出産前後の痔にはご注意!

今年3月からFXを始めた者です。

10万円元資金で、素人なのでとりあえずなじみのある米ドルから取引を開始し、ビギナーズラックで数千円儲けたものの3月4月はトータルで3万円の赤字になりました。

その後5月のある時から豪ドルのスワップに目をつけ豪ドルを取引するようになったところ負けなしとなりました。

というのも、スワップ狙いでロングして何があっても放置すると自分ルールを決めてから買った後に一喜一憂しないよう、チャートも見ないようにし、1日後に見ると1円上がっていて1万円の含み益が出ていました。
当時77円のスワップもついて。

それまでは数百円の儲けで喜ぶレベルだったので、結局その取引は含み益の多さの欲に負けて利益確定してしまったのですが、先週の78円ぐらいから75円ぐらいまで下がってしまう直前に2ロットほどロングしてしまい今度は6万の含み損を出すこととなってしまいました。

あまりの下がり幅に10万じゃ強制ロスカットの危機がありましたので追加で20万円入れて、証拠金維持率を維持し、耐えること1週間。。。

結局損切するにできず、3円戻ってくるまで半年でも1年でも寝かせてスワップで1日100円儲けでいいやと開き直って放置していたところ、今週になって豪ドルの急上昇で利益が出る結果となりました。
(普段の米ドルのときは10pipsで損切りするという自分ルールがあり、こんな額の損益を経験したことがないため、ものすごくビビッてしまい、損しないレベルで戻ってきて決済できればいいやと思い、1000円儲けの位置にストップを入れていたのでたったの1000円程度で自動利益確定されていました。。今考えると非常にもったいない。へたれすぎる自分。。。orz でも損しなければ勝ちと思っています。)

そこで思ったのですが、豪ドルはロング直後に上がればそこで決済して数千円のスキャルピングもできるし、逆に下がって損益が出てしまえば、しかたないと思ってスワップ狙いに転換できる通貨だと思います。
そして戻ってきて利益が出たところで確定していまえばいい。

なので豪ドルって、スキャルピングに失敗してもスワップという逃げ道があるので長い目で考えれば負けない通貨だと思うのですが、この考えは甘いでしょうか?

リーマンショック旧の下落に耐えうるぐらいの証拠金維持率をしっかりして強制ロスカットだけを気を付けていれば絶対負けない通貨なきがしました。

取引開始当初はリーマンショックとかの相場の急下落とか怖いなと思っていて、なるべく長期ポジションを持ちたくないため、1日で完結してしまえるようになじみのある米ドル取引していましたが、相場が逆に動いた場合にはすぐ損切していたので細かな損失が重なる一方でしたが。。。


今後も豪ドルではこの考え方で取引していこうと思うのですが、こういう考えは甘いとか、こういうこともあるからこんなことに気を付けたほうがいいといったようなことはあるでしょうか?

ご教授よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

ご質問者様が25円は耐えられると仰るのですから、頑張ってみてください。


個人的には『いつか戻ってくるだろう・・・』が戻ってこなかった時にどうするの?とは思います。

また、ご自身でも仰って居ますが、含み損が10万円以上になっているときに正常な精神状態を保てるかは甚だ疑問が残る部分です。
ある意味現物株の塩漬けと同じ。

短期の利益確保を狙って買ったけど思惑が外れて含み損だから、決済せずに配当狙いの長期保有に方針変更。
豪ドル円のスワップって1万通貨だと今は75~100円程度ですか?
僅か1pips動いただけで、スワップなんて吹き飛びますね。
1年間持ち続けておよそ3万円ですが、1年後に買った価格から3円下落していれば利益はほぼゼロ。

僅か数千円のスキャルが不発に終わった瞬間に、下手をすれば数日から数週間、或いは数ヶ月もの間、利益に対して数十倍!或いは100倍を超える含み損に耐える日々を我慢できるか疑問ですね。

日本はバブル崩壊以降「失われた10年」などと言われてきましたが、およそ20年間もの長きにわたって低金利政策が続いているために、円を売って外貨を買うことで当たり前のように、金利差分を受け取れる状態のでそれが当たり前のように思われるかも知れませんけど、そもそも金利差(スワップ)なんて、いつ逆転しても不思議では無いのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

