英語がばーっと書いてあって、
空欄に何か書けるようになってるのですが
英語力が足りない為に理解できません。
ご協力お願いします。

Dear(    )←ここは友達の名前でOKですよね?
No treasure from the ocean←海からの贈り物?
Could ever,ever be
As special as the
(           )←もうさっぱりです。
Thank you have given me!
Love,
(           )←???

どうか、お願いします。教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

THANKS special」に関するQ&A: special thanks are due to

A 回答 (2件)

贈り物をもらったお礼のカードでしょうか?



No treasure from the ocean could ever, ever be as special as the (X).
は「海から得られるどんな宝物も,Xほどには特別でない,すばらしくない」ということですね。

Thank you have given me!が意味をなしませんが,
[1] ... as the (X) that you have given me.「あなたがくれたXほど」
[2] Thank you for what you have given me.「あなたがくれたものに感謝します。贈り物をありがとう」
のどちらかのお間違いでは?

最後のLoveの後のカッコには差出人の名前を入れます。

この回答への補足

あと、もう1つ教えてもらいたいのですが。

theの後にaってきても宜しいのでしょうか?
例えば、as the (a recital) that you have given me.
なんか凄い文章になってしまいましたが、これってOKなんですか?

補足日時:2001/05/13 21:47
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんは、結構急いでいたので助かります。
Thank you have given meなのですが、
that you have given meの間違いでした。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/05/13 21:41

本来は、Alias様がお答えになられるところでしょうが、変わりにお答えします。


まず、Thank が thatであったということですので、全文の意味がはっきりしました。
No tresure ...以下の文の意味は、結局
あなたがくれた( )は海からのどんな宝物にも勝る、
という意味ですね。

さて、( )内にaをいれると冠詞のtheの後にまた冠詞が続き文法的に間違いとなります。ここはそのままrecitalをいれましょう。theは「あなたがくれた」で限定しているから(thatは関係代名詞ですね)theをつけねばなりません。

この回答への補足

ありがとうございました。
無事にカードを使ってプレゼント出来ました。

補足日時:2001/06/09 02:05
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QThe example he as given isn't appro

The example he as given isn't appropriate.

の訳と「as given」の所の解説をお願いしたいのですが。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

英文はちょっと間違っていると思う

「The example he HAS given isn’t appropriate」じゃないでしょうか
彼があげた例は適当しないという意味ですね

QStrange to think, the wind couldn’t touch our thoughts, but it blows against our

イギリス詩の解釈について教えて下さい!
こんにちは。今、イギリスの詩を勉強しています。
しかし、ここに添付致します詩の裏にある、心情がどんな物なのかいまいち読み取れません。
この詩は、どの様な心境を詠ったものなのでしょうか?アドバイスをお願い致します。

Strange to think, the wind couldn’t touch our thoughts, but it blows against our skin, touching each sense and each sense behind each sense and until there is only wind.

Aベストアンサー

詩ですから、解釈は人それぞれでいいのではと思いますが、一応私はこんな感じで受け取りました。

思えば不思議なことだが、風は私たちの思考には直接手を触れなかったのだが、肌に吹きつけることでそれぞれの感覚(いわゆる五感ですかね)に触れ、それがさらにその奥の感覚へと伝わり、しまいにはただひたすら風があるのみ(身体中で風を感じるというか、風と一体化するというか)という状態にさせてしまうのだ。

文の前半では過去形で、後半は現在形になっていますので、おそらくこの「出来事」は過去の話で、後半はそれをよりリアルに表現するための手法として現在形にしているのかと思いました。

Q「As we entering the building, the f

「As we entering the building, the fossil dinosaurs came into view.」
は文法的におかしい文でしょうか?

アルクの英文法インデックスというHPの後半部分に
http://www.alc.co.jp/eng/grammar/kaisetsu/grammar17.html
この文が典型的な誤用文として載せられています。

私としては分詞構文に接続詞を付けたり、分詞の意味上の主語と文の主語が一致しない独立分詞構文の例などからこの文に違和感を感じなかったのですが、
やっぱりこの文はおかしいでしょうか?

