皆さん最近の日産車ってどう思います。
いろんな意見があると思うのですが
聞かせてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

正直に言って最近の日産車はあまり面白みを感じませんね・・・。

私は一昔前の日産の高級車が大好きで430セドリック→Y31グロリアシーマ→Y33グロリアと日産の高級車ばかり限定して選んでいました。あの悪っぽいエクステリア、不釣合いな爆発的なパワー。そしてドレスアップするとまたたまらなくカッコいい!。しかし歴史あるセド・グロは幕を閉じ、フーガへと、シーマは一時生産中止。51シーマ復活しましたが、正直がっかり・・・、だってフーガをでかくしただけではないですか。型式だって51とフーガと同じだし(ある雑誌で見たのですがフーガベースで生産し、型式もフーガと同じにすることでかなりコストダウンを図れるんですって。この時点で手抜きだなと感じてしまう)。ごめんなさい高級車の話ばかりして。他にもスカイラインだってスポーツカーなのか高級車なのかとても中途半端と感じるし。ミニバン・コンパクト・RVにしてもすっかり日産車らしいポリシーが見当たらない感じがします。つまり日産車全般にこだわりを感じられる車がすごく少なくなったように感じます。唯一私が良いなと感じる日産車はセレナくらいかな・・・。すっかり私は日産車に愛想を尽かしゼロクラウンに乗り換えてしまいました(さすがトヨタと感じられる車だと私は思います)。日産には一昔前の『こだわり』をもう一度考え直してもらいたいです。がんばれ日産!
    • good
    • 0

コスト削減や生産ラインの統一化で、


車種名は変わっても使っているものは同じになってきて
つまらないですね。

どうせなら、昔の形で部品や機能は現代の物などを付けてくれれば、
それが一番いいと思います。

はっきり言って、R34SKYLINE以降でほしいと思う外観
の車はありません。
    • good
    • 0

私は初代のアリストに乗っていました。

購入した動機は、3リッターで230馬力前後で、シートなどがフルパワーで、後席にエアコンの吹き出し口が着いてなどいろいろな条件に合う車を探したのですが、その当時アリストだけでした。(クラウンはデジタルメーターだったので)それが最近のニッサン車ではこの条件を満たす車があるのです。それがスカイラインです。外観は余り気に入りませんが、条件的にバッチリです、それに車両重量が1500kgをきり、馬力が260馬力とは泣かせるじゃないですか。デザイン以外ではバッチリなんですがね。
やはり今のニッサン車はルノーのデザイン技術が入っているからじゃないですか。
あまり参考にはなりませんでしたね。
    • good
    • 0

デザインについては主観的な事柄なので自由に述べます。


よい方向に行っているのではないでしょうか。
スカイライン、プリメーラ、ブルーバード、ティーノなど思い切って新味を出していると思います。
フォルム全体から言えば、サニーの完成度が高いと思います。
それから、マーチも。
他のメーカーが打ち出す新車のデザインは、印象を強めようとするあまり、悪趣味な箇所ができてしまっているような気がします。
フォルム全体で車を評価すべきですし、ライトの大げさな形やワッペンのようなマークの誇張にしのぎを削るべきではないと思います。
攻撃的な印象ばかりを追究すると、品位が落ちると思います。その点、日産のデザインは長く愛好できるものだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。
僕は、日産が大好きなのですが
最近の日産車はどうも好きになれません
じっさいはそんなにデザインも悪くないのかもしれませんね。

お礼日時:2001/09/10 18:33

スカイラインがショックだった・・


あのおっさんカーになってしまうとは・・
プリメーラはいいね!これはほしい
なんか造けいにいままでの車にはないこまかいエッジをかんじました
最後に
日産がんばれ!おれはtypeM(HCR32)のってるぞ!調子抜群!
    • good
    • 0

このごろ、日産車のデザインに関する問いかけが多いですね。


今のセド・グロからプリメラにかけてのデザインを指しての
ことと推測できますが、であれば、そうした流れを生じせしめる
ことが狙いと思われ、その意味ではニッサン・デザインの
目論見は大成功といえるでしょう。donbe2000さんのような方も
少なくありません。

