人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

オスプレイが起こす事故が問題になっていますが、現在の日本が保有している技術では製造できないのでしょうか。プロペラの軸方向を変えるというのは相当難しいことなのでしょうか。オスプレイのような飛行機はヘリコプターと同様に民生用としても有用だと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

#7/#8です。

思い出したことがあったので、オスプレイから離れちゃういますがVTOL機の一つの考え方として。

1950年代のイギリスにフェアリー・ロートダインというチップジェット(回転翼単に小型のジェットエンジンを装備して回転する方式)で駆動する回転翼を通常のターボプロップの機体の上に付けた形態の飛行機がありました。実用化を目指してデモ飛行まで行われましたが、運行コストが高く、騒音や振動の問題などで実用化には至りませんでした。
http://en.wikipedia.org/wiki/Fairey_Rotodyne

で、これをモダンにリファインしたのがシコルスキーS-72 X-WingやBoeing X-50 Dragonflyです。いずれもまだ実用化には遠そうですが、ティルトローターに比べて冗長性がある分、安全性は確保できそうです。
日本はこういう方向を目指してみてもよいかと思うのですが、ヘリの技術の蓄積もそんなに豊富じゃないですなあ(純国産出来るくらいはある)。
http://en.wikipedia.org/wiki/Sikorsky_S-72
http://en.wikipedia.org/wiki/Boeing_X-50

というわけで、民間用VTOLは遼遠な道のりのようです。大概の用途はヘリと固定翼機ですんじゃいますからね。#8で紹介したシンポジウムのレポートのように、日本国内で300-400機という超楽観的予測のようには行かないでしょうね。民間ヘリだって800-900機しかないんですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

技術だけでは、物は作られないということがよくわかりました。経済的要因というものも決定的要素なのですね。ご教示ありがとうございました。

お礼日時:2012/07/03 17:08

技術的には可能です。

特にTVで見る限り姿勢制御技術に難があるようですが、同じ開発費があり、全く同じものであれば、既に公開されている情報で問題点も見えてますので、ある程度は作れると思います。

軍用開発したものを民間用にするのは、F1などのレースで開発された技術を市販車に転用するようなもので、多少開発費を度外視して新規技術を開発できる環境が必要です。

また飛行機は航空局の認可が必要で年々厳しくなっています。それらを満足した上で飛行機開発をしなければなりません。それが大変なのです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

いろいろ教えていただきましてありがとうございます。

お礼日時:2012/07/08 11:31

#7です。



オスプレイの技術移転の様な形で民間機は作られています。アグスタウェストランドAW-609で、当初はベルとボーイングで開発開始(BB-609)、後にボーイングに変わってアグスタ(後のアグスタウェストランド)が参加(BA-609)しましたが、結局ベルが手を引き、現在はアグスタウェストランドの手で開発(AW-609)が行われています。ただ、オスプレイのトラブルに足を思いっきり引っ張られて開発が遅れており、2015年以降の実用化を目指しているようです。
日本語のwikiだと、富士重工が胴体製造を受け持ったと書かれていますが、他に記述が発見できず、未確認。

http://members2.jcom.home.ne.jp/nishikawaw/aw609 …
http://en.wikipedia.org/wiki/AgustaWestland_AW609

民間ティルトローターに関しては、2000年にこんなシンポジウムもあったようですが、オスプレイのトラブルが全ての足を引っ張ってしまいました。まあ、そもそもこのシンポジウムの観測は楽観的すぎると思いますけどね。
http://www.dmb-ps.co.jp/dmbpilot/ba609.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

軍用から民生というのはアメリカでの通例のようですが、日本発の画期的発明もたくさん出てほしいと思います。大変勉強になる情報を教えていただきました。厚くお礼申しあげます。

お礼日時:2012/07/03 06:08

アメリカはオスプレイのようなティルトローター機に限らず、VTOL試作を1950年代から連綿と繰り返しています。

ティルトローターに限定してもベルXV-3(1955初飛行)、ベルX-22(1966)、ベルXV-15(1977)のよような試作機を作って空中姿勢やローターコンバージョンの研究をしており、その成果として、ベルV-22オスプレイが誕生しています。オスプレイまでに米軍とベル社は50年以上の研究をしているのです。他にもコアンダー効果(エジェクター・オーギュ面メンーション)を使ったVTOL試作、テイルシッター(コンヴェアXFY-1ポゴなど)の試作などVTOLに関しての技術的蓄積が半端じゃありません。

日本のメーカーや航空業界にはこの技術の蓄積が全くないので、似たような形の機体は作れたとしても垂直離陸から水平飛行へのコンバージョンの際に簡単にバランスを崩して墜落してしまうような機体が出来てしまうでしょう、暫くはこれに対する技術的経験を積まないと無理な問題なのです。
設計図の供与を受け、制御チップを供給されれば動当機は作れるでしょうが、それでは、生産委託と同じです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

