【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

こんにちは。
今年我家の梅が豊作でした。また、我家に赤ちゃんが9月に誕生予定で今年取れた梅で梅酒を作り20歳を迎えた時に乾杯したいと思ってます。
そこで、長期保存させるための梅酒の造り方と、保存の方法を教えて頂けたらと思い投稿しました。
ご存知の方、知恵のほど宜しくお願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

No.4です。


お礼ありがとうございました。

> あと、、若干黄かかっている梅を入れるとどんな不具合が生じるのでしょうか?
あります、黄味がかった梅で漬けた、18年くらい前の物。
同じ年の青梅使用の梅酒にくらべると、酸っぱいです(他の材料と分量は同じです)。
菌とかの影響ではなく、梅の酸味には間違いないのですが、
なんというか、急ごしらえで作ったような、インスタントっぽい味というか。
梅酒に安い穀物酢をたらしたような味です、若いうちに飲み切るべきでした・・・。
甘いお酒が嫌いな人には、他の梅酒よりは好評ですが、美味しいというわけではないです。

黄味がかった梅は、良くない意味で柔らかくなりやすいです。
皮も破れやすく、うっかりするとくずれて、最終的には溶けます(種だけ残ります)。
梅の皮が破けてしまうと、見た目と味が濁ります。

それと、発酵しやすくなります。
発酵するとぶくぶく泡が出るのですが、
これを密造酒と呼ぶか、腐敗と呼ぶか・・・
どちらにしても、梅酒としては失敗作になります。
もちろん、長期保存は諦めるしかありません。

もうひとつ、黄色い梅はカビを呼びやすいです。
もや~っと水中をたゆたうタイプのカビが発生した場合、
最初からリカーが濁っていたら、発見も遅れてしまいます。
気付いた時にはすっかり乗っ取られていたなんてことにもつながります。
漬ける時にどんなに気を付けても、発生する時はするのですが、
青梅のほうが低リスクだと思います。

でも、せっかくですから、黄色っぽいものも漬けてみたら良いと思いますよ。
ただ、青梅の場合より、早めに梅を引き上げてください。
実が熟している分、エキスも早く出切りますから、
様子を見ながら、遅くとも立春には取り出したほうが良いです。
途中、運悪く発酵が始まってしまったら(早期に匂いで気付きます)、
その時点で諦めて消費に切り替えてくださいね。

すぐに飲むのでしたら、熟した梅でも問題ないですよ。
青梅にはない、こなれた味と、果実らしいフルーティーな香りが楽しめます。
今から漬けても、ママさんの快気祝いには間に合うのではないでしょうか。
20年物にする分は、保険的に、来年も仕込んでみてはどうかと思います。
味をくらべてみるのも楽しいと思いますよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
黄梅はカビを呼びやすいとは知りませんでした。
黒い斑点のようなものが表面に出ている梅もありました。

経験を踏まえたご教授、大変感謝します。
凄く勉強になると同時に美味しい梅酒が出来そうな感じがしました。
(梅酒作りはそんなに甘くはないですかね。。。)
そして作ることにわくわくしてきました!
20年後が楽しみです。
ですが先におっしゃられたように、保険で来年も作ってみたいと思います。
そして味比べ的に来年から梅が出来た際にはまた作って行きたいと思います。
梅酒作りが今まで考えていた以上に楽しく感じられたKVJさんのご回答に会えてほんとに良かったです!!
ありがとうございました!!

お礼日時:2012/06/23 00:43

素敵な計画ですね。


私も30年近く前に祖母と作った梅酒を持っていますが、良いものですよ。

長期保存させるためには、35度のホワイトリカーを使うことと、
糖分を氷砂糖に限定することだと思います。
実際、糖分やアルコールの種類を変えて、いろいろ作ってみましたが、
なかなか美味しく熟成してくれません。
5年も過ぎると、ちょっといやな味が出てきて、7年になる頃には残念です。

