かつて今の太平洋に巨大な大陸 ムー大陸があったというのは本当ですか?

約1万数千年前の地殻変動と大噴火で海の藻屑と消えたそうですが、ハワイやグアム、小笠原諸島等の太平洋の島々はムー大陸の名残らしいです…
イースター島のモアイもムー大陸の産物だったと考えれば説明もつきそうですね

アトランティス大陸が実在したのだからムー大陸もあったと考えていいのでしょうか?
しかもムーの人達は船で日本にも来ていたっぽいとか?

縄文人とマンモス捕まえてたのかな?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

azuki-7さん、何か傾向としてこういうジャンルにご関心がおありのようですね。


でも学術や学問といわれる領域の方の多くは、こういう主題には否定的な論述をすることが、学問的で学術的だという基本観念がありますね。
それがいいとか悪いとかはいいませんが、先進的なことに直感している人には冷水となる言辞が寄せられますが、それに意気阻喪する必要はありません。

アテネだったか、馬鹿にされていたハインリッヒ・シェリーマンの先例もありますからね。
擬似学説だとか、とんでも歴史とかいう熟語もあるようですが、中にはそういう命名が適当なとんでもないものもありましょう。
ムー大陸についてはどうしても考えに置かないと、この日本人の根底的心性や文化の特徴が理解できない面もあります。
無論、しゃにむにしがみ付く事は必要ありませんが。
沖縄の近海には不思議な巨大な人工的地下構造物としか見えないものもありますね。
太平洋の地殻変化は今後の大きな研究課題ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2014/05/14 20:46

地質学的には太平洋上に大陸があったという事実は確認されていませんし、大陸が存在するような地形・地質でもありません。



少なくとも小笠原については島が形成されてから一度も陸続きになったことがなくそれ故に植動生が特異であることから世界遺産に登録されたのです。1万数年年前に陸続きだったという事実はありません。

イースター島のモアイ像はムー大陸がなくてもきちんと説明できています。きちんと調査研究せずに見た目の印象だけで考察するのでそんな妄説になってしまっただけです。

ムー大陸を主張したのはイギリスのチャーチワードですがその根拠はトロノア絵文書を誤訳したためです。

マンモスは約1万年前に絶滅しています。縄文時代の初期にしか生息していません。

「アトランティス」は実在する可能性がないことはありませんが、「アトランティス大陸」は実在は確認されていませんし、実在する可能性もありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2014/05/14 20:46

現在の学説ではほとんど否定的です。

多分うそです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2014/05/14 20:47

漢字の「無」という文字は


神殿が海に沈んでいく様子を表したものらしいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2014/05/14 20:47

>本当ですか?


学術的に存在が証明されたことはありません。

>イースター島のモアイもムー大陸の産物だったと考えれば説明もつきそうですね
いいえ、そんなものを想定せずとも、学術的には説明はついています。

>アトランティス大陸が実在したのだから
学術的にそのような大陸が存在したことは証明されていません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2014/05/14 20:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qムー大陸?

かつて今の太平洋に巨大な大陸 ムー大陸があったというのは本当ですか?

約1万数千年前の地殻変動と大噴火で海の藻屑と消えたそうですが、ハワイやグアム、小笠原諸島等の太平洋の島々はムー大陸の名残らしいです…
イースター島のモアイもムー大陸の産物だったと考えれば説明もつきそうですね

アトランティス大陸が実在したのだからムー大陸もあったと考えていいのでしょうか?
しかもムーの人達は船で日本にも来ていたっぽいとか?

縄文人とマンモス捕まえてたのかな?

Aベストアンサー

azuki-7さん、何か傾向としてこういうジャンルにご関心がおありのようですね。
でも学術や学問といわれる領域の方の多くは、こういう主題には否定的な論述をすることが、学問的で学術的だという基本観念がありますね。
それがいいとか悪いとかはいいませんが、先進的なことに直感している人には冷水となる言辞が寄せられますが、それに意気阻喪する必要はありません。

アテネだったか、馬鹿にされていたハインリッヒ・シェリーマンの先例もありますからね。
擬似学説だとか、とんでも歴史とかいう熟語もあるようですが、中にはそういう命名が適当なとんでもないものもありましょう。
ムー大陸についてはどうしても考えに置かないと、この日本人の根底的心性や文化の特徴が理解できない面もあります。
無論、しゃにむにしがみ付く事は必要ありませんが。
沖縄の近海には不思議な巨大な人工的地下構造物としか見えないものもありますね。
太平洋の地殻変化は今後の大きな研究課題ですね。

Q千年前の平均気温が何度とか、五百年前の平均気温が何度とか書いてあるもの

千年前の平均気温が何度とか、五百年前の平均気温が何度とか書いてあるものを読みました。
どうやって昔の気温を測るのでしょうか?