注ぎ込まれた費用を別にして技術面から見てもそう簡単にはやれない高度のものなのですね。なるほどと思わせるご教示内容でした。どうもありがとうございました。

お礼日時:2012/07/02 23:54

技術的には可能でしょう。


問題はお金です。
取りあえず、開発に必要なお金を出してくれる人が必要です。

開発に必要なお金がいくらで、
製造原価はいくらで、
1台の値段をいくらにして売るのか、
元がとれるまで、何台売る必要があるのか、
それだけの台数をどうやって売るのか、
本当に買ってくれる人がいるのか、
等がハッキリしなければお金を出してくれる人はいません。

軍用の場合は国家がお金を出すので心配が無いのでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そういうものなのですね。しかし全く新しい機器が軍用であるというのはやはり本質的なことなのかと考えてしまいます。お金と独創性が表裏一体のような感じがします。ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/07/02 15:30

技術的にはできると思うよ. ただ, 「どう使うか」が難しそう.



とはいえオスプレイをベースに民間転用した (ような) 期待の開発は続いてます.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

開発のきっかけが軍用として持てないことがむしろ日本の弱点なのでしょうか。せめて日本で安全な平和目的の機体が開発されるとよいと思います。ご回答感謝いたします。

お礼日時:2012/07/02 15:27

金と時間をかければ、開発はできるでしょう。

たぶん、莫大な資金が必要です。
しかし、できたとしても、投下したお金を回収できるほどの使い道がありません。経済効率を無視した無駄な軍備でも持たない限り、どこで何に使うのでしょう。民生用にといいますが、何に使いますか。

アメリカで開発した機体は1機いくらすると思いますか。
http://tanakanews.com/20120620osprey.htm
「1機あたりの費用も、現在普天間で米海兵隊が使っているCH46ヘリが600万ドル、より高性能なCH53Eでさえ2400万ドルなのに対し、オスプレイは6200万ドルもする。」
民生用ヘリよりも高い軍用ヘリの10倍以上もする機体です。

日本で開発すればもっと安くできるかもしれないが、もっと高くなるかも知れない。そんな税金を払いますか。
技術的に作れるというのと、実際に作るというのでは全く違う問題です。有用だからつくるというのも単純すぎます。
その名目で原子力発電、高速増殖炉、核燃料サイクル、核融合炉、これから作ろうとする新幹線や高速道路など多くのプロジェクトが無駄に進められてきたのではないかと思いませんか。

当然、有用で安くできるなら開発されたでしょうし、これまでも研究はされてきました。これからも研究を続けるでしょう。それは、費用対効果を考えてのことなので、技術的なことより、経済的な理由の方がはるかに大きい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お金がかかるからやれないということで、技術はあまり問題にならないということでしょうか。ご回答ありがとうございました。しかしお金さえあればできるというのもすべてではないようにも思いました。。

お礼日時:2012/07/02 09:32

装置を製造すると言うのは、



形だけ同じものを作るのではなく、試験(この場合試験飛行)、
性能評価を完了して、初めて 作ると言います。

ライセンス生産の場合、テスト飛行までで、性能評価は必要ないため
作ることができます。

ライセンス生産以外で、日本のメーカが作るかは、
風洞実験のデータ と、コンピュータシュミレーションの結果、
回転するプロペラが水平、垂直の間にある時、どのような
実験データが出るかです。

私の勘では、水平から、30°上向き、45°上向きのデータが
いい結果が出そうもなく、日本のメーカは作らないと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

原理的な問題があるということでしょうか。竹トンボを水平に飛ばすと妙なとびか他になりますが、どこか関係があるかと思いました。ご教示感謝いたします。

お礼日時:2012/07/02 06:32

全然作れます 日本は核ミサイルを作れる技術力があるのだから(非核三原則で作らないだけ)オスプレイごとき簡単に作れます。


ミグキャットやイージス艦作るほうがよっぽど難しい
    • good
    • 0
この回答へのお礼

発想がないのでしょうか。技術としてはそれほどの問題はないのですね。ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/07/02 06:29

三菱重工とか普通にヘリコプターを作っているので、設計図やライセンスが手に入れば、作るでしょう、立ったそれだけのことです。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

作れるなら民生用に作ったらよいですね。ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/07/02 06:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q空母のカタパルトは、米国でしか造れない?

ここしかないのでお訊きします。だいぶ前なので、現在は状況が違うかもしれないですが何度か空母のカタパルトについて、イギリスやフランス・ロシア等が開発しようとしたけど無理で米国だけだと本で見たような。これ自体は軍事や戦略等から見ると大した話ではないでしょうが、事実ですか?単に、米国以外は大型のジェット戦闘機を空母から飛ばそうとしなかったり目的・戦略が違っただけとか。それに何年か前に、フランスの今までの原・水爆実験で得た情報と米国の情報を交換するとニュースで見たり、エシュロンという世界規模の盗聴網で米・カナダ・オーストラリア・ニュージーランド・イギリスの白人クラブがあるとEUの議会で取り上げられたのを見るとカタパルトの技術くらい教えそうですが。
それに現在は、先進国間で留学等の知の交流があるし物質工学や工作機械や設計・加工技術等の差がそんなにあるのか疑問ですが。