分量は、とにかく、全部たくさん(少なく作ったものは途中から劣化を感じました)。
梅を基準に分量を算出なさってください。

まず、梅はなるべくかたくて青い、傷のないものを摘みます。
ざっと洗って、半日ほどきれいな水に浸けて灰汁を抜き、
ざるやむしろにあげます。
竹串や爪楊枝でなり口を丁寧に取り除き、
そのまましっかり風乾させます。
もう日差しが強いですから、直射日光には当てず、風を利用してください。
必要なら扇風機を使うと良いです。

熱湯でゆすいで自然乾燥させた容器に青梅を入れ(容器の半分程度に収まると良い)
梅の重さの1.5~2倍のホワイトリカーを静かに注ぎ(なるべく空気を含ませないためです)、
梅の重さの8割~同量の氷砂糖を入れ、
蓋をして(ちゃんと閉まれば完全密閉じゃなくても大丈夫です)、
翌日からは日に1~2度ゆすりながら(下にたまる糖分を均一になおすため)冷暗所で保管します。
氷砂糖は、ちょっと高価になりますが、大きな粒のものが好ましいです。
それが溶け切って、液体全体が均一になったら、ゆするのをやめて静かに保管を続けます。
氷砂糖が多めですから、最初の何年かはかなり甘く感じます。
が、年々こなれていって、20年後には際立った甘みはなくなりますから
臆することなくしっかり使ってください。

1年後に、梅を取り出します。
これもいろいろ、まだ試験中ではありますが、
10年を超えて保存するのなら、梅は1年以上入れておかない方が美味しく熟成されます。
多分、1年以上漬けると、梅から灰汁味が出始めるんだと思います。
科学的根拠はないですが、実際にそういう味がしてくるので。

ガーゼやさらしの殺菌に自信がなければ、漉さなくても良いです。
おりが入らないように注意しながら清潔な保存瓶やかめに移して、蓋をして、
温度変化の少ない暗いところで追熟させてください
(温度変化の面からキッチンのシンク下はおすすめしません)。
ちなみにうちは、茶色い、昔ながらの一升瓶で保存しています。
なかなか具合良いです。味見する時も楽ですし。

梅に傷をつけたり、凍らせてから漬ける等、
エキスを抽出しやすくしたレシピがいっぱいありますが、
20年間保存するのでしたら、それらは向きません。
無理やり抽出させなくてもエキスは出ますし、いかんせんその先が長いですから、
小細工なしで、とにかく濁らせないように、美しく仕上げることを心がけてください。
それと、くれぐれも金属は使用されませんように。
これは早期にはっきりとした違いが出ますが、金気は本当に味を悪くします。
ビンの蓋の裏、おたま、梅を干すときのざる等、金属には少し神経質なくらいで良いです。

梅酒を一緒に仕込んだ祖母は他界しましたが、手元にある濃い飴色の梅酒の香りは
今でも明るい思い出と、温かい気持ちをたくさん織り出してくれています。
20年後の、質問者さんのお子さんも、きっと喜びますよ。
多めに作ればその先も、幾度かおとずれる人生の節々で乾杯に出せると思います。
良い梅酒ができますように。
赤ちゃん誕生の日も、良い日でありますように。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
思い出の残る手作りのものはいいですね。
金属に味が敏感であるのは大変勉強になりました。
また、他にない経験の結果までご教授いただき重ねて感謝しております。
あと、、若干黄かかっている梅を入れるとどんな不具合が生じるのでしょうか?
もしご存知でしたら教えていただきかないでしょうか?
お忙しいと存じますが宜しくお願いします。

お礼日時:2012/06/22 09:20

では、保存法に特化して・・



酒類の保存には、光と熱が大敵です。
ですので、遮光して涼しいところに置くのが基本です。

オススメは素焼きのカメ。
完全に遮光でき、外部の熱の影響を受けづらいので、
酒類の保存に最適です。
(次点、樽ですが、入手しづらいかもです。)

私からのオススメの手順として、
好みの手法で漬けた梅酒を、
ある程度漬かった時点(1年~1年半目安)で梅を一度取り出し、
さらしなどで濾して、カメに移して、
出来れば蓋と本体の間を粘土などで完全に塞いで空気が入らないようにして
冷暗所で保存する。

素焼きですので、適度に空気を通します。
なので、密閉式のガラス瓶などよりも
いわゆる「天使の分け前」は増えてしまいますが、
その分、よく熟成できると思いますよ。


余談ですが、途中で取り出した梅はもちろん食せます。
多めに漬けて、移し変えるときに少しだけ飲んでみてもいいかもですねw
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
私は素人ですのでカメという保存は考えもしませんでした!
確かに、中国映画の中や昔の映画を見るとその様な保存をしているのを目にする事があります。
勉強になりました!

