主人が子供(低学年)の勉強は子供の自主性に任せておけばいい。
そして、やるなら時間を決めてやらせて時間が来たらやめるべきといいました。
そのようにしたら、時間が来るまでダラダラ…(キッチンへお菓子を探しに行ったり、何度もトイレに行ったり、プリントをやりながらおしゃべりを始めたり)。そして時間切れとなります。
何も言わなければ何もやりません。
これで良いと思いますか?
この程度で、主人は偏差値60超えの中学に軽く行けると豪語しています。

私が隣について一緒に勉強させるときは、やります。
決してできないわけでもないのですが、一問でもわからない問題があると
やる気を失くします。
そして、私がついていないと早く終わらせようとして、字も汚いし
筆算も足し算なのに全部引き算でやっていたり、とにかく、きちんと問題を見ていないような間違いが多いです。
勉強の内容は、通信教育の国語算数を1ページずつ、または読解の問題集1ページと
漢字10個(毎日同じのを繰り返し)。
宿題はプリント1枚で10分かかりません。

主人はほとんど子供の相手はしません。もちろん勉強も全くみません。
どうしても宿題を見てほしいと頼んだときは、早く解放されたいのでしょう、子供に考えさせもせず、式を教え、答を書かせていましたので、私も頼まなくなりました。
勉強が嫌いなら嫌いで、もう仕方がないですから中学受験も考えません。
でも、こんな状態ですが、主人の言うように放任しておいても
子供が高学年になれば目が覚めたように自主的に勉強を始め
主人が言うような偏差値60超えの中学に合格するものなのでしょうか?

私は受験生のお子さんを持つ友人の話を聞くと、主人の考えは甘いような気がしてなりません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (17件中1~10件)

中学受験を経験・合格した、現在大学院生です。



勉強の習慣は、まずは親御さんが躾をしないと身に付きません。
自主性に任せて勉強の習慣がつくということは、よっぽど優秀なお子さんでない限りありえないでしょう。
習慣は「つく」ものではなく「つける」ものです。

何人かが仰っていると思いますが、集中できる時間は学年+10分なので、勉強する時間を区切るという旦那さんの意見には賛成です。
しかし、旦那さんの認識は甘すぎるというべきでしょう。
低学年のお子さんの勉強は傍で見守ってあげるべきだと思います。

>時間が来るまでダラダラ…
「おやつは宿題のあとね」「この問題まで終わったら遊んでいいよ」という風に言い聞かせましょう。「お母さんとの約束だからね」と。
「遊ぶのは勉強の後」。私もこのように母から躾けられました。

中学受験は厳しい世界です。
偏差値60超えの中学はそう簡単に受かるものではありません。
そもそも、行う勉強が小学校のそれとは異質で特殊です。
「中学生の公式を使わずに、中学1年生の問題を解く」ようなものです。
受験のための授業は、4年生の2月に始まり、6年生の夏で終わります。それ以降は「合格のための演習」となり、苦手を勉強する時間はほとんどありません。
私は小学校5年生の1月末から入塾し勉強を始めましたが、実質半年で2年分のブランクを埋めなければいけなかったので、とても辛かったです。(ただ、塾の勉強が楽しかったことと、小学校で嫌がらせを受けていたため絶対に公立に行きたくないという断固とした思いから、投げ出すほどの苦痛ではありませんでした。)
結果、第一志望(レベルとしては中堅校ですが両親ともに気に入った学校)に合格することが出来ましたが、私のような場合はレアケースです。
少なくとも、私の中学時代の友人たちは皆2~3年通塾して受験しています。
どうしても受験をしよう、難関校に行かせよう、と固い決意をなさっている場合は、小学校5年生の春には塾に通わせ、プロの講師の方に見てもらった方がいいでしょう。

ただ、お子さんは低学年とのことなので、まだ無理に塾に行く必要はないと思います。
もう少し大きくなるまでは、ご家庭で勉強の習慣をしっかり躾けてください。
ノートの取り方、字の書き方、音読など、丁寧に見てあげてください。
そして、お子さんの「努力」(「たくさん勉強したね」「字を綺麗に書こうとしてたね」など、些細なことでいいです)をほめてあげてください。
「努力」が評価されるとわかれば、やる気も出ますし、どんどん机に向かって勉強してくれるようになると思います。
    • good
    • 19

中学受験するかしないかに関わらず、子供の勉強は子供の自主性に任せるだけではいけないと思います。


私は偏差値60くらいの中高一貫校に苦労して入った者なのですが…笑
自ら中学受験がしたいと言いだし(ただ単にかっこいいから、みたいな理由です。勉強は大嫌いでした!!笑)専門の塾に入れてもらったものの、そこはやっぱり小学生。勉強なんてしたくありません。テレビ見たいしごろごろしたいし…両親に止められなければいつまで経っても勉強しませんでした。自ら受験したいと言い出したにも関わらず、です。両親のサポートがなければ絶対に合格できなかったでしょうね。
小学生の勉強に対する自主性なんてたかが知れています。ご両親がある程度は誘惑をつみとってあげた方がいいかと思います。少なくとも、学校の授業についていける程度には勉強させるべきだと思いますよ。ついていけない方がかわいそうですしね。
高学年になって自主的に勉強を始めても、偏差値60超えの中学に合格するのはなかなか難しいと思います。もちろんポテンシャルさえあれば可能なのかもしれませんが…もし中学受験をされるのでしたら、今以上のサポートをしてあげてくださいね♪
    • good
    • 14

何度もすみません(^^ゞ



1つ言い忘れたことがあったので・・・(^^ゞ

私は、塾の集合授業の講師と個別指導講師もしていました。
そこで、親がみっちり関わりすぎたお子さんを見てきました。

高学年になっても、親がスケジュールを立てて 親が決めた通りに
勉強して中学受験に合格した生徒さんは、中学になって苦労しています。

だからこそ、低学年の指導が大切だと感じています。つまり、躾です。
自立して、自分で勉強していけるだけの力をつけてあげられるように、
低学年の頃に親がしっかり関わっていると、中学校に入ってから
燕の子みたいにならず(つまり、口を開けて待ってる状態)、自分で
工夫して勉強していけると思います。

