アニメ、ヨルムンガンドの10話にて、
マオが122mm砲を撃つ際に、
耳を塞いで!口を開けろ!
と、指示していました。

ここで質問です。
発射の時に耳を塞ぐのはわかりますが、口を開けるのにはどんな意味があるのでしょうか?

ご存知の方回答よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

鼓膜が破れるのを防ぐためです。



爆発などの衝撃や圧力は手で塞いだ程度では防ぎきる事は出来ません。
ですので鼓膜に衝撃や圧力がかかってしまい、破れてしまいます。

口を開けることで、耳とつながっている口からも圧力がかかり、結果、鼓膜の内外で圧力差がなくなり、破れるのを防ぎます。
もちろん、鼓膜から一番近いの耳であり、そこから遠い口から入った圧力の方が小さくなるため、絶対に破れないわけではありません。
それでもかなりの軽減にはなるので口を開けておいたほうがいいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど!!
そうなんですね!!

よくわかりました(^-^)
ありがとうございますm(_ _)m

お礼日時:2012/06/16 09:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qヨルムンガンド なぜココは世界平和の為に武器を売っているんですか? そしてヨルムンガンド計画とは結

ヨルムンガンド
なぜココは世界平和の為に武器を売っているんですか?

そしてヨルムンガンド計画とは結局何なんですか?

Aベストアンサー

アニメだと最終話で語られています。

超簡単に説明すると、天田博士が今まで空に上げてきた衛星と、最終話で打ち上げたロケットによって宇宙に運ばれた量子コンピュータ。
これによって、航空管制制御を全てハッキングして混乱させて、航空機は飛べなくなるし、ミサイルも堕とされる。

人々の生活から空を奪い。第一次大戦より前まで文明を退化させる計画です。
それがヨルムンガンド計画。
計画実行による犠牲者は約70万人とされています。

基本的概念は空を奪うですが、地上のすべてのセキュリティーを無効にできるので、当然ココの意思にそぐわない国家は潰されてしまうでしょう。
空からのAI(人工知能)による、人類支配。
この強制力が、新しい世界です。

Q「撃っていいのは撃たれる覚悟のある奴だけだ」

少し前に番宣で見た、コードギアスのルルーシュのこの台詞が強く印象に残っています。

この台詞が収録された回だけを、ビデオレンタルで見たいのですが・・・何話なのか分かりません。
1話でしょうか? ご存知でしたらご回答頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

ほかの回にもあったかもしれませんが
簡単ですがネットで検索して行きついたのは
第一話でルルーシュが
「 どうした?撃たないのか?相手は学生だぞ。それとも気づいたか?撃っていいのは、撃たれる覚悟のある奴だけだと」

というのでした

金銭的に時間的に余裕があればまとめてレンタルをお勧めします
半年で終わる予定のアニメでしたが、人気があって途中ストーリーの方向転換をして話しを広げて続編が決定した作品だけに
だいたいの人はハマると重いします

Qアニメ「ヨルムンガンド」第2話

武器の搬入先で少佐に追加注文をされてしまったココはその帰り道かなにかでレームにどうするか問われた際
ココ:「逃げるよ。引き受けたふりして」
と手で会話してますよね?
あれって実際あるんですか?手話とは違うのかな?
ハリウッド映画でも見たことあるんですが、どなたかおしえてください!
また、そういうのが載ってるサイトもあればお願いします!
はい。中2病患者です。

Aベストアンサー

野球などのチームスポーツや
ペアを組むスポーツ(テニスやバドミントンなど)にも、
手や指を使ってサインを出すことはありますよね。
それは戦術などをチームに伝えるわけですが、
ココのアレも同じようなものです。実際にもあります。

アクション映画(特に特殊部隊や警察が登場する作品)でも、
例えばドアを開く際に「自分が先行するから援護をしてくれ」
というようなサインを出したり、「右に行くからお前左な」
というようなサインを出したりしますよね。
色んなサインがありますし、
国、部隊その他色々とバリエーションがあります。

Q拡散波動砲

雑談ネタです。分かる方だけついてきて下さい。

拡散波動砲を拡散させずに普通の波動砲にしていたら、(たくさんの艦隊が打ったのだから)一撃くらいは、渦の中心核にあたったと思うのですが、どうでしょう?