ゴーン体制の直前、追浜や村山を売却するあたりの一連の車、
扁平でつんのめったサニーは論外として、スカイラインもセフィーロも
ローレルも、みんな同じシルエットになってしまったあたりに比べれば、
好悪をはっきりさせよう・・・という大英断でしょう。ノるかソるか
ですから、ハズレたら痛いはずですが、そんな危険に思い切って
踏み込むことの出来る指導体制こそ、これからのニッサンを変える、
と信じているのではありませんか。

しかし当方の、広告やグラフィックに携わってきた立場からすれば、
昨今の(中村氏がデザイン本部長となっていらい)の振り方に共感を
持つことはできません。20年このかた、まったくデザイン音痴で
あり続けた、そしてニッサンのファンを(多分)裏切り続けてきた
過去に対する一片の反省もなく、ニッサンだから出来た、ニッサンだから
こうなった風の「割り切り・開き直り広告」は噴飯ものに思えます。

昔からニッサンはデザインの基本に関して、国産他社より振幅が大きく
(ブルーバードしかり、セド・グロしかり、プリメラも)、国産車中、
もっとも醜い車(セド・グロ)を輩出した歴史さえ持っています
(失礼、独断です。が、セド・グロのグロはグロテスクのグロと言われた
こともあったのは確かです)。ですから新しいプリメラは潔く、
かえって好感さえ抱いてしまいました(好きにはなれませんが)。

ただ私は、自動車とて社会的な存在であるなら、ドライブする人間の
快感さえ満たせばよいとは考えません。そういった意味で、今の
セドグロのフロントマスクは人間に対してあまりにアグレッシブだ
という想いを禁じ得ないのです。車のプレスティッジを高めることが、
なぜ歩行する人間に対する優しさと共存できないのか、それを悲しむ
ものです。そしてそれは、デザイン以前の問題、知性ではないでしょうか。
    • good
    • 0

プリメーラのデザイン大好きです。

2リッターセダンでは
最高だと思います。
今、自分が必要としているのはミニバンなので、この流れ
でミニバンを出してもらいたいです。
    • good
    • 0

80年代後半~90年代前半に、日産の工場に出入りしていた立場から...。



(1)技術面:

「技術の日産」とは名ばかりで、少なくとも私の関係した分野に限定するなら、当時から「技術もToyota」でした。「技術の日産」とは、昔Skylineがレースで活躍していた頃の話でしょう。

(2)意匠面:

魅力に欠けます。私がお付き合いしていた80年代後半の、Silvia、FairladyZ、CimaIIなどの方がはるかに好印象です。Silviaなんか色もスタイルもエかったです。Skylineは如何にも「ゾク車」みたいで好きではなかったです。

日産の意匠デザイナを取り上げた新聞広告は好印象。

unidapyonさんの、「サルマネ車が多い」とのご指摘ですが、まあ、各社とも、

・空気抵抗を極限まで減らすことを目標にしている。
・3DスタイリングCADを導入している。センターラインの写り込みまで滑らかになるように曲率まで連続した曲面形状で構成。

ので、どうしても似てしまうんじゃないですか?確か今朝の新聞広告でFIATが出ていましたが日本車と変わらん。

(3)その他:

実際の「走り」など、実は免許も持ってないので分かりません。
    • good
    • 0

他のメーカーでも言えるんですけど、サルマネ車が多いと思います。


個性がないですよね。
「欲しいけど、買うほどじゃない」ってカンジです。
ゴーン氏が来る前は、AAAをウリにしてましたが、最近は違うみたいですね。
そのせいか、最近発表された衝突安全性テストでは、トヨタの躍進が目立ってました。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日産NV200バネットのようなかたちのバン

