人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

タイトルのとおりです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

基本的に直系家族を養育する為の年金だからです。


世帯主の収入で家族が生活すると云うのが厚生年金保険の考え方で、その為に核家族の妻子を養う年金を支給する訳です。
例外として子が居ない場合に親に支給しますが、これはやはり核家族の一員としてです(常に配偶者が第一順位で、相続分と異なり全額を1名に支給します)。
今の老齢厚生年金のモデルケースが核家族で専業主婦、子供2名としているのは政府が「望ましい家族像」と考えているからです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。直系血族である家族のためのもの、納得です。

お礼日時:2012/07/02 18:14

たとえば兄弟が3人として、上の2人も親も死んだと


しますと、少ない人の3倍の年金を受け取ることになります。
兄弟がもっと多ければさらにもらえます。

これでは不公平だし、年金制度が破たんします
    • good
    • 0
この回答へのお礼

解答ありがとうございます。確かにそうですね。しかし、その理屈ですと子や孫も2倍もらえることになるのではないでしょうか。

お礼日時:2012/07/02 18:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q独身で60歳までに死亡したら年金はパア?

昭和29年7月生まれの知人が亡くなりました。
知人は独身で約20年の会社勤めの後、退職し自営で国民年金に加入してました。
会社員時代は勿論、厚生年金と厚生年金基金の公的年金に20年間加入してました。
受給前の58歳で亡くなった場合、年金は全くの払い損ですか?
お母さん(国民年金受給中)は、まだ存命ですが、息子の年金は貰えないのでしょうか?
兄弟も2人いますが、彼の年金は貰えないのでしょうか?
亡くなるまでに支払った年金の掛け金は数百万円に上りますが、全てパアですか?

Aベストアンサー

遺族の方が受け取れる可能性のあるものをいくつかあげておきます。

1.死亡一時金

http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=3250

国民年金1号のとき(自営で国民年金加入中)保険料を支払った月数が36月以上、かつ、お母様もしくはご兄弟といっしょに暮らしていた(生計同一)ならば受け取れる可能性があります。(お母様が優先)




2.遺族厚生年金

http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=5171

亡くなった方は厚生年金に約20年(240月)加入していたので、国民年金1号(自営業の期間)に5年以上保険料を払い、合わせて25年以上であれば遺族厚生年金の要件を満たします。(25年に満たなくても受給できる例外もあります)

受給できる可能性があるのはお母さんですが、上記の生計同一要件以外に、一定の年収要件も問われます。なお、ご兄弟は受給できません。
年金額は亡くなった方(が受け取れたはず)の老齢厚生年金の4分の3です。ただし、お母さんが老齢基礎年金だけならば全額受給できますが、老齢厚生年金も受給していたら、受け取れるのは老齢厚生年金との差額分(つまり老齢厚生年金≧遺族厚生年金ならば、遺族厚生年金はゼロになります)

なお、亡くなった方にお子さんがいないようなので、遺族基礎年金はありません。


3.基金からの支給
基金によってまちまちです。一度問い合わせてみてください。



以上、あくまで可能性の話です。ご参考になれば幸いです。

遺族の方が受け取れる可能性のあるものをいくつかあげておきます。

1.死亡一時金

http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=3250

国民年金1号のとき(自営で国民年金加入中)保険料を支払った月数が36月以上、かつ、お母様もしくはご兄弟といっしょに暮らしていた(生計同一)ならば受け取れる可能性があります。(お母様が優先)




2.遺族厚生年金

http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=5171

亡くなった方は厚生年金に約20年(240月)加入していたので、国民年金...続きを読む

Q兄弟の遺族年金受給資格?

生計維持要件+同一世帯要件の上記以外の3親等内の親族とあるのですが意味がわかりません

私は姉で弟が働いています

弟の扶養にはなっていません 健康保険証も別々です お互い独身です

私は年金数万しかもらえません

弟が55歳すぎて死亡した場合 年間130万以下のわたしは弟の遺族年金をささえにしてもらうことはできないのでしょうか?

どのように申請したらもらえますか?

