先日、シェアウェアの和文フォントを手に入れたので、
早速インストールしたのですが、不都合が出て困っています。

例えば秀丸で、そのフォントを選択し、文章を書いていくとき、
キーを打って、それをスペースキーで反転させ、変換するのですが、
反転している時、その言葉だけが、数ミリくらい、上に浮かび上がってしまうのです。
変換して、漢字を選び、確定すると、浮かび上がった文字が、また元にもどります。
MSゴシックや、MSP明朝だと、こういうことはなかったので、
何だかとても使いづらいです。

何か、対処法はありますでしょうか・・?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

変換候補の表示と確定文字の表示がずれるのは秀丸エディタのみなのでしょうか?


テキストエディタの場合は表示のみの問題(印刷は別途フォントを指定する)ですので、Terminalフォントなどの固定ピッチのフォントを利用するのが、一番の解決策です。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

moro-aさん、ご回答いただきありがとうございます。
試しにワードパッドで、TT-堀明朝などを使ってみると、変換候補と、確定文字との表示に、
ずれは生じませんでした。
秀丸で、これらの明朝体などを使うとき、ずれてしまうのは、どうしようもないみたいですね。

うー、残念です。

お礼日時:2001/05/20 18:52

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報