もどってこなければ何年でも寝かせばいいとは思っていました。
たとえば生命保険の養老保険とかに入るような感覚で、30万円は忘れた頃の何十年後満期になったら金利がついて元金以上になっておりるようなイメージです。

そういう保険だと途中で解約すると元金割れしてしまいますが、FXでそのイメージでやれば年単位で変動あるので利益出るときを待てばいいんじゃないかという考えでした。

もともとの資金30万円ははなっから塩漬けするというイメージです。

はじめからないものと考えていれば年3万円の金利って魅力的だなと思っていました。
普通の日本の銀行の4月につく利子が100万ぐらい口座にあっても1年で利子数100円程度というのが悲しすぎて。。。orz

でも先週から中国もオーストラリアも金利を少し下げたりしているのでさすがに数10年後は今の70円程度の金利ですらない可能性も十分あるので、今から十数年スパンの計画は意味をなさないかもしれませんね。。。

今書いてて思いましたが、1ロットは塩漬けだったとしてもFX自体を楽しみたいので別ポジションを立てたとしたらその分ロスカットまでの範囲も狭まってしまいますね。。。

いまはたまたま1週間とかまてば相場が同じレンジで行き来する程度なので儲けが運よく出ているだけなのかもしれませんね。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/06/11 08:58

>>豪ドルって、スキャルピングに失敗してもスワップという逃げ道があるので長い目で考えれば負けない通貨だと思うのですが、この考えは甘いでしょうか?



自分は迷っている人間、というか試行錯誤のやりすぎなんですけど スキャルピング デイトレできちんと損切りをいれてやれば
利益が出る方法もあるはずだと思っていますが 正直甘くないなと FXの生き残りは5-10% だとすれば当然といえば当然です

質問者様の方法は 小額あるため 面白いです 豪州は資源国なので常に他より金利が高い みたいなことを言う人がいましたが 少ない資金なので踏ん張れるメリットは なんか使えそうな?

FX会社さんは儲からないので ゴメン。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

そうですね。
私も米ドルをやり始めた時には10pipsで損切りするというルールを作ってやっていたのですが、損切りを10pipにするなら利益は20pipとりたいところですが、そこに達することなく損切られてしまうか、負けないためにいれる利確ストップに1~10pipで早々にかかってしまうかで結局トントンか若干マイナスかになっておりました。

そんな0.1ロット単位での10~100円程度の平均数十円程度のスキャル利益なのでだったら1ロットで70円程度安定スワップ利益あったほうがよさそうだなと思った次第です。
あわよくば相場がよくなれば数千円利益で決済できる可能性もありますし。

いろいろどういうものが自分にあっているか試行錯誤なのですが、どうもエントリーポイントがわるいのか、スキャルは難しいですね。

でも1ロットでもリーマンショック級の下落に巻き込まれたらやっぱり怖いですね。
さすがに0.1単位だと豪ドルのスワップ期待できませんし。

お礼日時:2012/06/11 09:36

1983年当時の豪ドル相場を見てみると良い。


1973年から現在までを考えた時に高金利通貨は大きく下落している物が大半。
唯一、円に対して強くなっているのは金利が低いスイスフランです。
FXはスワップを含めてゼロサムゲーム、「高金利通貨は長期的に下落する」

期待リターンの考え方↓
http://blog.livedoor.jp/tsurao/archives/1637194. …

最終的な判断は自己責任です、質問者様の方でも考えて慎重にご判断ください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

昔の相場をみたことなかったので見てみましたが、250円もあったのですね!
しりませんでした。
さすがに当時の昔からスワップやってる人がもしいたなら、確実に強制ロスカットですね。。。

リンクの紹介ありがとうございました。
勉強になります。

お礼日時:2012/06/11 08:26

人様のトレード方法にあれこれ言うつもりはありませんが、非常に危険な取引方法です。


リスクコントロールが全くされていません。
何時、強制ロスカットを食らっても何ら不思議では無いというのが私の感想です。
(追証が出ないといいですね)
以前、円キャリートレードが流行し、スワップ狙いでポジションを取り、散々痛い目にあった人が大勢いました。
今だに、スワップ狙いでポジションを取る人がいることに驚きました。

豪ドルはリスクオンやオフの影響を非常に受けやすい通貨であり、円も同様です。
しかも、両通貨は逆に動きます。
10~20円動いても何ら不思議はありません。
現に昨年の高値は90円位でしたし、下値は72円位だったと思います。
これに耐えられますか?

