「忠犬もちしば」のAIボットを作ろう!

木造住宅工事仕様書で、ベタ基礎の人通口廻りの補強例が記載してあります。
そこに柱間隔が0.91mを超える場合は構造計算を行い適切な補強を行うとあります。
メーターモジュールの場合は1.0mになると思いますが、その場合は構造計算により適切な補強が必要なのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

新築時での住宅瑕疵担保履行法による配筋検査にしても長期優良やらで必要になる書類での


基礎配筋については、
(財)日本住宅・木造技術センター発行の木造住宅・・・・横架材及び基礎スパン表
という書籍中にある【配筋表】どおりであれば別段構造検討することは要しません。
メーターモジュールであろうが、関西間、四国九州間であろうが問題ではありません。

配筋検査でも「配筋表にあるとおりですか?・・・じゃあ、OKですね」という具合です。

この配筋表は、他にもあって『建築知識』2006年9月号(エクスナレッジ)等。
また、基礎の計算は、「実務から見た木構造設計」(学芸出版社)は参考になると思いますが、
補強筋計算例の記載はありませんけどね。

この補強筋についてはどれも計算例はなく、RC造の開口補強に見るように鉄筋径や長さ、範囲を述べているものに終始しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイス有難うございます。
メータモジュールで柱の間隔が1mの場合は、木造住宅工事仕様書に定める補強例1でしょうか?
人通口は幅600mm以下とし、設置位置は柱間隔が1.82m以下の下部で、かつ、柱から近い方の人通口端部までの距離が300mm以内とする、、、
補強例2の時は要構造計算になるのでしょうか?

お礼日時:2012/06/09 16:43

ベタ基礎の構造計算例は、下記の図書に設計例が書かれています。


日本住宅・木材技術センター 2008年版木造軸組工法住宅の許容応力度設計

通気口に類する開口がある場合、適切な補強が必要となります。

通気口幅が大きい場合は、基礎区画を見直して構造計算すること

通気口幅600mm以下なら木造住宅工事仕様書に定める補強例で大丈夫です。

以上
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイス有難うございます。
メータモジュールで柱の間隔が1mの場合は、木造住宅工事仕様書に定める補強例1でしょうか?
人通口は幅600mm以下とし、設置位置は柱間隔が1.82m以下の下部で、かつ、柱から近い方の人通口端部までの距離が300mm以内とする、、、
補強例2の時は要構造計算になるのでしょうか?

お礼日時:2012/06/09 16:43

構造計算して安全(補強鉄筋量)を確かめて下さい。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなりました。
有難うございました。

お礼日時:2012/06/09 16:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小規模な木造住宅(四号物件)のべた基礎について、RC構造仕様規定は該当

小規模な木造住宅(四号物件)のべた基礎について、RC構造仕様規定は該当しますか?
令第71条第2項の規模を超える木造住宅(木造2階建て述べ100m2くらい)のべた基礎は、
定着なんかも含めて全部該当しますか?
たまに主筋ぶつ切りの現場がありますが、法的にはよいのでしょうか?

Aベストアンサー

【壁構造配筋指針】間違った回答?

正しくは【小規模建築物基礎設計指針】だと思います。
http://pub.maruzen.co.jp/shop/9784818905740.html

「2008木造軸組工法の許容応力度計算」をお持ちなら、P137の「解説」に
**********************
本節の内容の大半は、日本建築学会「小規模建築物基礎設計指針2008年版」を
参考としている。
詳しい内容については、「小規模建築物基礎設計指針2008年版」を参照して頂きたい。
**********************
と書いてあります。

木造軸組工法の許容応力度計算と小規模建築物基礎設計指針とは
固定端かピン端か、少し解釈が違っているようですが、どちらを採用しても良いと思います。

木造軸組工法の許容応力度計算は、基本的に3階建て仕様として扱われている為、
2階建ての基礎では、フック付きで無くても検査は通るようです。

ベタ基礎も、本来のRC構造仕様規定でみると、シングル配筋では、危険となりますが
2階建てのベタ基礎で、ダブル配筋をしている物件は、見た事がありません。
(旧住宅金融公庫仕様が、残っている?)