ご主人がおっしゃっている時間を決める!!というのは、良いことだと
思うのですが、自主性に任せるのはどうかと思います。

時間を区切ることで、子供に勉強に対する嫌悪感を与えずに癖付けが
出来ると思います。ここまでせなあかん!! と親が必死になってしまうと
子供に続けさせようと思っても、嫌嫌が先に立って、勉強したことが
頭に入りにくくなります。実際に、そういう生徒さんがいました。

中学受験は、受験に合格することがゴールではなく、中学に入ってからも
自分で勉強を進めていける力をつけることが大切だと思います。

与えられることだけに慣れてしまった子は、悲惨です。
そうならないように、低学年の頃にしっかり勉強の癖付けをしたほうが
良いです♪
    • good
    • 13

こんにちは(*^^*)



私は、某大手塾で非常勤講師をしていました。

よっぽどしっかりした子じゃない限り、低学年で自主性に任せて勉強できる子は
いないと思います。(男の子でも女の子でもね)

私は、小学2年~5年の理系科目を担当していましたが、やはり低学年の頃に
しっかり勉強の癖付けをしていないと、高学年になってもめちゃくちゃで、
仮にヤル気があったとしても どこか抜けている・・・やり方がまずい・・・
など、問題が出てきます。

なので、低学年の頃は、親がある程度、傍について勉強のやり方(字を丁寧に
書く、ノートの作り方、筆算のやり方、書き順など)を丁寧に見てあげたほうが
後々 子供が楽になりますし、子供のヤル気が空回りすることがなく、可哀想な
結果になることも少ないと思います。

低学年の頃には、勉強の量ではなく、とにかく今後、長い目で見て、中学に入って
からも自分で考えて勉強を進めていける基礎を作る段階だと思って、焦らず、
繰り返し繰り返し 同じ事(止め、はね、払いやノートの作り方など)を注意して
見てあげることが大切だと思います。

例えば、ノートの取り方、作り方は、子供が一人で考えてできることではないので、
まずは親が手取り足取り教えてあげるほうが良いと思います。そして、ちゃんと
できているかチェックして、できていなければやり直しをさせる。

そうしていると、限られた時間だから、読解までできないと思います。でも、
最低限これだけはするということは、毎日決めていて、そして、週末に少し
時間をゆとり持って頑張ろうっという感じで良いと思います。

時間を決めて、時計の針がここに来るまで頑張ろう!!
頑張ったら何かいいことがあるという見通し(例えば、テレビ見ていいとか
ご褒美的なことで良いと思います)を立ててあげると、少しは頑張れると思います。

躾の一環ですもんね。
基礎を作ってあげることで、子供たちが本当に頑張ろうと思える様になった時、
良い方向に進むと思いますよ♪

私も小3の息子がいます。中学受験をさせるつもりです。
塾は、私が退職する1ヶ月前に辞めました。それからは、家で教えていますが、
塾の進度に合わせてだと子供もしんどいので、少しゆっくりですが、ちゃんと
定着するまで同じところを何度も説明していますし、繰り返し解かせています。

できるようになると、俄然ヤル気が出て、子供が自主的に机に座って勉強する
ようになりますよ!!

焦らず、毎日少しずつでいいので、旦那さんの仰るように時間を区切って、その中で
できるようになるというのも大切だと思います。ここまで・・・というのを決めて
いてもできない時が多いと思います。でも、大丈夫ですよ!!

うちも主人は非協力的ですよ。 男の人って、そういうものかもしれません。
お互い 気楽に 頑張りましょう(*^^*)
    • good
    • 8

中学の受験は、自分で「やる!」というよりは、


親が受けさせるという感じじゃないでしょうか。

私は全員が同じ中学へ上がるイナカ市の出身で経験ないのですが、
学童保育の指導員をしたり、
大手塾で最難関志望の小6児童に教えてきたり、
逆にみんなが目指す入試に携わる機会もあって、色々見えてきたことがあります。

出題内容は、東大や慶應義塾大学の出題によく似てますよ。
本屋で過去問を立ち読みしてみて下さい。大人でも初見ではほとんど出来ませんから。
小学校でここまで教えたりしないでしょう。
塾へやらないと中学受験は受かりません。


さて低学年の頃の私のやっていたことは。
・母が国語の教科書を音読
・私も同じ部分を音読
交代しながらこれの繰り返し。毎日5回は読んでました。
どの文章も数日で暗誦してしまいました。

