gooドクター有料プランが1ヶ月間無料!

もし中国共産党と国民党での戦いで共産党が負けてたらどうなるのでしょうか・・・
考えられる事はまず、朝鮮戦争は大韓民国の勝ちになってたはず!
みたいに何かありますか?

gooドクター

A 回答 (5件)

個別の戦役でどうなったかというよりは、



共産党が勝った

その背景となる要因

その要因が引き起こすこと(引き落とした結果の一つとして、共産党の勝利があります)

とでも検討しないと、「戦艦大和がすっごい兵器に変身したんです」とかいう、架空戦記モノで終わっています。


んで、この前提で、何らかの大きな国際上の動きを想定すると

ソ連が満州地区に「満州人民共和国」を、毛沢東一派を抜きで成立させる。
というのが、一番有り得そう。

東欧において、チトー指導下でのユーゴスラビアだけがソ連の言うことが聞かなかった。理由は簡単で、他のチトーたちは「おれら 自分らで解放したもんね」と思っていたから。毛沢東一派が東欧のチトーになってはやなわけです。

1946年6月の段階で、蒋介石がスターリンに満州独立を黙認しておけば、共産党へのソ連の支援が無くなり、少なくとも共産党軍との正規戦は終結したかと。

そもそも朝鮮戦争は
○ スターリン 毛沢東の一定の支援
○ 中国共産党軍の中の朝鮮人部隊を中核部隊としての侵攻
これが、開始されるための条件ですので、この条件が満たせれない状況では、朝鮮戦争は始まらない。

んで 満蒙鮮人民共和国連邦 なんてのが作られる・・・日本の軍部が目指した目的がソ連のもとで生まれるということかな
    • good
    • 1

もし中国国民党が勝っていたら、国共内戦が続いていたでしょう。

金日成は毛沢東から支援を受ける約束を取り付けられないので南進を見合わせていたでしょう。国共内戦を継続できないほど中国共産党が弱体化していたら、台湾が逆に中華人民共和国になっていたかも知れません。
    • good
    • 0

 僕もこの分野は好きです。

たぶん朝鮮戦争自体おこらなかったのではないでしょうか。中国内戦がたしか1948年までだったかと記憶してます。その後、毛沢東が統治を開始するわけですが、台湾にご存知の通り中華民国が立ち上がるわけです。 逆に、中華民国が大陸を支配したとしたら、1945年の38度線へのソ連軍への侵攻は、ほとんど意味をなさなくなります。 ローズベルトとの密約があってこそ、スターリンは堂々と、トルーマンも軍隊を南から侵攻させることが出来たのでしょうか。つまり、38度線はソ連とアメリカの密約で分割統治されたのですから、3年後の中国が蒋介石になっていたら、これは戦争どころかソ連は朝鮮から撤退したのではないでしょうか。
    • good
    • 0

米ソ介入で第3次世界大戦に発展か?

    • good
    • 0

中国が7つくらいに分裂していたでしょう。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング