GC-MSでは感度が常に変化するといいますが、なぜなんでしょうか。だからこそ内部標準物質を
使用するということはわかるのですが、そもそもなぜ、どういった原理で感度が変動しやすいというのでしょう?
よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

rei00 です。



MiJun さんがお書きの「Chemical Reviews」は Volume 101, Issue 2 (February 14, 2001) ですね。「FRONTIERS IN MASS SPECTROMETRY」との副題の特集になっています。個々の総説のタイトルなどは参考 URL のペ-ジを御覧下さい。

ただ,ご質問の内容に対してはこれらは専門的すぎるような気がします。


で,なぜ感度が常に変化するかですが,これは感度が変化するというよりは,イオン化効率が変化するといった方が正確です。

GC-MS との事ですから,イオン化法は EI(電子衝撃イオン化)か CI(化学イオン化)と考えて以下回答します。

これらのイオン化の機構は,MiJun さんがお示しの関連質問(QNo.70359)中で私が紹介した成書などを御覧いただいた方が良いのですが。簡単にいいますと,EI では電子を試料にぶつけて試料中の分子の電子を1個弾き飛ばします。また,CI では電子を反応ガスにぶつけてイオン化し,ここで出来たイオン(カチオン)と試料中の分子を反応させてイオン化します。

この様に,いづれの場合も MS の測定は分子そのものの性質を測定しているのではなく,分子に何らかの反応を起こさせた結果を測定しているわけです。

ここで,この反応の起こる程度(これがイオン化効率です)を規定している要因が解明されていないため,そのコントロ-ルはできません。したがって,測定の度にイオン化効率は異なってしまうのです。


いかがでしょうか。必要でしたら補足下さい。

参考URL:http://pubs.acs.org/subscribe/journals/chreay/jt …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 納得できました。なぜ、そんな変動の多い機械をつくったんだとか思ってたら、そもそもそのイオン化効率とやらの要因が解明されてなかったのですか!いろんな本をみたんですがこの基本的?なところが結構、書いてないので(私の調べる限り)、困ってました。 ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/14 18:16

MiJunです。


追加(?)情報です。
Chemical Review Vol.?No.?、2001
でMSの特集が組まれてます。

ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 またまたありがとうございます。運良く?大学の図書館にこの雑誌がありました。しかし、英語…気合でがんばります。

お礼日時:2001/05/14 18:11

直接的な回答ではありませんが、以下の参考URLサイトに関連質問の回答があります。


「EIMS(低分解能、高分解能)、GC/MS,(CIMS)」
http://www.jpo.go.jp/ryutu/map/ippan12/2/2-2-1.htm
(パテントマップ:GC-MSの課題と解決法)

さらに、以下の参考URLサイトに関連質問の回答があります。
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=70359
この中でrei00さんが紹介されている成書等にあたられては如何でしょうか?

あるいはTOPページで「質量分析」と入れて検索するとHitしますので参考にして下さい。

ご参考まで。

参考URL:http://www.jeol.co.jp/Technical/AI/MS/MS-Technic …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

情報ありがとうございました。さっそく、みてみようと思います。

お礼日時:2001/05/13 13:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q疾病を有する確率 (有病率、感度、特異度)

医師国家試験等で出題される感度、特異度に関する問題の考え方について教えてください。

有病率、感度、特異度から2×2のクロス表を作り、陽性反応が出た場合の確立を求める問題です。
有病率20%、感度90%、特異度80%としたとき、
   あり なし
陽性 180 160 340
陰性   20 640 660
計   200 800 1000
といったクロス表が作れると思います。

検査陽性であったとして、「本当に疾患を持っている確率」を求めるとき、
回答では
真陽性の確率
 有病率20%(0.2)×感度90%(0.9)=0.18
偽陽性の確率
 病気でない確率1-有病率20%=80%(0.8)×1-特異度80%=20% = 0.8×0.2=0.16
検査陽性の確率
 0.18+0.16=0.34
検査陽性のうち真陽性の確率
 0.18÷0.34=0.529
となるようです。