皆様の御意見をお聞かせください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

分詞構文で意味があいまいな場合,接続詞+ ~ing のように分詞構文の前に接続詞を置く。
こういう説明がなされることがあります。

しかし,分詞構文は「~して,しつつ,しながら」のような意味で,「~するとき,なので,すれば」などの意味の代わりに用いているのです。
だから,その前に接続詞を置くというのはおかしい。
あいまいになるというのなら,分詞構文自体を用いなければいいのです。

While staying in London, I visited my uncle.
このような英語は
while I was staying あるいは while I stayed を
while staying としていて,一般的には主節と同じ主語+be 動詞をセットで省略したと説明されます。

このような ing を分詞構文の一種とするのも一つの考え方ですが,最初に述べたように分詞構文の持つ意味から考えるとおかしい。

As we entering the building, the fossil dinosaurs came into view.
のように主語が異なる場合,主語を残して be だけ省略することはできません。

接続詞+主語+ ing というのは誤りで,
接続詞+ ing なら正しい。

分詞構文で意味があいまいな場合,接続詞+ ~ing のように分詞構文の前に接続詞を置く。
こういう説明がなされることがあります。

しかし,分詞構文は「~して,しつつ,しながら」のような意味で,「~するとき,なので,すれば」などの意味の代わりに用いているのです。
だから,その前に接続詞を置くというのはおかしい。
あいまいになるというのなら,分詞構文自体を用いなければいいのです。

While staying in London, I visited my uncle.
このような英語は
while I was staying あるいは while I staye...続きを読む

Q「as happy as the day is long」 での 「the day」というのは ?

「as happy as the day is long」 という表現があるようですが、

◎ ここでの「the day 」は、「昼間の時間」を指すのでしょうか ?

◎ もしそうだとした場合に、
 この表現を日脚の短いシーズンに使ったりするのは、
 不自然だったりしますでしょうか ?

Aベストアンサー

 as や like を用いた比喩表現は as busy as a bee, as easy as pie などいろいろあります。このような表現は,日本語でも,「足が棒になる」と言い,「足が鉄になる」とは言わないように,慣用的に用いられています。
 as the day is long に関しては,as honest as the day is long という表現もよく用いられます。
 この the day は「昼間の時間」でなく,一日のことでしょう。a second や a minute が「一瞬」という意味になるのに対して,day というのは明らかに長さが感じられるという意味合いで用いられているのではないでしょうか。

QThen took the other, as just as fair, ... : Robert Frost の"The Road Not Taken"から

Robert Frostの”The Road Not Taken”という詩にめぐり合いました。が、その一部がよくわかりません。

全部で4つのスタンザからなる詩ですが、そのうち第2スタンザまでを下に引用します。
TWO roads diverged in a yellow wood,
And sorry I could not travel both
And be one traveler, long I stood
And looked down one as far as I could
To where it bent in the undergrowth;

Then took the other, as just as fair,
And having perhaps the better claim,
Because it was grassy and wanted wear;
Though as for that the passing there
Had worn them really about the same,
(以下は省略。全体は、”The Road Not Taken” さらに訳例は ”行かなかった道” などで検索していただくと出てきます)

この第2スタンザの最初のlineの後半:
as just as fairの部分がよくわかりません。

(1)直訳して、
さらに
(2)文法・語法的に、さらに修飾関係を説明して、
いただけませんでしょうか?

《以下は補足です》
1.
駒村利夫氏訳では、このスタンザは次のとおりです。
「そこで私はもう一方の道を選んだ。同じように美しく、
草が深くて、踏みごたえがあるので
ずっとましだと思われたのだ。
もっともその点は、そこにも通った跡があり
実際は同じ程度に踏みならされていたが。」

2.
辞書を引くと、『ジーニアス英和辞典』(第4版)は
“just as good[bad, big] (as O):…と同じくらいによい[悪い、大きい]”
という成句が挙がっていましたが、件の表現と何か関係があるのでしょうか。

よろしくお願いいたします。

Robert Frostの”The Road Not Taken”という詩にめぐり合いました。が、その一部がよくわかりません。

全部で4つのスタンザからなる詩ですが、そのうち第2スタンザまでを下に引用します。
TWO roads diverged in a yellow wood,
And sorry I could not travel both
And be one traveler, long I stood
And looked down one as far as I could
To where it bent in the undergrowth;

Then took the other, as just as fair,
And having perhaps the better claim,
Because it was grassy an...続きを読む

Aベストアンサー

Then took the other, as just as fair,
最初のasは「~なので」と理由を述べる接続詞で、just as fair は辞書でご覧になったjust as ... と考えればいいのではないでしょうか。
訳はそのまんまですが「同じくらいにきれいだったので」


人気Q&Aランキング

おすすめ情報