銀行が不良債権の直接償却をすれば、自己資本比率が減り、BIS規制に引っかかると本に書いてあったんですが、リスク資産が消えるので自己資本比率はあがるように思えるのですが、どうなんでしょう。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

部外者ですが、もう1つの質問にお答えします。



あなた自身が言われている「資本」が3億減る事が、自己資本比率を押し下げる要因です。不良債権処理は資産の健全化には有効ですが、処理すればするほど資本が(現金をイメージして下さい)減ってしまいます。損の穴埋めをしないといけませんので。

「自己資本比率」は「資産」に対する「資本」の比率です。自己資本比率が10%の時でも、100億円の資産に対して資本は10億円です。3億円も使ってしまったら、ちょっと不良債権処理をしただけで、あっという間に資本が底をついてしまいます。ですから自己資本比率も減少します。(突き進めば限りなくゼロに近くなります)

銀行にとっては不良債権を新たに増やすわけにも行きませんし、不良債権処理にお金(利益)を使うので、「貸せるお金」がないのです。銀行が貸し渋りをするのもそのためです。ですから政府は公的資金を注入し、中小企業に対する債務保証まで付けたのです。(その焦げ付き分が税金で穴埋めされます)

ちなみに銀行の自己資本比率は、平均すれば10%もありません。しかもkansayakuさんがおっしゃるような10億円貸すのに7億円もの担保は取れていません。担保価値は日々目減りし、今となっては目も当てられません。しかも担保価値の減少は今でも続いています。

不良債権処理は遠いですね。。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。最終処理で本当に不良債権はなくなるのか?
不良債権処理は遠そうですねー。

お礼日時:2001/05/18 23:49

 不良債権の処理の方法には間接償却と直接償却の二つの方法があります。



 従来日本で行なわれてきた方法は間接償却です。間接償却とは貸し倒れ引当金を当てるということでした。これは、不良債権化している債権が企業の倒産などで表面化したときの処理費用を積み立ておくという方法で、不良債権が実際に処理されているということではありません。そのため、不良債権が拡大するという恐れがあります。(現実に日本では不良債権の拡大が発生しています。)

 つぎに、直接償却とは不良債権を実際に処理するということです。
 これは企業をつぶすということです。
 その内容は、企業をつぶして担保などで債権を処理するのですが、なにぶん不良債権ですから担保などで債権を処理しきることは出来ません。(処理しきれるのなら銀行も気にしません。)
 ここに損失が発生することになります。この損失は銀行自身が穴埋めすることになりますので、銀行の自己資本が減ることになります。このため、直接償却をすると自己資本比率が減ることになります。
 間接償却では損失はまだ(あくまでも、まだですが)発生していませんので自己資本が減るということにはなりません。

 よだんですが、銀行の貸し渋りには自己資本比率が関係しています。
 当然ですが自己資本率の計算は割り算です。分子は自己資本ですので各銀行ともこれを増やすことが出来れば自己資本率は上昇することになります。
 しかし、これが出来ない場合(ようするに分子が大きくならない場合です)はどうすれば自己資本比率が上昇することになるでしょうか。
 その方法は分母を減らすことです。なぜなら、自己資本率の計算は割り算だからです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。もう少し教えてほしいことがあります。
10億の不良債権を直接償却して、担保が7億で処理でき、損失が3億で剰余金(資本)で穴埋めしたとしたら、13億の総資産(不良債権と損失の穴埋めの剰余金)が減り、3億の資本(穴埋めの剰余金)が減るので、総資産が13億減ったのに対し、資本が3億しか減らない。だから、自己資本比率は上がると思うのですが。どうなのでしょうか?

お礼日時:2001/05/14 13:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q不良債権比率が下がったのにデフレ??

今の不況は不良債権問題が足を引っ張っているからデフレになっていると言われています。大手銀行の不良債権比率半減が達成されたと言われています!が!!なぜ不良債権比率がほぼ0%にもなった(2、何パーセントですが・・)にもかかわらずデフレはなんで直らないんでしょうかね? 中小企業への借り入れではなくて大手に借り入れをしていたから大きな不良債権が増えていたから全体不況を招いていたわけではないのですかね? 
いまだに経済の話の奥底までの知識がないもので不思議に思うのですが・・・ どう思われますか?