解き方に至る過程は分かるのですが、私の理解度が低いためどうもしっくりきません。
というのも、最初にこの問題を見たときに「検査陽性であったとする」というのであれば、
そこから疾患を持っている確率を考える訳ですから有病率や特異度は関係なしに、
 感度90%=90%の確率で真陽性
になるのではと単純に考えてしまい、この考えが頭から離れません。
そもそも、感度とは「疾病を有する者を正しく疾病ありと診断する率」なわけですから、
「検査陽性であったとする」という前提条件から考えると、そこから単純に感度=疾病を持っている可能性になる気がするのです。

趣味で疫学を独学で学んでいるものですから、相談する相手もいなく困っております。
よろしくお願いします。

医師国家試験等で出題される感度、特異度に関する問題の考え方について教えてください。

有病率、感度、特異度から2×2のクロス表を作り、陽性反応が出た場合の確立を求める問題です。
有病率20%、感度90%、特異度80%としたとき、
   あり なし
陽性 180 160 340
陰性   20 640 660
計   200 800 1000
といったクロス表が作れると思います。

検査陽性であったとして、「本当に疾患を持っている確率」を求めるとき、
回答では
真陽性の確率
 有病率20%(0.2)×感度90%(...続きを読む

Aベストアンサー

>感度とは「疾病を有する者を正しく疾病ありと診断する率」
>なわけですから、
>「検査陽性であったとする」という前提条件から考えると、
>そこから単純に感度=疾病を持っている可能性になる気がするのです。

「検査陽性であったとする」の中には病気で無いのに病気と
診断された人が当然含まれています。
「感度」は有病の人を正しく陽性と判定する確率で、無病の人を
誤って陽性と判定することは全く含まれていません。

有病率が低い場合、特異度が低いと陽性の大半が偽陽性
になるので、感度がいくら高くても診断の陽性的中率は
下がってしまいます。

感度と陽性的中率が全く違うというのは、
確かテレビドラマにもなりましたね。

理屈としては単純です。よく考えてみて下さい。

QGC,GC/MSのカラムで・・

野菜、穀物の農薬検査でGC(DB-1,DB-210),GC/MS(DB-5MS)を使っています。カラム内の追い出しやクロマトのベース安定の為に使用する前に約1時間(使用温度↑)、メソッドでも分析後に1時間位焼いています。焼き初めてからリテンションタイムがどんどん早まってきました(特にDB-210が0.2ずれたことも・・)。以前はほとんど安定していたのですが・・。MSではインジェクション、カラム、インターフェースを使用温度↑で焼き過ぎた為、フェルールが入り口で焼かれすぎてくっついてしまい、インターフェースからカラムをとるのが大変だった事も起きました。焼き過ぎてカラム内の液層が流れて劣化が早いとも言われました。カラムの焼きは必要か否か?可ならどれくらいでしょか?

Aベストアンサー

分析の都度カラムコンディションは必要無いと思います。

インサートの手入れやウールの交換、ガードカラムの交換。通常はこのような事で充分ではないでしょうか?カラム内の追い出しは分析温度で30分とか1時間とか流していれば充分だと思います。
不揮発成分の汚れはガードカラムの交換。ガードしていない場合はカラムを折ってしまうほうが良いですね。

カラムを安定した状態で長期間使用する為には、なるべく低温で分析することが必要です。「分析の合間にオーブンを開けておくほうがカラムの為には良い」とするカラムメーカーさんもいらっしゃる位です。
私はさすがにそこまでした事はありませんけど・・・・・・。

後は、ご存知かとは思いますが空気と接触させないことです。
DB-210やWAXなどは特に極性が高いので劣化も早くなります。保管状態にも気を使ってあげて下さい。

Q陽性反応適中度について。有病率はそのままで、感度と特異度を低い検査にし

陽性反応適中度について。有病率はそのままで、感度と特異度を低い検査にした場合、陽性反応適中度は上がるのでしょうか、下がるのでしょうか。真陽性の者をa(人)、偽陰性をb、偽陽性をc、真陰性をdとし、「(a, b, c, d or... etc.)が上がるから陽性反応適中度a/(a+c)は上がる(下がる)」のように解答が可能でしたらそのようにお願いいたします。

Aベストアンサー

n人に対して検査したとすると
陽性者数=a+c=nX有病率X感度+nX(1-有病率)X(1-特異度)
よって、
陽性的中率=nX有病率X感度/(nX有病率X感度+nX(1-有病率)X(1-特異度))

1-有病率≒1とし、分子、分母をnX有病率X感度で割って

     ≒1/(1+(1-特異度)/(有病率X感度))

1-特異度は特異度が下がれば大きくなり
1/感度も特異度がさがれば大きくなる
よって陽性的中率の分母は大きくなり、陽性的中率は減少する

..まさか、宿題ではないでしょうね??