お礼日時:2012/06/22 09:25

こんにちは。



作り方はいろいろ有ると思うのですが、
私の知っている方法を紹介します。

A.2度漬けする
B.塩を少し入れる・浅漬けの梅干しを使用する
C.梅を天日干ししてから漬ける

Aの方法は、
まず、普通に梅酒を作ります。
作って1か月くらいで梅を取りだします。
取りだした梅を使って、再度新しく、梅酒を作ります。
1回目の梅酒は料理酒として使ってください。
この方法では、最初の1回目が梅の余計な水分を取り除くための行程です。
それで余計な水分が抜けた梅を2回目に漬けこみます。
こうすることで水っぽくない梅酒ができます。
水っぽい梅酒は表面にカビが生えたり、腐ったりする場合があります。

Bの方法は塩を使うことで、カビや腐敗を防ぎます。
ただし、塩を使い過ぎると梅酒ではなく、
梅干のお酒になるので塩加減が難しいです。

Cの方法は最も簡単で、失敗も少ないです。
生梅を水道水で洗った後、
塩水(塩分4%程度 殺菌剤の代わり)にさっと漬けてから食品用の干物網に入れ、
1週間~10日ほど日陰で干します。
梅の表面が少しシワシワになったら、あとは普通に漬けこみます。

http://www.amazon.co.jp/%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83 …

保存は瓶の口を完全密封し、温度変化の少ない日陰場所や床下に保存してください。
2重のビニール袋に、乾燥材や、炭と一緒に梅酒の瓶を入れておくと、
雑菌や虫の混入を防げます。

あと、10年ものの梅酒は果肉が溶けてボロボロになっていると思います。
20年ものだとなおさらです。
ですので一度濾過してから飲む方が舌触りが良いです。
味は・・・少し粘度の低い養命酒みたいな感じです。
梅酒というよりも、杏酒・・・(^^;)

http://www.ume-nouka.jp/cook/umeshu1.htm

ホワイトリカー(無糖焼酎) はアルコール度数18度程度のものと、
アルコール度数35度程度のものがありますから、
35度程度のものを使ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
色々な作り方を教えていただきありがとうございます!
勉強になりました!参考にさせていただきます。

お礼日時:2012/06/22 09:29

私の家でも、毎年作っています。


専用のサイトなど、結構あるとは思いますが簡単に説明します。
用意する物は「青い内の梅」と「焼酎」と「氷砂糖」、これだけです。
大口の入れ物に「焼酎」を入れます、次に「梅」を入れます、最後に「氷砂糖」を入れます、これだけです。
「砂糖」や「梅」の量は好みですので、自分好みに調整してください。
長期保存に関してですが、「様はアルコール漬けの梅」なので常温で5年くらいは普通にもちますが20年となると「梅自体」は難しいかもしれません。手があるとすれば1~2年程たったら「中に入っている梅を取り出して」、「梅酒」を密閉できるビンなどに入れて「冷暗所」で保管することでしょうか。
「お酒」自体は時間が経ってもだいじょうぶだと思います。
おいしい「梅酒」を作ってくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとう]ございます。
やはり梅は20年は厳しいですかね。。。。
がんばって挑戦してみたいと思います!