小学校で習う漢字のカラフルな辞典。
小学生向け国語辞典。
学研の「科学」と「学習」という月刊誌。

こういった教材プラス、学校から与えられたドリル類。
宿題は都会と比べてめちゃめちゃ多かったです。

それと市立図書館へ二週間に一度、連れていかれまして、
本を借りてきてました。
自分が気に入った本だから挫折せず読み切ってました。

小2で担任から、
「こんなに全科目できる子は見たことない。この子は将来、東大に入るだろう」
と言われました。

高学年になると、学習百科大事典アカデミア全18巻を買ってくれて。
面白いのでいっつも読んでました。

クラスの中の何人もの人が、教えてくれ、と休み時間にやって来てました。


そうした果てに、
塾なんか行かなかったけど (だってソロバンや書道しか無かったもん)、
慶應義塾大学と東京大学で学ぶ権利を得ました。

武道館で行われる東大の入学式は父兄席の方が早く埋まります。
東大に行くというのは、私の軌跡を見ても分かるとおり、受験生よりも親の勝利でしょう。

ですから、ご主人のお説に与することはできません。
    • good
    • 17

貴方のご主人は、完全に間違っています。

 中学受験は親の受験と言われるくらい、親が高いところから見守る必要があります。 落ち着きがないのは普段の躾も関係します。 多分食事をしながらTVを観る生活です。 食事に集中しないで、注意力散漫になっています。 先ず、食事の時間は TVを消す。 学校であった事・友達との事・家庭内のことを話し合う場所にすべきです。 勉強中にダラダラお菓子・トイレ・おしゃべりの原因は、そこにあります。 高学年になったら、自主的に勉強するという、甘ちょろい考えは絶対だめ。低学年に勉強する姿勢・集中力がないのに、高学年になって、突然 自主的に勉強し始め・集中力を発揮するなんて、まかり間違ってもありません。 低学年からの日々の生活の積み重ねが 高学年にでます。ましてや、中学校に入ると、反抗期になり、もう絶対親の言うことを聞きません。 落ちこぼれ 学費の高い私立の三流高校い行って、一巻の終わり。 せっかく 金を掛けても 成果も出ず、公立中学校から 三流の私立高校に行くだけでは、つまらない苦労するのは 当の親ですよ。 だからこそ、小学校の低学年の時から、しっかり、日常の生活のリズムを整え、整理整頓を徹底させ、「何々しながら」の生活は しないこと。勉強のときは、勉強に集中する事。
男の子は、母親を甘く見ます。 父親が 此処で毅然とした態度で、躾が無ければ、何のために産んで、毎日 子育てに苦労してるのか、虚しさを感じるようになりますよ。 お父さん、しっかりしなさい。 そして、学校の図書館で 本を借りて 読む習慣をつけ、読書もさせること。  大体において、父親が、新聞見ながら食事したり、TVをみるのは、受験させる環境ではありません。 子供は、自然と 親の後ろ姿で、育つ、と昔からいいます。 子供をみれば、親が分るともいいます。 メリハリの付いた生活習慣が、大きく左右します。 小学校の習慣が、中学になるとハッキリ その差となって出てきます。 もし、中学受験を避ければ、毎日の勉強の習慣も身につかず、中学生になったら先ず、反抗期になり、勉強なんて自主的にしません。 子供に自主性があると思うから、大きくなって 間違った道に進み、マスコミを騒がせる事になるのです。
鉄は、熱いうちに打てといいます。 親がすべきは、間違った個所を、チェックして 何回も繰り返し練習させること。野球するときの、ピッチング練習や バッティングの素振りが大事なことは、父は知っているはず。勉強も、毎日の繰り返し 反復をしないと 上達しません。 子供を 受験に関しては (中学受験を通して)一応 成功した 一高齢者より。
    • good
    • 9

>勉強が嫌いなら嫌いで、もう仕方がないですから中学受験も考えません。


>でも、こんな状態ですが、主人の言うように放任しておいても
>子供が高学年になれば目が覚めたように自主的に勉強を始め
>主人が言うような偏差値60超えの中学に合格するものなのでしょうか?

 多分、お子さんは質問者様の優秀な血筋ではなく、ご主人のお馬鹿血筋を引いていそうなので無理じゃないでしょうかね。
 

 個人的には低学年から勉強させるのはどうかなと思います。もちろん、宿題など最低限のことはやらせるべきですけど。

 自分は子どもが低学年の時には習い事に力を入れていました。それと色々なところに旅行に連れて行ってそこで実地教育をしました。お城に行ったら何時代に武将がいてその人がどうしたこうしたと物語をきかせてあげたり、このあたりは造船業が主力産業なんだけどって理由を教えてあげたりする。科学館だとか美術館なども連れて行きました。沢山の経験をさせることで受験勉強しているときに文字を憶えるのではなくて、過去の記憶と結びつけて憶えることができるのです。そちらの方が理解が早いです。
 もし、中学受験するのであれば小3の2月から入塾されればいいです。また、入塾させれば合格できるなんて一握りの天才だけです。家庭学習では親が側について一緒に勉強しないとダメです。そう言う意味では、質問者様のご主人のような方のお子さんには無理かも知れません。質問者様が理数系も得意なら大丈夫かもしれませんが、受験の算数を小学生に理解させるのは結構、難しいです。
 まぁ、本当に受験されるのであれば、入塾説明会に出席させればいいでしょう。そうしたら自分の考えの甘さがわかるかもしれません。わからなければ、数百万をドブに捨てることになるでしょうね。
    • good
    • 4

こんにちは!


中学受験経験者で現在私立中に通っている三年生です。
お子様は息子さんですか?
男の子なら、体力があるので小6とかの後半でガッと徹夜とかでできたりするので伸びることもあると思いますが、女の子の場合そうはいきません。
男の子でも、期待しない方がいいと思いますが。

お母様が隣りで教えれば、きちんとやるのであれば、そうしてあげるのが一番だと思います。

まだ、低学年なら幼いので自主性が無いのは当たり前だと思いますが、ここで毎日勉強するくせをつけると後で楽だと思いますよ。

それから、偏差値60ぐらいの学校を目指すのであれば日々の学習量をもう少し増やしてみてはどうですか?白地図を埋めてみるとか…

長文でごめんなさい

私自身中学受験をして精神的に成長できたし、塾に通っていたので友達との絆を学んだりと、すごくいい思い出、経験になりました。

お子様にも、中学受験が与える影響は大きいと思うので是非がんばってください。

応援しています!
    • good
    • 5

予備校講師だお



>でも、こんな状態ですが、主人の言うように放任しておいても
子供が高学年になれば目が覚めたように自主的に勉強を始め
主人が言うような偏差値60超えの中学に合格するものなのでしょうか?