アドバイスお願いいたします

Aベストアンサー

遺族年金の受給要件については、No.1の方が説明されているとおりです。
兄弟姉妹には遺族年金は受給できません。

ただ、弟さんが亡くなった時に発生する「未支給年金」ならば、お姉さまが申請し受給することができます。

未支給年金とはどんなものかというと・・・・
年金の支給は後払いです。例えば、通常の支給でしたら毎月偶数月の15日に振り込まれますが、これは前前月と前月の支給分なのです。
2月15日に支給されるのは12月と1月の分という意味です。
そこで例えば2月5日に本人が亡くなった場合、年金事務所に死亡届を出しますと2月15日の支給がストップします。つまりその場合、年金12月と1月分と2月分(死亡月も年金が発生します)の3カ月分が、本人がもらえなかったことになります。
その分を未支給年金といい、生計維持関係のあった兄弟姉妹ならば請求できるということです。

生計維持関係は、同居しているか、生計同一関係にあることを誰かに証明してもらえば大丈夫です。
未支給年金は年金受給者が死亡した際には必ず発生するものですが、本人が受け取れなかったものを代理で受け取るという意味合いのものですから、受給できるのはこの一度限りで、遺族年金のようにずっと生活資金として支払われるというものではありません。

遺族年金の受給要件については、No.1の方が説明されているとおりです。
兄弟姉妹には遺族年金は受給できません。

ただ、弟さんが亡くなった時に発生する「未支給年金」ならば、お姉さまが申請し受給することができます。

未支給年金とはどんなものかというと・・・・
年金の支給は後払いです。例えば、通常の支給でしたら毎月偶数月の15日に振り込まれますが、これは前前月と前月の支給分なのです。
2月15日に支給されるのは12月と1月の分という意味です。
そこで例えば2月5日に本人が亡くなった場合、年金...続きを読む

Q働きながら最大の年金をもらう給料の上限

現在60歳以上で、正社員として働きながら最大の年金をもらう給料の上限はいくらですか?さまざまな条件で変わってくるとは思うんですが・・・。

Aベストアンサー

昨年の国会で年金法案が可決しました。

60歳で在職年金の受給は年収の12分の一と年金給付額の合計が28万円までは年金のカットは無くなりました。
今年3月までは厚生年金に加入している企業に勤務している場合、年金額の20%は強制的に支払停止となっていましたが…。

これは64歳までの処置で、65歳からは上限が48万円に繰り上げられます。(変ですよね)

もしそれ以上の収入がある場合には、超過額の1/2が支給停止となるようです。

ただし年金は個人個人で状況が変わってきます社会保険事務所でお聞きされては? 
年金番号、名前を言えば、電話ででも、教えてもらえます。

私も現在報酬比例部分の支給を受けていますが、このたびの改正で2万円ほどアップすると心待ちにしています。

多少は改善されたことを喜んでいる一人です。

Q車両保険 いくらの修理費なら使うべきか

自損事故で車両保険を使おうと思います。

駐車場の角にガリっとあたって、へこみと傷ができました。
免責金額は5万なのですが、修理費がいくら以上なら車両保険を使おうか迷っています。

どういう修理になるかまだわかりません。

実際に保険を使うと3等級下がって、金額的には16000円ほどの損になると担当者にいわれました。すぐに等級が戻るわけではないので実質はもっと保険料はあがると思うので、それを考慮して保険を使うか決めたいのです。

今のところ10万円以上修理費がいるなら保険を使おうと思っていますがどうでしょうか?

Aベストアンサー

始めまして。
自動車業界のものです。

車両保険の使用については、かなりの悩みどころですね~。

車両保険を使う事により、今後増額されるであろう保険料金は、
翌年以降の等級アップもトータルで考える必要がありますから・・・。

車両保険を使う使わないの判断は、
保険会社の料率や、yushaさんの現在の等級にもよりますが、
10万円以下の修理代で車両保険を使った場合には、
ほぼ損すると考えていいと思います。

ちなみに・・・
http://apdins.autolife-assist.net/loss.html
↑こちらに、車両保険を使うか使わないかの簡易な試算方法が説明されているようです。

