着物履歴が浅いのですが、着物熱にうなされている50代です。

ちょっと濃いめのベージュに、墨くろとこげ茶の間のような色合いで渋く葡萄がらが入った結城紬を単衣で作りました。飽きたら袷にするといいですよとも言われました。

その後着付けの先生から「葡萄柄なんて、買うもんじゃない」とのコメント!先生の真意はよくわかりませんが、私の質問は2つです。

1)葡萄柄の単衣を6月に着ても大丈夫でしょうか?
2)葡萄柄ってそんなに出回っているんでしょうか?

アドバイスよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

着物 大阪」に関するQ&A: 大阪で着物丸洗い

A 回答 (2件)

1)デザインと捉えれば6月でも問題ないでしょう。


マスカットの旬は6月ですしね。
リアルに描かれた染めの葡萄柄ならやはり初秋あたりに着るのが良いですが。
紬はそもそもカジュアルですから用途的に問題ないと思います。

2)とくに多く出回ってるというものではないと思いますが。
葡萄唐草なら年中を通して着られる柄です。
子孫繁栄や豊穣を意図するおめでたい柄ですから。

私も先生のご発言の意味がわかりませんね。
好きなものを着てこそ、と思いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧にありがとうございます。
マスカットもありましたね!忘れてました。どちらかと言うと抽象的に描かれています。

子孫繁栄のおめでたい柄なんですね、知りませんでした。勉強になりました。

先生は、年齢、お立場もあり、いつもコメントがどちらかと言えば、保守的です(苦笑)。
「好きなものを着てこそ」のお言葉、とてもうれしかったです。

ありがとうございました。

お礼日時:2012/06/15 04:47

40過ぎ、遊びで着物を着ている者です。



デザインっぽいものでしたら、6月にお召しになっても構わないと思いますが、通りすがりに見て「素敵!」と感じるのは、秋にお召しになっている方ですね。
色合い的にも涼しげと言うより温かみの方を感じますし、結城の質感も温かな感じがします。私は大阪在住のせいもあるかもしれませんが、私だと、6月には暑くて着ない、5月と9月下旬から10月はじめの着物にしそうですね。

葡萄柄は、割とポピュラーな柄だと思います。
着付けの先生の趣旨は、季節限定の着物になりそう、印象に残りやすくて着回しが難しい、という趣旨かな?と感じました。
実際、私は梅鉢の紬を持っているのですが、「デザインだから秋から春までOK」と言われても、枚数が増えてくると1月2月限定の着物になってきました。
ただ、季節限定の着物や帯も悪くないと思っています。着ていて自己満足が味わえますし、「この時期にしか着れない!」と思うと、かえって無理にでも機会を作るので、使っている頻度は意外と高いです。

せっかくの結城です。
ぜひ楽しんでくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
渋好みのせいか、色合いがどうしても暗めになってしまい、なんだか暑苦しさは感じていました。
やはり初夏は、涼しげなものがいいですね。
季節感を大事にしてこそ、和事なんでしょうね。
参考になりました。

お礼日時:2012/06/15 04:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q袷の着物

着付け初心者です。
明日、袷を着てお稽古に外出しようとしたのですが、気温が30度あると予報されていました。
やはり袷はやめておいたほうがいいでしょうか・・。
今年の春に仕立ててまだ一度も着ていません。明日をのがすと、10月まで着られないというのもなんだか残念で・・・。

Aベストアンサー

そういう場合は下に着るもので調節すると良いですよ。
例えばですけど私などは夏用の麻の襦袢を着たりします。

まだ湿度が高くないのでそれほど不快ではないと思いますが、ちょっと動くと汗をかくと思いますよ。
この時期は室内もあまり冷房がきいてなかったりしますから、短時間ならともかく長い時間はちょっと体調が不安です。
体が暑さに慣れてないので熱中症の心配もあります。
単衣があるならそちらにされた方が無難かと思います。

Q【急ぎ】9月25日に袷の着物はNGでしょうか?

こんにちは。

9月25日に軽井沢に出かけますが、着物で行きたいと思っています。

季節的には単のシーズンで、私も単の小紋を持っていますが、
単はあまり着ないので、ポリエステルしか持っていません。

で、この時期の軽井沢は結構寒いぐらいのことがあります。

そこで、皆さんに相談です。

9月25日というと、もうほとんど10月に近いですが、やはり
袷の着物はNGでしょうか。

袷の着物のほうが正絹もあって着やすいのですが・・・。

皆さんのご意見、お待ちしています。

Aベストアンサー

着物を着る男です。

OKだと思います。

その昔、9月に軽井沢にバイクでツーリングに行ったとき(洋服ですが、(^^ゞ)、地元ライダーは革ジャンで冬の服装でした。
9月の軽井沢はかなり寒かった記憶があります。

着物の世界では袷は10月からと言われてますが、江戸時代の人たちはそんなにカレンダー通りに生活していないハズです。
カレンダーが統一されたのは江戸時代の中頃から。
それまでは、「関東は9月だけど、関西は10月」というのが “当たり前” だったそうです。(逆かな)

極端に季節外れでもない限り、気にする必要は無いと思います。

Q夏結城の着物にはどんなコーディネート?

