神学生が起こした殺人未遂事件を素材として野心に燃える青年ジュリアンの成功と挫折を通じて、王政復古時代のフランス社会が描かれている作品の名前を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

もしかして、スタンダールの「赤と黒」の事をおっしゃっていますか?



私は高校生の頃(十数年前!)に読んだので、ピンと来るまで少し時間
がかかりました。
参考URLに簡単なあらすじがあります。

ただし、結末まで書かれちゃっているので、まだ読んでいないのならこの
URLは見に行かない事をお勧めします。

参考URL:http://www.ll.chiba-u.ac.jp/100bs/001.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 3日間ネット上で作品名をずっと探していましたが、見つかりませんでした。すぐにお分かりになるとはすごい!と感心しきりです。どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/05/13 13:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qミッドウエー海戦、最年少戦死者は15歳の少年4名だそうですが、

ミッドウエー海戦、最年少戦死者は15歳の少年4名だそうですが、
乗艦名(できれば4名の名前も)を教えてください。
よろしくお願いします。

城山三郎氏の対談集『気骨について』(新潮社)で知りました。

Aベストアンサー

『記録 ミッドウェー海戦』澤地久枝著、文藝春秋、昭和61年6月発行によれば、赤城1名、蒼龍2名、三隈1名となっています。名前などは図書館にはあるでしょうから自分で調べてください。以上

Qクリスティの作品 この作品のタイトル教えて!

ポアロシリーズだったと思うのですが
最初の方で招待客の1人が毒を盛られて死んでしまうのですが
それは、無差別殺人で誰でも良かったのです。
犯行を解明した後、「そうです、このポアロが死んでしまうかもしれなかったんですよ!」
みたいなポアロの台詞で終わっていたと思うのですが、
この作品のタイトルわかりますか?
できれば、もう一度読みたいと思っていますので
犯人は書かないで教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 作品自体は、No.1とNo.2の方が既にお答えになってるもので間違いないでしょう。現在普通に流通していて入手しやすいのは、No.2の方が挙げておられる創元推理文庫『三幕の悲劇』とハヤカワ文庫『三幕の殺人』です。
 ただしこの両者、実は犯人や終わり方は同じなのですが、途中からの展開・犯人の動機が違うという、驚くべきことになっています。
 何でも、クリスティのこの『三幕~』には、少なくとも三つのプロットがあるらしいです。どうしてこういうことになっているのかは分かりません。
 従って、以前に質問者さんが読まれたものによっては、再読したものとプロットが違ってて妙な違和感を覚えることがあるかもしれませんが、それはこのような事情によるものですので、その場合は別のものを読まれてみるとよろしいと思います。
 参考URLは『三幕の悲劇』と『三幕の殺人』の違いについての質問と回答ですが、ネタバレになっているのでご注意下さい。

参考URL:http://okwave.jp/qa1716193.html

Q復興支援マッチ 日本~台湾戦 BGM曲名

いま放送中の台湾戦で19:01ごろにかかった曲名を教えてください。
相方は、かなり古い曲だと申しています。
聞いた事があるけれど、曲名がどうしても思い出せないそうです。
いい感じの、ロックでした。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

19:01は観てなかったのですが、今流れていたのはジャーニーのセパレート・ウェイズ です。

Q塩狩峠で死んだ青年…

三浦綾子の塩狩峠について読んだ方に質問です。

高校の時、友人が塩狩峠を読んでとても感動したと聞いたのであらすじを教えてもらいました。

そのあらすじは、
実話をもとにした話でキリスト教信者の青年が、ブレーキが利かず暴走する電車の車輪に自らの身をかませ乗客を救った、というものでした。

なぜだかわからないのですが、その話を聞いてとてつもなく気分が悪くなりました。
本当にそうしなければ乗客が助かる方法がなかったのでしょうか?
それ以来本屋で塩狩峠の背表紙を見るだけで言いようのない恐ろしさが襲ってきます。
そんな状態なので自分で中身を確かめる事は出来ません。
そこで質問です。

(1)私の聞いたあらすじは間違っていないのか。
(2)あなたから見て本当に主人公が身を投げ出すしか乗客が助かる方法がなかったと思いますか?
私なら乗客全員の着ている洋服をつなぎ合わせてまとめて車輪に引っ掛けますけど、そんな事は出来ない状態だったのでしょうか。
それも中身を確認できないのでわかりません。

ご意見お聞かせください!