耐えられないと思うのならば、リスクコントロールを勉強しましょう。
平気だよと思うのならば、アドバイスなどありません、ご自由にどうぞ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

危険なやり方というご意見ありがとうございます。
とりあえず今は30万円程度の資金があるので1ロットだけであれば25円さがってもロスカットされない状態です。
今考えると10万円でやっていたときは6円ぐらいでロスカットだったので危なかったですが。。。

でも90円→72円のときの含み損を考えると怖いですね。。
6万の含み損でビビッていたので10万以上の含み損は確かに恐ろしいです。

かなりの精神力がないと精神衛生上非常によくなさそうな気がしてきました。

はじめに3万円の損失だしてから0.1単位で取引するようにして1日数十円~100円程度の利益をコツコツとっていましたが、その10pipとるのも米ドルは難しいなと感じていたため、だったらスワップで1日77円安定的にとったほうが楽ではないか?というのがこの考えの発端でした。

リスクコントロールも勉強してみたいと思います。

お礼日時:2012/06/09 15:49

個人的には同意できませんが、自分で納得してやっていくなら、他人の言うことなど、どっちでもいいという話でしょう。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

最近気づいたこの手法は今のところ利益でているのでいい方法を見つけたかなと思いましたが、なにせFX歴が浅いのでこれがいいのか悪いのか他の意見が聞いてみたいと思い質問しました。

あまり同意できないというご意見ありがとうございます。

お礼日時:2012/06/09 15:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q豪ドルの長期保有はどうでしょうか

円で持っていてもインフレになるのでは?

米ドルはすでに高い。

87円程度の豪ドル 割安感を感じますが。

10年レンジでの長期保有 いかがなものでしょうか。
すぐに必要なお金ではありません。

・米ドル:豪ドルの推移 読みにくい
・中国の経済減速・・・不安材料
・資源豊富な国・・・長期的に安定材料
・日銀の金融緩和・・・不安材料?

過去十年の豪ドルチャート
http://finance.matsui.co.jp/stockDetail.aspx?code=0554&type=1&chart=7

100円というライン 10年間に再来するでしょうか?

Aベストアンサー

細かい材料はさておき、長い目で見た時の為替レートってその国の「経済的な強さ」のバロメーターだと思います。
何も持たない日本がここまで強くなれたのは、ひとえに今の高齢者世代が「真面目に」技術を磨いて来たからだと思います。
いまの若い世代が担って行く日本は今までとはきっと違ってくると思います。
過去のデータを見ても、米ドルも天井ではないと思います。

また、お金の数は変わらないけど、買えるものの数が減って来る、というのがインフレです。
今の日本は数値でも1%以上の物価上昇率です。
市中の預金等の金利は0.02%、キャンペーンなどの優遇金利でもせいぜい0.3%くらいです。
(最近は巧妙になってきて年1%で1か月定期、なんて表示も多いです。良く考えるとトクではないです)
なので、物価には確実に負けています。
分散、という考え方でみても、この状況下でもまだ2%近い運用ができる豪ドルにはまだアドバンテージがあります。

豪ドルを現金で持つわけではないでしょうから、銀行の外貨預金で、というのが簡単な方法だと思います。
ただ、銀行の外貨預金は預金者保護機構対象外なので、豪ドル建ての投信や国債なんて方法が手軽でいいかも知れません。

窓口に行って話を聞いてみると、担当者ごとに考えも違うので面白いかもしれません。

前置きが長くなりましたが、(最終的には自己責任なんですが、)今の豪ドルのレンジはまだ「買い」だと思います。
10年、という期間を考えると、一般的にオリンピック開催国の通貨は強くなると言われているので、2020年近辺は円高に振れる予想が立ちます。
でも、今回の東京五輪はケチ続きで、やや心配ですけどね(苦笑)

