人気雑誌が読み放題♪

【質問】
ブックオフ等の本買取店に小説などを売る行為は、「良いことをした」つもりが、実は「自分の首をしめている」面もあるのではないでしょうか。

【補足】
「もったいない」「再利用」という観点からは、捨てるくらいならリサイクルによってもう一度、新たな読者に買って読んでもらうことはとても意義があると思います。

しかし、新しい本が売れることによる印税等で小説家や、出版社を支えている仕組みが、中古本があふれることによってダメージを受けてしまいます。(新しい本が売れなくなる)
お金が全てではないでしょうが、ある程度お金が入ることによって小説家や出版社を支え、優れた作品を生み出しているとも言えます。

*「そもそもたいした額じゃない」や、「どっちでもよい」といった質問主旨からずれた回答はご遠慮ください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

そうなんですよねー。


このサイトで「おすすめの本、教えてください」といった質問に大好きな作家の本を答えて、「ありがとうございます、早速図書館で借りてきます!」とお礼を書かれるとかなりガッカリしてしまいます。

私もgenki2999さんと同じ考えからずっとブックオフ等は利用しませんでした。
でも、ついに去年の大地震の後始末で大量にブックオフに本を出してしまいました。
本棚が倒れたり中身が雪崩を起こしたりで「本を減らさなければ次の地震で死ぬな…」と思ったので。
市のリサイクル回収に出そうと思ったのですが清掃局が震災で麻痺してたのと、量が多く月2回の回収では1年はかかりそうだったので、今回だけと決意しました。

でも段ボールに詰めながら、後ろめたい思いで複雑でしたねー。

私はブックオフに本を売っておいていうのも何ですが「もう手に入らないもの以外、本は本屋さんで買って読もうよ、作家さんを支えようよ」派です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そうなんですよね

中には、中古しか存在しないレアなものもあるので・・・
なんでもかんでも捨てるのも問題あり、ですよね。

お礼日時:2012/06/12 23:58

こんばんは



確かに今の古書市場は新古本(とでもいうのかな)が主力になってしまっている感がありますね
これでは現役の物書きや出版社にとってはマイナス要因の方が大きいのかもしれませんね

しかし、こんな状況になってしまった一因に、現代の出版業界のありかたもあったのではないか、と思っています
毎月毎月たくさんの新刊を発行するし、かつて人気のあったもの、良い作品、名作でも、世間的に評判が上がったりしない限り再販しない。
(火星シリーズはやっと再販・・・ディズニーのおかげかな)

ともかく数を出して、そのうち当たったものを継続する、一定上の反応がない物は切り捨てる
内容も「今」の時流に合った作品、流行の作風、時事ネタ満載の物がいかに多いか。
言ってしまえば、「読み捨て」にちかい。
(時事ネタはすぐに風化するぞ!と怒るような編集者はいなくなってしまったんだろうな)

これでは、本を買ったら何度も読み返し、大切にしようという文化は芽生えません。

逆に言うと、そうやって読み捨てられ、忘れられていく物語たちにもう一度出会うための場所が古書店だと思っています
私も古書店を利用しますが、いつでも買える本は売りません
もう出版されていないけれど、自分ではもう読まない。
売るとすればそんな本たちです。
そして数年たって、何であれを売ってしまったのだろう、と後悔する自分がいたりします
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おっしゃる通りですね
ご回答ありがとうございました

お礼日時:2012/07/21 22:09

> 中古の流通段階でも出版社(あるいは経由して作家への印税)が入る仕組み作りというのは、そんなに難しいものなのでしょうか。



いいえ。
アメリカでは図書館での貸し出しでも出版社、著者に支払いがありますし、日本でも(ブックオフでも)音楽CDやゲームの中古販売では、著作権者に支払いがあります。無いのは書籍だけです。
法律上の問題で、仕組みづくりが難しい、というわけではありません。