日産NV200バネットのようなかたちのバン

ボンネットがあるタイプのバンはヨーロッパでは多く、日本ではあまり見かけないようですが、なぜですか?
レジアス・バンも1度しか見たことがないです。

Aベストアンサー

商売の習慣の違いとでもいうのでしょうか、日本では売ってませんね。

また、日本では小型車枠に収まるように全長を制限しないと維持費の関係で売れないので、トヨタさんも欧州では売ってる旧グランビアボディのバンを日本では売らないようです。
商用車というのは車両や労働環境に関するその国独特の法規制に縛られる場合が多いので、各国独特のクルマがあります。例えばアメリカの大型トラックは軸重制限が厳しいので、ムカデみたいにいっぱいタイヤがついていたりします。

それに、日本のようなキャブオーバー車(フロントタイヤ上に運転席があるタイプ)はピッチングが激しく、腰痛の原因になるので、組合の力が強い国ではなかなか導入されないのではないでしょうか?

Q車を探しています。たぶん日産車だったと思うのですが・・・ワゴン系の車で

車を探しています。たぶん日産車だったと思うのですが・・・ワゴン系の車で天井が全部、ガラスでできている車です。サンルーフのような物は付いていませんが、全面がガラスだったと記憶しています。車名がまったく思い出せないのですが、5年位前に新車で発売された車だったので、今なら中古で安く買えるかなあ・・と最近、思い出しました。こんな質問で恐縮ですが、天井ガラスはオプションだったのかも知れません。「これじゃないの?」レベルでもOKです。どうぞよろしくお願いします

Aベストアンサー

日産車で該当するのは、2004年12月にデビューしたラフェスタだと思われます。
(現行はパノラミックルーフがオプションになっているので判り辛いと思います)

参考URL:http://autos.yahoo.co.jp/ncar/catalog/model/NI/S002/

QNV200 バネットの商用サイズのタイヤを乗用サイズのスタッドレスに履

NV200 バネットの商用サイズのタイヤを乗用サイズのスタッドレスに履き替えたいのですが…

165R14タイヤ&14インチアルミホイール(14×5J)、インセット:45、P.C.D:114.3(4穴)

です。

185/65R15  175/65R14   175/65R15 辺りが候補ですが履き替え可能でしょうか?

因みに車検時はノーマルに戻します。

Aベストアンサー

バネットNV200は商用車なので指定タイヤは165R14-6PRLT(スタッドレス外径:629mm)です。

したがってスタッドレスタイヤも同一サイズのバン・ライトトラック用を使用すべきでしょう。

初年度登録が平成19年1月1日以降の車両は基本的にタイヤの外径を標準サイズより大きく出来ないので、適合するサイズは少ないですが、近似寸法は、

175/80R14(638mm)
185/70R14(620mm)
185/65R15(620mm)

Q車の購入を考えています。 個人的には日産のパオかフィガロに乗りたいと思っていますが、やはり古い車なこ

車の購入を考えています。
個人的には日産のパオかフィガロに乗りたいと思っていますが、やはり古い車なこともあり、維持費が気になっています。
私自身収入が多いわけでもないので、やはり別の車にした方が良いのか考えております。
また初めての車で右も左も分からず、古い車だと税金が高くなるとかうっすら聞いた程度でどういうものか分かりません…。


年間の維持費や車税、保険料又は月々の維持費や保険料


他の車にした方が良いのであればオススメの車
上の2つのようなレトロ調の車だと嬉しいです。

この2つを詳しい方がいましたら教えて頂けると嬉しいです。

Aベストアンサー

中古だからそんなの誰にもわかりません。前所有車が丁寧に使っていたかどうか次第。
なので買うならメーカーディーラーで買ったほうがいいよ。そこ系列で売って、そこ系列でずっと整備していたのを探す。
古すぎて難しくても、メーカーディーラーだとほんと水没車とかはさすがに売らないから。

Q現行タイプ日産GT-Rの評価について

私は現在の日産GT-Rに非常に興味がありますが、市販されてから4年が経過しました。
国内外での実際この車に対する粋な評価はどうなんでしょうか?
国内雑誌では評論家によってもですが偏った評価があると思われますので、情報があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

