大学の授業で「方丈記」を使っているのですが
その最終章「三界はただ心ひとつ」と「静かなる暁」にコメントをしなければなりません。
コメントの内容は文法的なことや様々な本の解釈の違いなど”方丈記の研究”といったようなものです。
例えば「方丈記には”おのづから”という言葉が○回出てくるが、それは鴨長明が~という理由で世間との隔たりを強調したかったからだと考えられる」などです。(例が悪いかもしれません;)

私が古典を専門で学んでいればこのような踏み込んだことも分かるのですが、何しろ古典研究の専門用語も分からない状態なので(古典学習は高校で終わってしまいました・・・;)どんな本を読めば分かるのか、どんなことを言えば研究コメントとして成り立つのかも全く分からないのです。(質問しといてすみません)

最終章なので方丈記全体に対しての研究やこの二章の細かいところの指摘でも、「この本なら載ってるかも」や「こうゆう研究があった」などあったら是非教えてください!!お願いしますm(_ _;)m

質問自体が分かりにくかったら言ってください。

A 回答 (1件)

知り合いの国語の先生に勧められました。


堀田善衛氏の「方丈記私記」がいいらしいです。

参考URL:http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4480022635.h …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q方丈記!鴨長明

『ゆく川の流れ』の「~夕べを待つことなし。」まで現代語訳してほしいです(><)
出来る方おねがいします!!

Aベストアンサー

 ご参考までに
 http://www.google.co.jp/gwt/n?safe=on&client=ms-docomo-jp&q=%E6%96%B9%E4%B8%88%E8%A8%98+%E8%A8%B3&hl=ja&ct=res&oi=blended&sa=X&ei=d3tQStC4HJTW7APjwvND&cd=2&resnum=2&output=xhtml1_0&source=m&rd=1&guid=on&u=http:%2F%2Fwww.h3.dion.ne.jp%2F~urutora%2Fhoujouki.htm

Q方丈記の冒頭、「ゆく河の流れは…」について。

 方丈記の冒頭、「ゆく河の流れは絶えずして、~消えずといへども、夕べを待つことなし。」までの文章が、何を言っているのかよく分かりません。

 現代語訳を何度読んでも、結局のところは何が言いたいのか?といつも悩んでしまいます。

 中学1・2年生にも分かるくらいの説明で、教えていただけたらこの上なく光栄です。お願い致します。

Aベストアンサー

川の流れは永遠に流れ続けて止まることが
ありません。
その水面の泡は出来たり消えたりして
その寿命はとても短いです。

人間も同じです。
今日は健康でも明日には病気になるかも知れず
死ぬかもしれません。
今は幸福でも、いつまで続くかは誰にも
わかりません。
つまり一定というものはないんです。
すべてのものは絶えず変化し続けているんです。

人の命も幸せも、とてもはかなく、壊れやすいものです。

Q方丈記の内容

方丈記の内容で、

道のほとりを見れば、車に乗るべきは馬に乗り、衣冠・布衣なるべきは、多く直垂を着たり。

の部分ですが、「道のそば(を行く人)を見ると、車に乗るべき人が馬に乗って、衣冠や布衣を切るべき人が直垂を着る」という意味になりますが、これは何を意味しているんですか?教えてください。

Aベストアンサー

「都遷り」の一節ですね。

衣冠:貴人の礼装
布衣:六位以下の官人の服装
直垂:武家の平服

です。
牛車に乗り衣冠や布衣を着用すべき公家が、馬に乗り直垂を着るという武家風の風俗に染まってしまったことを嘆いている場面です。

Q方丈記

方丈記にある有名な文
「仮の庵もややふるさととなりて,軒に朽ち葉深く,土居に苔むせり.」
の「苔むせ」についてお尋ねします.

手もとの本では四段動詞「苔むす」の命令形となっているのですが,私には「命令」というニュアンスがまったく感じられず,納得できません.

これはどういうことなのでしょうか.
已然形ではいけないのでしょうか.

よろしくお願いいたします.

Aベストアンサー

どっちだっていいんです。

完了の「り」は四段活用の已然形接続という説明が主流だと思いますが、
参考書によっては四段活用の命令形接続という説明もあるのです。

私もどちらかというと已然形接続のほうがしっくりきます。

Q「序章」のあとは1章?2章?

質問タイトルどおりです。
ご存知の方、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

1章です。
序章はつまり前書きであり、数には数えません。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報