財団法人 日本住宅・木材技術センターの標準納まり図も、参考にしてください。

基礎断面図では、フック付きになっています。
ベタ基礎は、シングル配筋とダブル配筋と、2種類掲載されています。
http://www.howtec.or.jp/joho/syuppan/osamarimihon.pdf

今まで通り安全側を見て、2階建て住宅でも、フック付き(標準納まり図)の方が
良いと思いますが・・・

参考URL:http://pub.maruzen.co.jp/shop/9784818905740.html

【壁構造配筋指針】間違った回答?

正しくは【小規模建築物基礎設計指針】だと思います。
http://pub.maruzen.co.jp/shop/9784818905740.html

「2008木造軸組工法の許容応力度計算」をお持ちなら、P137の「解説」に
**********************
本節の内容の大半は、日本建築学会「小規模建築物基礎設計指針2008年版」を
参考としている。
詳しい内容については、「小規模建築物基礎設計指針2008年版」を参照して頂きたい。
**********************
と書いてあります。

木造軸組工法の許容応力度計算と小規模...続きを読む

Qべた基礎の人通口の配置について

 設計の初心者です。木造2階在来工法の基礎伏図を描いているのですが、人通口の位置をどこにすればよいか悩んでいます。
 ドアなどの開口部の直下に設けたほうが良いのか、それとも他の場所がよいのか…。
 先生方どうぞよろしくご教授ください。

Aベストアンサー

river1さんの説明に「補足」をすれば、
基礎のスパンの外側から1/4の位置に「貫通口」を
設けてください。

間違っても「スパンのど真ん中の位置」は避けてください。

ご存んじの通りで“基礎の立ち上がり部分”は
言わば「梁成」なので、モーメントが反転する部分に
穴を開けるのが「一番安全」なのです。

この時、開口部補強の為の「配筋」については
多目なぐらいで「配筋」してください。

Q配筋の人通開口部の補強筋について

木造2階建て住宅を建てています
配筋が終わっている状態なのですが、開口部に補強筋が必ずしも必要ではないのでしょうか?
よろしくお願いします

Aベストアンサー

基礎の人通口の部分は、基礎の立ち上げ部分が切れるため、曲げに対する弱点になります。その弱点を克服するために、人通口直下に地中梁を設けるなどの措置を検討することとなります。
これまで、木造住宅の基礎は、鉄筋コンクリート造なのか鉄筋入りコンクリートなのか明確ではありませんでした。しかし、平成12年6月に施行された改正建築基準法による告示第1347号には、鉄筋コンクリート造とすることが規定されているため、木造住宅の基礎についてもRC造として検討することになります。
耐久性向上のための床下点検についてですが、
(1)土台と基礎の間にネコ土台を設ける。この場合、基礎の外周に通風のための換気口が不要になり、基礎の内部についても、点検口を各部屋の床に設けることにより、基礎の点検口が必要なくなる。
(2)基礎の外周に換気口、基礎の内部に通風・点検口を設ける。この場合、点検口が基礎の構造上の欠点になりうるので、基礎梁(削除)を設けるか、点検口を設ける位置を検討し点検口の回りを充分に補強する等の措置を行う。参考資料として、「小規模建築物基礎設計の手引き(1998日本建築学会編集)」「月刊住宅建築-1998年11月号」の記事「木構造の標準仕様づくり(第6回)-基礎にまつわる様々な疑問に答える」「木造住宅[私家版]仕様書架構編-建築知識スーパームック」等がありますので、参考にしてみて下さい。

参考URL:http://www.howtec.or.jp/qui/faq/faq01-2.htm#Q2:

基礎の人通口の部分は、基礎の立ち上げ部分が切れるため、曲げに対する弱点になります。その弱点を克服するために、人通口直下に地中梁を設けるなどの措置を検討することとなります。
これまで、木造住宅の基礎は、鉄筋コンクリート造なのか鉄筋入りコンクリートなのか明確ではありませんでした。しかし、平成12年6月に施行された改正建築基準法による告示第1347号には、鉄筋コンクリート造とすることが規定されているため、木造住宅の基礎についてもRC造として検討することになります。
耐久性向上の...続きを読む

Q木造軸組工法の耐力壁について、いくつか教えて頂きたい事があります。

木造軸組工法の耐力壁について、いくつか教えて頂きたい事があります。

1、構造用合板を使った耐力壁は、幅が最低600mm必要だと質問の中で見つけましたが、
  これは何かにはっきりと記載されているものなのでしょうか?
  軸組工法だと最低900mm必要という文章もありました。

2、筋交いを使った耐力壁は、最低900mm必要ということですが、
  以前、柱の1/3の幅(例えば2500mmの柱であれば、833mmまでOK)
  まで耐力壁とみなす、というのを教えてもらったことがあるのですが、
  これは間違っているのでしょうか?
  同じく、この事も何かに記載されていますか?