ちょっと話が変わりますが、このサイトはご存知ですか?
http://p.booklog.jp/

いわゆる同人誌を自分で作って売れるサイトです。
こういうサイトで、淘汰できる仕組みがあると、ひょっとしたら別の名作が生まれるチャンスなのかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ぜひ構築して欲しいですね

良いものを生み出した人にそれ相応の報酬がいく仕組みがないと、駄作だらけになってしまいそうで・・

お礼日時:2012/06/12 23:57

新古書店に書籍を売却することで、一番不利益をこうむるのは売れっ子の作家及び大きな出版社だったりします。


なぜかといいますと、彼らは純粋に古書ルートにより、本来売れるべき新刊が減少するからです。

ただし、中小の出版社及びあまり作品が売れない作者にとってはメリットのほうが大きいと思います。
なぜかといいますと、新たなルートにより、商品の露出が増えるという結果になるため、新たな読者の獲得、それによる新刊の購入増加という効果が得られる可能性が大きい(流通量が少ないため、新たに入手するためには新刊を購入するしかなくなる)ためです。
また、中小の出版社は自社の在庫処分に新古書店を利用しているという疑惑もあります。

結論としては「利益優先ならばよくないこと、ただしそうで無いならばよいこと」です。
こう考えると少なくとも「自分の首を絞める」ということにはならないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すばらしい作家、作品を淘汰することにより、自分がそういった作品に出合うことが少なくなる、という意味で自分の首を絞めると書きました。

お礼日時:2012/06/10 23:11

ひとつ最初に。


古本を売るよりも、廃紙に出した方が、リサイクル、という面では勝っています。
日本は紙のリサイクル率が世界一で、雑誌や新聞紙などになりますから。古本は死蔵されます。リサイクルにはなりません。


今、出版社は古書店の存在のため、存亡の危機にあります。
Jコミって、ご存知ですか? この作家さんにとって、ラブひなって、ネギま!の前の作品で、しかもビリオンセラーだった作品です。こういう作品ですら、書店で売れなくなっているんです。
http://www.j-comi.jp/book/comic/1

漫画家、作家にとって、大ヒット作も、数年で売れなくなる。そんな状況で、ご質問者さんが、並の漫画家だったとして、どんな生活になると思います。
そういう作家さんを救うために、全く収入の入らないブックオフのような店で売られるより、タダでネット配信をして、広告収入でせめて生活費を、という試みですね。

また、ブックオフの出店とともに、書店の閉店が続いています。昔はコンビニよりも街の本屋の数は多かったんですよ。
その理由は、競争に負けて売れなくなるというだけでなく、万引きによる被害で経営が成り立たなくなった例の方が多い状況です。自分が読むための万引きじゃなく、転売での小遣い稼ぎをする人が多くなったせいです。その転売先はどこでしょう。

今、日本の出版社は電子出版にすがろうとしています。他に生き残りの道がないからです。書籍だけが法律で、図書館での無料貸し出し、著作権料なしでの古本の販売が認められています。(CDやゲーム機は中古販売でも著作権者に支払われています)
最低限の文化の担い手 と 書籍を位置づけたため、書籍は日本中で出版社の言い値での販売が認められています。全国どこでも同じ値段なんです。その代わりにその本を無料で貸し出したり、転売しても、出版社は追加のお金を得られません。
そのルールを悪用して儲けているのがブックオフなどです。昔、音楽で似たビジネスモデルをはじめた友&愛は、一気に全国展開をしましたが、違法とされ、潰れました。
出版社は、ヒット作を出しても損をするだけ、という状況になっているため、著作権処理をきちんとされる電子出版へのシフトで生き残りを図っています。レコードが無くなったように、紙の本も無くなっていくのかもしれません。商売として儲からないってことは、趣味のものしかなくなるってことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

中古の流通段階でも出版社(あるいは経由して作家への印税)が入る仕組み作りというのは、そんなに難しいものなのでしょうか。

趣味のものでしかなくなれば、それに全力で取り組む人なんてどんどんいなくなりますよね。
(稀に趣味で全力投球してくる人もいますが)

お礼日時:2012/06/10 23:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QYOUTUBE広告収入 著作権フリー音楽サイト

ちょっと気になって質問をしたのですが、
著作権フリーサイトってありますよね。
その著作権フリー音楽サイトの曲を使った動画は
広告収入に使っても法的に大丈夫なのでしょうか...