当人次第
目覚めないでもそれなりの成績を修める児童は結構多い


>私は受験生のお子さんを持つ友人の話を聞くと、主人の考えは甘いような気がしてなりません。

私立中学受験を前提にするなら、甘いだろうね
もっとも、当人の意向はどうなのか?というのが判然としないわけだが

なお、時間を決めて勉強するのは、適切だろう
目標を決めて勉強することが重要であって、時間・ノルマの問題でもない
まぁ、小学生レベルなら、日々の学習の習慣化・・・が必要になるので、そこから始めるのが望ましいとは思われ


以上
    • good
    • 3

個人塾の者です。




低学年とのことですが、低学年でさえも学力差はすでについています。
今すぐ通塾をすすめると言うことではありませんが、何か手は打つほうが良いでしょう。


中学受験をするなら通塾は必須事項です。早ければ4年生、遅くとも5年生から。
私の塾は中学生が中心です。成績(あるいは偏差値)の高い生徒は、模試結果等をみなくてもわかります。


1.こちらで言わなくても、行き帰りの挨拶ができています。
2.脱いだあと靴をそろえられます。
3.塾に備えてある教科書や辞書を使ったあと、言われなくてもきちんと元へ戻せます。
4.もちろん、無駄話は一切しません。学習に集中しています。


要するに、自分のするべきことは何かがわかっていて、できているのです。
こうしたことは、中学生になって身につけたものではないはずです。小学生段階で身につけたものでしょう。それで成績が上がる土台ができるのです。
周囲の子どもをご覧になると、勉強ができる、と言われている生徒は、上記のことがきちんとできているはずです。


先日台風4号が来ました。かなり激しい風雨でしたが、成績上位の生徒たちは来塾してきました。帰宅時には保護者のお迎えがありましたが。下位の生徒は欠席です。見事に分かれました。


保護者( 親 )が子どもにとっての「壁」にならなければ、子どもは成長しません。
「台風だから」
「今日は疲れているから」
「今日、遠足があったから」
など、それでいちいち塾や勉強を休ませていると、いつ勉強するのでしょうか、ということになります。
もちろん、熱があるときなどは、必ず静養させて下さい。こじらせると怖いですから。


かなりつらいでしょうが、それができるのは保護者( 親 )なのです。
うちの親はちっとのことでは勉強を休ませてくれそうにないな、と気づかせて下さい。


塾ですと、お菓子を食べたり( そういう塾もあるようですが )おしゃべりしたり( そういう塾もあるようですが )と言うことはないはずです。塾とは勉強させるところだからです。中学受験をめざす時期が来たならば、これはと思う塾の体験学習などしてみてはいかがでしょうか。
    • good
    • 6

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中学受験ママさん

中学受験ママとは、中学受験生をもつママさんのことです。
塾に勤めていますが、中学受験ママが理解できないのです。

私個人の考えとしては、良質の教育を受けることを目的とした中学受験はよいのでは?と思っています。

でも、中学受験ママとお話すると、中学受験させる目的がよくわからなくなるのです。

一家族だけ、「娘がやりたいことを後押しするだけ」と、肩の力が抜けたご両親とお話したことがあり、その人の姿勢には好感がもてましたが、その方以外は、私には目的が見えないのです。

模試の平均点数が悪くても実力にそぐわない学校を受験させる親御さんも多数見てきました。

中学受験ママは大学受験ママや高校受験ママともちがう感じがします。大学受験ママや高校受験ママは私にとってわかりやすいのですが・・・。

なんと言ったらいいかわかりませんが、どうしても中学受験ママの考えがわかりません。

中学受験経験者ママや塾関係者に聞きたいのですが、彼女たちはその後どういった考えになっていくのでしょうか?
なにか大切なことに気付いたりするのでしょうか?

塾関係者の方は中学受験ママに違和感みたいなものは感じませんか?こんなふうな疑問を抱くのは私だけでしょうか?

質問がまとまらず恐縮ですが、思う節書いて頂ければ幸いです。

中学受験ママとは、中学受験生をもつママさんのことです。
塾に勤めていますが、中学受験ママが理解できないのです。

私個人の考えとしては、良質の教育を受けることを目的とした中学受験はよいのでは?と思っています。

でも、中学受験ママとお話すると、中学受験させる目的がよくわからなくなるのです。

一家族だけ、「娘がやりたいことを後押しするだけ」と、肩の力が抜けたご両親とお話したことがあり、その人の姿勢には好感がもてましたが、その方以外は、私には目的が見えないのです。

模試の...続きを読む

Aベストアンサー

高3と中1の子供を持つ母です。

私自身も子供も中学受験をしたことがないのですが、甥の受験等の体験から分析した事を私なりに書いて見ます。

1.達成感
専業主婦になってしまうと、目標もない毎日です。そこで、中学受験という大きな目標に向かって、親子一緒に(まさに人馬一体)突き進む事は苦しい事でもありますが、合格すればこの上ない喜びではないでしょうか。
2.階層から落ちることの不安
子供に高い教育を施さないとあっという間に今いる階層から滑り落ちる危険があります。例えば勤務医と言えども、子供を医者にしなければいけないのです。お医者さんの奥さんから、お医者さんのお母さんにならないと自分の老後は安泰と言えないのです。
3.親のメンツ
特にお嬢さん学校などに娘を入れるタイプです。子供を入れて、親のメンツを保とうとするのですが、本当の良家の子女ではない場合、本人は辛い場合が多いようです。
4.親の楽
公立中学はトラブルがあるととにかく親が出ていかなくてはいけません。私立は生徒とその親はお客様。扱いが違うのでは?
大学進学も上に大学がない所などは、きめ細かく対応してくれるようです。
また、 中高一貫のところが多いので、一番大変な高校受験をしなくてすむ。

こんなところでしょうか。
あなたがお受験ママに違和感を抱くのは、子供に良い教育を施す為の中学受験はあくまでも手段でしかないのですが、多くのママは目的になってしまっていることです。人間必死になると、目的のためには手段を選ばないと言うことになりがちで、周りから見るとおかしく思えるのですが。

高3と中1の子供を持つ母です。

私自身も子供も中学受験をしたことがないのですが、甥の受験等の体験から分析した事を私なりに書いて見ます。

1.達成感
専業主婦になってしまうと、目標もない毎日です。そこで、中学受験という大きな目標に向かって、親子一緒に(まさに人馬一体)突き進む事は苦しい事でもありますが、合格すればこの上ない喜びではないでしょうか。
2.階層から落ちることの不安
子供に高い教育を施さないとあっという間に今いる階層から滑り落ちる危険があります。例えば勤務医と言え...続きを読む

Q受験対策について 学年トップの人や、偏差値65以上の人は 1日何時間勉強しているのですか? また、ど

受験対策について


学年トップの人や、偏差値65以上の人は
1日何時間勉強しているのですか?

また、どんな勉強をしていますか?
僕は本気で偏差値65以上の高校に行きたいのですが、今現在僕の偏差値は50です(数学以外は)。なので、もっともっと勉強したいのですが、どんな勉強をしていいか分かりません。
僕は数学がとても大好きで、解くのが楽しいので毎日暇さえあれば基礎を固めて応用を解くの繰り返しです。

ですが、理科 社会 国語 英語 をどうやってやるかが問題になってきます。

僕は学校で新研究(1年生から3年生までの 基本~実戦の解説&問題集)という宿題が全教科 出されているので、それで四教科の復習をしています。
それ以外に問題集などが家にたくさんあります。

僕の今のところは

数学


→新研究&塾の宿題&1年生から

基礎固め→応用 をやる。(1年生のところが終ったら2年生のところをやり、それも終わったら3年生のところの繰り返し)

国語 理科 社会



→その日授業でやったところの復習&新研究の宿題&昨日の新研究の宿題の
復習(これが、1年生のところ終わったら家にある教材を見て、家に沢山ある問題集を解く2年生 3年生のところが終わっても同じ)


英語


→塾の宿題&新研究&昨日の新研究の復習。(理社国 と同様)

こんな感じです。

数学は1日3時間以上はやっています。
野球の練習もあり、たくさん時間はとれないです。
理社は大体1教科30分。
国語は1時間ぐらい。
国語は土日しかやっていません。

こんな勉強法で大丈夫でしょうか?

受験対策について


学年トップの人や、偏差値65以上の人は
1日何時間勉強しているのですか?

また、どんな勉強をしていますか?
僕は本気で偏差値65以上の高校に行きたいのですが、今現在僕の偏差値は50です(数学以外は)。なので、もっともっと勉強したいのですが、どんな勉強をしていいか分かりません。
僕は数学がとても大好きで、解くのが楽しいので毎日暇さえあれば基礎を固めて応用を解くの繰り返しです。

ですが、理科 社会 国語 英語 をどうやってやるかが問題になってきます。

僕は学校で新研究(1...続きを読む

Aベストアンサー

ほかの方も参考にしてください。いい意見がたくさんあります。

>学年トップの人や、偏差値65以上の人は
1日何時間勉強しているのですか?

一応有名と言われる中学と大学に受かってます。
決まりはないと思いますけれど5時間はやってました。波があってたぶんそれまでは2,3時間で、最後の半年は5時間はやってました。
覚えてないですけど最後の方の休みの日は10時間ぐらいはやってたと思います。
ほとんど勉強してないのに東大に行くような奴いました。真似したらダメですよ。自分だけ落ちます。


>また、どんな勉強をしていますか?僕は本気で偏差値65以上の高校に行きたいのですが、今現在僕の偏差値は50です(数学以外は)。なので、もっともっと勉強したいのですが、どんな勉強をしていいか分かりません。僕は数学がとても大好きで、解くのが楽しいので毎日暇さえあれば基礎を固めて応用を解くの繰り返しです。ですが、理科 社会 国語 英語 をどうやってやるかが問題になってきます。僕は学校で新研究(1年生から3年生までの 基本~実戦の解説&問題集)という宿題が全教科 出されているので、それで四教科の復習をしています。それ以外に問題集などが家にたくさんあります。

基本的に
・苦手分野を繰り返してやる
・受けるテストにあった方法をやる「リスニングがたくさん出るならリスニングを、文法メインなら文法を。科目ごとや先生ごとに勉強方法は変えていくべき」


基本的に
参考書読んで、問題集を解く、繰り返すだけですけど、
1つ1つにこだわってやってく感じの方がいいでしょうね。分かるようになりたい、間違いたくないという
気持ちを持ってやるというか。それは集中力と言えばしまいですが。
あと人によるでしょうけど全部が70以上とかってあまりないです。
得意不得意は誰にでもありますよ。
あまり周囲と比較せずに、自分の努力を信じて、続けることが大切です。

ほかの方も参考にしてください。いい意見がたくさんあります。

>学年トップの人や、偏差値65以上の人は
1日何時間勉強しているのですか?

一応有名と言われる中学と大学に受かってます。
決まりはないと思いますけれど5時間はやってました。波があってたぶんそれまでは2,3時間で、最後の半年は5時間はやってました。
覚えてないですけど最後の方の休みの日は10時間ぐらいはやってたと思います。
ほとんど勉強してないのに東大に行くような奴いました。真似したらダメですよ。自分だけ落ちます。


>また、...続きを読む

QZ会と中学受験

首都圏で中学受験を考えています。

基本的には中学受験専門の塾を考えています。
他に、個別指導や家庭教師も、調査をしています。

Z会の通信教育は中学受験に対してはどうなのでしょうか?
大学受験では、Z会は通信教育界の最高峰ですよね。

Aベストアンサー

Z会の資料には、はっきりと中学受験対応になっていないと書いてあったと思います。以前お試しで教材をいただいたのですが、やはり教科書レベルという感じで分量も多くありません。私個人の感想では中学受験にはチョッと足りないかなという感じがします。

中学受験には学校で習う基礎・基本を使って解く応用問題を、短い時間で解くことが求められるます。そういう指導を小学生に通信教育でするのは難しいかもしれません。(?)

過去問題を見ると、学校のレベルでは出てこないヒッカケ問題や、ひねり問題が多いので、中学受験に強い塾や家庭教師などで、コツのようなものをしっかり教えてもらったほうが速いのではという感じがします。(時間をかけてじっくり取り組めば解ける問題も多いかもしれませんが、受験となるとスピードと正確さが求められますし、問題によっては「どうしてこんなこと聞くの?」というようなものもありますし・・・・)

でも独学で合格する人もいるのですから、学校レベルをZ会で習得し、プラスアルファーを他の教材等を用いて学習する方法もあるかもしれません。・・・・ただし、通常受験する子供たちは学校レベルの学習を、学校よりかなり早く終えて、難しい問題をやっていくので、毎月来るZ会ではどうかなと心配もありますが。

参考のページも下に書きます。

参考URL:http://www.mrsnet-jp.com/study/gakuryoku_up/200304/200304_1.html

Z会の資料には、はっきりと中学受験対応になっていないと書いてあったと思います。以前お試しで教材をいただいたのですが、やはり教科書レベルという感じで分量も多くありません。私個人の感想では中学受験にはチョッと足りないかなという感じがします。

中学受験には学校で習う基礎・基本を使って解く応用問題を、短い時間で解くことが求められるます。そういう指導を小学生に通信教育でするのは難しいかもしれません。(?)

