USBメモリからLinux(Ubuntu12.04)を起動できるようにしたんですが、
パーティションを分けてLinuxで使用していない領域をwindowsその他OSでストレージとして使うことは可能でしょうか?

またストレージ(メモリ)+無線LANのUSBアダプタという商品は存在するのでしょうか?

よろしくお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

USBメモリをLinuxなどのOSインストールディスクとして利用する場合は、無理でしょう。


全領域を1つのドライブとして利用するためです。
LiveCDなどでインストールしないで利用出来るものの場合

USBメモリにLinuxをインストールするなら、可能です
ただし、USBメモリにLinuxを入れるのは、あまりお勧めはしません
Ubuntuやfedora、CentOSを入れましたが、通常利用には非常にストレスのたまるパフォーマンスしか得ることが出来ませんでした

今って、USBメモリって500円程度から売られていますから、1つのUSBメモリで使わなくても買えばいいと思いますよ

この回答への補足

回答ありがとうございます
Ubuntuをインストールして使っています。
どのようにすれば可能になるのか簡単な説明もしくは、
参考になるサイトを教えてもらえないでしょうか?

現状で上記以外の通常利用にストレスは感じていないので、このまま使っていこうと思ってます。

ノートでの利用もあるので極力1つで済ませればと……

補足日時:2012/06/05 01:31
    • good
    • 0
この回答へのお礼

パーティションでFAT32を先頭に作り、その後ろにUbuntuをインストールしたところ
ストレージとして使うことができました。

ご迷惑をお掛けしました

お礼日時:2012/06/05 09:41

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QSDカード+USBアダプタ=USBメモリ??

使わなくなったSD(SDHC)カードを、100均のUSBアダプタに挿し、見かけ上USBメモリとしてデータ保存用に使っています。速度は遅いですが、気にしてません。

さて、この偽USBですが、WNDOWS OSからは、真のUSBメモリと同じように認識されるのでしょうか?
たとえば、
 8.1のシステム修復ディスクを作れるか?
 BOOT DISKとして機能するか?
などについて、教えてください。

Aベストアンサー

つながっているものがUSBメモリなのかカードリーダ+SDカードなのかは、USBデバイスクラスを見て判断していると思われます。以下のリンクから、USBDeViewと言うツールを入手すれば、つながっているデバイスがどのデバイスクラスに属しているかが調べられます。なおページの先頭に名前がよく似た「USBView」と言う別のツールがあるので、そちらで見ることも可能ですが、USBDeViewの方が見やすいと思います。

http://www.geocities.jp/zattouka/GarageHouse/micon/USB/USB3.htm

で、こいつを起動すると過去につないだことがあるデバイスまで一覧表示されるんで、Connected欄がYesになってるものが今現在つながっているものです。問題のアダプタをつないだ状態でこいつを起動して、Device Typeがどう表示されるかが注目点。USBメモリやHDDだと、ここは「Mass Storage」になります。しかしカードリーダや、見た目はUSBメモリだけど中身はMicroSDとかのアダプタでは違う内容になる可能性があります。

またリストをずっと右の方にスクロールしていくと、USB SubClass(表示はUSB Sub...かも)という欄があって、USBメモリかHDDではここが「06」なのが標準らしい。他にもいろんなパラメータがあり、手元にカードリーダがないんで、現状ではこれ以上調べられませんが、パラメータの内容がなんちゃってUSBメモリやカードリーダと、本物USBメモリ・HDDとは異なるから、起動可能デバイスとして認めてもらえないという結果になることは確かです。

カードリーダであっても、USBメモリと全く同じデバイスクラスのパラメータを持つものだったら起動できるはず、ただしそのような製品がUSBの規格として認められるかどうか?ってことが問題になるでしょうね。

つながっているものがUSBメモリなのかカードリーダ+SDカードなのかは、USBデバイスクラスを見て判断していると思われます。以下のリンクから、USBDeViewと言うツールを入手すれば、つながっているデバイスがどのデバイスクラスに属しているかが調べられます。なおページの先頭に名前がよく似た「USBView」と言う別のツールがあるので、そちらで見ることも可能ですが、USBDeViewの方が見やすいと思います。

http://www.geocities.jp/zattouka/GarageHouse/micon/USB/USB3.htm

で、こいつを起動すると過去につな...続きを読む

Qスマホのストレージのその他を、誤って削除してしまいました。復元方法などあるでしょうか……

スマホのストレージのその他を、誤って削除してしまいました。復元方法などあるでしょうか……

Aベストアンサー

無料のスマホ復元ソフトでなくなったデータを検出できるかどうかを確認しましょうか。
http://jp.easeus.com/android-data-recovery-software/free-android-data-recovery.html
ご参考になされましたら幸いです。

Q自作PC パーティション分け

今度新しく作るPCで、HDDを500GBにしたんですが、Cドライブ・DVDドライブ、それぞれどのぐらいで分けるのがちょうどいいのでしょうか?
半分ずつだと、Cドライブは多すぎるかなぁと思うのですが、どうなんでしょう?
自分としては、Cドライブに100GBまたは150GB、残りをDドライブ、という風に考えています。