すみません、僕が理解不足なだけかもしれませんが...

Aベストアンサー

その著作権フリー音楽サイトによって違いますが、
利用規約に商用に利用しても良いなどと書かれている場合は大丈夫です。
なのでとりあえず使おうと思っている、または使っている音楽のサイトの
利用規約を見てきてはいかがですか?

Q読み終わった本を売りたいのですが高価買取をしてくれる店を教えて下さい。

読み終わった本を売りたいのですが高価買取をしてくれる店を教えて下さい。
カテゴリーはビジネス本です。
ブックオフで売ろうとしたら、あまりにも安かったので店舗でもインターネット買い取りで良いです。
横浜市在住です。

Aベストアンサー

ゲオはどうでしょう?やっぱりコミックとかの方が高いかしら?

ネットだと、『アレイズブック』や『本買取ドットコム』とかかしら。いちおう参考URL載せておきます。

あとは売らないで図書館に寄贈という手もあります。その場合は手続きが必要で、受け入れてもらえてもかなり日数がかかりますけれど★

参考URL:http://dir.yahoo.co.jp/Business_and_Economy/Shopping_and_Services/Books/Booksellers/Antique__Rare__and_Used

Q共謀罪と騒がれていますが共謀罪とはなんのことですか?

共謀罪と騒がれていますが共謀罪とはなんのことですか?

Aベストアンサー

共謀罪

そのままの意味で、共謀したら罪に問われます。

今話題になっているのは、この共謀罪ではなく、組織と共謀した人が対象です。
また共謀しただけでなく、何らかの実行が伴わないといけません。

騒いでいるのは、この法律が施行されるとヤバい連中だけです。
一般の人は興味ありません。

Qブックオフで本を売る場合の方法

このたび本、雑誌、ゲームソフトをブックオフで売ろうかと思っています。
その際、直接店舗に持ち込むのと、本を宅急便で送る(宅本便)のと
eブックオフと買取価格に違いはあるのでしょうか?
また雑誌はeブックオフだと買取不可、ブックオフだと買取可
という認識であっておりますでしょうか?

Aベストアンサー

価格自体に違いはありませんが、Tポイントなどには違いがあります。
まず、ブックオフの買い取り方法について記述します。
ブックオフには5つの買い取り手段あり、宅本便(以下甲)、CD・DVD・ゲーム査定買取サービス(以下乙)、出張買取センター(丙)、店舗出張買取(丁)、店頭買い取り(戊)があります。
戊であればTポイントが発生しますが、自宅集荷(甲、乙、平、丁)ではポイントが発生しません。ですから、店頭買い取りでないと、現金でこそないが、ポイントを損します。
また、甲、乙、丙、丁を利用した場合は、ある程度数がないと買い取ってくれません(基本は50点以上ですが、店舗によっては多少違いはあるそうです)。
さらに、店頭買い取り以外では、電話やネットで申し込みをしなければいけない上に、甲・乙の場合は自分で梱包、甲・乙・丙の場合は銀行振込みで支払は1~2週間かかります。
上記の観点から俺はブックオフが近くにあるのなら、店頭買い取りの手段を推奨します(ついでに何か買って帰れるし)。

参考URL:http://www.bookoff.co.jp/sell/way.html#way01

価格自体に違いはありませんが、Tポイントなどには違いがあります。
まず、ブックオフの買い取り方法について記述します。
ブックオフには5つの買い取り手段あり、宅本便(以下甲)、CD・DVD・ゲーム査定買取サービス(以下乙)、出張買取センター(丙)、店舗出張買取(丁)、店頭買い取り(戊)があります。
戊であればTポイントが発生しますが、自宅集荷(甲、乙、平、丁)ではポイントが発生しません。ですから、店頭買い取りでないと、現金でこそないが、ポイントを損します。
また、甲、乙、丙、丁を...続きを読む

Q音楽教室からも著作権を取る・・・賛成?反対?