少々ややこしいですが、
十分参考になるかもしれません。

私がお客様にアドバイスする時には、
お客様の等級と現在の保険料を見て、
修理代10万~20万円以上の間で調節して判断しています。

あまり具体的な参考数値でなく申し訳ないです・・・

Q侮辱罪や名誉棄損罪の告訴に必要な物

侮辱罪や名誉棄損罪の告訴に必要な物として何がありますか?
具体的に言うと傷害罪の二次被害です。精神的苦痛の裏付けを取った医師の診断書は必要でしょうか?
証拠としては、ボイスレコーダーに相手方の声が録音してあります。相手方のうち一人の一回分だけ録音してあります。
侮辱、名誉棄損として訴えたい理由は私に対して、
●「お前は、普通の人じゃない。」
●「精神科で診てもらえ。」
●「自分だけ立派なつもりしてんな。」
●「お前を偽証罪で訴えてやるよ!」
と言われたからです。相手方は4人います。二次被害では、「パニック障害」を発症しました。毎日、大変苦しいです。
以上のような事を毎日、起きてから寝つくまで考えてしまっています。
厳重な処罰を求めたいのですが、よい方法はないのでしょうか?

Aベストアンサー

・名誉毀損罪について。

名誉毀損罪は、公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した場合に成立します。

「公然」とは、多数または不特定のものが認識し得る状態を言います。

つまり「相手が貴方に言っただけ」では「公然」にはなりませんので、名誉毀損罪は成立しません。

「事実を摘示」とは、例えば「Q&Aサイトに書き込む」「ネットの掲示板に書き込む」「街宣車で喧伝する」などの行為の事です。「本人に対して、面と向かって言った」は含まれません。

今回「公然と事実を摘示」したのは、この質問文に
>●「お前は、普通の人じゃない。」
>●「精神科で診てもらえ。」
>●「自分だけ立派なつもりしてんな。」
>●「お前を偽証罪で訴えてやるよ!」
と書き込みをした「質問者さん自身」であり、発言した本人ではありません。

なので「名誉毀損罪が成立するとしたら、ここに投稿を行う事により、公然と事実を摘示し、自分で自分の名誉を毀損した、質問者さん自身」です。

で、この場合、被害者と加害者が同一人物ですから、犯罪は成立しません。自殺により自分で自分を殺した場合、殺人罪が成立しないのと同じです。

・侮辱罪について

侮辱罪は、事実を摘示しないで、公然と人を侮辱することによって成立します。

「公然」とは、多数または不特定のものが認識し得る状態を言います。

つまり「相手が貴方に言っただけ」では「公然」にはなりませんので、侮辱罪は成立しません。

なお、侮辱罪の場合「言われた時に、第三者が同じ場所に居て、発言を聞いていた」と言う場合には「公然」となりますので「他に、誰か居たかどうか」が重要です。

また、名誉毀損と侮辱の違いは「事実を摘示しているか、事実を摘示していないか」の違い、というのが通説です。

侮辱罪の場合は、事実を摘示している必要は無いので「本人に対して、面と向かって言った」のが「公然」であれば成立します。

そういう訳で、名誉毀損罪は成立しないので、名誉毀損罪での告訴は不可能。

その場に無関係な第三者が居たなら侮辱罪は成立しますが、侮辱罪で告訴しても第三者の証言が得られないと思われるので立件は難しいです。
(たぶん、その場に居たのは「貴方と、相手方の4人」ですよね?で「相手方の4人」のうち「その場で聞いていた発言者以外の3人」は、個々の侮辱行為を「公然」とする為の「第三者」になる訳ですが、お互いがお互いを庇い合い、絶対に証言しないでしょう。なので「貴方でも、相手方の4人でもない、6人目の人物」が「その場」に居る必要があり、その6人目の証言者の証言が必要になります)

有望なのは「精神的な苦痛を負ったとして傷害罪での告訴」です。

「精神的な苦痛を受けた」と明記された診断書と、精神的な苦痛を負った理由となる行為の客観的な証拠(言われた事を日記に書いておいたとか、言われた事を録音してあるとか)があれば、かなり有望です。少なくとも、警察に被害届けを出した上で告訴すれば、立件まではされるでしょう。

なお、録音の無い他の3名は、たぶん「証拠不充分で不起訴」になるでしょう。

>厳重な処罰を求めたいのですが、よい方法はないのでしょうか?

