グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

勉強不足を恥て質問させてください。

私の祖父は、太平洋戦争において召集されていません。ただタイミングの問題なのか、ほかに理由があったのか・・? 故人のためきくこともできず、生前も戦争の話はしたがらない人でした。
当時の話は、祖母からきいたりしてはいますが、いかんせん記憶がぼんやりしてしまってます。


祖父の背景です。
大正6年うまれ(1917年)、次男、明治大学卒(経済だかなんだか?)、物流/運輸会社勤務、戦後に上司の娘と見合い結婚。すこぶる健康優良児。

東京大空襲は、街中を逃げ回って助かったときいています。このときに家は焼失したそうで、親(?)は田舎にもってた土地に疎開していて無事だったそうです。


戦時中の祖父の話で知っていることはこれだけです。
赤紙をもらったことはないそうです。隣宅の「祖母の姉の夫」は、年齢もそれほどかわらず勤務先も一緒(役職はたぶん祖父より上)でしたが、軍服をきて馬にまたがっている自分の写真を飾っていました。

こちらで過去の質問をいくつかみましたが、20代前半の男で召集されにくいのは、長男・戸主・病弱・理系・官僚など・・とありました。祖父はどれにもマッチしません。

祖父が召集されなかったのはなぜでしょう? 勤務先が半官半民な企業だったからでしょうか? それともただの運ですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>そういえば「終戦がもう少し遅かったら祖父も召集されていたらしい」


ということなので、何らかの理由で徴兵検査の成績が良くなかったのでしょう。

17年生まれなので、徴兵検査を受けたのが20歳なら37(昭和12)年。現役で大学を卒業したなら39(S14)年です。
すでに日中戦争が始まっていますが、この辺りだとまだまだ実は徴兵検査で現役兵として召集される者より
とりあえずは帰っていいから、何かあったら呼び出す、とされる人のほうが多かったのです。

パリッとしたデータがないのですが、その比率37年なら1:3。

大体このちょっと後まで、現役召集者はくじ引きで決めるほどでした(法令上。なので運用がどうだったかは判り兼ねますが、合格者のほうが召集者より多かったわけです)。

さすがに39年になると1:1位にはなりますが、それでも半数は徴兵されずにすんだわけです。

また、戦争、とくに近代的な総力戦ともなると後方での生産活動ってのもそれなりに重要なので、重視する産業には召集延期などの措置がありました。
民間だと鉄道・海運系は対象に含まれます(ただし、根拠はないが、現業職中心な気がする)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。お礼が遅くなりすみません。(しかも1回消えました・・)

祖父は現役で大学をでていますので、検査をうけたのは39年だと推測されますね。この時でも半数だったのですね。
大病せずに天寿を全うした祖父ですが、もしかしたら若いころは周りの人よりは弱かったのかもしれません。たしかに新婚時代の写真をみてもひょろ~っとしていて生涯ずっと華奢な人でした。

祖父の場合ですと、大学をでて運輸業に就職。そのまま国策会社のほうへ・・だったと思います。やっぱりこの勤務先がカギなんだろうと思えてきました。

社会にでていた祖父はほとんど語らないし、語ってくれる祖母はちょっと世間ずれしているというか・・。でも一生懸命に勉強して名門校に入ったそうですが、それを戦争とともにすごしたのですしね・・。いまでも女学校時代のお友達とは親交が深いみたいです。

今回このようなことを思ったきっかけは、テレビ小説の「梅ちゃん先生」をみていたからでした。同年代であろう祖父母とイメージが重なったのです。祖母が元気なうちにもっといろいろ聞いておこうとおもいます。本当にありがとうございました。

お礼日時:2012/07/03 01:07

 上記の例以外にも,金品と引換えに虚偽の病歴を兵役原簿に記載してもらうなどして兵役を免れた人が相当数おり,実際に召集を免れた人の職業としては,軍需景気で儲けている人や会社の重役が圧倒的に多く,その他配給業務に携わる幹部,料理屋の主人,群を抜く地名人などが挙げられるそうです。


