさんのご説明通りの手順を踏んでいただくとして、取材費だけでもある程度は取り返すべきでは?
出版社にもよると思いますが、取材費などギャラに関する規定は特になく、金額については大体口約束で、書面を取り交わすようなことはほとんどしません。受け渡しも当日手渡しや銀行振り込みなどいろいろです。
最後に、雑誌協会のHPをご紹介します。主立った出版社が加盟しており、今回トラブルになった雑誌も関係していることと思われます。

参考URL:http://www.j-magazine.or.jp/FIPP/FIPPJ/mokuji.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

マスコミは情報が命だとばかり思っていたんですが、僕の記事だけでこれほど事実と異なる脚色をされるとは思いませんでした。雑誌全体のレベルが知れるように思います。また改めてみていたら、学校紹介の欄の学費も違う事に気が付きました。
僕の掲載号を送ると約束したきり、未だ連絡もなにもありません。理解に苦しみます。

お礼日時:2001/05/14 21:46

あなたがそれほど憤慨しているならば、まず最初に出版社編集長あてに手紙を送り、謝罪と記事の訂正文書掲載を申し込むべきです。


手紙には当然、出版社からの回答待ち期限を記入しておく事を忘れずに。
出版社および編集者に良識があれば、何らかの回答があなたのもとにあると思われます。

もしこれで何らかの回答が得られない場合は、『内容証明郵便』で、再度出版社に送ってください。要するに、名誉毀損で訴える構えを見せるのです。
内容の書き方とか、一定の記入方法は決まっていますので、これは司法書士事務所で教えてもらうといいでしょう。
これを送ることにより、絶対に出版社から何らかのアクションがあなたのもとにあります。

あとはあなたと、出版社の交渉次第です。
どうしても訂正してもらわねば、収まりがつかない!と思われるならば、弁護士を裁てるとか強く出て交渉してください。

ところで、取材を受けるにあたって、『書面』による契約は交わしてますか?
『口約束』は立場上弱いですから、取材費に関しては難しいでしょうね。
ひょっとしたら、仲介した友人に支払われている場合もありますから、確認してみたら?
雑誌に書かれた内容にもよりますが、著しく名誉毀損されていない場合などは、やれるとしても、せいぜい訂正文書の掲載と謝罪のみでしょう。

ところで学生との事ですが、未成年ですかね?
未成年ならば、まぁ、親と共に交渉した方がいいのでしょうが、成人なら、親に言ってもらうとか、そんな子供みたいな事は辞めましょうよ。
相談とか、その類のものだったらいいのでしょうが、交渉事にまで担ぎ出すのは見たり聞いたりしていても、結構情けないものですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。早速参考にして、行動に移したいと思います。
ちなみに、まだ未成年です。

お礼日時:2001/05/14 21:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「保育園落ちた日本死ね!」というブログも「教えて!あげるヒゲの隊長」という動画も、日本の現実的事実を

「保育園落ちた日本死ね!」というブログも「教えて!あげるヒゲの隊長」という動画も、日本の現実的事実を発信して多くの人に共感をえていますが、安倍政権の政策はツッコミどころが満載で穴だらけ庶民生活軽視してるってこと?

Aベストアンサー

というか、今の自民党政権は大企業や富裕層向けの政策しかしてきてないですね。
だから、下々の感情や生活なんてものが分かっていないのだと思いますね。

Q一般人に長期密着した取材は取材費を払っているのでしょうか?

こんにちは。

特に宣伝を必要としていない一般人に長期密着して取材する時など、マスコミ側は個人に対して取材費を払っているのでしょうか。
それとも取材費は払わずに、記念品やお土産などを渡しているのでしょうか。
また、フリーライターや作家など会社に属していない職業の方が一般人に取材する時も取材費は支払っていないのでしょうか。

教えて頂けたらありがたいです。

Aベストアンサー

御礼はします、けれどもお金を払うことはありません。
ちなみに純粋な一般人を長期取材することはありません。
一般人とは名乗っていても、講演家であったり、何らかの活動を応援されてらっしゃったり…。
気になるならその方の名前を検索してみるとよろしいでしょう。
基本的に取材はギブアンドテイクです。

Qブログに悪口を書かれました

はじめまして、質問させて下さい。

知人のブログ(yahoo!ブログ)に悪口を書かれました。
事実ではないことが8割以上、
読む人が読めば私のことだとすぐに分かるような書き方だったので、
削除をお願いしましたが応じてくれません。

何か打つ手はないのでしょうか?