細かい材料はさておき、長い目で見た時の為替レートってその国の「経済的な強さ」のバロメーターだと思います。
何も持たない日本がここまで強くなれたのは、ひとえに今の高齢者世代が「真面目に」技術を磨いて来たからだと思います。
いまの若い世代が担って行く日本は今までとはきっと違ってくると思います。
過去のデータを見ても、米ドルも天井ではないと思います。

また、お金の数は変わらないけど、買えるものの数が減って来る、というのがインフレです。
今の日本は数値でも1%以上の物価上昇率です。
市...続きを読む

Q土日でも為替の変動が見れるサイトは?

土日でも為替の変動が見れるサイトはありますでしょうか?

見たいのは円/USドルですが。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こちらですか?

http://www.ne.jp/asahi/cme/globex/fx4.html

ここの注意として土曜日にどんなに相場が動いても無視して下さい。
ほとんどの場合は日曜日に元に戻ります。
日曜日の26時(月曜の午前2時)すぎまで相場の変動がそのままの場合は月曜日の相場に影響がある場合があります。(9月10月に2回ずつ有りました)

QFXでは早朝5時~7時だとやはり向いていない時間帯でしょうか?!

FXでは早朝5時~7時だとやはり向いていない時間帯でしょうか?!

Aベストアンサー

こんにちは、「ロンドン時間」と言われる
東京の夕方から深夜の時間帯は、EU全域の銀行が取引をしており、
東京、香港、シンガポールも途中まで残っています。

ニューヨークの銀行が途中から参加しますので、
一番取引量の多い時間帯ですのでその時間帯が、
市場が動くので狙い目です。

Q驚き!オーストラリアドルの金利は年4%

↓このページを見ると、オーストラリアドルの金利は年4%だそうです。
http://www.shinseibank.com/campaign/0607fx/index.html

もちろん、10年後のオーストラリアドルと円のレートは変わりますが、
為替リスクは別にすると、10年後には約50%の利益がでる計算です。(1.04の10乗)

なにかうますぎる話のような気がするのですが、
外貨預金とはそんなものでしょうか。

もしそうだとすると、なぜ皆がやっていないのか疑問です。
為替リスクのせいでしょうか?

Aベストアンサー

既に#2さんから良い回答が出ていますので、どの程度銀行にぼったくられているかについて述べます。

野村證券の豪ドルMMFと比較しましょう。
外貨MMFの信託報酬は0.85%ですから、これが野村證券の儲けになります。
http://www.nomura.co.jp/retail/fund/ffund/gaikammf/rate/audmmf.php
7/14現在、豪ドルMMFは5.093%の利回りです。
市場金利=豪ドルMMF+0.85%=5.943%
つまり、フェアな金利は5.943%ですから、4%の金利なんて1.943%もぼったくられていますよ!
しかも、外貨預金は為替差益は雑所得で1円でも発生すれば住民税申告(20万1円以上は確定申告)の義務があります(超過累進課税)。

では、ここで各種商品の税制面について述べます。
BST(ボンド・セレクト・トラスト)
特徴:野村證券が誇る究極の節税外貨貯蓄です(参照URL)。
金利部分は信託終了前までに売却すると非課税です。
為替差益は非課税です。

外貨MMF
特徴:BSTと同じような短期金利型外貨貯蓄です。
外貨パックを申し込むと外債の金利を外貨MMFに振り込んで複利運用を行う事が自動的にできます。
リアルタイムに買付、売却可能です。
金利部分は20%源泉分離課税です。
為替差益は非課税です。

ゼロクーポン債
特徴:この債券は金利が0の代わりに額面金額が100よりも大幅にディスカウントしてあり、満期には100で戻ります。
中途売却は譲渡所得ですから、年間50万円までの売却益は非課税で、これを越えたら確定申告します(超過累進課税が適用されます)。
逆に売却損が出たら確定申告をすれば損益通算が可能で、税金の還付が期待できます。
満期まで持つと雑所得ですから、1円以上利益が発生したら住民税申告(20万1円以上は確定申告)の義務が発生します(超過累進課税)。