土屋ケンイチさん たちが、サーキットで検証しました。
その検証ビデオが、YouTubeにアップされていたはずです。

探してみてください。

わずか、3週目から、タイヤがたれてきて ムルシエラゴに、まったく歯が立たないような感じになって来ます。
100万ものタイヤ維持費で、この性能は 酷いと思います。

なお、公道市販最強は、radical sr8 です。

ニュウルで、gt-r が、7分35秒 にたいして、 6分 48秒です。

やはり、1.5トンは、重すぎです。
Sr8は、その半分、以下で、パワーはgt-r より上です。

重さが、awdの良さを、全て帳消しにしています。

Q最近の日産車は

良くなったのでしょうか? 昔日産車を3台ほど乗ってましたが、結局10年ほど前にホンダ車に乗り換えました。 ホンダやトヨタと比べて尚、最近の日産車の「ここが良い」ってありますか。

私は一度、日産車はもう懲りた者です。 ですから良くなった所を知りたいのです。 昔のナジミもありますので、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

最近の日産車の良くなった部分ですが、
私的な感想としては、良くなったと言うより、
以前が悪過ぎただけだと思います。

たとえば、ホンダがオデッセイの販売で
ミニバンブームを起こした頃、当時80点主義と
揶揄されたトヨタはミニバンの良い所だけを
集約して対抗すべく様々な車種を販売しました。
言ってみれば二番煎じですが、それでもブームに
乗り遅れる事なくトヨタ流にうまく販売してきました。
その頃、日産はホンダの真似したトヨタの真似して
三番煎じでミニバンを…

スバルがレガシーでワゴンのカテゴリーを確立した頃、
トヨタはまた二番煎じでカルディナを登場させ、
そのトヨタを真似して日産もワゴンを販売してきました。

日産のピークはハコスカGT-RとR32GT-Rが
出た頃だけだったと思います。

それでもここ数年はその他のメーカーに
負けないデザインと発想がチラホラと見えかけて
きたように思います。
多くの日産ファンもいると思うので、
その声に答える自動車メーカーとして
これからもっと頑張ってもらいたいですね。

最近の日産車の良くなった部分ですが、
私的な感想としては、良くなったと言うより、
以前が悪過ぎただけだと思います。

たとえば、ホンダがオデッセイの販売で
ミニバンブームを起こした頃、当時80点主義と
揶揄されたトヨタはミニバンの良い所だけを
集約して対抗すべく様々な車種を販売しました。
言ってみれば二番煎じですが、それでもブームに
乗り遅れる事なくトヨタ流にうまく販売してきました。
その頃、日産はホンダの真似したトヨタの真似して
三番煎じでミニバンを…

スバルがレガシーで...続きを読む

Q最近の日産の評価について

70年代から日本の自動車業界をトヨタと共にリードしてきた日産ですが、ここの所凋落傾向があると思います。
よくこの様な話をすると「魅力的な車を作っていない」と言う一言で片づけられてしまうのが殆どですけど、実際中を見ると製造部門だけではないような気がするんですよね。

例えばサービスに関しては保険会社に出す見積もり項目が抜けていたり(無論改めてアジャスターが来るのは確かなんですが、10万以下の修理代でこっちが0:10の場合、つまり軽微な追突などの被害者だとアジャスターが入らないケースが多いんですが)、中古車販売にしても補償内容がWeb記載と錯誤する内容だったりなど、とてもメーカーの看板をしょって行っている会社だと思えない仕事っぷりなんですよね。
更に代替えに関してもトヨタの場合次もトヨタと言うケースはありますが、日産に関しては他社に乗り換えるケースが多く見受けられるように感じるのも上記内容にかかるところが大きいように思うんです。

私自身長いこと(それこそ祖父の時代から)日産を愛し、今はRB26搭載車に乗っていますがこの体たらくでは安心して預ける事が出来ないと考え、他社に乗り換えようかとも考えていますが、日産の旧車、或いは日産の評価ってどうなんでしょうか?