お礼日時:2012/06/22 09:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q梅を取り出さなかった10年以上の梅酒、飲めますか。

10年以上(記憶も定かでない)も前に漬け込んだ梅酒が出てきました。梅を取り出さなかった(ここが問題)ため、飲めるかどうか気にしています。何方か経験の有る方のアドバイスをお願いします。
(1)ブランデーと氷砂糖で漬け込んだ。
(2)ふたを開けるのに相当力が必要だったため、空気には触れていないと思われる(密閉されていた)。
(3)流しの下の冷(?)暗所に保存。
(4)現状は、どす黒いこげ茶色をしていているが、濁ってはいない。
(5)ビンの内側にもこげ茶色の物が付着している。
(6)臭いは普通。特にくさい臭い等は無く梅酒の臭い。
(7)ちょっと飲むと、普通の梅酒よりやや苦味がある。後味は少し良くない。
(8)梅自体は崩れていないが、やはりどす黒いこげ茶色をしている。
折角見つけたので是非飲みたいと思っているのですが...。

Aベストアンサー

結論から言うと、飲めると思います。うちの10年以上の梅酒もそうなってるものが結構あります。
状態を見ると少し傷み始めている様子ですので、手入れが必要です。

(4)現状は、どす黒いこげ茶色をしていているが、濁ってはいない。
ブランデー梅酒本来の色は、べっこう色です。かなり酸化が進んでいるようです。
(5)ビンの内側にもこげ茶色の物が付着している。
おそらく揺すった時に瓶の内側に付着した酒が、乾いたものでしょう。害はありません。
(7)ちょっと飲むと、普通の梅酒よりやや苦味がある。後味は少し良くない。
(8)梅自体は崩れていないが、やはりどす黒いこげ茶色をしている。
梅の実を長く入れすぎた時に良く出る苦味があります。
もしくはヘタを取り損ねていると、それがエグミの元にもなります。
いずれにしても梅の方は味的に食用には向かないと思います。

これ以上の酸化防止に、一升瓶など遮光の保存瓶に移し変えましょう。
10年物の場合は、底の方に澱が溜まっている可能性があります。
そっと移し、出来ればガーゼ+コーヒーフィルターで漉すと良いでしょう。
漉す事で、エグミが取れる場合も多いです。
【漉し方】
※まず上澄みを先に他の瓶に移し、濁ってる部分だけ漉すようにしましょう。
100均で売っている大判ガーゼと、味噌漉しを用意します。
3枚以上重ね味噌漉しを覆うようにセットし、空気が混ざらないようゆっくり流しいれます。
ある程度目詰まりするようになったら、新しいガーゼに替えます。
ガーゼで荒い澱が除けたら、コーヒーフィルターです。ドリッパーにセットしやはりゆっくり流します。
目詰まりで液が出なくなったらこまめに取り替えます。
最初からコーヒーフィルターでやると、目詰まりばかりおこし、何時間もかかりますのでご注意ください。

アルコール感はまだかなり残っていますか?もしかしてかなり飛んでいませんか?
アルコールが飛んでいるとやはり酸化しやすいのでこれも手入れが必要です。
アルコールの回復には、新梅酒の追加が一番良いです。
もしも今年梅酒を漬けていれば、それをたっぷり足してください。1:1ぐらいまで大丈夫です。
新梅酒が無い場合は、漬けた酒と同等の酒を追加します。
1.8リットルで漬けているなら750mlほど足してみてください。

せっかくの10年梅酒、是非美味しく飲んでくださいね!

結論から言うと、飲めると思います。うちの10年以上の梅酒もそうなってるものが結構あります。
状態を見ると少し傷み始めている様子ですので、手入れが必要です。

(4)現状は、どす黒いこげ茶色をしていているが、濁ってはいない。
ブランデー梅酒本来の色は、べっこう色です。かなり酸化が進んでいるようです。
(5)ビンの内側にもこげ茶色の物が付着している。
おそらく揺すった時に瓶の内側に付着した酒が、乾いたものでしょう。害はありません。
(7)ちょっと飲むと、普通の梅酒よりやや苦味がある。後味...続きを読む

Q梅酒の醸成期間は何年でもいいものなのでしょうか?