過去問題を見ると、学校のレベルでは出てこないヒッカケ問題や、ひねり問題が多い...続きを読む

Qわたしは、小6です。 今、中学受験勉強をしています。 でも、わたしは勉強が嫌いなのもあり、勉強に集中

わたしは、小6です。
今、中学受験勉強をしています。
でも、わたしは勉強が嫌いなのもあり、勉強に集中できません。
どうすれば勉強に集中できますか?

Aベストアンサー

公立図書館等で、
『偏差値29の私が東大に合格した超独学勉強法』
『妄想娘、東大をめざす  偏差値48からの東大合格奮闘記』
『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』
などを読んで、教科ごとにベストな学習方法を編み出しませんか。
そうすることで怡しみながら、臨めるようになるでしょう。

別の小学校に通っている人で、同じ中学校を受験する人と知り合えて、
オープンマインドで交流できるようになると
違った意味合いでの怡しみが生じてくるかもしれませんよ。

[記憶しなければならない教科の場合は、散歩を兼ねて近くの遊歩道を
歩きながら覚えるようにしたり、それが物理的には無理ならば
自室内を歩き回りながら覚えるようにしたり…教科によっては、自室内の
デスクではなくて、キッチンのテーブルで行ったり、リビングでTVの音声を
聞き流しながら行うなど、メリハリを考えて進めてみるようにしませんか]

Have a nice time!
Ciao.

Q中学受験(算数)の教え方についてアドバイス下さい

こんにちは。塾講師や家庭教師で生計をたてている者です。
私自身は中学受験の経験はなく、公立高校→国立大学→国立大学院の理系です。
ぼちぼち実績も出てきだしたところで、何件か中学受験の家庭教師を打診されています。
試しに地域No2~3あたりの中学校の算数の入試問題を見てみましたが、まるでパズルのようで、解法へ至る思考プロセスが定義しづらいなと感じました。

それでも中学受験のプロと呼ばれるような先生方は、どのような難問にでも確実に対処されているのだと思いますが、私が感じた内容は、単にこのような問題に慣れていないせいでしょうか?
中学受験を経験したことの無い教師が中学受験生を指導するには、どのようなトレーニングを積めばよいでしょうか?
中学受験向けの先生方は、「ひらめき」ではなくご自身の経験に支えられた「何らかの解法プロセス」をお持ちなのでしょうか?

Aベストアンサー

塾講師、家庭教師経験者です。
中学受験の家庭教師は確かに難しいですね。
公式を使えば簡単に答えは出るような問題でも、
公式を使わせずに、いかにその答えにたどり着いたかを見る問題もあります。
例えば1+1=2ではなく、どうして1足す1は2になるかを
生まれて10年かそこらの子供にわかるように説明しなければならないのですから。
早くから受験勉強を始め、できる子は、向こうも問題慣れしていますのでいいのですが、
ボーダーのお子さんは結構苦労します。
あなたのように優秀な方なら余計に戸惑うかもしれません。
中学受験の問題は、やはり慣れだと思います。
あとは絵や図を多用し、子供に問題を可視化させるような工夫も必要です。
新幹線ではなく各駅停車に乗ったつもりで教えてあげて下さい。

Q子供の勉強について

はじめまして。子供の勉強方法について、少しご意見をいただきたく
書かせていただきます。
我が家には小学1年の息子がいます。
将来は難関中学を受験させたい、と大きな希望を持っておりますが、
いまは慌てることなく基礎学力UPの為、毎日コツコツ勉強しております。
本人もまんざら勉強が嫌いでもなく、特に国語が好きで、既に1年の勉強は終了、
2年の問題集にチャレンジしております。
N開センターやN能研関西の短期授業や体験授業を受けた際、国語は
最難関コースでもやっていけると、言われております。
算数に関しても、計算だけはソロバンを習っており、早い方かと思います。
但し、苦手としているのが、算数の文章問題です。
ことごとくひっかけ問題にひっかかっています。
毎日コツコツやっていれば、慣れてくるとは思っているのですが・・。
やはり根気よく、毎日文章問題を解いて、慣れる他ないのでしょうか?
苦手な方はどのようにして勉強されたのでしょうか?

Aベストアンサー

文章問題は文を短く区切り、大切な言葉や単位に線を引きながら読ませます。
最初は親御さんが手伝ってあげて、
「何がでてきたかな?」「○○はいくつあるかな?」「何を求めるのかな?」
というように、聞いてあげます。
慣れてきたら、「これをこうするんだ。」と自分で自問自答しながら読解できるように訓練します。
国語が得意ならできると思います。
またひひっかかった問題は、まず自分でどこがどのように間違っているかを気づかせ、
それでわからないようなら解説してあげて下さい。
算数は反復練習で点を取れるようにすることは可能ですから、
国語が好きで得意というのは大きな強みになります。
まだ1年生ですから、焦らず褒めて楽しく勉強させてあげて下さいね。

Q中学受験を目指す子にはどのような指導をしたらいいですか?