Aベストアンサー

 主に年輪の幅やサンゴの成長線、氷床コアの同位体など、様々な手法からそのデータは得られます。

 しかし、これらの方法でカバーできる精度は荒く連続的ではないものもあり、もっとも適切な手法でも、観測で得られる精度の悪い時期の記録よりも正確性には欠けます。

 自然から得られる定量的な手法(年輪など)の他に、人類の記録した歴史文献にも気候変化を示す記録があります。間接的で非定量的な場合が多いが、テムズ川の霧の状態、農産物の収穫具合、春の花の開花時期、雨や雪の異常降雪・降雨、洪水や旱魃についての記録等があり、これらも歴史時代の気温を検証する際に有用です。

最近の研究では、紀元前2200から2100年の間にチベットからアイスランドにかけて起きた急激で短期間の気候変化が、世界的な出来事であったということが示された。この出来事は、寒冷化と乾燥化を起こし、エジプト古王国の滅亡の主な原因とされている

Qムー大陸について教えてください

古代の神秘文明に興味があるオカルトマニアです。ムー大陸についての情報を教えてください。
いつごろ、どこにあったのか?なぜ滅んだのか?など
解説してある資料書籍の紹介もお願いします。
一般的に知られていないマニアックな情報大歓迎です。

Aベストアンサー

現実のムーは、大陸では無かったようです。島々の集まりだったとされています。

ある霊媒が、ムーの時代を見て来た霊魂から自動書記によるメッセージを得て著した書物『神体』にそう書かれていました。(amazonで見つけました)

当時のムーは現代とは質が異なりますが、決して原始のそれでは無く、かなり発達した文明を有していたようです。

ムーの人達は、現代人のように高度な文明の発達に精神・内面の成長が追いつかず、かなり心を揺らしていたようです。

そうしたムーの人達が住む陸地は物理的な意味でも大変、脆弱だったようです。

混乱するムーの文明に、キリストのような方が現れ道を説かれましたが、人々からは無視をされ、迫害も受け、ムーの文明に大地震が発生した時、人々と共に海に沈まれたとの事です。

もし霊媒の著した書物に虚偽が無いとすれば、どんな論説・学説よりも、何しろ“霊魂”が見ていた訳ですから、当時の事を一番、正確に表現していると思われます。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/gp/product/4865430725?ie=UTF8&at=&force-full-site=1&ref_=aw_bottom_links

現実のムーは、大陸では無かったようです。島々の集まりだったとされています。

ある霊媒が、ムーの時代を見て来た霊魂から自動書記によるメッセージを得て著した書物『神体』にそう書かれていました。(amazonで見つけました)

当時のムーは現代とは質が異なりますが、決して原始のそれでは無く、かなり発達した文明を有していたようです。

ムーの人達は、現代人のように高度な文明の発達に精神・内面の成長が追いつかず、かなり心を揺らしていたようです。

そうしたムーの人達が住む陸地は物理的な意味でも...続きを読む

Q恐竜が絶滅し暫らく経った後から、人類が誕生する前の、約6000万年の間、哺乳類の種類は増えたのですか

1.約6600万年前に恐竜は全滅しました。恐竜という足かせがなくなり、哺乳類は活躍できおそらく種類が増えたと思います。
2.一方、約700万年に誕生した人類は、幾つかの哺乳類を絶滅させたようですね。
お聞きしたいことは、約6600年前からの、最初と最後を除いた約6000万年の間、哺乳類の種類は増えたのでしょうか?

Aベストアンサー

今読んでいた本(※1)に、似たようなことが書いてあった(対象は哺乳類ではない)のですが、考古学界でも意見が分かれているようです。
結論的には、徐々に増えて行ってる派が優勢のようです。ただ、カンブリア爆発に見られるように大量絶滅などの後に種が一気に増えて、その後は個々の絶滅と分化でほぼ同じ程度の状態が続くと考えている学者も少なくないようです。
後者は特に、ワンダフルライフという本で紹介されたように、初期の爆発時により多くの系統が生み出され、その後一部(半分くらい?)の系統は絶滅し残った系統がその中で分化していく、という系統樹の形を反転させるような考え方で、今でも人気がありますね。
ただ今では、絶滅したと当初考えられていたものに現生種があると判明したり別のグループの一員と考えられるようになったりと、系統樹を反転させたほど減ってはいない、また海底の生命の跡(生痕化石)からの種類の遷移などは徐々に増えていくことを支持している様といったことから、上記のように徐々に増えていく派が主流となっているようです。


※「生物はなぜ誕生したのか」、原題は A New History of Life(邦題のセンスないだろ)。2名の共著なのですが、あきらかに1名は文章が下手というかドヤ顔したくてゲスい文章になってる感じ(科学者センスが低い)で、オススメするのはどうかとも思うのですが、最新の研究が紹介されてたりする部分は評価できます。

今読んでいた本(※1)に、似たようなことが書いてあった(対象は哺乳類ではない)のですが、考古学界でも意見が分かれているようです。
結論的には、徐々に増えて行ってる派が優勢のようです。ただ、カンブリア爆発に見られるように大量絶滅などの後に種が一気に増えて、その後は個々の絶滅と分化でほぼ同じ程度の状態が続くと考えている学者も少なくないようです。
後者は特に、ワンダフルライフという本で紹介されたように、初期の爆発時により多くの系統が生み出され、その後一部(半分くらい?)の系統は絶滅...続きを読む