梅酒の醸成期間は何年でもいいものなのでしょうか?
教えてください。

長い間、梅酒を作っていたことを忘れていました。
今日、整理していたら、次の瓶が2つ出てきました。

(1) 1999年6月・・・やや透明な?色をしています。
             (色表現は違うかもしれません)
            梅はあまり状態は変わらず入っています。
(2) 2000年6月・・・うす褐色?ぽい色をしています。
             (色表現は違うかもしれません)
            梅はあまり状態は変わらず入っています。

 梅の作り方は折り込みレシピなどに書いてある一般的な方法でつくっています。

これって、10年経っても飲めるものなのでしょうか?
ワインみたいに年数が経ればよくなるものなのか、
まるっきりダメなものなのか疑問になりました。
試飲する勇気もありません。

いろいろインターネットで見ましたが、梅を取り出す期間の記載はありましたが、
梅酒そのものの最適な醸成期間についての記載が見つかりませんでした。

ダメなら処分したいし、飲めるものなら、少し味わってみたいし、
怖さもあり興味津津(しんしん)です。どういうものなのかを教えてください。

よろしくお願いします。

梅酒の醸成期間は何年でもいいものなのでしょうか?
教えてください。

長い間、梅酒を作っていたことを忘れていました。
今日、整理していたら、次の瓶が2つ出てきました。

(1) 1999年6月・・・やや透明な?色をしています。
             (色表現は違うかもしれません)
            梅はあまり状態は変わらず入っています。
(2) 2000年6月・・・うす褐色?ぽい色をしています。
             (色表現は違うかもしれません)
            梅...続きを読む

Aベストアンサー

自分なら、まず舐めてみますね。
梅酒は保存状態によっては、10年程度なら余裕でもちますので。
数年たったものは、まろやかになりおいしいですよ。
ブランデーのようなべっ甲のような色になっているならば、熟成されているかと。
濁っていると、ちょっと劣化がすすんでいる可能性が。

梅の実は通常数ヶ月で取り出します。梅を入れっぱなしになっている場合、タネから苦味がでます。
が、その苦味が好きであえて残すと言う人もいますしね。
この苦味は、体に良い成分だそうですよ。

あまり気温差が激しいとか、直射日光が当たるとか、ビンの清潔が保てていなかった場合には傷む事もあります。
一番心配なのはカビなので、カビがなく濁ってもいないならば、まぁちょっと舐めてみる程度は大丈夫だとおもいますよ。

上は透明でも、下にオリが沈むのは古酒ならば普通です。
今後も保管したいのでしたら、上澄みをまずとりだし、オリの部分は漉します。
アルコール分が減っているようでしたら、傷みやすくなりますので、新しい梅酒を足してアルコールを補う事もできます。

Q自家製の梅酒、梅を取り出して梅酒を保存したいと思うのですが、焼酎の紙パ

自家製の梅酒、梅を取り出して梅酒を保存したいと思うのですが、焼酎の紙パック(アルミコーティングされてるもの)に移し変えても大丈夫でしょうか? アルミは酸性に弱い聞いてるので、どうなのでしょう。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

別の容器に移し替えるのが良いと思いますが、紙パックはお勧めしません。
瓶容器が良いと思います。

理由ですが、アルミの問題も確かにあります。
試したことがないのでわかりませんが、アルミが酸・アルカリに弱いのは確かであり、
それに中・長期保存をするのはどうかと思います。
また、内部のアルミが傷んでいても見えないのもネックです。
もう一つは殺菌です。
やはり容器を殺菌しておくのは重要で、その点では傷の入っていない瓶容器を用いるのが確実かと。

どのように、どれくらい梅酒を作ったかにもよりますが、お酒の4合瓶(720ml)瓶に幾つか小分けして保存すると、使いやすいと思います。
瓶は梅酒を作るときと同じで、きれい洗ったものをきちんと殺菌すれば大丈夫です。
今まで腐ったことはありません。
ポイントは元が汚れていない瓶を使うこと、作った梅酒を薄めないことでしょうか?
アルコール度数が薄くなっている(10度以下)と、危険かと。

Q自称梅酒名人 梅酒作り 得意な方に質問

今年初めて梅酒に挑戦です。

ネットでレシピを調べるとほんとそれぞれですね。

梅1キロに対し氷砂糖350グラムから1キロ・・・

あまりにも差があります。

あるサイトには砂糖は500グラム以上入れなければならないとも書いてましたが、350がベストって方も多くて。。。

で、毎年漬けてる方に質問です!!