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

木造軸組工法の耐力壁については、「木造軸組工法住宅の許容応力度設計(2008年版)」をご覧下さい。
http://www.howtec.or.jp/joho/syoroku/syoroku202.html


P60の解説欄には

1、構造用合板を使った耐力壁の前提条件は、L≧60センチ且つH/L≦5

2、筋交いを使った耐力壁の前提条件は、L≧90センチ且つH/L≦3.5

ですから、面材で、60センチ以下、筋交いで90センチ以下は、耐力壁として算定出来ません。

>以前、柱の1/3の幅(例えば2500mmの柱であれば、833mmまでOK)
2008年12月以降、90センチ以下の筋交いは、算定出来ません。

参考URL:http://www.howtec.or.jp/joho/syoroku/syoroku202.html

Qベタ基礎スラブの配筋設計・人通口は4辺固定になりますか?

ベタ基礎スラブの配筋の設計で、4辺固定になるか3辺固定になるかで悩んでいます。

立ち上がり基礎に補強した人通口を設けた場合、その立ち上がり基礎は固定された1辺と見なされるでしょうか。

補強するのだから固定されている? それとも3辺固定?
はたまた人通口のある辺は無視し、最大の長さの4辺固定で設計すべきでしょうか。

Aベストアンサー

北国の設計屋さんです。
ベタ基礎設計の原則として、布の立ち上がりのある基礎梁部分は固定となります。
開口の部分は、土間テラス等の止まりと同じように土間コンクリートの厚さと高さを増し、布基礎同様の主筋配筋補強されていなければ、固定とみなすことが出来ません。
一応、判断の参考にして下さい。

Q木造住宅の基礎配筋について

2級建築士です。

木造住宅の布基礎立上りの配筋について、はずかしながら質問させてください。

外周部の縦筋と主筋(横筋)の位置関係ですが、
住宅金融支援機構の仕様書によると、
縦筋が外側、主筋が内側になっています。
自分もこの形が正しいと思って図面を書いてきましたが、
いろいろと現場を見ると、その逆だったりするところもあって、どちらが正しい配筋の仕方なのか今更ながら分からなくなってきたので質問させていただきました。

勉強不足の感は否めませんが、ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

公益財団法人 日本住宅・木材技術センター発行【木造住宅建築確認申請用の構造標準納まり図】の
「基礎の納まり」を参照願います。
http://www.howtec.or.jp/joho/syuppan/osamarimihon.pdf

布基礎もベタ基礎も、「内部」、「外部」とわざわざ記載されてますが、基本的に、縦筋は、外部側に配置しますネ。
(内外、間違えて配筋しても、構造上の影響は無いと思いますが)

参考URL:http://www.howtec.or.jp/joho/syuppan/osamarimihon.pdf

Qコンクリートの単位容積重量はいくらぐらい?

一般的なコンクリート塊の単位容積重量はおよそどれぐらいですか。
できたら、Kg/立方mで教えてください。

Aベストアンサー

コンクリートの単位容積重量(正式には単位容積質量)はコンクリート中の
砂、砂利、の質量とコンクリートの乾燥具合によって変わってきます。

現在日本で使われてるセメント、砂、砂利の比重から考えて2300~2400Kg/立方m
と考えて良いでしょう。

特殊な用途があれば軽いコンクリート、重いコンクリートも作ることが出来ます。
元生コンクリート技術に従事していました。

Q天井高さが3m以上の排煙計算について

いつもお世話になっております。
下記の条件の場合の排煙計算について教えて下さい。

床面積:12.0m2
天井高さ:3.315m
開口部種類:引き違い窓
高さ:FL+750 
寸法:H1.300m×W1.800

開口は上記1ヶ所のみです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

廊下(避難路ですから免除なし)ではなく、部屋ですよね
この窓では有効開口にならないので
H12建・告1436号内装不燃(下地とも)で免除でよろしいのでは?