Aベストアンサー

>Cドライブに100GBまたは150GB、残りをDドライブ
それで正解ですね。Cドライブには100Gがないとアプリケーションの肥大化とWindowsセキュリティ更新ファイル等が多数有りすぐに一杯なってしまいますね。

QHDDの1プラッタ毎のパーティション分けについて

HGST製の商品名:0S03191、型番H0S03191 3/7/2Tを使用しているのですが。
このHDDのパーティションを1プラッタ毎、例えば、Dドライブで1プラッタ、
Eドライブでまた別の1プラッタを使用するというようにしたいのですが、
どのようにパーティション分けをすればよいでしょうか。

Aベストアンサー

HDDでふつ~にパーティション作成すると、
1枚目ディスクの表面、裏面、2枚目のディスクの表面、裏面と使っていきます。
ただし、この時に1枚目表面を使い切ったら…というふうには進みませんので、特殊なドライバでも作らないと無理…ということになります。
# 「HDD シリンダ」辺りで検索して下さい。

1プラッタの容量が上がると…低容量のモデルは、
「ヘッドの数を減らす」(2プラッタ 3ヘッドとか)
「内側のシリンダを未使用とする」
などの処理がされることになるかと。

QAtermのusbストレージにアクセス無理 mac

NEC Aterm WR8700N を使っております。

そこでwindowsのパソコンとmacのノートのデータのやり取りをこのatermのUSBストレージでやりたいと思っています。

完結にいうと、macのノートからアクセスできません。

8GBのUSBをスロットにさしました。そうしてネットで調べながら、macで「移動→サーバーに接続」で、smb://USBのコンピューター名/USBの名前 で接続使用と思いました。
ファイル共有とかもONにしています。

パスワードとかも入力して、接続できていると思うんです。(以前上記のmsbのコマンドてきなのが間違っている時ははじかれていたのが今はないので)が、しかし、それで接続を押しても何も表示されないのです。

そしてなぜかたまにUSBストレージが表示された!かとおもうとすぐに消えたり・・・

意味が分かりません。

誰かご存知の方はお力をお貸し願います。
ご返答お願いします。

Aベストアンサー

Aterm WR8700NはUSBストレージではありませんが
Aterm WR8700Nが何かを知らないのはNo.1氏だったりしますけどね。

現在では、多くのルーター装置とNAS装置が、同じLinux系の組み込みOSで動いています。
ですから、ソフトウェア的には、ルーター装置に、NAS装置と同等に、Sambaによって
SMB(CIFS)プロトコルによるファイル共有機能を追加することができます。

そういった簡易NAS機能付きのルーター装置の存在を
知らない人も少なくないでしょうから、まぁしかたが無いことです。

で、それが認知されにくい原因の一つは
それが性能面で優れていないためでもあります。


うちにはLinux系OSしか常用していないので、Windowsネットワークは常用しないのですが
スマフォで使うために、Sambaによるファイル共有は使えるようにしてありますが…

最新のAtermの簡易NAS機能が、5MB/s程度の速度しか出なくて困惑しています。
Linuxによるファイルサーバーからであれば、25MB/s程度の速度が得られますから
おそらくルーター装置本来の処理を優先し、簡易NAS機能はあえて遅い仕様になっているのでしょう。


MacOSXも一時期はSambaを標準のWindowsネットワーク対応機能として使っていましたが
その後、Apple独自の実装に切り替えられているので
なにかしら、特別な問題が起きている可能性も無いわけではありません。

時系列的には、WR8700Nの発売の後に、MacOSXの独自実装への移行が行われています。
WR8700N発売当時のMacと現在のMacでは、プロトコル実装が根本的に違うわけです。


現行の専用のNAS製品のほうが安心だと思いますし
高速なNASを求める場面では、AtomのMini-ITX M/Bとかを使って
ファイルサーバーを建ててしまうほうがいいかもしれません。

ファイル共有の速度は、いろんな要素で遅くなることがありますが
Linuxでファイルサーバーを作れば、MacOSXとの間はNFSやAFPでも繋ぐこともできます。
(うちはLinuxばかりなのでNFSを常用しています。)

SambaもSMB2.0を有効にしてやることで、小さいファイルを多数受け渡すようなときに
Windows7,8などなら、XP世代のSMB1.0よりも高速化することが期待できます。


基本としては、WR8700Nのファームウェアの更新を検討すべきですし
Apple側にも問い合わせる必要があると思います。

ルーターのファームウェアは、あまり頻繁に更新されるものでも無いので、すでに最新版になっているかもしれません。
再設定が必要になることもあるので、あまりいじりたくないところだとも思います。

Aterm WR8700NはUSBストレージではありませんが
Aterm WR8700Nが何かを知らないのはNo.1氏だったりしますけどね。

現在では、多くのルーター装置とNAS装置が、同じLinux系の組み込みOSで動いています。
ですから、ソフトウェア的には、ルーター装置に、NAS装置と同等に、Sambaによって
SMB(CIFS)プロトコルによるファイル共有機能を追加することができます。

そういった簡易NAS機能付きのルーター装置の存在を
知らない人も少なくないでしょうから、まぁしかたが無いことです。

で、それが認知されにくい原因の...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報