出産前後の痔にはご注意!

先日ふと会話の中で疑問に感じたので
質問させていただきます。

餅は餅屋
という言葉がありますよね。

でもなぜ餅が例に使われているのでしょうか?
べつに
「米は米屋」とか
「魚は魚屋」とかでも良いだろうに
なぜ「餅」なのかと
ふと疑問に思いました。

何か意味でも由来でも
知っている方
教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

またまたおじゃまします。



由来がわかりました。詳しくは下記をご覧ください。
餅に関することわざが多いのも、貴重なものだったことにあるようです。

他に「馬に馬子」という同義語も見つかりました。

下の仮説は大外れでした・・・・・。

参考URL:http://www.hosshi.or.jp/1_roots/0112.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
私のくだらない質問に何度も回答してくださり
有り難いです。
参考URL拝見させていただきました。
とても貴重な情報でした。
本当にありがとうございます。
スッキリしました。

お礼日時:2004/01/21 22:47

再度おじゃやまします。



たしかに何で餅なんでしょうね。
「寿司は寿司屋」「蕎麦は蕎麦屋」でもいいのに。
現代なら「ケーキはケーキ屋」「ラーメンはラーメン屋」といったところでしょうか。(なぜか食べ物ばかりになってしまいました・・・)

あれから気になったので、いろいろ調べてみたんですが、「餅は餅屋」はかるたにありました。(下記参照)
http://homepage1.nifty.com/zpe60314/karutaindex. …

「も」の項目ですが、
江戸は「門前の小僧習わぬ経を読む」
尾張は「桃栗三年柿八年」
上方が「餅は餅屋」   
    →「餅は餅屋」とは関西地区が発祥の地のようです。 

そこで思いついたのが次の2つの説。(根拠はありません。念のため)

1 お供え説
大阪人はよく「ケチ」だといわれますが、そうではありません。良いもの、価値のあるものは少々高くても買います。(もちろんできる限り値切りますが・・・)
 特に神仏に対しては最良のものをお供えします。よってここで言う「餅」とは、食べるためのものを指すのではなく、正月の「鏡餅」のことを言うのではないでしょうか。
 お供えの餅は自分でついたものより、プロが作ったものの方がよりありがたみがある。だから「餅は餅屋」だと。

2.餅屋の販促キャンペーン説
プロが作っても素人が作っても、餅の品質にはそれほど変わりはない。じゃあ高い代金を支払ってまで餅屋の餅を買うことはない。
結果として餅屋は開店休業状態。会社更生法寸前に追い込まれた餅屋の、生き残りをかけた最後の戦略とは・・・

有名人を使っての一大キャンペーンを展開。今ならさしずめジャニ系のタレントが「やっぱり餅は餅屋だね」なんて言いながら街を歩く。それを聞いたミーハー(死語?)たちが判を押したように「餅は餅屋」と連呼しながら餅屋に押しかける。そして餅屋の経営は見事立ち直り、大企業へと発展していく・・・
それが語り継がれて「餅は餅屋」がサクセスストーリーの代名詞になったとか。

かつて「土用の丑の日」という鰻屋のキャンペーンが大ヒットしたように、餅屋にもこんな歴史があったのかもしれません。

すいません、勝手な想像です。聞き流してください。
    • good
    • 0

こんばんわv


餅は餅屋・・・ほんと何故餅なの!?
って感じですねぇ。

聞いた所によると意味は

「餅は餅屋でついたものが一番うまい」

つまり”その道のことはその道のものに任せるのがイチバン”

というころだそうで。

由来がわからなくってごめんなさい!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

意味は知っているのですが
その由来が謎でした。

どうして餅なんだろう?
と思いますよね・・・・

それに餅屋さんというのも
東京では見られませんよね・・・

まぁ昔の言葉だと思うので
昔は餅屋さんも
あったのだろうと思いますが
餅屋の餅というものを食べてみたいです。

お礼日時:2004/01/18 20:19

餅屋とは単に販売店ではなく、製造もしています。


もちろん自宅で餅をつくことも可能ですが、そこは素人のつく餅。プロにはかなわない。という意味だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

確かにプロにはかなわない
という意味は分かりますが
何故に餅が例に使われているのか?
というのが謎です。

プロは他にもいるのに
なぜ餅なのか・・・・

お礼日時:2004/01/18 20:20

 餅は臼と杵があれば誰でも作ることができるが、おいしい餅を作るには相応の経験や勘による熟練が必要であるということで、専門家に任せた方がいいと言うことです。



 >「米は米屋」とか「魚は魚屋」とか

 つまり、単に物を仕入れて売る店ではなく、素人にもある程度できるけど、専門家には勝てないという店でなければならない訳だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございまうす。

確かに販売だけではなく実際に作っている
餅屋という意味では分かります。

でもプロは違うという意味で使われても
いいだろうものはあるはずなのに
どうして餅なのか?
というのが謎なんです。

職人の例なら他でも良いだろうに
餅ということに意味はあるのかな?
と思って・・・

お礼日時:2004/01/18 20:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q餅は餅屋にまかせるとは

 こんにちは。「餅は餅屋に任せる」の語源はなにでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

平賀源内のベストセラー『根南志具佐』(1763)に
「さてさて餅は餅屋とやら」とあるようです。

これが初出かどうかは不明です。講談・落語は江戸末期から明治にかけて(1800年代)のものが多いので有力候補という感じはします。

Qステンレスの磨き方どれがベスト?