Aベストアンサー

小説のその場面は、急を要する事態だったので他の乗客と協力して~ということはたぶん不可能、止めるためのブレーキのレバーのようなものがあったのですが、固くて作動させることが出来なかった、という感じで列車から飛び降りていました。

個人的な感想としては、私も質問者さん同様にあまりいい気持ちにはなりませんでしたね……。
いくら咄嗟のことでもすぐそこに人がいるのですし、人を呼んで一緒にブレーキを作動させることも出来たんじゃないのか、と思いました。
しかも主人公は何年もの闘病の末やっと回復した女性との婚約をしにいく途中でした。
その女性のことを考えると主人公の自己犠牲も少々身勝手に思えてしまえましたし……。自己陶酔の自己犠牲のようにも見えて……。
実話をモデルにした小説ですが、実際には「ブレーキレバーを作動させようとして、謝って転落し死亡した(自ら投身したわけではない)」という話もあったようです。昔のことなので真偽は分かりませんが。
作者はあとがきで事故死の可能性を否定していましたが、作者自身がその場に居合わせたわけでもありませんし、その場に居合わせた人に話を聞いたわけでもありませんし、ご都合主義の希望的観測とも言えるかも知れません;

確かに感動的な物語ではありますが、私はキリスト教への複雑な反感もありあまり好きではありませんでした。キリスト教信者の方が読む雑誌に連載されていた小説です。キリスト教を信仰していない人にとっては違和感を感じてしまう部分はあると思います。
質問者さんがおっしゃっている「気持ちの悪さ」もとてもよく分かります。
真綿で首を絞められているような小説でした。個人的な感想ですが。

……だいぶ偏った意見ですが、参考になりましたら。

小説のその場面は、急を要する事態だったので他の乗客と協力して~ということはたぶん不可能、止めるためのブレーキのレバーのようなものがあったのですが、固くて作動させることが出来なかった、という感じで列車から飛び降りていました。

個人的な感想としては、私も質問者さん同様にあまりいい気持ちにはなりませんでしたね……。
いくら咄嗟のことでもすぐそこに人がいるのですし、人を呼んで一緒にブレーキを作動させることも出来たんじゃないのか、と思いました。
しかも主人公は何年もの闘病の末やっと...続きを読む

Q代表戦などの選手入場の時に流れる曲の曲名は?

代表戦などのおそらくFIFA主催の試合でだと思いますが、
あの選手入場のときに流れる曲の曲名はなんと言うのでしょうか。
この曲に関することが書いてあるホームページでも結構です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「FIFA ANTHEM」という曲らしいです。正式にはJASRACによると「FIFA HYMNE~ANTHEM」で、「FIFA ANTHEM」は副題というか通称なのかな。FIFA公認テーマソングで、作曲はFRANZ LAMBERTという人です。CDは出ていないみたいですね。

Q挫折から立ち直り新たな自己実現を目指せる本を御紹介ください

今まである目的に向かって仕事を頑張ってきた者ですが、ここ数年の仕事上の
挫折により、おおげさにいえば生きる目標を失いました。
新たな価値観や目標の確立が必要だと感じています。
よい書籍がありましたら御紹介いただきたくお願いいたします。

Aベストアンサー

ヘルマン・ヘッセの『シッダールタ』をお勧めします。
わたし自身何度も読み返して、そのつど新たに励ましや慰めを受けてきた書です。抽象的な内容ですが、きっと何らかの啓示を与えてくれると思います。
サマセット・モームの『月と六ペンス』も良かったら一読下さい。こちらはゴーギャンの生涯にヒントを得て書かれたものです。主人公の男はいささか乱暴な生き方をしますが、わたしは彼に憧れを覚えます。

Q浦和開幕戦で使われていた洋楽の曲名

ちょっと、カテ違いかもしれませんが…。
昨日の、Jリーグ開幕戦で埼玉スタジアム内に流れていた洋楽の曲名を知りたいのです。

だいたい、選手が練習を始めたぐらいに2,3曲洋楽が流れたと思うんですが、もし分かる方がいたら教えて頂けますでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

音楽が流れている時に選手のコメントを読んでいた朝井夏海さんの事務所のホームページで詳しく調べることが出来ます。
もし、いつも流れている曲と違う曲ならば掲示板で質問してみてください。

また、このページから一部の曲を視聴&購入も出来ます。http://www.komura.com/urawa/music/

参考URL:http://homepage2.nifty.com/my-s/mainmenu.htm

Q主人公が挫折しながらも成長していく小説を教えてください。

主人公が挫折しながらも成長していく小説を教えてください。
なるべく主人公は10代半ば~20代前半くらいで学園ものであるとうれしいです。
でもないようよければなんでもいいですよろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
私のお薦めは「DIVE!!」森 絵都(著)と 「天国の本屋」松久 淳 田中 渉(著)
です。
舞台が学校ではないですが、主人公がそれくらいの年齢層だと思います。