Q大きいm/zの感度がGC/MSでよくありません

GC/MSを使っています。低分子量の物質に比べて、高分子量の物質は感度が悪いです。なぜなのでしょうか?
あと、どのような方法で感度を上げることができるのでしょうか?

Aベストアンサー

理由は私も良く知りませんが、単純にイオン化の効率が悪いためだったと聞いたことがあります。

ですから、GC-MSだとたぶん電子衝撃でしょうから、改善はなかなか難しいのではないでしょうか。
ガスクロの中で加熱分解で壊れているのなら、GCを通さずに直接MSに打ち込めばイオンは出やすくなると思いますが、そういうことではないのですよね?

FABMS、MALDIなどの別種のイオン化法を試してみては?

QデジカメISO感度は画質と関連する?

フィルムでしたら、ISO感度は100より400、400より1600と感度が上がるほど、画質劣化が一般的です。デジカメでは、先に画素数(画質?)を設定してから、ISO感度を設定しますが、この場合も画質は感度とともに劣化するのですか?

Aベストアンサー

間違いなく感度と共に画質は落ちます。
一般的にデジタル一眼レフで100~400、コンデジで100迄
が納得できる画質を保障できる感度ではないでしょうか?
コンデジで800とか1600とかの歌い文句は画質を犠牲に
手ブレ補正を効かせるだけのものです。
メーカーはコンデジユーザーは大伸ばしをしない層と判断して
いるのではないでしょうか。

QGC/MSについて。

GC/MSはGC(ガスクロマトグラフ)で有機物の分離、MS(質量分析器)で分子量検出を行うのですが、なぜMSの前処理で有機物を分離しなければならないのでしょうか?
教えてください!

Aベストアンサー

質量分析のチャートは見たことがありますか?
親イオンのピークだけでなく、フラグメントイオン(元の分子の結合が切れて分子量が小さくなったもの)のピークが物質&測定法によっては多数出てきます。フラグメントのピークも構造決定の重要な情報になります。
混合物をそのままMSにかけると、複雑になってしまって解析が困難になります。
だからGCで混合物を分離しておくのです。

Qカーボン竿の感度と硬さ

ある種の釣りでは竿に優れた感度が必要とされ、その感度は釣りの楽しさへ繋がることは承知いたしております。私の竿選びは価格、ブランド、・・・(割愛)多岐に亘りますが、「感度」という概念がありません。
漠然と「硬い竿=感度がいい」と捉えておりますが、?です。まあ、間違っているのでしょう。
カーボンの使用量が多ければ「感度がいい」ということなのでしょうが、たとえばダイワ精工でいえばSVFとそうでない竿のカーボン含有率は変わらない場合も多いです。この場合、「レジンの少なさ」が感度を良くすると解釈できるのでしょうか。
よく竿の感度云々を語る方もいらっしゃるようですが、(購入に際して)竿の感度の良し悪しを判別する(実感する)方法を教えてください。(感度も硬さも曖昧で尺度がないのが残念ですが)

Aベストアンサー

 自身なしなので、アドバイスです。

 私は、カーボン含有率というのを、カーボンとグラスの素材比だと思ってましたが…違うんですかね…

 感度(アタリ)は、ラインからガイド、ガイドからブランク、ブランクからリールシート(またはグリップ)、といった感じに伝わるはずなので、決してブランクの素材だけでは判断できないと思います。「レジンの少なさ」は、軽量化を目的としているのと・振動を妨げる(吸収する?)ので、減らそうとしているんじゃないでしょうか。重い竿をずっと使っていると、腕が疲れて手の感覚も鈍くなる気がします。長時間使うならば、軽い竿が一番です。