う~ん、傷害罪で立件され、運良く有罪が確定しても、内容が内容ですから、厳重な処罰は無理でしょう。たぶん、不起訴処分か執行猶予か。

もし、刑事での処罰が軽過ぎて不服と言うなら「精神的な苦痛を受け、損害を受けた。損害の賠償として○百万円を払え」と、民事で「損害賠償請求訴訟」を起すしかないですね。

・名誉毀損罪について。

名誉毀損罪は、公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した場合に成立します。

「公然」とは、多数または不特定のものが認識し得る状態を言います。

つまり「相手が貴方に言っただけ」では「公然」にはなりませんので、名誉毀損罪は成立しません。

「事実を摘示」とは、例えば「Q&Aサイトに書き込む」「ネットの掲示板に書き込む」「街宣車で喧伝する」などの行為の事です。「本人に対して、面と向かって言った」は含まれません。

今回「公然と事実を摘示」したのは、この...続きを読む

Q遺族年金:夫が65歳以上で死亡、妻の年金0円?

遺族年金についてです。妻は扶養です。夫である自分が65歳以上になってから死亡した場合、遺族年金が支給されないと聞きました。本当でしょうか?自分は厚生年金をに300ヶ月以上は納めています。夫である自分が65歳未満で死亡した場合は、妻に一生、支給されるが、65歳以上で死亡した場合は支給されないため、生活に困ったら生活保護の申請をして下さいと書いているサイトがありました。本当でしょうか?妻は扶養なため、妻の分としての国民年金は支払っていません。扶養の妻に国民年金の支払い義務があるのかも、よくわかっていなかったため、妻の分として国民年金を払ったことがありません。夫である自分が死んだとき、自分の年金が引き続き妻に支払われると思っていましたが、ネットで調査している内に、そうでない冷酷な日本の年金制度に辿り着きました。自分の扶養であるにも関わらず、年金が引き継がれず、65歳未満で自分が死亡した場合は、遺族年金として3/4が妻に一生、支給されるが、65歳以上で自分が死亡した場合、妻への支給が0円と記述されていました。本当でしょうか?先進国の日本で、こんな冷酷な制度で運営されているのでしょうか?教えて頂けませんでしょうか?妻と同じような専業主婦で国民年金を支払っていない方はたくさんいらっしゃると思います。これでは妻を扶養している夫は65歳前に死亡しないと妻が生活できないことになります。真実をお分かりの方、お手数をお掛け致しますが、どうか教えて下さいませんか。お願い致します。

遺族年金についてです。妻は扶養です。夫である自分が65歳以上になってから死亡した場合、遺族年金が支給されないと聞きました。本当でしょうか?自分は厚生年金をに300ヶ月以上は納めています。夫である自分が65歳未満で死亡した場合は、妻に一生、支給されるが、65歳以上で死亡した場合は支給されないため、生活に困ったら生活保護の申請をして下さいと書いているサイトがありました。本当でしょうか?妻は扶養なため、妻の分としての国民年金は支払っていません。扶養の妻に国民年金の支払い義務があるのかも、...続きを読む

Aベストアンサー

支払った額で年金額は変わるので詳しく知りたい場合はネットで調べた方が確実です。
googleで「専業主婦 年金 受給額」等で検索すれば出てきます。
計算なども出来ると思います。

夫が厚生年金を支払っているのであれば、妻は普通に国民年金を支払っているのと同等の権利を持っているはずです。
http://www7b.biglobe.ne.jp/~runsen/knowledge/nenkin.htm

妻は専業主婦前に一度も厚生年金を支払っていないのか?
妻は学生時代などに国民年金を一度も支払っていないのか?
などでも金額が変わってきます。

取り合えず、専業主婦は夫が厚生年金を支払っているのであれば、国民年金を支払っているのと同じになるので、最低限それだけはもらえます。

夫が無くなった場合、妻本人の国民年金があるので国民年金分は最低もらえます。
妻本人の国民年金は夫が生きていようと死んでいようと関係なく年金もらえる年齢になればもらえます。
遺族年金が0円だろうと、最低国民年金は妻はもらっている事になります。


人気Q&Aランキング