「DIVE!!」は
飛び込みでオリンピックを目指す少年たちの話ですが
飛び込みにまったく興味がない私でも問題なく楽しめました。
オリンピックや飛び込みという事以外では、
どこにでも居そうな少年たちで、
それぞれがコンプレックスを抱えてて
でも実はそんな自分の事を誰かは羨ましく思ってたり
そんな思春期の少年たちの物語です。

「天国の本屋」は
ありえない系と言ったらそれまでで・・、大きなドキドキワクワクを
与えてくれる作品ではないですが、読んだ後心が暖かくなります。
一人の少女と出会った事で、主人公が成長していく感じが良かったです。

Q日本代表戦のときに流れる曲名がわかりません

日本代表戦の時に流れる曲を探しています。
外国人が歌っているのはTVで見たことはあるのですが、曲名や歌手がわかりません。
どなたかわかる方いませんか?

○W杯予選でも流れている曲です。
○番組のサッカーコーナーになると、流れる曲です。
 (川平さんの時に良く流れるかも)
○もしかしたら、CM(マークX)で流れてるのは同じ曲か も。

Aベストアンサー

サラブライトマン
ア・クエスチョン・オブ・オナー
だと思います
以下URLで試聴できます

参考URL:http://www.toshiba-emi.co.jp/sarah-brightman/disco/tocp40151.htm

Q「燃えよ剣」の魅力とは?

「燃えよ剣」を先日読み終えました。
歴史小説を読むのはこの作品がはじめてだったのですが、読みやすく楽しく読めました。ですがこの作品が、これほどまでに評価される理由がわかりません。(好みにあわなかった、といわれたらそれまでなんですが…。)この作品の魅力とは一体何でしょうか?

読み終えた私の簡単な感想ですが「燃えよ剣」の中にあった事柄がまるで実際に起こったように感じられともて興奮しました。特に前半の新撰組になりあがるときが一番好きです。(途中からちょっとグダグダになってしまいましたが…)
ですが私の好み?の問題で、作者の創作人物が歴史人物と深く関わることが苦手なこと(土方とお雪など)。
土方の異才を主張、輝かせるあまりに周りの人物(近藤など)が間抜け?っぽく書かれていること。土方が嫌ってたり気に入らない人物、彼を評価しない人物に関しては扱いが悪かったりなど。(土方視点で書かれているためかもしれませんが)
これらの点から途中から苛々しながら読み進めていたのも事実…。
マイナス面ばかりかいてますが、決して非難してるわけではなくむしろ「燃えよ剣」は好きな作品に入ります。

そこで、「燃えよ剣」ファンの方、そうでない方などこの作品について熱くたくさん語ってくださると嬉しいです。
よろしくお願いします。

「燃えよ剣」を先日読み終えました。
歴史小説を読むのはこの作品がはじめてだったのですが、読みやすく楽しく読めました。ですがこの作品が、これほどまでに評価される理由がわかりません。(好みにあわなかった、といわれたらそれまでなんですが…。)この作品の魅力とは一体何でしょうか?

読み終えた私の簡単な感想ですが「燃えよ剣」の中にあった事柄がまるで実際に起こったように感じられともて興奮しました。特に前半の新撰組になりあがるときが一番好きです。(途中からちょっとグダグダになってしまい...続きを読む

Aベストアンサー

あくまでも個人的感想ですが。

「燃えよ剣」ファンはたくさんいますが、その前提に「司馬遼太郎」ファンというのがあると思います。もちろん私もその一人ですが。
司馬さんは創作の部分もありますが、創作するにあたって徹底的に資料を調べ上げ、遺族や子孫に聞き込んで書いているため、でっちあげはまったくありません。

今でこそ新撰組関連の小説はたくさんの人が書いてたくさんの人が読んでいますが、人々に愛される小説にしたパイオニアが司馬さんではないでしょうか。「竜馬がゆく」=坂本龍馬、「国盗り物語」=織田信長なんかもそうだと思います。
歴史上の人物がここまで現代の人々に愛されているのは司馬さんのおかげだと思っています。

で、土方ですが、やはりケンカ屋でしょうね。強くて男っぷりもいいんでしょうけど政治的才能がないから結局悲劇的になってしまうと。
幕末ではなく、戦国時代に生まれたら面白い男だったんでしょうね。薩摩の桐野利秋も同じタイプではないでしょうか。
同僚ならこんないい男はいないと思うけど、上司になったらちょっと困るなという感じです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報