70年代から日本の自動車業界をトヨタと共にリードしてきた日産ですが、ここの所凋落傾向があると思います。
よくこの様な話をすると「魅力的な車を作っていない」と言う一言で片づけられてしまうのが殆どですけど、実際中を見ると製造部門だけではないような気がするんですよね。

例えばサービスに関しては保険会社に出す見積もり項目が抜けていたり(無論改めてアジャスターが来るのは確かなんですが、10万以下の修理代でこっちが0:10の場合、つまり軽微な追突などの被害者だとアジャスターが入らないケース...続きを読む

Aベストアンサー

日産の巨大工場のある地域住です。
昔は、親せきに必ず日産関係者が居て 免許を取ると あちこちから車買うなら日産 と紹介1万割引券が 飛び回ってました。
必然的に 日産に乗れ的圧力が強かったです。
トヨタの肩身が狭い地域でしたが バブル10年前位から トヨタが強い売り込み商売を始め 瞬く間に トヨタユーザーが増えました。
バブル期 日産は、内装がしょぼい トヨタの方が豪華でした。この差が歴然でした。
そこに ホンダが 若いデザイナー技術者のアイデアを採用し奇抜なデザイン
シティーターボなどを出してきて 販売数を伸ばし始め
日産は、若手デザイナーのアイデアなど 上層部ジジーたちがことごとく却下
結果ジジ臭い車ばかりになってきたものと推測します。

販売店ディーラーも トヨタなら フロントマンに知り合いなどいれば 点検3割引きなどでやってもらえましたが 日産は、そういった値引きがほとんどなく 定価商売みたいなやり方 付き合い難かったです。 堅い商売真面目な商売
損して得取れが出来ない日産なのでしょう。

日産自体 プリンスと合併しプリンスの技術が優秀でスカイラインが誕生存続したメーカーで 日産自体は、たいしたメーカーでは、ないようです。
技術の日産と言ってましたが SRエンジンなど オイル漏れが酷く 何が技術なの?と呆れました。プリメーラーセダンなど生き残りが無いのも SRエンジンの
オイル漏れで 延命できず廃車が早かったのでしょう。
ハブベアリングの焼き付きも多いし ビュンビュン系の日産車走り出しは良いが燃費は、全体的に悪い印象。
もはや 必要性 購入意欲を沸かすような車種が無いのが現状。
ハイエースより NV350や NV100の方がトヨタより優秀では、有りますが デザインがカッコ悪すぎ。

今となっては、客が喜ぶ商品が無いのが現状では? 市場ニーズに当てはめる
商品提供が出来ていないのではと思います。
GTRの技術を 2Lクラスや スポーツカーの形をしてるだけの鉄の塊フェアレディーZに生かさねば せっかくの技術が生きないと思います。

ミニバンやコンパクトカーも 市場ニーズをもっと真剣に見据えて 投入

外人社長カルロスゴーンに 高額給料払っちゃダメですよ そんなに売れてないのですから!!

カスロスゴーンも何年か前に 六本木でUターンして事故りました それが何と
ポルシェに乗っていて 何で日本国内 フェアレディーZで無いの???
ここも問題です。 自社の車に日本で乗ってない社長って!!

日産の巨大工場のある地域住です。
昔は、親せきに必ず日産関係者が居て 免許を取ると あちこちから車買うなら日産 と紹介1万割引券が 飛び回ってました。
必然的に 日産に乗れ的圧力が強かったです。
トヨタの肩身が狭い地域でしたが バブル10年前位から トヨタが強い売り込み商売を始め 瞬く間に トヨタユーザーが増えました。
バブル期 日産は、内装がしょぼい トヨタの方が豪華でした。この差が歴然でした。
そこに ホンダが 若いデザイナー技術者のアイデアを採用し奇抜なデザイン
シティー...続きを読む

Q最近の日産車の選択範囲が狭いような気がします。

セダンではシルフィ以上はべらぼうに高額・・・ティアナ、スカイラインetc庶民には手が出ないです。
クロスオーバーはもうはなから無理な価格(しいてかなり個性的なジューク)です。庶民的な選択肢はマーチ、ノート、ラティオですがどれもチープな感じがします。以前の日産車はブルーバード、スカイラインもベース200万~あり、ティーダも150万180万もだせば、すごく立派でした。日産って庶民に良いクルマを提供する巾がここ10年で無くなってきたような気がします。気のせいでしょうか?
けっきょく自分はフィールだ―をかいましたが(これも少し内装が、旧型よりやや質感がチープです)。最近、どの車もかなりの金額出さないと良いクルマ質感の高いクルマにありつけないでしょうか?具体的には日産では¥270万くらいからしか・・・そんな気がして・・・昔の日産には庶民でもいい質感のクルマは沢山あったような気がします。クルマにはすこし疎いので、詳しく教えていただける方お願いします。