Aベストアンサー

>不良債権問題が足を引っ張っているからデフレになっている。
 というのがそもそも間違いだったということです。

 生産力は効率化がどんどん進んで上がっているのに対して、個人消費=内需が少なすぎるために「作っても売れない」という、古典的なデフレが今のデフレの正体です。
 内需の拡大のために貸し出しを増やそうにも、今まで貸し出しを渋ってきた銀行が「さあこれからは積極的に貸し出しましょう」と金融当局から言われて「ハイそうですか、わかりました」と、貸し出しを増やすわけが無いのは自明のことです。
 また、不況の長期化で、今まで不良債権じゃなかった債権まで急速に不良債権に転換している例もあります。貸し出しに慎重にならざるを得ません。

 不況で信用収縮が急速に進んでいるさなかに、信用収縮を加速させるような政策を『構造改革』の名の下に実施し、見事に失敗した・さらに失敗を重ねようとしているのだと思います。小泉内閣は失敗を認めて、「構造改革路線」と呼んでいる政策を中止・転換すべきだと思います。

Q公務員 資本労働比率の問題

ある合理的な企業の生産関数が次のように示されている

x=2(LK)^0.5 (x;生産量 L:労働投入量 K;資本投入量)

資本労働比率が(K/L)=9のとき労働限界生産量はいくらか?

自分の回答
K/L=9 より K=9L
x=2(LK)^0.5 に代入して
x=2(L*9L)^0.5=6L
XをLで微分して
労働限界生産量=6となる

解答 
x=2(LK)^0.5をLに関して偏微分をして
(K/L)^0.5
となりK/L=9を代入して
9^0.5=3となる

となっていたのですが偏微分してから代入する解答法だったのですが
先に代入してから微分してはいけないのでしょうか?

Aベストアンサー

>先に代入してから微分してはいけないのでしょうか?

いけません。
関数 X において K と L は独立に(互いに勝手に)変化する量です。L が決まるとそれに応じて K が決まるというものではありません。ですから、L に関する X の変化率を求めるためには、元の式を L に関して偏微分しなければなりません。

>(K/L)=9のとき

というのは、K と L がそのような関係を保ちながら変化するとき、という意味ではなく、独立に変化する2変数の間に(たまたま)そのような関係があるとき、という意味でしょう。

1変数の(あまりよくない)例:
 関数 y = x^2 で x = 1 のとき dy/dx はいくらか、という問題では、まず dy/dx = 2 x を求め、そこに x = 1 を代入して 2 を得ます。決して、y = x^2 に x = 1 を代入して y = 1 とし、それを微分して 0 とはしません。

素人ですので、そのつもりで。

Q自己資本利益率について

経営分析をしていて詰まっています。
自己資本利益率は当期利益/自己資本だと思うのですが
連結財務諸表の数字から計算すると有価証券報告書の最初に載っている経営指標の推移の自己資本利益率の数字と一致しません。

例えばトヨタ自動車で
http://profile.yahoo.co.jp/consolidate/7203  の表から
2007年度の当期利益1,644,032百万円/自己資本11,836,092百万円=0.1389=23.89%と計算しましたが
ROE(自己資本利益率)は14.68%となっています。

私の考え方のどこを間違えているのか教えてください。

Aベストアンサー

ここでのROEを計算する時の自己資本とは期首と期末の平均です

Q資本主義の【最初の資本は借金】?根本的な結果では?

資本主義の最初の資本というのは、借金という手段によるもののようです。
例えば、銀行は預金の他に日本銀行から借りることで、銀行は会社に貸し出しする、という方法です。
とすれば、資本主義は借金の上にしか成り立たない、という根本的な欠点を持っているように思えます。
地球上で資本主義を採用し、中央銀行制を採用している、ほとんどの大国が借金から永久に逃れられなく
(まるで自転車操業のように)なっている現状をみたときに、
最初の資本は何だろう?と疑問に思うと、借金か?と思いました。
私は学者ではないので、全体的にこうかな?という話になってしまいますが、
実際のところ、利子の付く借金が全ての出発点だとしたら、借りての全員が全額を返し終わる事は
原理上あり得ないので、(利子分の返済も、誰かが利子のある借金をして返済しないといけないから)
借金は永遠に返しきれないばかりか、実際60年前はわずかな借入額だった国の借金は、
2011年度現在、日本とアメリカは国の借金が1000兆円近くなっています。

とすると、資本主義の根本的な欠陥は、それ自体が借金によって成り立つという性質にあるのでしょうか?