ステンレスシンクや蛇口の磨き方、艶の出し方などいろいろ紹介されていますが、それぞれの特徴とお勧めの方法を教えて下さい。賃貸住宅のシンクなどですので、できるだけ曇りも取り、新品のようにしあげ、手間のかからない方法が希望です。
下記以外に良いものがあれば紹介して下さい。

(1)重曹で磨く
(2)お酢で磨く
(3)重曹磨きの後お酢で磨く
(4)クリームクレンザーで磨く。
(5)ピカールで磨く
(6)ステンレス用コンパウンドで磨く

Aベストアンサー

白い曇りはNo2さんの回答にあるようにサンポールがお勧めです。
ステンレスって色々あるんですが台所のシンクなどに使用される場合、合金としてニッケルも付加されてますので塩酸でも大丈夫です。(ただ長時間の接触は好ましくないです)

新品同様にするのが間違いだという意見もあるようですね、確かにミラーのような状態を維持するのは難しいですね。

ただ磨くのは間違いではありませんよ!

もちろんただ研磨剤で荒く磨いてしまうと不動態酸化被膜がはがれてしまうため錆の原因になり得ます。

ただクロム合金(ステンレス)の特徴として被膜は再生します。ステンレス用のコンパウンドはその辺の事情も加味してあるんです。

でも素人には綺麗に仕上げるのが大変なんです。しばらく水を流せないですしね。要は表面が通常の酸化(錆)をしてしまう前に不動態酸化被膜という安定した被膜を作らせる必要があり。これはプロにお任せした方が確実ということです。

まぁ失敗してももう一回表面研磨すればいいんですけど(笑)

手軽さといえば、私もサンポールに1票ですかね。あれ強力ですよ。ピカピカになります。ただ通常使用で細かい傷が無数についてしまうので、新品同様かどうかは感じ方次第ですね。

その後の日頃の水垢予防などのお手入れにはお酢やクエン酸でも十分でしょう。

白い曇りはNo2さんの回答にあるようにサンポールがお勧めです。
ステンレスって色々あるんですが台所のシンクなどに使用される場合、合金としてニッケルも付加されてますので塩酸でも大丈夫です。(ただ長時間の接触は好ましくないです)

新品同様にするのが間違いだという意見もあるようですね、確かにミラーのような状態を維持するのは難しいですね。

ただ磨くのは間違いではありませんよ!

もちろんただ研磨剤で荒く磨いてしまうと不動態酸化被膜がはがれてしまうため錆の原因になり得ます。

ただクロム合金(...続きを読む

Q▲△帳簿に書く時どっちがマイナスでしたっけ?

▲と△ですが、どっちがプラスかマイナスか教えてください。

Aベストアンサー

マイナスを表記するときだけ、△を使うケースがあります。確定申告書がそうです。
どちらか一方の場合は、プラスには無表記、マイナスには△か▲、両方使うときはプラスで△、マイナスで▲でしょうか。

Q書類送検と逮捕の違い?

書類送検と逮捕とはどう違うのでしょうか?
書類送検の方が、拘束されないだけ罪が軽いような気がします。
書類送検でも前科となるのですか。
どういう場合に書類送検となるのでしょうか?
どうも分かりません。

Aベストアンサー

既に適切な回答があるので蛇足かもしれませんが、刑事手続きがどうなっているのかを知ればその違いが自ずと分かるので刑事手続きの概要を必要最小限(のつもり)説明しておきます。長いですので覚悟してください。

刑事手続きの大雑把な流れは、
捜査->起訴(公訴提起)->公判->判決->刑の執行
というところ。全部話をするわけにもいきませんしその必要もないので質問に関するところ(主に捜査)だけ説明します。