 体験的には、(バスロッドですが…)ファーストテーパー、レギュラー、スローの順に感度が悪くなると思います。
 私の判断方法は、グリップを持って、ブランクの根元辺りを手の平で軽く叩いて、竿の振動具合を見ます。ファーストテーパーは、プルプル震えますし、スローテーパー(またはグラス)は、ブルンブルンと震えます。振動が細かい(早い)ほうが感度が良い気がします。

 実感する方法ですが、やはり、目を閉じて竿先をどこかにあてるのが一番です。というか、誰かと一緒に行って、比べたい2本を自分で持って、相手に竿先を小突いてもらうのが一番です。はっきり違いが出ます。

参考になれば幸いです。

 自身なしなので、アドバイスです。

 私は、カーボン含有率というのを、カーボンとグラスの素材比だと思ってましたが…違うんですかね…

 感度(アタリ)は、ラインからガイド、ガイドからブランク、ブランクからリールシート(またはグリップ)、といった感じに伝わるはずなので、決してブランクの素材だけでは判断できないと思います。「レジンの少なさ」は、軽量化を目的としているのと・振動を妨げる(吸収する?)ので、減らそうとしているんじゃないでしょうか。重い竿をずっと使っていると、腕が疲...続きを読む

QGCーMSの原理

GCーMSを用いた実験をしたのですがGCーMSの原理自体がよく理解できていません(*_*)
わかりやすく説明していただけないでしょうか?

Aベストアンサー

目的物質を溶媒に溶かしてGCに打ち込んだら、PCの画面にピークが出てきた、という所まではOKですね?

まず、GCとMSを別々に考えましょう。
中でファンが回っているのがGC、すぐ横のポンプで真空になっている箱がMSです(だいたいは)。

GC=Gas chromatograph ガスクロマトグラフ
ガスクロマトグラフィーを行う装置です。クロマトグラフィーの一種です。
GCの中に、細いぐるぐる巻きの物体(キャピラリーカラム)が設置されていたと思いますが、上の注入口からあの中に試料を注入して、ガスを流しながら温度をかけると、しっぽの方から早く出てくるものと、遅く出てくるものがあるのです。そういうのをクロマトグラフィーといいます。
PC画面で分析が進むにつれ、いくつかピークが出てきませんでしたか? アレがそうです。

MS=Mass Spectrometer 質量分析計
GCから、順番にピークとなって出てきたもの。それが一体、何者なのかを計るのがMSです。
GCから出てきた成分に、真空中で電子を衝突させると、いろいろな壊れ方をします。その壊れたカケラたちを調べると、PC画面でピークになってるものが、何の塊なのか、だいたいわかるというわけです。

こんな感じではいかがでしょう?

目的物質を溶媒に溶かしてGCに打ち込んだら、PCの画面にピークが出てきた、という所まではOKですね?

まず、GCとMSを別々に考えましょう。
中でファンが回っているのがGC、すぐ横のポンプで真空になっている箱がMSです(だいたいは)。

GC=Gas chromatograph ガスクロマトグラフ
ガスクロマトグラフィーを行う装置です。クロマトグラフィーの一種です。
GCの中に、細いぐるぐる巻きの物体(キャピラリーカラム)が設置されていたと思いますが、上の注入口からあの中に試料を注入して、ガスを流しながら温...続きを読む

QデジタルカメラのISO感度について

今どのカメラにもついているISO感度についてお聞きしたいのですが、ISO感度とは何でしょうか?感度を上げれば撮影が速くなる反面、画質が粗くなるとお聞きしましたが。ちなみに私のカメラはISO80から1600まであり、適正な感度が分からないので電化製品に詳しい方どうかお教えください。