室 :H12建・告1436-4-ハ(2)
居室:H12建・告1436-4-ハ(4)

Q真北の調べ方

こんにちは。住宅の新築にあたり、北川斜線の検討が必要です。検討すのに磁北ではなく真北で検討する必要があるのですが、手元には法務局の測量図はあります。この測量図の座標通りに入力してでた北は真北なのでしょうか、磁北なのでしょうか。また、磁北の場合、どうすれば真北が求められますか?役所で地図を購入すればよいのは分かっているのですが、平日役所まで行く時間が取れません。何か良い方法があれば教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。
地球上で北へ行けば行くほど真北と磁北はズレて来ます。
日本の地図上でどの場所はどれくらい真北からズレているかは下のURLで知ることが出来ます。国土地理院のHPです。
厳密には建築予定地その地点での偏角を計算しなければならないのでしょうが、役所提出するならご紹介した日本地図上の地域別に表示されている偏角で計算されれば良いと思います。

多分役所へ提出する図面はCADで描くと思いますから何度何分という偏角は簡単に図面に反映させることが出来ます。
また一般に役所の図面は磁北が記入されていると思います。

http://vldb.gsi.go.jp/sokuchi/geomag/images/menu_04/henkakuitiran2000.jpg

Qベタ基礎の高さは40cmは必須?

現在、家を建てようとしている者です。
基礎の高さについて質問します。

公庫の仕様だと、ベタ基礎の高さはGLから40cmと聞いています。

家の2Fの天井までの高さを255cmほしいと工務店にお願いしたら、基礎の高さを40cmから30cmにしては?と言われました。

30cmだと点検に人が下に入れないし、湿気などの問題もあるかと思いますが、具体的にどのような問題が考えられますか?35cmだとどうでしょうか?

Aベストアンサー

デザインやいろいろな条件でこの基礎の高さは
変わるものですが、

このGLから40cmというは、バランスのとれた寸法とは
言えると思います。

質問者さんが言われる通り、点検の人が通るには、これぐらい
はないと、シンドイですね。
世の中には、大きい方、小さい方、いらっしゃいますが
一般的な体格の方が床下に入るには、これぐらいないと
キツイのは現実です。

よって、「35cmだとどうでしょうか?」というのは微妙で
要は小柄な方なら大丈夫と言えますが、
なかなか、排水が詰まった時に、その会社に、そういう方がいる
という必然性はないです。
***********************************************
でも、世の中には、もっと低い家は沢山あります。

結局、メンテナンスの事を考えないという家も
ありますし、(上部の排水管から、直接メンテナンスするとか
方法もありますしね)基本、昨今、カンタンにつまらないという
現状もあります。

コンクリートの床の場合の事を考えれば、想像できますよね。
所々に掃除口を設ける場合もありますが、結構、コンクリートの
中に埋設されているケースもあります。

ただ、基礎の高さは40cmよりは、メンテナンス性は低いと
言えます。
『結局は、メンテナンス性の高いものを選ぶか
低いものを選ぶかです。』

どういう状況になろうと、それなりには、対応できるものでも
ありますが、容易に維持管理できるというのは、家の寿命を
延ばせるとも言えます。(カンタンにメンテできるは
いろいろ対応できますからね)

後、これは、住宅で特に注目されませんが、
ベタ基礎の高さは、強度に影響はしています。
基本、基礎の高さは、コンクリートの梁とも考えられるので、
鉄筋とのバランスはありますが、高い方が強い傾向にあるもの
であります。

なのでこの40cmというのは、コストや性能から考えて
バランスが良い数値と言えます。

他の規制がなければ(高さ制限とか)、
下げずに、40cmぐらいが無難という数値です。

でも、考え方により。床下なしにもできるのも
現実です。

デザインやいろいろな条件でこの基礎の高さは
変わるものですが、

このGLから40cmというは、バランスのとれた寸法とは
言えると思います。

質問者さんが言われる通り、点検の人が通るには、これぐらい
はないと、シンドイですね。
世の中には、大きい方、小さい方、いらっしゃいますが
一般的な体格の方が床下に入るには、これぐらいないと
キツイのは現実です。

よって、「35cmだとどうでしょうか?」というのは微妙で
要は小柄な方なら大丈夫と言えますが、
なかなか、排水が詰まった時に、そ...続きを読む


人気Q&Aランキング