友達に人気!旦那が美味しいと飲んでる!なんていうレシピ教えてください。

もちろんその通りできる訳も無く、

きっと梅の種類や氷砂糖までこだわってる方もいると思いますので。

ただ氷砂糖、梅、焼酎の割合が知りたいです。

それぞれ好みがあるのもわかってますがこっそり教えてください。笑

ロックで飲みたいです。

Aベストアンサー

こんばんは。
初めての梅酒、ドキドキですね。

基本的には、糖分はお好み+全部が浸るだけのホワイトリカーだと思います。
それでも、私も初めて漬ける時は
いろんな人のレシピを読みあさりました。懐かしい。
なので、今までずっと作ってきた中でも、
身近な人たちがいちばん褒めてくれた私のレシピを書きます。

普通の梅酒(3リットル瓶使用)
青梅 600g
氷砂糖 390g
ホワイトリカー 1080cc

黒い梅酒(2リットル瓶使用)
青梅 450g
氷砂糖 200g
黒砂糖(塊) 90g
ホワイトリカー 810cc

なんだかチマチマした量でスミマセン。
どちらも1年後に梅を取り出し、それから飲み始めました。
今は5年物になっていますが
3年半物の頃がいちばん好評でした。
アルコールや糖分の種類と割合に変化を付け、
実験的にいろいろしましたが、
うちではホワイトリカーと氷砂糖使用のものが喜ばれます。
35°未満のアルコールで漬けたものは半年頃が人気で、
1年を過ぎたら誰も飲みません。
ちなみに、飲み方はロックか水割り、甘いお酒が苦手な一族です。
参考にしていただければ幸いです。


あと、手元に、祖母と一緒に漬けた26年物があるんですよ~。
これは大樽に、とんでもない量を仕込んだ記憶があります。
この26年物、梅に対して、なんと同量の氷砂糖が入っています。
焼酎は酒屋さんを買い占めるような騒ぎ・・・
当然動かせなくなりますから、床下に潜って作業しました。
1年後に梅を取り出し、これまたとんでもない本数の酒瓶に移して保存。
透明だった梅酒は、現在、真っ黒な液体です。
あれだけ氷砂糖を使ったのに、私の梅酒より酸っぱいです。でも強烈に甘くもあり。
梅酒を超えた、なにか、デラックスで芳醇なオーラを放っています。
まだ4升半隠し持っているので、50年物くらいにはしたいです。

甘味は足せるから、飲む時にグラスに足したらいいって、
糖分控えめで作ればいいって、ずっと思ってきました。
実際、10年未満ならそれで美味しく調整できます。
でも、26年物はダメです。味を足すと、不味くなっちゃうんです。
ですから、孫の代まで保存する計画でしたら
糖分を継ぎ足さないで済むレシピが必要かもしれないです。


すっかり長くなってしまいましたが、
どうか主さんの梅酒が美しく芳しく美味しくできますように。
この時期だけのチャレンジです、楽しんでくださいね。

こんばんは。
初めての梅酒、ドキドキですね。

基本的には、糖分はお好み+全部が浸るだけのホワイトリカーだと思います。
それでも、私も初めて漬ける時は
いろんな人のレシピを読みあさりました。懐かしい。
なので、今までずっと作ってきた中でも、
身近な人たちがいちばん褒めてくれた私のレシピを書きます。

普通の梅酒(3リットル瓶使用)
青梅 600g
氷砂糖 390g
ホワイトリカー 1080cc

黒い梅酒(2リットル瓶使用)
青梅 450g
氷砂糖 200g
黒砂糖(塊) 90g
ホワイトリカー 810cc

なんだかチマ...続きを読む

Q梅酒の梅が浮く

今年の梅酒を漬けてから一月が経ちます。
例年なら漬けて数日後には梅は瓶の底に沈んでしまうのですが、未だに梅は浮いたままです。
引越しした事もあって、保存場所(例年より高温多湿)、梅の種類、ホワイトリカーの種類などが違います。
また、氷砂糖も例年より大目です。
例年と作り方が違う為、どれが原因かわかりません。

材料は8L瓶で
青梅 2kg
ホワイトリカー 3.6ℓ
氷砂糖 1.5kg
です。

梅は浮いたままでも大丈夫なのでしょうか?
(表面がカビないように振り混ぜてはいます)
いずれ沈んでくるものなのでしょうか?

