5kgの重りをのせたラジコンはそのモーターを動かすのにだいたい何kWのエネルギーが必要ですか。ぶしつけな質問で大変恐縮ですが、ご教授よろしくお願いいたします。

A 回答 (1件)

残念ですが、その「動かす」という表現だけでは答えかねます


消費するエネルギーは速さの二乗に比例します
どの程度の速さにするかによって消費エネルギーは全く異なってきます

そもそも、ラジコンによっても車軸の摩擦やモーターの仕事率など異なっているはずですからねぇ
そのラジコンの設計者でないとわからないと思います
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。すいません勘違いしてました。

お礼日時:2001/05/14 00:44

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「縦横200mmの範囲内で50gの重りを使って250gの重りを50mm

「縦横200mmの範囲内で50gの重りを使って250gの重りを50mm上方に持ち上げなさい」
という問題が出題されました。
てこを使って持ち上げようと思っているのですが、
50mmだけ上方に持ち上げる計算ができなくて困っています。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「縦」というのは地面に垂直方向の事でしょうか。
でしたらそれは不可能です。
てこでも滑車でも何でも、250gのものを50mm持ち上げるには250×50×g[g・mm・m/s^2]のエネルギーが必要です。
縦が200mmしかない以上、50gの重りを使って得られる位置エネルギーは50×200×g[g・mm・m/s^2]ですので足りません。

縦・横とも地面に水平であれば、5倍の重さの物を持ち上げるてこは腕の長さを1:5にすれば作れます。
例えば腕の長さが40mmと200mmのてこを上下40度づつ振らせれば指定の条件に合います。

Q床にばね定数kのばねを置き、その上に質量mの物体をのせて、自然長からA

床にばね定数kのばねを置き、その上に質量mの物体をのせて、自然長からAだけ縮めた状態にする。この状態で手を離すと物体の到達できる高さはいくらか。

という問題に手こずってます…

できれば式と答えも書いていただけると嬉しいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

(a) ばね定数kのばねをAだけ縮めた状態の弾性エネルギー
(b) 高さhの位置にある質量mの物体が持つ位置エネルギー

 エネルギー(a)がエネルギー(b)に姿を変える、のはわかりますか。
 ということは、(a)と(b)をイコールで結んでみましょう。そうするとhが求まりますよね。

 (a)(b)の式は教科書に必ず載っているはず。

Qエネルギー保存則(位置エネルギーと熱エネルギー)

次の問いでどうしても理解出来ない点があります。


問)高さ84mのダムがある。
水の重力による位置エネルギーがすべてエネルギーに変化すると
放流により水の温度は何度上昇するか。
ただし、重力加速度は9.8m/s^2、水の比熱は4.2J/g/kとする


 位置エネルギーとエネルギーの和は=で結ばれるのですよね?

  放流した水の質量をm(kg)、温度上昇をt(℃)とするとエネルギー保存の法則より

    m×9.8×84=1000m×4.2×t
             t=0.196

    となっているのですが、なぜ水の質量mは1000でかけるのかが
    わかりません。
    どうしてなのでしょうか?
    また、位置エネルギー、熱エネルギーの公式は覚えておく方がよいのでしょうか。
 
    よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は理系ですが、公式は暗記していません。
どうやって覚えているかというと、

「位置エネルギーは、力に対して、その力をかける距離をかけたもの」
これって、仕事の定義と同じでしょう。

「比熱は、温度の上がりにくさを表す物質固有の比例定数」
「物質の量(質量)が多いほど、それだけ熱を与えないと同じだけ温度が上がらない」
これさえ覚えておけば、いつでも、
温度上昇 = 比熱 × 質量 × 与えた熱量
という式が書けます。
単位だけ書くと、
K = ? × kg × J
ですから、つじつまを合わせるためには、比例定数である比熱の単位は当然、K/(J・kg) になります。

問題では、K/(J・kg) ではなく K/(J・g) になってしまっているので、
4.2K/(J・g) = 4.2K/(1J×0.001Kg) = 4200K/(J・Kg)
と直してから計算すればよいです。
それが、1000をかける意味です。

Qベルヌーイの定理とは、速度や圧力は変化するが位置エネルギー、運動エネルギー、圧力エネルギーは、変化し

ベルヌーイの定理とは、速度や圧力は変化するが位置エネルギー、運動エネルギー、圧力エネルギーは、変化しないということでいいのでしょうか?

Aベストアンサー

何をとぼけたことを!勉強してないことが明らか。
ベルヌーイの定理はエネルギー保存の法則そのもの。
何をとぼけたことを!勉強してないことが明らか。
ベルヌーイの定理はエネルギー保存の法則そのもの。
位置エネルギー、運動エネルギー、圧力エネルギーの総和は不変。
これがベルヌーイの定理

Qこのような静電エネルギーの充電されたコンデンサをコイルに繋ぐとエネルギーが消費されずエネルギーは行っ

このような静電エネルギーの充電されたコンデンサをコイルに繋ぐとエネルギーが消費されずエネルギーは行ったり来たりすると習いました。

そのエネルギーの向きについてなのですが、図Aのコンデンサ→コイルの時は+電荷が図のように上側に貯まっているのでエネルギーは時計回りに流れるのはわかります。

分からないのはコイル→コンデンサに向かうエネルギーの向きです。
以前、Bのようなスイッチのある回路を図Cのようにスイッチを開放するとでんりは図Cのように流れ、それは図Dのように電池を付けたのと同じようなもの
と習いました。その理屈ですと図Aもエネルギーが行ったり来たりする時
コンデンサ→コイルは時計回り
コイル→コンデンサも時計回り
になると思うのですがコイル→コンデンサは反時計回りだそうです。

どこを間違えているのでしょうか。

Aベストアンサー

>コイルの場合は、コイルはスイッチオフすると
>直前の状態を維持しようとするので
>電流の流れもそのまま維持→電池でいうと陽極が
>下側にくるので右側だけの回路

あ、そうか。右の四角の電流が逆になるという意味なら
正しいですね。

図をよく見てませんでした。申し訳ない。

これ、エネルギーの流れとどう繋がるのでしたっけ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報