犯罪が犯罪として処罰の対象になるためには、まず裁判に先立って、その犯罪の存在を捜査機関が知り、必要な証拠を集め、被疑者(=容疑者)の身柄の確保をしないとなりません。これを捜査と言います。
被疑者の身柄の確保というのは、「後で裁判になった時に被疑者の出廷が必要」なので逃げられては裁判ができなくて困るというのが第一点。それと「自由にさせておくと証拠を隠滅するかもしれない」というのが第二点。
ですから逆に言えば、「逃げも隠れもしない、証拠隠滅のおそれも無い」のであれば身柄を確保する必要はありません(一定の軽微な犯罪につき、更に例外あり)。入院しているような人間なら逮捕しないことはよくあります。この身柄の確保のための手続きが、「逮捕」であり「勾留(起訴前勾留)」です(起訴前と言っているのは起訴後というのがあるからですがここでは関係ないので説明しません)。
「逮捕」というのは、被疑者の身柄を確保する手続きの内、「短時間のもの」。具体的には、身柄を拘束し最大48時間拘束し続けることです。この制限時間が過ぎると釈放しなければなりません。
しかし、それでは困る場合には、引き続いて身柄を拘束することができます。これが「勾留」です。勾留は最大10日間身柄を拘束できます。なお、勾留は1回に限り最大10日間延長することができますから、都合20日間まで勾留できることになります(例外として25日可能な場合もあります)。

ところで勾留の申請ができるのは検察官だけです。ですから警察官が逮捕した場合には、検察官に勾留申請をしてもらうかどうか決めてもらう必要があります。そこで48時間の逮捕の制限時間内に検察官に証拠物、捜査書類と一緒に身柄を送致しなければなりません(刑事訴訟法203条1項)。これを「検察官送致、略して送検」と言います。無論、警察限りで釈放する場合は必要ありません。
検察官送致を受けると検察官は24時間以内に釈放するか勾留請求をするかしなければなりません。ですから、警察官が逮捕した場合の身柄拘束は48時間+24時間の最大72時間に及ぶ可能性があることになります。このような身体を拘束した被疑者を送検することを「身柄付送検」と言う場合があります。これはなぜかと言えば、質問にある「書類送検」と明確に区別するためです。ただ、一般には単に「送検」と言えば「身柄付送検」を意味します。

さて、では「書類送検」とはなんぞや?ということになりますが、まず前提として犯罪捜査は常に被疑者の身柄を拘束するわけではないということを知っておかなければなりません。全犯罪件数から見れば、身柄を拘束しない事件の方が多いです。身柄を拘束していない場合には、先に述べたように「(203条1項による)検察官送致」をする必要がありません。と言うか、身柄を拘束していないのでできません。たとえ逮捕した場合でも、警察限りで釈放すればやはり検察官送致の必要はありません。
しかし、それとは別に、警察は犯罪の捜査をしたら原則として必ず検察官にその捜査についての資料、証拠などを送らなければなりません(刑事訴訟法246条本文)。これを「書類送検」と呼んでいます。書類(証拠物、捜査資料、捜査報告書などなど)を検察官に送致するということです。正確には送致しているのは「事件」なのですが、実際に何を送るのかと言えば「書類」であるということです。
つまり、「(身柄付)送検」と「書類送検」は同じ送検でも別の条文に基づく別の手続きです。と言っても、(身柄付)送検をすればそのとき書類も一緒に送っているので、重ねて書類送検を行う必要はないので、(身柄付)送検は書類送検を実際には兼ねていますが(と言っても、身柄付送検をすれば書類送検をしなくていいのはあくまでも246条本文に「この法律に特別の定のある場合を除いては」と書いてあり、身柄付送検が「特別の定」だから)。

というわけで、「逮捕」と「送検」というのは次元の違う話であることがわかると思います。
まとめれば、
1.「逮捕」とは、捜査において被疑者の身柄を確保すること。
2.警察が「逮捕」した場合は、刑事訴訟法203条1項により、釈放しない限り48時間以内に被疑者の身柄を検察官に送致しなければならず、これを「(身柄付)送検」と呼ぶ。
3.「書類送検」とは、警察が捜査した事件について刑事訴訟法246条本文に基づきその証拠、捜査資料を検察官に送致すること。
4.「(身柄付)送検」は「書類送検」を兼ねている。
5.警察が「逮捕」した場合でも、釈放すれば「(身柄付)送検」はできないので、その場合は「書類送検」を行わねばならない。
ということです。

そして、「書類送検」するということは「身柄付送検」をしていないということですからつまりは「身柄を拘束していない」ということになります。身柄を拘束していない場合というのは大概は相対的に軽微な犯罪であることが多いのでその意味では、逮捕した事件(これを身柄事件と言う場合があります)に比べれば罪が軽いことが多いのは確かです。しかし、それはあくまで結果論であって、書類送検だから、逮捕したから、と言うわけではありません。既に述べたように逮捕しても身柄付送検せずに釈放すれば書類送検ということになりますし。