JASRACという名前を聞いたことがありますか?日本音楽著作権協会と言います。
ザックリ言うと、作曲者や作詞者はその作品について著作権がありますが、その管理をJASRACに任せることで、利用料の分配や著作権の侵害や不正使用の監視業務を行っています。

身近な例ではカラオケですが、ここでもJASRACとカラオケ店が契約していて一定の金額がJASRACに流れて、作詞・作曲したアートストの印税となっています。

さて前置きはここまでとして、今回JASRACが楽器の演奏を教える音楽教室からも著作権を取る方針を決めたそうです。
当初の対象はヤマハ音楽教室など大手の約9000カ所だそうですが、早くも反発が起きています。

そこで皆さんは、楽器演奏などを指導する音楽教室からも著作権を取ることに対して、賛成ですか?
それとも反対ですか?
興味がないので、どうでもいいですか?

Aベストアンサー

そもそもJASRACの存在自体が大反対です
この存在が日本の音楽業界の衰退の原因ですし
現状十分儲けているはずなのに
これ以上まだ搾取するのかと
大人の負担が増えるだけならまだしも
大人の負担が増えることで音楽教室に通っている子供たち
音楽が大好きな子供の楽しみや夢を摘み取るような行為
いったい何がしたいのやら

ああ、金儲けがしたいんだった

Qブックオフなどの古本屋さんは、買い取った本を消毒し

ブックオフなどの古本屋さんは、買い取った本を消毒してるのでしょうか?

Aベストアンサー

アマゾンで古書を出品しているところを見ると消毒しているところもあるようです。しかし、大半の古書店は消毒をしていないと思います。
その理由は
1)手間がかかる。
2)消毒の効果がそれほどない。
手を消毒する場合を例に挙げると、完全に滅菌するには、消毒液を噴霧するだけでは不十分で、石鹸ですみずみまで丁寧に洗い、すすいで水をよく切ってから、消毒液を噴霧してよくもみこむことが必要です。または、塩素系の台所用殺菌剤を布巾を殺菌するぐらいの濃度に薄めて、手を20~30秒つけてから、すすげば滅菌できます。これと同じことを本で実施することはできないので、殺菌液を軽くスプレーして乾かす程度のことしかできないと思います。つまり気休めにすぎません。
3)消毒する意味がない。
人間の皮膚の表面には常在菌と総称される微生物がつねに繁殖しています。上記のように滅菌しても毛穴の奥にいた常在菌がまた繁殖して表面に広がります。これが有害な病原菌の侵入を防いでいるのです。当然、本を手に取れば皮脂といっしょにこの常在菌が本に付着します。ですから古書店に限らず、新本屋でも図書館でもこのようなことは絶えず起きています。また硬貨や乗り物のつり革やドアのノブにもこうした常在菌が付着しています。皮膚表面だけでなく、環境中にもたくさんの微生物がいます。皮膚から剥離した古い角質や皮脂、喋るときに飛び散った唾液、抜け毛(1日に100本以上抜けます)、衣類に由来の繊維屑、ペットの毛や排泄物、その他の塵埃などに微生物が付着して空気中に浮遊しています。人間はこのような環境で暮らしているので、古本だけ一時的に消毒することは意味がないのです。

アマゾンで古書を出品しているところを見ると消毒しているところもあるようです。しかし、大半の古書店は消毒をしていないと思います。
その理由は
1)手間がかかる。
2)消毒の効果がそれほどない。
手を消毒する場合を例に挙げると、完全に滅菌するには、消毒液を噴霧するだけでは不十分で、石鹸ですみずみまで丁寧に洗い、すすいで水をよく切ってから、消毒液を噴霧してよくもみこむことが必要です。または、塩素系の台所用殺菌剤を布巾を殺菌するぐらいの濃度に薄めて、手を20~30秒つけてから、すすげば滅...続きを読む

Q著作権侵害をネットで公言すると名誉毀損?