こんにちは。

家庭教師のアルバイトで中学受験を目指す小学4年生の子を教えることになったのですが、正直、私自身も私の周りの者も中学受験というものを経験したことが無く、どのようなことを指導すればよいのか皆目見当もつきません。

小学4年生だからまずは基礎をとのことですが、中学受験の基礎が何かすらわかりません。本屋で中学受験に関する書籍を立ち読みしてみましたが、小学4年生ではまず、何から取り組めばよいのでしょうか?受験経験者、または指導経験者のかたがいらっしゃいましたら教えてください。ちなみに指導教科は算数と国語です。

Aベストアンサー

娘2人が中学受験をしました。今下の子がピッカピッカの中学1年生です。一口に中学受験といっても学校によってかなりレベルが違います。でも「4年生だからまずは基礎を」ということですから、超難関校ではなさそうですね。それでも受験に必要なのは絶対的な勉強量です。中学受験の塾に行っている子は半年くらい学年の勉強を先行しています。うちも6年の夏までに6年の範囲は終えて、後半は過去問をときまくっていました。問題も普通の教科書に載っているものとはだいぶ違います。うちは四谷大塚の問題集を使っていましたが、説明も載っていて、わかりやすかったです。その他の有名な中学受験塾でも、ネットなどで簡単に問題集を注文できると思います。何から取り組んだらいいかわからないようでしたら、そういう問題集を購入してもらい、やらせてみるのが早道ではないでしょうか。また、本屋さんでも「中学受験」とうたった問題集を売っていますが、それは四谷の問題集と、塾独自の教材とは別に、補助教材として使っていました。
あとは国語も算数の文章題も、文を読みこなす力が必要ですし、作文のある学校も多いので、文章力をつける指導をしてあげてください。

娘2人が中学受験をしました。今下の子がピッカピッカの中学1年生です。一口に中学受験といっても学校によってかなりレベルが違います。でも「4年生だからまずは基礎を」ということですから、超難関校ではなさそうですね。それでも受験に必要なのは絶対的な勉強量です。中学受験の塾に行っている子は半年くらい学年の勉強を先行しています。うちも6年の夏までに6年の範囲は終えて、後半は過去問をときまくっていました。問題も普通の教科書に載っているものとはだいぶ違います。うちは四谷大塚の問題集を使っていま...続きを読む

Q学年ビリとトップ

中学受験目前の小6男子の母です。
第一希望校は、息子の偏差より10も上のチャレンジ校です。
全落ち回避のための都内の中高一貫校は特待で入学を狙っています。(もちろんどうなるかなんて全然わかりませんが)
他に、数校いわゆる実力相応校も受験します。

第一希望に合格してもたぶん学年ビリ集団だと思います、それでも本人はその学校へ受かれば行きたいと言っています。
私としては、特待で入学した方が、その他大勢よりも密度の濃い指導を受けられるのではないかと思い、実力相応校よりもむしろ全落ち回避校に行く方が有意義なのかもしれないと考えています。
実際のところいかがなものなのでしょうか?

もちろん、入学してから6年もありますので、本人次第なのは十分承知していますが、可能性として中学受験時の偏差が20違っても学年ビリとトップでは環境としてどちらがベストなのでしょうか?

Aベストアンサー

何がベストとはもちろん一概には言えないんですが・・・

やはり、簡単に特待を与えてくれるような学校(おそらくそこまで偏差値が高くないですよね)では、そんなに密度の濃い授業が受けられるとは限りませんよ。
私の弟は、高校受験のとき中高一貫で高校からも募集する偏差値の高くない学校の特待生の推薦合格をいただいており、そのうえで中高一貫で高校からも募集する結構な進学校も受験しました。
結果、進学校のほうに合格できたため、そちらの方に行き、厳しい環境で毎回の定期試験で常に赤点科目が一つくらいはある状況でしたが無事卒業し、大学も上位の大学に合格できました。
それで特待の合格をいただいていた学校についてなのですが、そこの生徒を最近私は家庭教師で教えてまして・・・。
いやーほんとうにひどいと思います。
その子は中学から入っていますが、基礎がまったくできていない。(しかし学校の成績はトップ10レベルです)
高校3年なのに定期テストのレベルも低すぎる。
応用問題なんてゼロです。全部問題集のままですよ。それも世界史とかまで。
ちなみにその学校も特待制度ありますし、その結果上位の大学に2,3人合格しますが、まぁ難しいでしょう。

まぁもちろん学校によっても違うとは思いますが、特待制度のあるような偏差値の高くない学校は、その程度の授業しかしない可能性もあるということは考慮に入れられたほうがいいと思います。
逆に、高いレベルの授業になんとかかんとかついていけば、力がつくというのも事実です。(もちろんその子の性格にもよりますが)

あと考慮しなければいけないのは、中学受験のときのレベルが、そのまま中学・高校と持ち越されるわけではないということ。
私も中学受験でわりと難関校に入っていますが、テストとかでいつも一位で超有名だった子とかが、中学の勉強になじめず、卒業するころには下から数えたほうが早いなんてことはたくさんあります。
もちろんそのまま上にいることもありますし、割合はそちらのほうが高いかもしれませんが。
私の場合は、中くらいの成績から入って、卒業するころはわりと上位でした。
小学校の成績はわりと地頭というか、センスというか、が大事なことが多いと言われます。
しかし中学・高校の勉強というのは、完全に努力。(もちろん高校数学や物理などはセンスがものを言いますが)
中学のはじめからコツコツ勉強する習慣をつけて、自分のペースをつかみさえすれば、心配ありませんよ。

参考になりましたら幸いです。

何がベストとはもちろん一概には言えないんですが・・・

やはり、簡単に特待を与えてくれるような学校(おそらくそこまで偏差値が高くないですよね)では、そんなに密度の濃い授業が受けられるとは限りませんよ。
私の弟は、高校受験のとき中高一貫で高校からも募集する偏差値の高くない学校の特待生の推薦合格をいただいており、そのうえで中高一貫で高校からも募集する結構な進学校も受験しました。
結果、進学校のほうに合格できたため、そちらの方に行き、厳しい環境で毎回の定期試験で常に赤点科目が一つく...続きを読む

Q中学受験について

最近は中学受験にむけて塾に通っているお子さんが多いと聞きます。

(1)塾のほうが良いのでしょうか?家庭教師は駄目ですか?

(2)中学受験はどのように志望校?目標校?をきめるのでしょうか?