 仮にあなたの祖父もその一人であれば,戦争の話をしたがらないのも合理的な説明が付きますね。

参考URL:http://tamutamu2011.kuronowish.com/tyoheisei.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

なんとなく見えた気がします。
おそらく勤務先が軍需にかかわる国営だったからなのかな、と思えてきました。祖父は重役ではありませんでしたが曽祖父はそこそこの役職であったときいています。
そういえば「終戦がもう少し遅かったら祖父も召集されていたらしい」と誰かからきいたことがありました。本人は法令噂守に厳しい人だったから自分の意思ではないと信じていたいと思います。。

事実は直接かかわった人間がもう存命ではないためわからないままですが、私もこのまま詳しく知らないでおこうと思います。

正当な理由であろうとなかろうと、やはり多くの同年代が亡くなっていくなか戦地にでず残っているというのも、比ではないでしょうけれど辛いものがあったと思いますし、きっと見たくないものをみてきたのでしょう。

ご紹介いただいたリンクも拝見し、映画やテレビ、書物とはまた違うものを感じました。よく話してくれる祖母の話は「戦地を知らない女学生」のものでしたし。。

お礼日時:2012/06/29 00:35

>こちらで過去の質問をいくつかみましたが



あなたが本当に祖父の事を知りたいと思っていないことが、ありありと文面から読み取れます。

なので、まっとうな回答を出す人はいないでしょう。まあ、このサイトでまっとうな回答を得たいと思う人がどれだけいるかですが、いや、得られると思っていない人のほうが多いでしょう。

祖父の年齢から想定される、あなたの年代ですが、少なくとも40才代より下の年代層と思われます。10代ではないでしょう。親が、60歳以上だと想定されます。

つまり、自由に自分の意思で行動できる年代だと思われます(金も暇も、知識もあるはずといっているだけです)。

第2次世界大戦での戦後混乱期で親族の消息や、生き様を知りたい人は、あなあだけでなくたくさんいます。まあ、それが小説(サスペンスとかよくテレビドラマ化、映画化されていますね、有名なのが横溝シリーズですね)とかになって、売れたわけですが、実際の所、戦争当事者(実際に軍部に居た、軍属だった、とか)は、日本ではあまり語りがらないことが多い。

これは、「男子たるものしゃべる事なかれ」なんてね。サムライ精神が、そのまま軍部の教育に反映された影響でしょう。

なので、アメリカやドイツ、イタリアとは違い、軍事関係は、1990年頃まで、ほとんど表にでてこなかった。例えば731部隊、従軍慰安婦、そして今でも禁句の大陸への進出のきっかけとなった大量虐殺事件。

この虐殺の証言は、本当に極最近やっと話してくれる人がでてきて、やっとわかってきた。

証言からすると、確かに大量の死人は出たようだが、状況からすると、虐殺といえるかどうかは、やはり立場により違うというのが結論だ。正当な(??)戦争行為といえるのが客観的印象だ。

当然、それに関係した公式文書もないし(命令書等)、残すはずも無い。

そんな大事な事も資料に無いのに、無名なそのへんのおじさんの、赤紙の発行の理由が見つかると思いますか?


わたしだったら、こんなサイトでまず質問しません。まず、関係者を洗い出します。当時の町の地図。商店街、有力者、軍事関係者、近所の人、親戚、友達等、人間関係、立場、役職等、人間模様を、調べるだけ調べます。

調べれば、意外に沢山みつかります。間違いありません。私は、沢山見つけ出しました。

今であれば、話をしてくれる方が多数みつかります。なにせ関係者が沢山すでに他界しているので。

今の次期が、限界です。証人者はすでに90才前後とか、高齢になっています。私は20年ぐらい前に調べたので、まだ証人者は多数見つかりました。彼らは、すでに引退していたので、「まあ、いっか」なんて感じで話してくれましたよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

そうですね、おっしゃるように「祖父のこと」を直にしりたい、というよりも「祖父のようなケースでは往々にして○○だったようだ」ということが知りたいことです。

まさに「その辺の無名の若者」でも戦争にいかないのはどういったケースなのか?と疑問に思ったのです。

祖父の生き様など、祖母と結婚して家族になってからのことは見聞きして知っております。それ以前の祖父のことについて本人が話したがらないことを調べて、こと細かく知りたい、と強い欲求にはなっていないです。
嫁にもらったとはいえ、住まいは嫁(=私の祖母)の実家の隣、職場は嫁の父(=私の曽祖父)が上役、嫁側親族が同僚、というよりライバルにいる、というようなものですから、祖父側の親族の声というのは耳に入ってきませんでした。

お礼日時:2012/06/28 11:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q戦争に行かなくて済んだ人達って?

昭和10年代後半、大学生でさえ召集されたあの時代に五体満足で健康な20~30代の男子で
戦争に行かなくて済んだのはどんな人達なんでしょうか?
わざと徴兵回避して村八分になった人達を除いて召集されなくても
堂々としていられた人達の場合です

Aベストアンサー

『軍事板常見問題』のキャッシュより
http://mltr.free100.tv/index02.html
(現在、上記サイトの項目が閲覧できないので…)
http://www21.tok2.com/home/tokorozawa/faq/faq08k03.html#draft

【質問】軍に召集されなかった人には、どんな人がいますか?

【回答】旧日本陸軍に於いて、召集を担当するのは、各県にほぼ一つ配置された連隊区司令部です。この連隊区司令部で、参謀本部、陸軍省と言った中央が決定した動員計画に基づき、該当者を召集令状を作成します。
 これは、充員召集令状と言い、前年度に作成し、予め警察署に保管、動員令が下令されると発行するものです。
 また、中央とは別に、その地区を管轄とする師団から、戦死、戦傷、戦病などの要員で人員の不足があった場合、管轄地域で召集令状を発行しました。
 これを、臨時召集令状と言い、師団毎に随時作成されています。
 比率から言えば、日中戦争勃発後、後者の令状が多く発行されています。

 この発行の基礎資料になったのが、各市町村役場の兵事課から提出された在郷軍人名簿です。
 これには軍隊の経歴、召集回数、健康程度、家族関係、思想関係、治癒見込(病気の場合)などが記述され、このほか体格等位に徴兵検査の結果を記入、役種に兵役種類が記入され、更に特・分業、特有の技能が記入されています。

 充員召集令状を発行する場合、特・分業、特有の技能に注目し、中央が作成した動員計画の必要技能召集する部隊の練度、任務の軽重なども勘案して、召集を決定します。
 他に、体格等位、健康程度などを重視して必要兵を抽出していきます。
 海軍の場合は、更に思想関係も重要視されたようです。

 さて、召集記録の欄の末尾に「召集延期者」略して「召延」という朱印が押されると、召集対象外となり、召集令状は来ることがありませんでした。
 これには甲、乙と二つの区分があり、甲は絶対召集しない人、乙は人がいない時に初めて召集対象となる人です。
 この召集延期の制度は昭和2年から開始され、制度が年ごとに拡大していっています。
 ちなみに、この規定は、陸軍動員計画令(永年動員計画令)に記載されたものです。

 例えば、1943年当時の戦時召集延期者は以下の通りです。

1.侍従、侍医、東宮傅育官、皇宮警察官吏、皇宮警察部消防夫
2.陸海軍部隊に在職し余人を以て代うべからざる者、及び特種の雇用人、工員にして必要欠くべからざる者
3.鉄道又は通信業務に従事し、必要欠くべからざる者(一般国民対象)
4.船舶(50t以上のもの)乗組員にして必要欠くべからざる者(一般国民対象)
5.民間航空乗組員にして必要欠くべからざる者(一般国民対象)
6.国土防衛に直接関与する業務に従事し必要欠くべからざる者
7.陸軍大臣の指定する工場又は事業上に従事し必要欠くべからざる者(一般国民対象)
8.都道府県、地方事務所、警察署、市区町村の官公吏にして兵事事務を主管する者各一名(一般国民対象)
9.帝国外の地に於いて執務を執行する帝国官吏中、必要なる者、並びに外地最高司令官、朝鮮台湾軍管区司令官
10.帝国議会の議員
11.国民学校教員中必要なる者(一般国民対象)
12.上記の外、国歌総力戦遂行の為に緊要なる業務に従事する者にして、必要欠くべからざる者

 つまり、一般人は輸送、通信関係の職員、陸軍大臣指定工場技術者、兵事係などの召集業務担当者が全面的に免れ、教師も一部が召集対象から外れています。
 また工場の熟練労働者も対象となっています。
 但し、工場などに於いてその選出は各工場に任されていた為、工場幹部の親戚が事務屋として入っていて、召集延期者として選出させた事例もあります。
 この場合は、発覚すると即座に召集されるようになっていました。

 1944年からは、臨時召集延期制度が始まります。
これは、航空機工場、特に重点機種(疾風とか飛燕とか言った戦闘機、飛龍などの爆撃機)の生産従事者は全員この対象となって、召集を延期されています。
 また、これ以外の航空機生産従事者、交通関係従事者、鉱山技師、炭坑夫、造船関係従事者、特攻兵器製造従事者は、例え徴兵検査で入営することが決まっていても、一定期間その入営を延期する「入営延期制度」対象者となっています。
 この制度も1944年から開始されています。

 これより先、1943年3月からは、既に入営した人で、軍需生産に必要な人でなおかつ、「軍の統率、団結、軍の士気上差支えなき範囲内に於いて」召集解除し、職場に復帰させると言う「特別召集解除制度」がありました。

 また、本土の食糧不足が深刻化していた1945年には、根刮ぎ動員があった反面、「召集要考慮制度」というもので、軍需生産だけでなく、農林水産業従事者も対象にしています。

 これらの総数がどれくらいあったかと言うと、召集延期制度が、1941年には10万人程度だったのが、1945年には85万人、臨時召集延期制度は不明、入営延期制度は、1944年で20万人、1945年で6万人、特別召集解除制度は1943~45年で4。3万人、召集要考慮制度は160万人が対象となっています。
 戦時中の在郷軍人数は約500万人、召集要考慮制度を除くと、総数で115万人以上に上っています。
 また、充員召集計画で召集令状を発行されていたのに、その充員召集計画自体が取りやめとなった為、結果的に召集されなかった人も多かったようです。(眠い人 ◆gQikaJHtf2)

うちの母方の祖父。福井出身で戦争当時大阪にいた。
薬剤師だったので徴兵されずに済んでいた。(戦局が悪くなっても製薬する人が内地に必要だったので)

 休みの度に薬をたくさん持って福井に帰り、薬を配って換わりに越前米をもらう。
 ↓
 福井から船でまだ稲作技術が発達していない北海道へ渡る。
 ↓
 米を売ってお金に換えて大阪に戻る。

と、いうのを延々とやっていたそうです。(生活板)

『軍事板常見問題』のキャッシュより
http://mltr.free100.tv/index02.html
(現在、上記サイトの項目が閲覧できないので…)
http://www21.tok2.com/home/tokorozawa/faq/faq08k03.html#draft

【質問】軍に召集されなかった人には、どんな人がいますか?