著作権侵害の事実、証拠などを、著作権保有者が、ネットで公開すると
著作権侵害をしている法人・個人から、営業妨害や名誉毀損罪で訴えられることがありますか?
また、このようなことは過去にあるのでしょうか?

ネット上の著作権侵害は、著作権侵害を警察に親告して告訴して有罪にならない限り、
著作権侵害は事実かどうか確かではない、という扱いになり、
著作権侵害の事象を公開した著作権保有者は、名誉毀損とみなされるのでしょうか?


公開の内容は、著作権を侵害している箇所、証拠、著作権を侵害している内容の説明までです。
ウェブ魚拓やサイトの保存画像を使用します。

証拠の説明で、著作権侵害サイトの保存画像(JPEG,GIFなど)を掲載すると、
逆に、著作権侵害サイト側から、サイトの著作権侵害をしていると訴えられる気もするのですが、
この点は、問題無いのでしょうか?
そもそも、例が無いのでしょうか?


著作権侵害をしている法人・個人を、犯罪者とは公言しません。
著作権侵害は親告罪なので告訴して有罪とならない限り、犯罪者とはいえませんので。
あたりまえですが、公開で、著作権侵害をしている者を誹謗・中傷はいたしません。
公開するのは、証拠の掲載と説明のみです。

著作権侵害の事実、証拠などを、著作権保有者が、ネットで公開すると
著作権侵害をしている法人・個人から、営業妨害や名誉毀損罪で訴えられることがありますか?
また、このようなことは過去にあるのでしょうか?

ネット上の著作権侵害は、著作権侵害を警察に親告して告訴して有罪にならない限り、
著作権侵害は事実かどうか確かではない、という扱いになり、
著作権侵害の事象を公開した著作権保有者は、名誉毀損とみなされるのでしょうか?


公開の内容は、著作権を侵害している箇所、証拠、著作権を侵害してい...続きを読む

Aベストアンサー

> 著作権侵害の事実、証拠などを、著作権保有者が、ネットで公開すると
> 著作権侵害をしている法人・個人から、営業妨害や名誉毀損罪で訴えられることがありますか?
> また、このようなことは過去にあるのでしょうか?
 世の中には,本当にわけの分からない理由で訴えを起こす人もいますので,訴えられる可能性自体がゼロとは言いませんが,度が過ぎた誹謗・中傷にわたるものでない限り,そのような高位が業務妨害や名誉毀損にあたると判断されることはまずないと思われます。
 過去に,そのようなことで裁判になったというケースは,聞いたことがありません。

> ネット上の著作権侵害は、著作権侵害を警察に親告して告訴して有罪にならない限り、
> 著作権侵害は事実かどうか確かではない、という扱いになり、
> 著作権侵害の事象を公開した著作権保有者は、名誉毀損とみなされるのでしょうか?
 そのような扱いにはなりません。少なくとも,確実な資料や根拠に基づき,著作権侵害が生じていると認めるに足りる相当の理由がある場合には,名誉毀損罪は成立しないものと解するのが一般的です。

> 証拠の説明で、著作権侵害サイトの保存画像(JPEG,GIFなど)を掲載すると、
> 逆に、著作権侵害サイト側から、サイトの著作権侵害をしていると訴えられる気もするのですが、
> この点は、問題無いのでしょうか?
> そもそも、例が無いのでしょうか?
 公表された著作物は,営利を目的とせず料金も取らないのであれば,二次利用することが法律上認められていますので,その点は特に問題ありません。

> 著作権侵害の事実、証拠などを、著作権保有者が、ネットで公開すると
> 著作権侵害をしている法人・個人から、営業妨害や名誉毀損罪で訴えられることがありますか?
> また、このようなことは過去にあるのでしょうか?
 世の中には,本当にわけの分からない理由で訴えを起こす人もいますので,訴えられる可能性自体がゼロとは言いませんが,度が過ぎた誹謗・中傷にわたるものでない限り,そのような高位が業務妨害や名誉毀損にあたると判断されることはまずないと思われます。
 過去に,そのようなことで裁判に...続きを読む

Q私は小説が好きで、特に香月日輪さんや三秋縋さんの本が好きです。このような人たちの本に似た面白い本を知

私は小説が好きで、特に香月日輪さんや三秋縋さんの本が好きです。このような人たちの本に似た面白い本を知っている人がいたら教えてください!