Aベストアンサー

はじめまして、質問拝見しました。

知人のブログに自分の悪口を書かれたとご記入されましたが、harunafufuさんとその知人とのトラブル等は何かありましたでしょうか?
気がつかないうちに知人を傷つけてその恨みで悪口を書かれたかもしれません。

思い当たりがあるなら素直に謝ってあげてください。

もしそれ以外で何度言っても消さない場合は

信用毀損及び業務妨害罪という罪があります。(三年以下の懲役又は五十万円以下の罰金)
簡単に言えばブログや日記等に人の悪口を書くと罪になるということです。

詳しくは参考URLのwikiをごらんください。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A8%81%E5%8A%9B%E6%A5%AD%E5%8B%99%E5%A6%A8%E5%AE%B3

Q朝日新聞の優れた取材能力 取材記録は何処に?

70年前~100年前の日本軍の悪行を事細かに記事にするには、相当な取材能力があると思います。
特に東アジア圏、取り分け中国と朝鮮で行われたとする事件事故の記事が中国政府と韓国政府が発信する事案について、全て正しいと解釈できる記事を書かれています。
歴史的な事案を扱うものですから客観的な事実として朝日新聞が取材で得られた証拠とする資料の記事が見当たりません。日本の優秀な新聞社で有りますから証言だけで全国記事にしているとは思えません当然、色んな側面から取材をされて裏図けの元に記事を書かれているかと思います。
質問ですが、朝日新聞がよく取り上げる南京大虐殺と慰安婦に置ける取材で得られた資料または
記事の掲載は、どこで見れますか?また、いつの記事で見れますでしょうか?
これと同じ文面で朝日にメールを8月16日にしましたが返信、返答がまだありません

Aベストアンサー

記事は「聞蔵II」という記事データベースで探せると思います(有料契約)。

取材の記録や資料は,公になっている情報や資料であったり情報提供者が公開に同意したりした場合は見ることができますが,そうでない場合は取材源秘匿という原則があるので見ることはできません。

Qブログで会社名を実名で暴露すれば・・・

ある問題があって、その会社や担当者とのやりとりを実名でブログに記載していこうと思います。(もちろん事実のみです)
法的にまずいことがありますか?
写真や音声を入れてしまう場合もどうでしょうか?

Aベストアンサー

なぜブログで公開する意味があるのでしょう?
会社の営業機密を公開することは会社から罰せられることがあるかもしれません。

マスコミなり、どこかにリークさせれば良いことだと思いますが。

yugappiさんも何かしらの被害を被る可能性があるということを考えておいた方がよいと思います。

Q訴訟提起直後の被告側への取材は意味があるのか?

民事訴訟を提起した人が記者会見をした後、マスコミは提起された側(被告側)にもコメントを求める様子をよく見ます。決まって「訴状を見ていないのでコメントは控えさせていただきます」という内容です。
当サイトの別カテゴリーで「訴状が届くのはいつごろか」と質問させていただいたところ、2~3週間は掛かることが分りました。
とすれば、確かに、訴訟提起直後にコメントを求められても、被告側としてはコメントのしようがありません。
手掛かり(つまり訴状)が全くない状態よりも、きちんと訴状が届いてから被告側の考え方を取材した方が、よっぽど被告側の言い分や裁判に対する方針などが聞くことができて有意義だと思います。
どうして、馬鹿の一つ覚え(失礼!)のように、マスコミは訴訟提起直後に被告側にコメントを求める取材をするのでしょうか?

Aベストアンサー

民事訴訟など意見が対立している問題を報道する場合に、一方の主張だけを伝えたのでは不公平になりますので、報道機関としては被告側の談話(主張)は必ず取材・報道しなければならない性質のものです。ただ、提訴直後には被告側に訴えの内容が十分伝わっていないことも多く、ご指摘のように「訴状を見ていないのでコメントできない」と言われる場合もあります。

この問題について、かなり昔に警察・裁判担当の記者の仕事をしていたころ、私も質問者様と同様の疑問を感じていました。そこである民事訴訟が起こされた際、訴状のコピーを作って被告の会社に持って行って渡し、「こういう訴状が○○地方裁判所▽▽支部に出されました。X時間後に会社としてのコメントをお願いします」と取材したことがありましたが、会社の担当者は相当困惑していました。

このように訴状のコピーまで渡すかどうかは別としても、報道機関の立場としては、現実には「提訴内容を詳しく被告側に伝えて、できるだけ中身のあるコメントを取材できるように努める」ほかないと今も考えています。被告側に裁判所から訴状が届いてから提訴そのものを原告・被告双方の主張を入れて報道すればよいというのも、ひとつの考え方ではあると思いますが、提訴の事実を知った以上、ニュースとして伝える価値があるものを、報道機関として何日も報道せずにおくわけにはいきません。また被告側のコメント(主張)だけを後日別に伝えるというのも現実的ではないと思います。

民事訴訟など意見が対立している問題を報道する場合に、一方の主張だけを伝えたのでは不公平になりますので、報道機関としては被告側の談話(主張)は必ず取材・報道しなければならない性質のものです。ただ、提訴直後には被告側に訴えの内容が十分伝わっていないことも多く、ご指摘のように「訴状を見ていないのでコメントできない」と言われる場合もあります。

この問題について、かなり昔に警察・裁判担当の記者の仕事をしていたころ、私も質問者様と同様の疑問を感じていました。そこである民事訴訟が起こさ...続きを読む

Qブログ管理者はコメント欄の内容に責任は持たない?

お世話になります。

ブログの読者コメント欄に悪口が投稿された場合の対処についてお尋ねします。

概要
1 ブログのコメント欄の責任は、ブログ開設者・ブログ管理者にあるか、それとも投稿者にあるか?
2 誹謗中傷した相手の実名を挙げない場合、罪などは成立するか?
3 誹謗中傷内容の真偽の証明責任はどちらにあるか?

詳細
A氏が運営するブログ(無料レンタルブログ)の読者コメント欄において、B氏の悪口が投稿されていました。B氏の実名こそ挙げてありませんが、B氏が運営するHPアドレス、ブログアドレスなどを明記して、だれが対象者なのかを特定できるようにしてあります。

曰く
「こいつは犯罪歴がある」
「こいつはヤクザとつながりがある」あるいは「暴力団と非常に近い関係である」
「こいつは逮捕された」
「こいつの逮捕報道が新聞記事になった」
「こいつから脅迫されたことがある」「脅迫の証拠も持っている」
「みんなでこいつをぶち殺そう!」
「こいつの家に放火するぞ」
などなど、その人を犯罪者あつかいしたり、逆に危害を加える予告をしています。

しかし、これらの誹謗中傷はすべて全くの事実無根です。
しかし、ブログ管理者A氏はそれらの誹謗中傷コメントの裏どり取材などは一切せずに読者からのコメントをただただ無検閲で掲示しています。

なお、このブログ管理者A氏はコメント受付については
”管理者の承認後に掲載します”
”掲載に適切ではない内容のものは掲載拒否します”
としています。実際にコメント投稿しても即座には反映されず、半日、あるいは翌日ごろに掲載されるので、管理人が目を通していることは事実のようですが、コメント内容の真偽まではチェックしていないようです。
また、”掲載に適切ではないもの”というのは、下品な表現(ウ●チとか、オチン●ンなど)の投稿を指すとのことです。


B氏がブログ管理者A氏に対して、
「投稿コメントがすべて事実無根である事」
「それらのコメントを削除してほしいこと」
「犯罪歴や逮捕事実やヤクザとの関係が事実なのだと主張するならば、その証拠を提示してほしい。あるわけないのだから。」
を伝えましたが、それに応じないばかりか、以下のような反論をしてきました。

「たとえ個人が特定できるような状態だったとしても、個人の実名は挙げていないので個人の名誉棄損に当たらない」
「私はブログ読者の交流の場を提供しているだけ。文句があるなら探偵でも使って投稿者を割り出し、個別に交渉してほしい」
「何を書いても表現の自由の範疇だ」
「ネットの書き込みなんて所詮、便所の落書きと同じ。ナニ怒ってんの?」
「大勢の読者があなたの悪口を書き込むのはあなたが悪い人物だからだろう。多数決で決まり。自業自得だよ」
「証拠を示せ、というが証拠は各々の読者が持っている。
 私自身は彼らの言論の肯定も否定もしない。
 私があなたを”犯罪者である”と断言したことなど一度もない。
 あなたの悪口を言っているのは全部読者だけ。」
「私はマスコミや言論機関や捜査機関ではない。投稿内容の裏どり取材などは私の義務ではない」
「証拠を示せ、というなら、貴方の方こそ、これらの誹謗中傷がすべて無実であることを証明すればいい」
「事実無根の誹謗中傷だというなら、それはあなた自身がわかっていることでしょう。
 だったら胸を張って堂々と生きていけばいいだけの事。
 あなたを理解してくれる人はきっといるはずですよ。
 それとも自信がないの? 
 ”削除してください”なんてお願いするのだから、悪口は事実なんでしょうね」
「放火する、殺す、という投稿があったとしても、個人名や住所を特定していない限り、脅迫にはなり得ない」