また、信州から東京へ引っ越した為、高温多湿が気になります。
良い保存方法などありますでしょうか?

Aベストアンサー

氷砂糖の量が多いことが主原因だと思われます。砂糖が多いため液体の比重が重くなり、相対的に梅が軽くなるからです。普通の海だと人間は沈みますが、死海と呼ばれる塩分濃度の高い湖だと人間が浮くことと同じ原理です。

うちでは毎年梅が浮きますがカビたり腐ったりした事はありません。今年漬けた梅も同じく1ヶ月経ちますがまだぷかぷか浮いています。漬ける前にビンをよく消毒していれば大丈夫です。時間が経つと浮いていた梅は沈み始めます。

信州から東京では確かに暑さが気になると思いますが、東京程度の温度湿度では大丈夫だと思います。うちも似たり寄ったりの場所に住んでいて毎年梅酒を漬けますが失敗した事はないです。

保存場所は暗所であれば温度・湿度はさほど気になさらなくて良いと思います。家で一番涼しい場所で保存すればいいと思います。

早く飲みたい時は先の回答者のように梅に細かく穴をたくさん開けるといいですが、時間が掛かってもいいならば穴は開けなくても充分漬かります。

Q梅酒がすっぱい!!

こんばんわ。

6月に初めて梅酒を漬けてみました。
今まで我慢して、我慢して、今日初めて飲んでみたのですが、
その味がちょっとすっぱいのです。

梅酒は腐ることがあるのでしょうか?
もし腐っていないのなら、すっぱいのを直す方法はありますか?

初めてで分からないことだらけです。
どなたか教えていただけると助かります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

梅酒はもともとすっぱいものです。
お酒にホワイトリカーかそれに準ずる度数(30度以上)を使って、きちんと蓋してあれば、まず腐ることはありません。大丈夫ですよ。

梅:酒:砂糖を大体1:2:0.5にすると失敗がありません。
よく初心者さんがやるんですが、梅が余ったからちょっと多めに入れちゃえ…。これは梅からたくさんエキスがでて美味しくなりそうですが、酸味もえぐみも出てしまうので、すっぱにがく、バランスの悪い果実酒になります。解消するには、酒やお砂糖を足して比率を良くすること。酸っぱいレベルなら、お砂糖だけでも十分かもしれません。

たとえば今酸っぱいと思っている梅酒。これをジャム瓶などに200mlほど取り分けてください。そこに砂糖を10g入れてかき混ぜ、一晩寝かせます。(その場で味見してもいいですが、砂糖を添加してすぐは味がばらついて判断が難しいです。)その時点で酸っぱさが解消していれば、残った梅酒2に対し、0.1の砂糖を入れればいいわけです。

お酒を足す場合は、ホワイトリカーで漬けた場合でも、追加する分は乙類焼酎やブランデーなど、ストレートでも飲みやすいお酒をお勧めします。後から入れたお酒がこなれないため、ホワイトリカーだと追加したらかえって飲みづらくなることがあります。

せっかく漬けたんですから、美味しく飲めるといいですね。
経過報告、お待ちしています。

梅酒はもともとすっぱいものです。
お酒にホワイトリカーかそれに準ずる度数(30度以上)を使って、きちんと蓋してあれば、まず腐ることはありません。大丈夫ですよ。

梅:酒:砂糖を大体1:2:0.5にすると失敗がありません。
よく初心者さんがやるんですが、梅が余ったからちょっと多めに入れちゃえ…。これは梅からたくさんエキスがでて美味しくなりそうですが、酸味もえぐみも出てしまうので、すっぱにがく、バランスの悪い果実酒になります。解消するには、酒やお砂糖を足して比率を良くすること。酸っぱい...続きを読む

Q梅酒作りの途中で振り混ぜる?