Aベストアンサー

行田尚希
「路地裏のあやかしたち 綾櫛横丁加納表具店」はいかがでしょう?
シリーズ3部作です。
http://dengekibunko.jp/store/detail/49cce1c7-2386-4a58-837a-202b81f5730d/

Q著作権がある音楽のアップロードについて

著作権がある音楽のアップロードについて質問です。
組曲『ニコニコ動画』のようなメドレーを作ったのですが、著作権が絡んでるため、インターネット上で公開する事ができません。
きちんと合法にアップロードしたいのです。
そこで、著作権がある音楽を公開する事ができるMySoundというサイトを見つけたのですが、著作権がある曲を複数繋げた曲(つまりメドレー)はアップロードできないとのこと。
もし、メドレーもアップロードできるサイトをご存知の方がいらっしゃいましたら、教えていただけませんか。

Aベストアンサー

順番に行きましょう。
1.メドレーにする事について
著作人格権の中には同一性保持権というものがあり、例えカバーでも著しい改編については権利者が意義を唱える事が出来ます。
ただし、一般的にはメドレーにしただけで問題になる事はほとんどありません。

2.MySoundについて
MySoundが行っているのは著作権処理の代行です。ここで言う著作権とは作詞作曲に関する著作権であり、音源に関する権利ではありません。
※著作権と著作隣接権は実は違います。
つまり、有名曲をカバー(自分で演奏)してアップロードする事は出来ますが、市販CDからリッピングしてアップロードする事は出来ません。
MySoundでメドレーがアップロード出来ないというのは何か著作権処理とは違う理由であるはずです。JASRACなどへの申請でメドレーだって普通に出来ますからね。
先述の通り、著作権処理を代行することと、著作隣接権(特に原盤権)を処理する事は全く意味が違いますので、その辺ではないかと思いますがいかがでしょう?

3.そもそもの話
ニコニコ動画ではMySoundと同じく著作権処理を代行しています。例えメドレーであっても、です。Youtubeも同じです。
あなたが作った曲が有名曲のCD音源などを無断利用していない=打ち込み等自分で演奏したものなら、ニコニコでもYoutubeでも公開して構いません。そうではないのなら、その部分まで処理してくれるサービスは存在しません(許諾を得るのに手間とお金が掛かり過ぎる上に断られる可能性が99%以上ある)ので、諦めるしか無いでしょうね。

順番に行きましょう。
1.メドレーにする事について
著作人格権の中には同一性保持権というものがあり、例えカバーでも著しい改編については権利者が意義を唱える事が出来ます。
ただし、一般的にはメドレーにしただけで問題になる事はほとんどありません。

2.MySoundについて
MySoundが行っているのは著作権処理の代行です。ここで言う著作権とは作詞作曲に関する著作権であり、音源に関する権利ではありません。
※著作権と著作隣接権は実は違います。
つまり、有名曲をカバー(自分で演奏)してアップロ...続きを読む

Q韓国のソウルに日本の本を売っている店がありますか?

今度、ソウルに転勤になりました。とても本が好きなのでソウルに日本の本が売っている店があればと思っています。心当たりの方がおりましたら教えてください。

Aベストアンサー

検索したら,こんなサイトがありました。

 ◎SEOULNAVI.COM 生活情報
  http://www.seoulnavi.com/ryugaku/shop/shop.html

 「大型書店」にある「教保文庫」,「永豊文庫」,「Books Libro」には日本語書籍コーナーがあるようです。

参考URL:http://www.seoulnavi.com/ryugaku/shop/shop.html


人気Q&Aランキング