(3)塾や家庭教師はなにを基準に決めますか?(例えば評判が良いとか・・・)

一人っ子の娘がいます。小学3年生です。まだ本人は中学受験に興味はまったくありません。来年から中学受験にむけて塾に行ったほうが・・・と聞きました。アドバイス宜しくお願いします。

Aベストアンサー

中学受験のお子さん指導経験のある元塾講師です。

 結論からいって
 (1)中学受験を自ら進んでやりたいと言うお子さんの場合
 (2)親が無理やりやらせる場合
 (3)なんとなく始めて受験する場合
 
 色々あります。興味がないお子さんでも一生懸命勉強する仲間を見て「受験勉強やりたい」というお子さんも勿論います。逆に勉強やだというお子さんもいますが、無理にさせることは私は反対です。
本人の意思がない場合、中学受験はほとんどが失敗し、仮にうまくいってもその後何らかの形(不登校など)で現れるからです。みんながやってるからという理由でやるのはおすすめしません。(お金もかかります)

 家の家計が大変でも「子供が一生懸命勉強している姿を見ると頑張ろうと思う」このようなスタンスなら家計が苦しくても乗り越えられますが、そうでないと無理です。(家計に余裕があっても無理です)

 ここからは受験する前提で書きます。
(1)塾・家庭教師に関してですが両方に長所があります。
 お子さんが競争意識が強いなら塾、一人でこつこつやるタイプなら家庭教師がおすすめです。
 塾というのは生徒全体の底上げやトップの子の合格を重要視します。そのため多少気の弱いお子さんな どはケアができない場合があります。ただ講師の立場で言うと「塾の友達」はお子さんが初めて持つ「ライバルであり戦友」という学校の友達とは違うものがあり私は好きです。この塾の友達は結構うるさいのが多いのでそれが肌に合うかどうかです。また塾によってもお子さんは結構違うのでご自身で見学に行かれるといいです。 
 家庭教師は生徒に最適なペースで授業をします。ただ料金が塾より高いのが普通です。また初めてのお子さんの場合、お母さんが不安になる場合もあるようです。塾にいると父母会などが多くそうしたものが家庭教師の場合すくなかったりない場合があります。

(2)志望校の決め方
  …わかりやすく例をあげると家を買うのと同じです。
  家の予算=受験ではお子さんの偏差値・学費
  敷地面積=通学圏内
  レイアウト=校風

 決め方に決まりはありません。同じ偏差値でも大学受験特化校か大学付属校かで全然違います。
「お子さんがどうなりたいか・お子さんにどうなってもらいたいか」でご判断下さい。
 (早稲田と慶應を両方受験されるお子さんがいますが医者志望であれば早稲田でなく巣鴨等のほうをおすすめしています)

(3)われわれは決まられる立場ですが親御さんから聞くのは
 「成績が伸びそう」
 「子供が気に入った」等が多いようです。
 ただお子さんや親御さんの考えに沿わないようであればお断りする場合もあります。これは高飛車な考えでなく両方(塾もご家庭も)が不幸にならないためです。
お子さんがたのしく通える塾か学べる家庭教師をお探しください。
ご参考までに。

中学受験のお子さん指導経験のある元塾講師です。

 結論からいって
 (1)中学受験を自ら進んでやりたいと言うお子さんの場合
 (2)親が無理やりやらせる場合
 (3)なんとなく始めて受験する場合
 
 色々あります。興味がないお子さんでも一生懸命勉強する仲間を見て「受験勉強やりたい」というお子さんも勿論います。逆に勉強やだというお子さんもいますが、無理にさせることは私は反対です。
本人の意思がない場合、中学受験はほとんどが失敗し、仮にうまくいってもその後何らかの形(不登校など)で現れるか...続きを読む

Q部活と勉強の両立ができる子の勉強法は?

よく中学や高校で、部活に熱心なのに勉強もできて成績がいい子や、
進学校に進みながら、部活もしっかりやって両立できている子などは、

それができない子と何が違うのでしょうか?
何か特殊なやり方をしているのでしょうか?

Aベストアンサー

私の学生時代の文武両道だった友人を見ていると
大多数が進学塾に通っていました。

もちろん進学塾に行くからと言って皆勉強が出来るわけではないし
塾に行っていない子でも優秀な子がいたのは事実です。

ただ、中学・高校と非常に勉強の量は多いです。
教科書を丸覚えするのには非常に労力がいります。

進学塾では、点数を上げる近道を教えてくれます。
普通の人がダラダラ教科書を「どこから問題が出るのか分からないまま」
全部の範囲を時間かけてやってる一方で進学塾では
テストに出やすいところ、
暗記が大変なところのゴロ合わせ
解答パターン
など
極力絞って教えてくれますし、それがテストの点数にも直結しやすいです。

テレビか何かの塾のCMでもあるように
点数の取り方の近道を教えてくれるのはプロですが
実際に勉強するのは子供です。

いくら優秀な塾へ入っても、周りの理解スピードが速いと
ついていくのに家で復習の時間が人よりかかる子もいる。
それすらも嫌だと言って勉強から逃げてしまうと
塾もやめてしまい、そうなると自分で教科書を開くような子は皆無でしょう。

テストの点を取る子は、予習までやってます。
なぜなら、少々苦労して予習していった方が
教えてもらう時に理解の速度が速いからです。

部活と勉強の両立が出来てる子は
時間を有効活用してますね。
その手段として、上記に挙げたものも含みますが
・塾でテストに出るところを重点的に教えてもらう
・予習をして学校や塾での理解度を上げる
・問題集で色々なパターンを解いてどんな問題が出てもパッと解ける訓練をする

やはり本人の忍耐・努力・継続性がモノを言いますね。

私の学生時代の文武両道だった友人を見ていると
大多数が進学塾に通っていました。

もちろん進学塾に行くからと言って皆勉強が出来るわけではないし
塾に行っていない子でも優秀な子がいたのは事実です。

ただ、中学・高校と非常に勉強の量は多いです。
教科書を丸覚えするのには非常に労力がいります。

進学塾では、点数を上げる近道を教えてくれます。
普通の人がダラダラ教科書を「どこから問題が出るのか分からないまま」
全部の範囲を時間かけてやってる一方で進学塾では
テストに出やすいところ、
暗記が...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報