Aベストアンサー

写真に関するISO感度とは、元々はフィルム時代に決められた国際規格です(それ以前はASAという感度の規格でした)。
フィルムについては、そのフィルムの性能が最も発揮できる光の量があり、カメラの内蔵露出計や単体の露出計でその光の量を測り標準(適正)露出を判断する必要がありました。
フィルムメーカーも複数あり、また銘柄によっても感度が違ったり、カメラメーカーや露出計メーカーにしても基準がないと正確にフィルムに対する光の量の判断がバラバラになるので、統一規格ができた経緯があります。
デジタルになってからは、カメラに内蔵された露出計・撮像素子(CCDやCMOSなど)・画像処理CPU(映像エンジン)などが固定され、変更されることがなくなったので、一般的には敢えてISO感度に拘ることもなくなりましたが、プロの現場や複数のカメラを使用して厳密に露出を合わせる場合や、単独の露出計を使用する場合などを考慮してISO感度が基準とらりますので、現在でも残っています。

フィルム時代は基本的に感度が低いものほどきめ細かく、感度が上がるにつれ粒子が荒れ色も良くなくなる傾向がありました。
デジタルでは低感度ほと綺麗と言うこともなく、基本感度と呼ばれる拡張機能などを使用しないで設定できる一番低い感度が綺麗とされています。
感度を上げると、ノイズが出たり、コントラストや色が悪くなったりし、またノイズ低減機能を使用すると、撮影枚数が減ったり、次にシャッターが切れるまで時間がかかったりもします。

屋外晴天ではISO100、曇りや明るい室内ではISO400、暗い室内や夜間では状況に応じISO800~1600を使い分けるとよいと思います(フラッシュを使わない場合)。
標準設定でセットできる最低感度を基本にできるだけ低い感度で撮影するのが良いと思いますが、感度を低くしたためにブレたり写せなかったりするのは本末転倒なので、臨機応変に対応する必要があります。
最近のカメラでは、余程の事がない限りはISOはオートで問題ありませんよ。

写真に関するISO感度とは、元々はフィルム時代に決められた国際規格です(それ以前はASAという感度の規格でした)。
フィルムについては、そのフィルムの性能が最も発揮できる光の量があり、カメラの内蔵露出計や単体の露出計でその光の量を測り標準(適正)露出を判断する必要がありました。
フィルムメーカーも複数あり、また銘柄によっても感度が違ったり、カメラメーカーや露出計メーカーにしても基準がないと正確にフィルムに対する光の量の判断がバラバラになるので、統一規格ができた経緯があります。
...続きを読む

QGC/MS分析について

GC/MS分析のクロマトグラフのデータを整理しているのですが、サンプリングスパイクのピークがどれなのかわかりません。
サンプリングスパイクのピークはどこに出るものなのでしょうか?
また、サンプリングスパイクについて詳しく説明されているサイトなどないでしょうか?

Aベストアンサー

サンプリングスパイク法はダイオキシンの定量分析でよく用いられる手法のようですね。
以下に解説ページへのリンクを貼ります。

http://www.eritokyo.jp/independent/dioxin/pine2stack/index.html
https://www.env.go.jp/air/osen/manual/manual.pdf

サンプリングした試料中のダイオキシンが、
抽出操作中に揮発していないかどうかを確認するための内部標準であるようです。
具体的には2,3,7,8-TCDDを被検物質として分析する場合、
毒性が低めの13C標識した1,2,3,4-TCDDを採取した試料に加えて抽出操作を行い、
GC-MS分析にて被検成分が定量的に抽出できているかを確認するものであるようです。

そのため、リテンションタイムは被検物質とほぼ同じで、
サンプリングスパイクの有無を確認するには被検物質周辺のGCピークのMSを見て、
13C標識した成分がどれだけあるかを調べるのがよいでしょう。

ただし13C標識した内部標準ではなく、
沸点の近い別の化合物を内部標準として加えていた場合はこの限りではありません。

サンプリングスパイク法はダイオキシンの定量分析でよく用いられる手法のようですね。
以下に解説ページへのリンクを貼ります。

http://www.eritokyo.jp/independent/dioxin/pine2stack/index.html
https://www.env.go.jp/air/osen/manual/manual.pdf

サンプリングした試料中のダイオキシンが、
抽出操作中に揮発していないかどうかを確認するための内部標準であるようです。
具体的には2,3,7,8-TCDDを被検物質として分析する場合、
毒性が低めの13C標識した1,2,3,4-TCDDを採取した試料に加えて抽出操作を行い、...続きを読む