【回答】旧日本陸軍に於いて、召集を担当するのは、各県にほぼ一つ配置された連隊区司令部です。この連隊区司令部で、参謀本部、陸軍省と言った中央が決定した動員計画に基づき、該当者を召集令状を作成します。
 これは、充員召集令状と言い、前年...続きを読む

Q太平洋戦争中に街で見かける男性たち

テレビなどで太平洋戦争前後の映像を見ていて疑問に感じる時があるのですが、当時は日本国男子の全員がある年齢になると徴兵の義務が課せられていたように聞いています。 いわゆる赤紙というものですね。

もし拒否したり逃亡したりすると、非国民として厳罰が待っていたはずです。

ところが戦争末期になっても、当時の映像では普通のサラリーマン風の男性が街中を歩いたり、家族と買物や散歩したりしている光景を見る事があります。 おそらく年齢的には徴兵に取られておかしくないような世代かと思われます。

考えれば、あの戦争中でも男性が必要となる職場が多くあったように思います。 たとえば鉄道関係者、警察官、消防士、医師、自治体の公務員、電気・ガス会社の社員、あるいは建設関係 ・・・ などなど、女性だけでは運営出来ないと思うのですが、これらの男性たちには徴兵義務が免除されていたのでしょうか? 

それとも、形だけ一旦徴兵に取られてどこかの軍部に属し、その後に 「派遣」 という形でまた元の職場で以前同様の仕事を続ける、そして家から通う ・・・ こんな制度だったのでしょうか? たしか軍艦を建造する造船所の技師や職工はそんな身分になっていたと、どこかで聞いた覚えがあるのですが、ハッキリしません。

もしそうなら、そんなラッキーな職業には具体的にどんなものがあったのでしょうか?

健康上の問題で徴兵が免除された人は除くとします。

テレビなどで太平洋戦争前後の映像を見ていて疑問に感じる時があるのですが、当時は日本国男子の全員がある年齢になると徴兵の義務が課せられていたように聞いています。 いわゆる赤紙というものですね。

もし拒否したり逃亡したりすると、非国民として厳罰が待っていたはずです。

ところが戦争末期になっても、当時の映像では普通のサラリーマン風の男性が街中を歩いたり、家族と買物や散歩したりしている光景を見る事があります。 おそらく年齢的には徴兵に取られておかしくないような世代かと思われま...続きを読む

Aベストアンサー

高等文官試験に合格した官僚(今で言うキャリア)は基本的に徴兵免除だったそうです。また、軍といえども、徴兵関係は役所(陸・海軍省)の仕事ですから、本省勤務の人間は、他省庁でも、キャリア組でなくても「余人を持って代え難い」という名目で徴兵免除、或いは徴兵されて即日帰郷などの措置が取られたそうです。この時に、上司や同僚に嫌われているとその措置をしてくれない、なんてこともあったとか。これはコネの方ですね。

金の方ですが、まぁ、人間の世界ですから露骨な袖の下で徴兵名簿の書き換えなどということもあったでしょうが、45年には徴兵検査を受けた者の9割が実際に動員されたということですから、それほど多い事例ではなかったと思います。
むしろ、金持ちの子弟は、高学歴ですし、働く場所も親の力などで選べますから、軍属名目の勤務先に勤めたり軍関係の仕事に従事したり、満州国政府に勤めるとか、ということで結果的に徴兵逃れが出来たケースが多かったのではないでしょうか。

アメリカではこれが結構多くて、大統領選挙の時の経歴で問題になったりしますよね。徴兵逃れのため州兵の、しかも空軍(一番戦場に行かないポジション)に親の力で入隊するとか、カナダに移住しちゃうとか。

高等文官試験に合格した官僚(今で言うキャリア)は基本的に徴兵免除だったそうです。また、軍といえども、徴兵関係は役所(陸・海軍省)の仕事ですから、本省勤務の人間は、他省庁でも、キャリア組でなくても「余人を持って代え難い」という名目で徴兵免除、或いは徴兵されて即日帰郷などの措置が取られたそうです。この時に、上司や同僚に嫌われているとその措置をしてくれない、なんてこともあったとか。これはコネの方ですね。

金の方ですが、まぁ、人間の世界ですから露骨な袖の下で徴兵名簿の書き換えな...続きを読む


人気Q&Aランキング