利付債
特徴:金利が付く債券です。
満期になれば額面金額100で償還されます。
金利部分は20%源泉分離課税です。
売却益は非課税です。
償還益は雑所得ですから、1円以上利益が発生したら住民税申告(20万1円以上は確定申告)の義務が発生します(超過累進課税)。

雑所得は1円でも発生すれば住民税申告の義務がある他、超過累進課税が適用されるので、外貨預金の税金は明らかに不利です。
ゼロクーポン債は年間50万円の利益の範囲で中途売却すれば実質非課税で運用できるので有利です。
BSTは信託終了前までに売却すれば非課税運用が可能です。

>なぜ皆がやっていないのか疑問です。
#2さんのご指摘どおり、豪州のインフレ率は日本よりも高いので、長期的には豪ドルの価値が下落する可能性が高いと言えます。
例えば、1990年頃の豪ドル相場は1豪ドル=120円程度ありました。
でも、今はいくらですか?

参考URL:http://www.nomura.co.jp/retail/fund/ffund/bst/index.php

既に#2さんから良い回答が出ていますので、どの程度銀行にぼったくられているかについて述べます。

野村證券の豪ドルMMFと比較しましょう。
外貨MMFの信託報酬は0.85%ですから、これが野村證券の儲けになります。
http://www.nomura.co.jp/retail/fund/ffund/gaikammf/rate/audmmf.php
7/14現在、豪ドルMMFは5.093%の利回りです。
市場金利=豪ドルMMF+0.85%=5.943%
つまり、フェアな金利は5.943%ですから、4%の金利なんて1.943%もぼったくられ...続きを読む

Qスイングトレードの利食いと損切りライン

自分は夜だけ売り買いの注文をするスイングトレードをしてます。

コツコツ買っても損切る時は、1回勝つときの倍以上は負けてます。

勝ってるときの利益確定ラインを損切りラインより大きくしたほうがいいのでしょうか?

みなさん、利益でてる時に売るときと損切るときは、何%くらいに設定されてるでしょうか?

Aベストアンサー

# 勝ってるときの利益確定ラインを損切りラインより大きくしたほうがいいのでしょうか?

利益確定ラインと損切りラインの幅をどう調整しても、トータルの損益に対して何の意味もありません。
利益確定ラインを損切りラインより大きくすれば単純に勝率が下がるだけです。


# みなさん、利益でてる時に売るときと損切るときは、何%くらいに設定されてるでしょうか?

何%という設定のしかたは間違いだと思います。
「主体事由」と「客体事由」というものを考えなければいけません。

「主体事由」は自分自身の運用資金についての事由です。
簡単に言うと、最大損失許容額と1回の取引での損失許容額です。最大損失許容額が100万円なら1回の取引での損失許容額は大きくても10万円程度。
値幅でいうと、1000円の株を1000株買うなら、100円幅が最大損失許容値幅になります。

「客体事由」は相場それ自体の事由です。相場観だとかテクニカルポイントとかいろんなものがあります。
たとえばトレンド形成している銘柄を買う場合に、前回の安値をロスカットポイントにするといった場合に、それが20%下ということもあれば5%下ということもあると思います。
簡単に考えたいなら、買う場合なら「ここまでは下がらないと思う」というレベルを損切りレベルにすればいいです。「ここまでは下がって欲しくない」というレベルを考えては絶対にいけません。
画一的に何%という決め方が絶対にダメとは言いませんが、少なくとも画一的に何%という決め方が有効なストラテジーが無いなら、意味はありません。
つまり意味がある損切りポイントを探さないといけないんです。
意味のあるエントリーのポイント、意味のある損切りのポイント、意味のある利食いのポイント、そのトータルで傾向的に利益になるストラテジーを考えないといけません。
客体事由は主体事由と無関係に考えなければいけません。
主体事由として10万円が損切り額だから5%にするとか10%にする、といった考え方は基本的に間違いです。
客体の特徴として確率的に5%下がることが少ないという傾向があるなら、それは正しい設定です。しかし一概に全ての銘柄、あらゆるトレード条件で、何%がいいといった傾向なんてのは絶対にありません。