梅酒作りに初めて挑戦しました。氷砂糖をウメの上に載せて焼酎を加える、と教科書?に書いてありその通りにしました。 今日で2日たちますが、ビンの底に全て溶けた砂糖の非常に濃い層ができて、水面のほうの焼酎層とは、砂糖の濃度に差があります。軽く揺するとモワモワっと、アイスコーヒーのシロップ層のような状態です。 ウメは表面に近い焼酎層より比重がかるいのか半分くらいが水面に顔をだしています。 さて、このまま10年くらい放置しておいて良いのでしょうか。それとも砂糖の濃い->薄い層をむらなく振り混ぜていいのでしょうか?振り混ぜるとするとその時期と頻度は? 

Aベストアンサー

こんにちわ。
最近梅酒造っていないんですが、私が以前造った時は、梅と氷砂糖を層にして漬けました。
でも、まだ2日ですよね。まだまだこれからおいしくなりますね。
だんだん梅に焼酎が染みてきて沈んできます。振り混ぜた事はないんですが、振り混ぜない事が正解とか振り混ぜる事が正解とは実はわからないんです。
ただ、振り混ぜなくてもおいしく飲めましたよ、という事だけです(笑)。
ごめんなさい、答えを出せなくて。
もう少し、様子を見てみましょう。何ヶ月か経過して、ちょっと味見して甘味が足りなかったら、途中で氷砂糖足すのもO.Kですよ。
参考までに・・。

Q梅酒の瓶の底に沈殿しているものって・・・

2005年に漬けた梅酒(ホワイトリカー漬け)で2006年に梅の実を取り出しました。2007年の段階ではなかったと思うのですが、それから1年間呑むことなく久しぶりに飲もうと思ったところ、底に沈殿しているものがあって、振ると浮遊するものがあってびっくりしました。
これは何なのでしょうか?カビでしょうか?こわいので、においだけ嗅ぐと普通の梅酒のようなにおいがするのですが・・・まだ呑んでいません。
アドバイスいただけたら助かります。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://www.bistromate.com/wine_column/20070205.html
ワインなどに見られる”澱”という物と同じ物です。
身体に毒性は有りませんが、直接その部分を口に含むと口当たりが悪いのでワインなどでは注ぐ時に残すようにします。
静かに上澄みを飲んで行き、最後に残ればその部分だけ捨てれば問題有りません。

なお、カビなどは空気に触れる上面に出来てきます。
底の方でカビが生えたり、底に貯まったりする事は有りません。

Q梅酒の保存にペットボトルは?

新しい梅酒を作る為、昨年ブランデーで作った梅酒をガラス瓶から使い易いペットボトルに移そうかと考えています。
梅酒の保存にペットボトルを使う方法はあまり聞いた事がないのですが、ペットボトルだと何か問題があるのでしょうか。
たとえばペットボトルはアルコールに弱いとか。
ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えて!ください。

Aベストアンサー

ペットボトルにもいろいろ種類があるようですので、
一概には言えませんが、気になる点はいくつかあります。
(1)高濃度のアルコールによる溶出の問題
 アルコール度数をどの程度にされるのかによりますが、あまり高い濃度のものをいれると成分が溶出するものもあると思います。
そういう問題に対応されているものもあるようです。
(2)保存上の問題
 梅酒ですので漬け込んでからある程度寝かせることになると思いますが、
壜に比べると、ペットボトルは液体は通さなくても、空気を通す程度は高いです。
マヨネーズの容器のようなバリアなら別です。
酸化は進みますから、長期の保存には向かないと思います。

Q梅酒の梅がしわしわにならないのは何が悪いの?

去年、梅酒を作りました。母が作っていた梅酒の梅はエキスが全部出てしわしわになっていたのですが、私の作った梅酒の梅は漬けた時とかわらずふっくらしてリカーを沢山含んでます。そのせいか、梅酒自体に梅の味があまり出ていないように思います。今年こそは失敗しないで作りたいのですが、何がいけないんでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

しわしわになっていた時のレシピと比べて、砂糖(氷砂糖等)の量が控えめじゃないですか?
浸透圧の差で梅の中の水分が吸い出されますが、砂糖が薄いと、その程度が低くなるのではないかと思います。

参考URL:http://www.charsbar.com/japanese/index.cgi/note/how_to_make_umeshu


人気Q&Aランキング