Aベストアンサー

自動車業界に限らず、長い不景気(とデフレ)で、コストダウンが進んできたことと、近年ユーザの年収が2極化しているせいではないかと思います。主なターゲット年収層の内、年収7~800万位の層と年収2~300万位の層の割合が増え、その中間の割合が年々下がっているのではないでしょうか。
それもあって、最近は中古の輸入車等に流れる人が増えている気がします。

Q日産車に対するイメージ、評価を教えてください。

良くも悪くもカルロスゴーンが最初に思いつきます。
間違っていたらごめんなさい。車のデザイナーで有名な方がいたような。確かCMにも出ていたと思います。
「技術の日産」はまだ通用しているのですか?

Aベストアンサー

日産は技術面では優れていました。
古くは、マスキー法でホンダが有名なCVCCで一番最初にクリアしましたが、あくまでもクリアしただけで、その後日産が開発した三元触媒+O2センサーがその性能から現在のほとんどのクルマに採用されています。このあたりは、現在東海大学の教授の林義正先生(今年ルマンに参戦されました後、お会いしたときもお元気そうでした)など、優れたエンジン技術者の賜です。

また、可変バルブタイミングと言った技術(その後ホンダが可変バルブタイミングにリフト機構をつけてVTECとして販売)、Y30セドリックの頃(83年)から採用されたV6エンジン、現在のミニバンの原型も82年にプレーリー(M10)・・両側スライドドア、センターピラーレス。と業界初や最初の頃に発売といったものも多いですね。

近年では、現行のフィットにも採用されるなど当たり前になりつつあるサイレントチェーンと言うものも、他社がタイミングベルトを多く使っていましたが、タイミングチェーン方式を多く使っていたこともあって開発したのでしょう。
http://techon.nikkeibp.co.jp/Monozukuri/champ/98_5.html

生産技術についても、90年にはIBSという混合生産ためのフレキシブルラインなど、ロボット化率も業界トップクラスであったため積極的に導入しています。(ホンダは2000年頃から導入と10年の違いがある) また、近年ではGT-Rのスポット溶接の際のパネル間の誤差をわずか0.2mm(従来1.5mm)!!としていることは有名なことです。このあたりは他の日産車にもノウハウが反映されるでしょうね。
http://www.nissan-shatai.co.jp/CRAFTSMANSHIP/IBS/index.html

また、95年に車両組立工場の座間工場を閉鎖しましたが、一方で94年にはVQエンジン専門のいわき工場、92年には車両組立工場の九州第2工場、91年には陸別試験場(テストコース)を新設しています。特にテストコースは、米アリゾナ、栃木工場、追浜工場、クロカン用の茂木、そしてニュルのコースを再現した陸別と多くのテストコースや開発施設を現在でも持ちます。このことが、ハンドリング(操縦安定性)の優れたクルマの開発につながっていると思います。

まとめると、個人的には愚直なメーカーと言う事でしょうか。
ただ、商品が技術的にするれると言う事がクルマのすべてではなく、デザインや販売(この点は販売の神様がいたトヨタは現在でもいいですね)という点も重要です。この点がウェークポイントなメーカーとは思います。逆に、90年代の頃までは、トヨタ、日産と比べると、ホンダ、マツダ、軽自動車メーカーは品質や耐久性では明らかに劣っていましたが、現在はほとんど変わらないまでになりました。ですからデザインや販売と言ったことは、どのメーカーもますます重要となりますね。

また、ユーザーは実際の性能よりもブランドや感性にウェイトがおいていますよね。馬力ががいくつとか、四輪独立懸架が良くてトーショナルビームは良くないとか。特にいい例が今のデジカメで『デジカメに1000万画素はいらない』という本が出されるほど1000万というのは実のところ全く意味のないものです。でも、ユーザーは望んでいる。こうした点を押さえるのが自動車メーカーで言うとトヨタのもっとも得意とするところですね。