Qムー大陸

お世話になります。
「ムー大陸」という雑誌を知っている方いらっしゃいますか?
なにか、宇宙の秘密などが載っているそうなのですが、検索をしてみても出てきません。

売っているところを知っていたら教えてください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ただの「ムー」です。
「ムー大陸」ではありません。

Qミヤイリガイから住血吸虫する事が昔はあったみたいですが、今は本当に絶滅したのでしょう? 本当になくな

ミヤイリガイから住血吸虫する事が昔はあったみたいですが、今は本当に絶滅したのでしょう?
本当になくなったのでしょうか?

Aベストアンサー

1978年以降、国内では新規感染が報告されていないようで、感染地域では根絶宣言が出ていますから日本国内ではなくなったと考えていいと思います

ただし、中国などではまだ根絶されていないので、旅行者などが感染する危険はあります

Qムー大陸は英語で?

幻の大陸として有名なのはアトランティスとムーですが、アトランティスは広辞苑に載っていて、スペルも分かるのですが、ムーの方が分かりません。

日本国内のページだけだと限られてくるので、英語で検索をかけてみたいのですが、『ムー大陸』は英語では何と表現するのでしょうか。

ご存知の方がいらっしゃいましたら、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

Continent of Mu でどうでしょう…?

http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0732.html

参考URL:http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0732.html

Q巨大石

あの、昨日大阪城に行ってきました。そこで、蛸石という大きな石を目にしました。ほんとに驚愕の大きさでした。この石は瀬戸内海の島々でとれる花崗岩らしいのですが、どうやって大阪まではこんだんですか??舟にあんなでかい石載せたら沈みませんか??

誰か何かご存知でしたら教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

下記の考察を参照してください。

参考URL:http://www.ne.jp/asahi/kitaho2/bmw-m3smg/hitorigoto79.htm

Q「ムー大陸」を英語でいうと?

くだらない質問ですみません。「ムー大陸」を英語で言うと、何というのでしょうか?辞書とか調べてみましたが、さすがに載っていませんでした。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「continent of Mu」ではないでしょうか。

参考URL:http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0732.html

Q縄文土器の起源 大陸から

いつもお世話になっております。

日本最古の土器の時期と重なる土器がシベリアから発見されているそうで
縄文土器は大陸が起源かもしれない、と書かれている文献をよく目にします。
逆に、日本から大陸に伝播されたという発想はありえますか?
細石刃は大陸から伝わったそうですが、土器はどうなのでしょう。

縄文時代に興味があるのですが、もしかしたらおかしな質問をしているかもしれません。
どうぞご了承下さい。

Aベストアンサー

縄文時代は、縄文海進といって、温暖化によって海水面
が上昇して、低地が海没した時期です。
それ以前は氷河期であり、シベリアで文明が発達した
とは考え難い。
一方、太平洋全域に広く拡散しているポリネシア人
(イースター島などの巨石文明を広めた)を遺伝子解析
すると、その時期に分岐した事が分かっています。

その原因として、太平洋の赤道付近、マレーシアから
インドネシア、フィリピンを含む巨大な大陸棚が、
氷河期に海面が低下すると、巨大な大陸(スンダ大陸)と
なって寒冷期の人類の受け皿となったと考えられています。
それこそ、太平洋に沈んだ、幻の大陸「ムー大陸」だという
説があります。
そのように恵まれた環境でこそ発達した文化が、温暖化
で海没した時、それまで寒くて住めなかった北方へ拡散
すると考えるのが自然です。

「大陸が起源かもしれない」といっても、『大陸』違いでは
ないでしょうか。
「中国4千年の歴史」などと威張っていますが、彼らは
1万年以上前の氷河期にアジア文化の中心だったスンダ
大陸からしたら辺境の田舎者で、たまたま海没に生き残っ
ただけです。
むしろ、遺伝子解析によると縄文人の血の濃い日本人
(ポリネシアン=彼らも蒙古斑がある)こそ、幻の大陸の
生き残りとして、“ムー大陸1万年の文明の末裔”であり、
縄文式土器こそ、その証しでしょう。

縄文時代は、縄文海進といって、温暖化によって海水面
が上昇して、低地が海没した時期です。
それ以前は氷河期であり、シベリアで文明が発達した
とは考え難い。
一方、太平洋全域に広く拡散しているポリネシア人
(イースター島などの巨石文明を広めた)を遺伝子解析
すると、その時期に分岐した事が分かっています。

その原因として、太平洋の赤道付近、マレーシアから
インドネシア、フィリピンを含む巨大な大陸棚が、
氷河期に海面が低下すると、巨大な大陸(スンダ大陸)と
なって寒冷期の人類の受け皿とな...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報