まず客体事由からロスカットのレベルを考える。
そして主体事由を組み合わせます。たとえば30円下が損切りポイントで1回あたりの損失許容額が10万円なら、3300株買っていい。200円下が損切りポイントであれば500株しか買えない。
ところでもしこれが取引単位が1000株の銘柄だったら、最低単位の取引でも20万円の損切りになってしまいます。こういうときはどうするか。主体事由を曲げて20万円にする、というのは間違いです。500円で損切りするというのも間違い。
こういうときはいくら上がりそうでも買ってはいけません。100円下がったところで差値するしか無い。もし下がらずに上がるようなら諦めるしかありません。主体事由も客体事由も独立して絶対条件であり、双方の条件を満たすときしか取引をしてはいけません。

主体事由が絶対条件である理由は、破綻リスクの回避です。
たとえば最大損失許容額が100万円であるときに、1回の取引での損失許容額を30万円に設定したとすると、勝率70%の非常に優秀なストラテジーがあったとしても、運悪く2連敗する確率が9%もある。運悪く初回に60万円も負けてしまうと、運用規模が維持できなくなります。40万円の株を買って60万円儲けるのは120%の収益ですからとてもタイヘン。
10万円づつなら運悪く3連敗しても70万円ありますから、なんとか運用規模は維持できます。
主体事由としての1回のあたりの損失許容額は、できれば運用資金額の1/20ぐらいがいいです。期待収益額とのトレードオフになりますが、かなり安定すると思います。

# 勝ってるときの利益確定ラインを損切りラインより大きくしたほうがいいのでしょうか?

利益確定ラインと損切りラインの幅をどう調整しても、トータルの損益に対して何の意味もありません。
利益確定ラインを損切りラインより大きくすれば単純に勝率が下がるだけです。


# みなさん、利益でてる時に売るときと損切るときは、何%くらいに設定されてるでしょうか?

何%という設定のしかたは間違いだと思います。
「主体事由」と「客体事由」というものを考えなければいけません。

「主体事由...続きを読む

QFXでレバレッジ10倍で3-4年の長期保有はどうでしょうか。

レバレッジ10倍で3-4年の長期保有はどうでしょうか。

100万円の資金を10倍のレバレッジにして、
1000万円分の投資金額で米ドルを投資することにします。

これを3-4年間、長期保有することにします。
何か危険(リスク)があると考えられますでしょうか。

Aベストアンサー

(ロスカットラインが証拠金の50%として)

米ドル/円を105円で買うと約95,000USDです。そうすると50万円損失が出た時点でロスカットですので5.3円ほど円高になればロスカットです。今の金融不安の中なら、上手くいけば1週間でロスカットになりそうです。危険です。
もちろん、金融不安が解消してからでも5.3円ほどの値動きなど十分にある話ですので、ロスカットリスクはかなり高いでしょう。

また、長期保有の目的も難しいところです。政策金利が0.5%の通貨を売って、2.0%の通貨を買うということは金利差は1.5%しかなく、金利の逆転も十分考えられます。

購入時の価格が3-4年間の底に近く、その後の3-4年間は円安に動くという確信が無い限りはお勧めできません。

Qユーロ/ドルの買い方が分かりません

FXをやり始めて2ヶ月になります。ユーロ/ドルを手がけたいと思っていますが、現在レートは1.28程度です、この場合、0.1上昇すれば円換算でどれだけの儲けになるのでしょうか?ドル/円、なら90円が91円になれば10000円の儲けというのはすぐに想像つくのですが、ユーロ/ドルの損得がいまいちよく分かりません。1.28で買えば、2.00になったとき、どれだけの儲けになるのでしょうか?ちなみに、フォーランドオンラインですが、1万単位の取引になるのでしょうか?そのあたりも合わせて教えていただけると助かります。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

下記の計算式を参考にしてください(買いの場合)

売値-買値×取引数量×ドル円レート=差損益

例)ユーロドル:1.2800買→1.2900売 取引数量:1万通貨 ドル円レート:90円
1.2900-1.2800×10000×90=9000円

1.2800で買って2.0000で売った場合の損益は、ドル円レートが90円だったら、1万通貨につき648000円の利益となります。しかし、決済通貨のレートによって損益が変わりますので注意が必要となります。


人気Q&Aランキング