などと、はぐらかした対応をしてきます。

さて、ブログ管理者A氏のいうとおり、読者の投稿コメントの内容を未確認のまま、無検閲で掲載したとしてもブログ管理者A氏には全く責任はないのでしょうか? 
(ブログは言論機関や捜査機関ではないから?)
全部表現の自由の範疇なのでしょうか?

また、個人を特定できたとしても、実名さえあげなければ、放火予告や殺害予告などは脅迫罪にあたらないのでしょうか?

お世話になります。

ブログの読者コメント欄に悪口が投稿された場合の対処についてお尋ねします。

概要
1 ブログのコメント欄の責任は、ブログ開設者・ブログ管理者にあるか、それとも投稿者にあるか?
2 誹謗中傷した相手の実名を挙げない場合、罪などは成立するか?
3 誹謗中傷内容の真偽の証明責任はどちらにあるか?

詳細
A氏が運営するブログ(無料レンタルブログ)の読者コメント欄において、B氏の悪口が投稿されていました。B氏の実名こそ挙げてありませんが、B氏が運営するHPアドレス、ブログア...続きを読む

Aベストアンサー

これは、A氏に対し損害賠償で訴えることができます。過去の判例が存在。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20080307/295666/
プロバイダを訴えるのもアリですが、プロバイダに削除要求を出し、それでもダメだったとき。

>3 誹謗中傷内容の真偽の証明責任はどちらにあるか?
真偽の確認は不要です。
たとえば、「こいつは犯罪歴がある」と書かれて、本当に犯罪歴があったとしても名誉毀損は成立します。(刑法230条。)
ゆえに、内容の真偽を確認する必要はないのであり、名誉毀損らしき表現があればバッサリ消してしまうのが普通の対応です。
誹謗中傷だと、「真実と違うこと」の意味になってしまうので、「名誉毀損」という語句のほうが良いです。
ふつう、こんなアホみたいな揚げ足は取らず、誹謗中傷という語句を使っても名誉毀損として処理するけど......

Q「取材源が秘匿」記事の信用確保はどのようにされる?

「関係者によると・・・」という取材源が秘匿された新聞記事があります。

通常、読み手は信じるしかないのですが、極端な批判記事であったり、余りにも新聞社や雑誌社側の方針に添った証言であったりすると、真実かどうか疑いたくなります。まったくの嘘ではないにしろ、取材源の秘匿を良いことに誇張して書いてみたりとか。

新聞社内もしくは、社会的に、このような記事の信頼性はどのように確保されているのでしょうか。どなたか教えてくれると嬉しいです。

Aベストアンサー

信頼性は担保されないと思います。

その新聞社や雑誌やテレビなどすべてメディアの情報を利用する態度して一歩引いてみることは必要でしょうう。
メディアリテラシーというのかな

今まがりなりにも報道とか言っているのは、担当のジャーナリズムに対する自負心と編集長の洞察力と会社の名誉によって成り立っているかなと思います。
しかしそれは現実の社会では脆弱なもので容易に崩れると思います。

実は学問の世界でも同じ様なことがあります。


旧石器捏造事件
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A7%E7%9F%B3%E5%99%A8%E6%8D%8F%E9%80%A0%E4%BA%8B%E4%BB%B6


科学の世界では精鋭がそろうアメリカのベル研究所で起きた高温超伝導にかんする捏造
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%B3


研究者の良心にたよる部分があり周りが見抜けないことがあります。

信頼性は担保されないと思います。

その新聞社や雑誌やテレビなどすべてメディアの情報を利用する態度して一歩引いてみることは必要でしょうう。
メディアリテラシーというのかな

今まがりなりにも報道とか言っているのは、担当のジャーナリズムに対する自負心と編集長の洞察力と会社の名誉によって成り立っているかなと思います。
しかしそれは現実の社会では脆弱なもので容易に崩れると思います。

実は学問の世界でも同じ様なことがあります。


旧石器捏造事件
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A7%E7%9...続きを読む

Qブログでこんな悩みありますか?