なお、先に述べたとおり、「捜査した事件はすべて検察官に送致する」のが原則(全件送致の原則)ですが、例外として検察官送致にしないものが幾つかあります。例えば、検察官が指定した事件について、月報でまとめて報告するだけの微罪処分ですとか、あるいは報告すらしない始末書処分などがあります。ちなみに、交通反則通告制度については、微罪処分の一種とする文献もあるにはありますが、多少なり疑問のあるところではあります。
そういうわけで、どういう場合に書類送検となるかと言えば、「刑事訴訟法246条前段に当たる場合」ということになります。もう少し具体的に言えば、「微罪処分等で済ませることのできない事件で、かつ、身柄付送検等もしなかった事件」ということになります。

ところで、前科というのが何かと言えば、これは法律用語ではないということになっているのですが、法律的に見れば「有罪の判決を受けたこと」を言うと思ってください。ですから、前科が付くためには、「裁判を経て有罪判決が出なければならない」ことになります。しかし、最初に述べたとおり「検察官送致」というのは単なる捜査手続きの一部でしかなく、この後で検察官が起訴するかどうかを決め、起訴して初めて裁判になるのですから、検察官送致だけではまだ前科は付きません。その後どうなるかはその後の話です。無論、逮捕だけでも前科は付きません。逮捕=有罪ではありません(そう勘違いしているとしか思えない報道が多いのは事実ですが、有罪判決が出ない限りは被疑者、被告人はあくまでも「無罪」です)。
ちなみに、捜査したが起訴しなかった犯罪事実について「前歴」と呼ぶことがあります。

既に適切な回答があるので蛇足かもしれませんが、刑事手続きがどうなっているのかを知ればその違いが自ずと分かるので刑事手続きの概要を必要最小限(のつもり)説明しておきます。長いですので覚悟してください。

刑事手続きの大雑把な流れは、
捜査->起訴(公訴提起)->公判->判決->刑の執行
というところ。全部話をするわけにもいきませんしその必要もないので質問に関するところ(主に捜査)だけ説明します。

犯罪が犯罪として処罰の対象になるためには、まず裁判に先立って、その犯罪の存在を捜査機...続きを読む

Q民事再生法を、めちゃくちゃわかりやすくご説明ください。

いま勤めてる会社が危ないです。

今月か来月にも、民事再生法の適用を受けるとのもっぱらの噂です。

そこで質問です。

民事再生法とはどのようなものなのでしょうか。

また、それによって、さらなる人べらしは当たり前のように行われるのでしょうか。

いずれは倒産する可能性も大きいのでしょうか。

恥ずかしながらそのあたりの知識がまったくなく、社内でも人によって解釈がちがうので戸惑っています。

わかりやすく説明していただけると幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします<m(__)m>

Aベストアンサー

民事再生法。
簡単に言うと、借りた金を約束通り返せなくなったので
いくらかはチャラにしてください。という法律です。

従来の会社更生法と違うのは、経営者はそのまま事業を
継続できる、辞めなくてもいいというのが、一番の違いです。

もっとも、誰も貸した金を返さなくてもいいとはいいませんので、
いくらが条件があります。

一番大きな点は、借金返済のために資金繰りが悪化して潰れそうには
なっているが、事業自体は順調で黒字が出ている。
借金さえなければいい会社なのに。そういう感じです。

今、潰して資産を債権者で切り分けするよりは、
活かしておいて、働かせて借金返済をさせたほうが得だ。
そういう客観的な判断ができるようならば、債権者の同意のもとで
会社、事業の存続と借金の減免が行われます。

当然、債権者はよりたくさん金を返してほしいですから、
従業員の削減、給与のカット、経費削減案、売上アップのためのさらなる具体策など
を求めてきます。もっとも、違法で最低賃金を切るようなことはさせられませんし、
いきなり給料7割カットとか言ってしまうと、優秀な従業員から逃げられて
しまうので、それらには自ずと限度はあります。

民事再生の成功の可否は、事業の健全性(合法で世情にあっていてきっちり儲けられること)と
経営者のやる気と体力、従業員などの同意とやる気をいかに出せるかに
かかってきます。事業が健全でも、経営者の怠惰で失敗するところもあれば、
従業員がやる気をだしてそれなりに成功しているところもあるようです。

簡単な本はでていますので、本屋で一冊読んでみることをお勧めします。

民事再生法。
簡単に言うと、借りた金を約束通り返せなくなったので
いくらかはチャラにしてください。という法律です。

従来の会社更生法と違うのは、経営者はそのまま事業を
継続できる、辞めなくてもいいというのが、一番の違いです。

もっとも、誰も貸した金を返さなくてもいいとはいいませんので、
いくらが条件があります。

一番大きな点は、借金返済のために資金繰りが悪化して潰れそうには
なっているが、事業自体は順調で黒字が出ている。
借金さえなければいい会社なのに。そういう感じ...続きを読む


人気Q&Aランキング