友人と、ショッピングに行く事なりまして夏結城の紬の着物を着て行こうと思っています。
着物は、ベージュ色、縦に一本模様があり黒色です。
さて、帯は名古屋にしようと思いますが、どちらが良 いでしょうか?
1.同じ結城の帯 地色が白に花模様が並んでいる 花の色が水色系 淡い感じの総柄です。
2.麻の帯 地色が濃いベージュ 紫色に江戸紅型のお太鼓柄です。
2点とも着物の雰囲気には、あっていると思いますが、悩んでいます。
できれば、帯揚げ、帯締め、履き物、バックもどんなものが良いでしょうか?
教えてもらえればありがたいです。

Aベストアンサー

残念ながら着物のコーディネートを文章で理解したり伝授する事はほとんど不可能です。
写真があっても実際の色や風合いとは違ってしまいますしね。
何色には何色を合わせれば良い、と言う風に簡単に行かないのが着物の難しさでもあり楽しみです。

ショッピングならどちらでもお好きな方を、と思います。
イメージとしては1は優しい雰囲気、2は少し強めの感じでしょうかね。
行く場所やその日の気分、お友達の服装との兼ね合いなどで決めてはいかがですか?
小物合わせのコツとしては夏ですからあまり多色を使わずにスッキリとまとめると良いと思います。
着物や帯の一色を反映させたり。

帯揚げや半襟は絽や麻などの夏物を使いましょう。
帯締めはとくに夏用でなくて良いですが細めのものが良いでしょう。
トンボ玉などの帯留めを使うのも夏らしく良いです。
履き物は年中OKのエナメルのほか、夏ならではの素材として麻やパナマがあります。
鼻緒にも絽素材などを使った夏専用があります。
バッグも同じです。麻やパナマ、カゴ、絽素材、など。もちろん皮製もいいです。
夏に向かないのはビロード、スエード、ちりめん、その他ほっこり暖かそうな素材ですね。

残念ながら着物のコーディネートを文章で理解したり伝授する事はほとんど不可能です。
写真があっても実際の色や風合いとは違ってしまいますしね。
何色には何色を合わせれば良い、と言う風に簡単に行かないのが着物の難しさでもあり楽しみです。

ショッピングならどちらでもお好きな方を、と思います。
イメージとしては1は優しい雰囲気、2は少し強めの感じでしょうかね。
行く場所やその日の気分、お友達の服装との兼ね合いなどで決めてはいかがですか?
小物合わせのコツとしては夏ですからあまり多色を使わ...続きを読む

Qこの柄の着物はどのような季節に着られますか? 枝のついた梅と、牡丹のような花の描かれた着物です。

この柄の着物はどのような季節に着られますか?

枝のついた梅と、牡丹のような花の描かれた着物です。
梅は1〜3月頃と聞きますが、この牡丹のような花の季節がわかりません。
12月のクリスマスパーティーに着たいのですが、柄の季節的に難しいでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

これは牡丹ではなく椿だと思いますよ。葉っぱやつぼみの形が牡丹とはちがいます。
椿とすると季節的には12~3月ぐらい、ただ梅は年明けからという観念が通常だと思いますので、この着物のドンピシャの季節は1~2月と思われます。
3月に梅は、少々遅いのです。もう桜の時期になりますから。

ただし、この柄はかなりデフォルメされデザイン化されたものですので、季節に忠実でなくて良いと思います。
とても華やかな着物なのでクリスマスパーティーにも良いのではないでしょうか。
赤や緑といったクリスマスカラーも入っていますしね。

Q銘仙の着物で単衣を冬に着たら変ですか?

銘仙の着物で単衣を冬に着たら変ですか?
いかがでしょう。

ご回答ください。

Aベストアンサー

最近のお嬢さん方は冬でも、チュニックなど、ジョーゼットや、シフォンのような透ける、軽い生地で着ているので
あまり違和感がないのかもしれないですが、コート下で、というなら外で見えないから気にもなりませんが、
コートのしたからすけるような、薄い、ヒラットした布地が見えると、年長者は洋服でも、寒々しく見えるのです。

だから、元から、単衣は、冬には着ないとわかっていて、着用するにはウールがぎりぎりです。
それは、ウールが元から、冬素材(毛糸とか)だからという、言い訳があるから。

元から、着物は形は全部一緒(半そでとかないでしょ?)、布地(絽、紗、ちりめん、麻とか)と仕立て(単衣、袷)、そして、柄(季節)で
季節の変化と、温度調整を感じさせる仕組みだから。

私の、祖父は私(今年還暦)が20のころに、ウールのお対の、羽織を脱いでいたら、「なんだそれは、単衣じゃないか」と
血相変えて言いました。
もう、こういう人は生きていませんが(笑)、貧乏人の単衣重ねとか言う言葉もあるぐらいに
寒い時期に、単衣を着用するのは、見るほうにすると、無理があります。

室内だけ(ジタク)とかなら、問題はないでしょう。
タダ、これで寒い時期に外を出歩くに、袷のコート、羽織を着用せずに、ショールだけだと、
本当に「寒々しい=貧乏くさい」ということになっちゃうのです。

銘仙は、柄でそれとわかります。
さらに、布地として、薄いのです、銘仙は。
だから、冬に単衣ということでなら、わかる部分は上前のすそだけが、歩くときにわかりますが、ヤッパリ、ちょっとね。

季節の変わり目に、暑いときなどにということなら、十分に通用するのですが。

最近のお嬢さん方は冬でも、チュニックなど、ジョーゼットや、シフォンのような透ける、軽い生地で着ているので
あまり違和感がないのかもしれないですが、コート下で、というなら外で見えないから気にもなりませんが、
コートのしたからすけるような、薄い、ヒラットした布地が見えると、年長者は洋服でも、寒々しく見えるのです。

だから、元から、単衣は、冬には着ないとわかっていて、着用するにはウールがぎりぎりです。
それは、ウールが元から、冬素材(毛糸とか)だからという、言い訳があるから。

元から...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報