ブログを始めて何年か経ちましたが、自分の中で決めているルールがあるんです。
それは自分のブログの読者登録者のブログで共通のブログ仲間を作らない、ということ。
お互いに読者登録しているブログ(仮にAブログとします)があるとして、
そのAブログにもやっぱり読者がいます。(Bブログとします)

私はAブログを通じてBブログの読者になることはしないんです。
実は以前、そういう共通のブログ仲間がいたんですが
Aブログに訪問したときBブログの人が丁寧なコメント残しているのを見て
「この人、私のブログには滅多にコメント入れないのに」なんて思うことが何度もあったんです。
そして、「きっと私のブログは魅力がないんだ」なんて思って落ち込みました。

もちろん、そんなことは個人の自由ですし私には何も言う権利がないのは承知しています。
でもBブログの人は私のブログがきっかけでAブログの読者になったという事実をつい考えてしまうんです。

自分でも小さい人間だなぁと思います。
でもどうしようもないんです。

私と同じように考えているブロガーの方っていますか?
こういうこと話せる人がいないので、すごく悩んでいます。

ブログを始めて何年か経ちましたが、自分の中で決めているルールがあるんです。
それは自分のブログの読者登録者のブログで共通のブログ仲間を作らない、ということ。
お互いに読者登録しているブログ(仮にAブログとします)があるとして、
そのAブログにもやっぱり読者がいます。(Bブログとします)

私はAブログを通じてBブログの読者になることはしないんです。
実は以前、そういう共通のブログ仲間がいたんですが
Aブログに訪問したときBブログの人が丁寧なコメント残しているのを見て
「この人、私...続きを読む

Aベストアンサー

自分でルールを作って、それに外れずに行動できるというのは、
まじめだし、強い人なんだろうなと思います。

私もそう思うことはなくはないですが、私の場合、「気にするのが面倒だ」と思ってしまったので。

あと、私のブログを通じてほかのブログが仲良くしているのを見ていると、「あの面白いブログを私が広めることができてうれしい」と思ったりもするので、もともとそう思うことは多くないのかもしれません。

ただ、そういうことになるのがいやなら、ほかのブログとの交流をとめるしかなくて、そうじゃないなら、あなたのブログを中継点にほかのブログ同士が仲良くなるのは止められないですよね?
読者としては、それでいやな顔されたらその中継点となったブログにコメントするのを控えるような気がするし。

とはいえ、そのあたりを踏まえて、自分のルールで線を引くというのは無意味じゃないし、やっぱり「まじめで強い人だな」と思います。

あと、コメントに関しては、面白い、面白くない以上に、
「コメントする要素があるか」という部分もあると思います。
面白くても、それで完結してたら、コメントは入れづらいわけで。
なので、一概には言えないんじゃないかと。

自分でルールを作って、それに外れずに行動できるというのは、
まじめだし、強い人なんだろうなと思います。

私もそう思うことはなくはないですが、私の場合、「気にするのが面倒だ」と思ってしまったので。

あと、私のブログを通じてほかのブログが仲良くしているのを見ていると、「あの面白いブログを私が広めることができてうれしい」と思ったりもするので、もともとそう思うことは多くないのかもしれません。

ただ、そういうことになるのがいやなら、ほかのブログとの交流をとめるしかなくて、そう...続きを読む

Qまともな取材ではなく盗聴で記事にできるの?

共同通信が書いて配った百田騒動。

どうも話を合わせると、共同通信の記者が、ガラス越しに傍耳立てて盗聴した記事らしい。

なんで、ブルームバーグは、同じ記事でまともに書けるのに、他の新聞社では書けないのでしょうか?

■ブルームバーグ
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NQHQN16K50YG01.html
■琉球新報
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-244806-storytopic-3.html

Aベストアンサー

"まともな取材ではなく盗聴で記事にできるの?"
   ↑
勿論できます。
考えても下さい。
ウソ八百でもねつ造でも、何でも記事に
出来ているではないですか。

盗聴は道徳的に問題がある場合もありますが
それでも記事にするのは差し支えありません。


”なんで、ブルームバーグは、同じ記事でまともに書けるのに、他の新聞社では書けないのでしょうか?”
    ↑
耳が痛いからです。
人間、本当のことを言われると怒るのです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報