将来的な話として、電気自動車用の電池の量産ラインをNECと共同で座間工場跡(カレスト座間の脇でクレーンが何台も建築作業してますね)に現在作っていて2011年には6万5千台の生産能力を持ちます。トヨタはパナソニック(+三洋)と手を組んで会社を設立しています。それでは他のメーカーはどうなるか・・・。このあたりが今後の自動車業界のウェイトになるでしょうね。

日産は技術面では優れていました。
古くは、マスキー法でホンダが有名なCVCCで一番最初にクリアしましたが、あくまでもクリアしただけで、その後日産が開発した三元触媒+O2センサーがその性能から現在のほとんどのクルマに採用されています。このあたりは、現在東海大学の教授の林義正先生(今年ルマンに参戦されました後、お会いしたときもお元気そうでした)など、優れたエンジン技術者の賜です。

また、可変バルブタイミングと言った技術(その後ホンダが可変バルブタイミングにリフト機構をつけて...続きを読む

Q最近の日産スカイラインという車は、、、、?

最近、インフィニティのマークを付けている魅力的な車を
見かけたのでよく見たらスカイラインでした。
自分的にはカッコイイ車だなと思ったのですが、アメリカでは
インフィニティブランドだというのは知っているのですが、、、、

・何故インフィ二ティG35とかQ35といったインフィ二ティブランドと
 して日本で売らないのでしょうか?

・日産スカイラインはトヨタのマークII(マークX)のライバルだったと
 思いますが、現在のスカイラインの価格はクラウンと同等以上のように
 設定されていますが、高級ブランド・インフィニティとして売りたいのですか?

これまでの日産スカイラインという名前とは全く異なる性格の車になって
いるように感じますが、日産車及びこれまでのスカイラインのファンの方々は
どう感じているのでしょうか?
 

Aベストアンサー

特に日産車やスカイラインのファンというわけではありませんが、スカイラインはこだわりのある車として印象深かったですし、思い出もある車ですね。
こだわりという点からは、今のスカイラインは名前だけでこだわりは全くない車だと思っています。
既回答にもありますように、スカイラインはもともとプリンス自動車という会社のスポーツ車でしたが、日産が吸収したので、その後日産を代表する車になりました。
桜井 眞一郎というスカイライン生みの親がずっとこだわったモデルとして作られていました。途中からは単なる量産車の1つになった気がします。
こだわりという点では、丸いテールレンズが長くアイデンティティの一つとして採用されたり、サーフィンラインというリアタイヤハウス周りのプレスラインが続いたりしました。
3代目はハコスカの愛称で、4代目はケンとメリーのスカイライン(ケンメリ)と呼ばれて、次第にラグジュアリー化が進みましたが、GT-Rの登場もあり熱烈的なファンは多かったと思います。
ライバルはマークIIじゃなくて、当時はセリカだったと思います。スカイラインがGT、通常スカGと呼ばれていたものの、ツインカムエンジンを搭載せず、ライバルのセリカから「名ばかりのGTは道を開けろ」「ツインカムを語らずに、真のGTは語れない」と言われましたから。
その後はどんどん普通のクルマになっていったように思います。
そういう訳で、今のスカイラインは車としては特に不満もなく、好きになる方はそれはそれでよいのではと思いますが、
昔からのこだわりのスカイラインとは別物で、名前だけ引き継いでいるというのが正直な感想ですね。

特に日産車やスカイラインのファンというわけではありませんが、スカイラインはこだわりのある車として印象深かったですし、思い出もある車ですね。
こだわりという点からは、今のスカイラインは名前だけでこだわりは全くない車だと思っています。
既回答にもありますように、スカイラインはもともとプリンス自動車という会社のスポーツ車でしたが、日産が吸収したので、その後日産を代表する車になりました。
桜井 眞一郎というスカイライン生みの親がずっとこだわったモデルとして作られていました。途中からは...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報