人気雑誌が読み放題♪

神話、民話、小説、ミステリー、映画、絵本など何でも良いのですが、相手が自分を殺すと知りながら、刹那的な幸せ(恋)(または人生への絶望)から甘んじてそれに身をさらして殺されるみたいな筋書きのストーリーを知っていたら題名を教えてください。あやしくても大体こんな感じでも結構です。よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ディケンズ「二都物語」


※殺すのは「相手」ではありませんが、「恋心」ゆえに、自分から死に向かう青年が出てきます。高校時代、涙で学校では最後まで読ませんでした。

ちなみに漫画ではありますが…

篠原千絵「天は紅い河のほとり」

のあるシーンで、処刑されることがわかっていながら、短い恋を胸に、国の未来のために死に行く少女が出てきます。少女漫画のわりに、結構容赦のない物語展開に密かにショックを受けたものです。

参考まで。
    • good
    • 0

cottonnさん、こんにちは。



>刹那的な幸せに身をさらして殺される
ですね。

『愛はさだめ さだめは死』
ジェイムズ・ティプトリー・ジュニアという名の女流作家。
もっとも異星人の話ですけど。。。

『ライアへの讃歌』
ジョージ・R・R・マーティン
このテーマの恐るべき傑作ですが・・・手に入らないかも。

『冬の薔薇』
パトリシア・A・マキリップ
未遂に終わりますけど・・・(ハッピー・エンドになってしまう)

いずれも名作です。
    • good
    • 1

漫画はダメですかね…


「デイモスの花嫁」って少女漫画にそういう話が多いですよ
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q刹那的に生きると言う事

刹那的に生きると言いとどうもマイナスイメージが付いてくるのですが、みなさんはどうお考えなんでしょうか。

これをプラスイメージで表現するとどんな表現が適切なんでしょうか。


哲学のカテには初投稿です。
どうも「哲学」と言うと敷居が高くて中々入りにくいですね。

Aベストアンサー

「刹那的に生きる」というのは蟻とキリギリスの童話的には否定的イメージがありますが、「一日一生の思いで生きる」とい考えでは肯定的になりますね。
現代ではメデイアなどが未来を暗く表現する傾向がありますので、長期的な未来を考えると人生を否定的にとる傾向の人が多くなっていますね。それ故、あまり未来のことなど考えずに明るく今を刹那的に生きるというのも良い生き方の方法だと思いますね。少なくとも自殺防止にはなりそうですね。
「刹那的に生きる」を否定的に捉えるか肯定的に捉えるかは人によるということでしょうね。


人気Q&Aランキング