資本主義の最初の資本というのは、借金という手段によるもののようです。
例えば、銀行は預金の他に日本銀行から借りることで、銀行は会社に貸し出しする、という方法です。
とすれば、資本主義は借金の上にしか成り立たない、という根本的な欠点を持っているように思えます。
地球上で資本主義を採用し、中央銀行制を採用している、ほとんどの大国が借金から永久に逃れられなく
(まるで自転車操業のように)なっている現状をみたときに、
最初の資本は何だろう?と疑問に思うと、借金か?と思いました。
私は学...続きを読む

Aベストアンサー

常識的に考えてください。
まず資本とは事業や商売をするための元手のことですが、結局大抵の場合資本を使って購入するのは生産のために必要な設備です。
そして初期の経済では、生産のために必要な設備をどのように手に入れていたかを想像すれば分かりやすいでしょう。

いつもは作って食べるだけだった農民が、夜なべして機織機を作った。
もしくは、農民が自分が食べるより沢山の食料を作ってそれを売り、そのお金で機織機を買った。
このようなことが行われていたと想像できると思います。
そのうち、商業や軽工業の商人や職人、そして支配層である貴族や王族がお金を沢山持つようになると、そこからお金を借りたり援助してもらうことで商売をする人が出てきました(その揚がりはお金を出した人がもらう)。

このようにして資本主義は生まれたわけです。
資本主義は連綿とした経済の成長の歴史の結果の産物であり、決して無から生まれたわけではないのです。
ですので、本質的矛盾をはらんでいるわけではありません。

逆に資本主義には本質的問題があると、一部の知識人やエリートたちが作った共産主義やファシズムなどの全体主義は、人工的に作られたシステムだったので本質的問題点を内包しており長続きしませんでした。

常識的に考えてください。
まず資本とは事業や商売をするための元手のことですが、結局大抵の場合資本を使って購入するのは生産のために必要な設備です。
そして初期の経済では、生産のために必要な設備をどのように手に入れていたかを想像すれば分かりやすいでしょう。

いつもは作って食べるだけだった農民が、夜なべして機織機を作った。
もしくは、農民が自分が食べるより沢山の食料を作ってそれを売り、そのお金で機織機を買った。
このようなことが行われていたと想像できると思います。
そのうち、商業や軽...続きを読む

Q経常収支+資本収支=0がわかりません。最近円高、つまり資本収支がプラス

経常収支+資本収支=0がわかりません。最近円高、つまり資本収支がプラスの方向に動いていますが、そうなると上の数式上なぜ経常収支がマイナスになるのかがわかりません。というか感覚的に納得できません。どなたかご回答よろしくお願いします

Aベストアンサー

> 経常収支+資本収支=0がわかりません。

外貨準備高が変化しなければ、会計上常に成り立ちます。
簡単にいえば、経常収支は貿易からの収支であり、資本収支はお金そのものの収支です。
貿易で輸出した分を、相手国の資本(株式など)でもらう、という場合、輸出した分ともらえる分は、金額は等しくなり、方向は逆になります。したがって、一方がプラスならもう一方はマイナスなので、結局足し合わせるとゼロになります。

> 最近円高、つまり資本収支がプラスの方向に動いていますが、そうなると上の数式上なぜ経常収支がマイナスになるのかがわかりません。

円高になると、100ドルのものを売ったときにもらえる円の量はへります。したがって、輸出額は減りますから、マイナス方向に動きます。


この辺りは感覚的には掴みにくい所ですが、輸出した額と受け取ることができるお金の額、輸入した額と支払うべきお金の額に着目すれば、それほど面倒な話ではありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報