Aベストアンサー

私もそう思いますが、拡散波動砲は拡散する仕様なんでしょうから、収束させて撃つことはできなかったんじゃないかと思います。
相手が予想以上に硬過ぎたせいもあるんでしょう。
大型の猛獣はショットガンでは仕留められないということですね。

Qガンダム ドムの拡散ビーム砲

MS09ドムのコックピット横に拡散ビーム砲が付いていますが、テレビ映画共に、三連星のジェットストリームアタック時にしか使用が確認できません。 劇中でも至近距離からガンダムに直撃を食らわしても損傷なしでしたし、あれは目くらましのフラッシュだったのでしょうか?くだらない質問でしょうがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

公式本(公式百科事典)によれば・・・

ドムの拡散メガ粒子砲は、メガ粒子砲の項目に「出力不足から所定の威力を発揮していなかった」と明記とされており、「実際には目くらまし用(接近する敵のカメラを焼きつかせる)として使用された」と明言されています。

さらに「発展途上で実用化された」とも書かれ、また「ビームによってビームを防ぐ」という方法(つまりガンダムのビームサーベルのIフィールドを干渉し一時的に使用不可にしたような状態を意図的に起こす)などの可能性があったが、これらはIフィールドジェネレーター(ビグザムで実用化)の実用化により不要になった、となっていますね。

ドムの項目でも「威力は飾り程度」とされています。また、リックドムにおいては、効果自体が疑問視されていた拡散メガ粒子砲は、欺瞞装置として地上以上によく機能したとなっていますね。

廃止されなかった理由は、怪我の功名的に、欺瞞装置として一定の効果を上げていたこと、他のタイプにとれる開発期間が圧倒的に短かったため、代替装備に変えることはおろか廃止する時間(フレームの変更をする時間)すらとれなかったことがあるのかと(ほかのタイプは1月くらいで試作作って動かしているわけですから、そのあたりの突貫工事的な感じは十分わかるかと)。
フラッシュ(ストロボ)などは基本的には電気放電ですから構造的には簡単な反面、ジェネレーターから直接打ち出すメガ粒子に比べ、システム的には面倒であると推測できます。
また、MSの場合、歩兵相手なら別に相手する必要は無いのです(マシンガンでは傷が付かないですし、歩兵用の対MS用榴弾も至近距離でなければ意味が無いですし、それ以前に歩兵の相手は歩兵にさせればいいのです)。
ドムの場合、ホバーは熱核ホバーという方式ですから、相当の熱を持っていると推測でき、究極的な話、歩兵相手なら相手の上を通過するだけで十分なのです(それだけで相手は丸焼け)。

また、120mmマシンガンはドムも装備できました(アニメ中ではバズしか装備していませんが、その後の作品ではマシンガン装備のドムはかなり出てきています)。基本的にはマニピュレーターさえ合えばあとは引き金を引くだけですので、ビーム兵器のようにジェネレーター出力が要らない実弾兵器は(連邦製ジオン製問わず)どのMSでも共通で使用できるのです。

公式本(公式百科事典)によれば・・・

ドムの拡散メガ粒子砲は、メガ粒子砲の項目に「出力不足から所定の威力を発揮していなかった」と明記とされており、「実際には目くらまし用(接近する敵のカメラを焼きつかせる)として使用された」と明言されています。

さらに「発展途上で実用化された」とも書かれ、また「ビームによってビームを防ぐ」という方法(つまりガンダムのビームサーベルのIフィールドを干渉し一時的に使用不可にしたような状態を意図的に起こす)などの可能性があったが、これらはIフィ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報