Aベストアンサー

シャルル・ドゴールのカタパルトはアメリカ製のようですね。

というか、アメリカ以外の最近の空母でカタパルトで離艦するのってってシャルル・ドゴールだけじゃないでしょうか。
なお、フランスの旧艦ですが、クレマンソー級の蒸気カタパルトはイギリス製のようですから、アメリカでしか作れないと言うことではないようです。

ただ、現在、イギリスやロシアの空母はカタパルトではなく、スキージャンプを使った離艦です、おそらく、今後のアメリカ以外の空母はSTOL能力の高い機材で運用というのが世界的な流れでしょう。アメリカにしても、強襲揚陸艦などにはSTOL+スキージャンプというのが登場するかもしれません。

アメリカ以外で蒸気カタパルトを作らないのは、空母の思想が変わってアメリカ以外での需要がないからだと思いますよ。外国で作ったとしても売れなきゃどうしようもないですから。

Q日本のミサイル防衛にTHAADが無いのは何故?

【ワシントン共同】米陸軍当局者は26日、米領グアムに配備した高性能の地上発射型迎撃システム「高高度防衛ミサイル」(THAAD)が完全な稼働状態に入ったことを明らかにした。との報道です。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130427/amr13042709290001-n1.htm
一方日本の場合イージス艦から発射するミサイルとPAC3でTHAADはありません。
日本の場合THAADは無くても良いのですか?


 

Aベストアンサー

>日本の場合THAADは無くても良いのですか?

はい、必要ありません。

THAAD (Terminal High Altitude Area Defense) Missile は射程 200km、射高 40km~150km の地上発射型迎撃 Missile で、High Altitude Area Defense (高高度域防御) の部分だけを見て ICBM (Inter-Continental Ballistic Missile:大陸間弾道弾) をその頂点付近の宇宙空間で迎撃するかのように誤解されがちですが、Terminal (末端の/終末の) のいう言葉が示すように、目標に向かって高度を下げて大気圏 (成層圏よりも上の 40km~150km にある化学圏) に突入してきた最終段階での弾道弾を撃墜する Missile です。

一方、日本が Aegis 艦に搭載している SM3 (Standard Missile 3) 161B Block IA は射程 400km、射高 250km で、先端部が Kinetic 弾頭と呼ばれる高機動弾頭になっているように、空気のない大気圏外での超高速運動能力を持たせたものとなっていて、THAAD よりも高性能な Missile になっています。

http://www.youtube.com/watch?v=Clny6teU5ik&feature=youtu.be

最初に海上自衛隊に配備された「こんごう」の SM3 161B Block IA は高度 160km を飛行する模擬弾道弾の直撃撃墜に成功していますし、現在は日米共同開発になる Block IIA の地上試験を終えて来年に飛行試験、2018 年には現在の Block IA を Block IIA に置き換える予定になっています。

http://www.youtube.com/watch?v=A6CIu9fRk3k

地上発射型で射程が 200km しかない THAAD では幅数百km 長さ 2000km 余りの日本列島に数十基の発射機を配置しなければならず、何時 Terrorism だの過激な反対運動の前に壊されるか判ったものではないのに比べ、SM3 は部外者など近付けない Aegis 艦の中にありますし、相手国の Missle 発射機から 400km 以内の海域に派遣すれば 1 隻で事足ります。

相手国が日本に向けて発射する Missile の Course は決まっていますので、日本列島近海に配置する Aegis 艦の数も数隻あればよく、既に海上自衛隊は上記「こんごう」型 Aegis DDG (Missile 護衛艦) を 4 隻、次級の「あたご」型 Aegis DDG を 3 隻運用していますので、2~3 隻が定期整備中であっても常時 4~5 隻は緊急配備に就くことができるようになっています。

>日本の場合THAADは無くても良いのですか?

はい、必要ありません。

THAAD (Terminal High Altitude Area Defense) Missile は射程 200km、射高 40km~150km の地上発射型迎撃 Missile で、High Altitude Area Defense (高高度域防御) の部分だけを見て ICBM (Inter-Continental Ballistic Missile:大陸間弾道弾) をその頂点付近の宇宙空間で迎撃するかのように誤解されがちですが、Terminal (末端の/終末の) のいう言葉が示すように、目標に向かって高度を下げて大気圏 (成層圏よりも上の 40km~150km ...続きを読む

Qなぜどの国も北朝鮮を空爆しないのか?

核開発を進めるなど、北朝鮮は危険なことばかりしていますがなぜどの国も北朝鮮をほっとくのでしょうか?アメリカはイランのことばかりだし。バックに中国がいたとしてもアメリカの戦力なら北朝鮮くらい占領できるんじゃないですか?
正直将来日本が滅ぼされないか不安です。

Aベストアンサー

 将来、日本が北朝鮮に滅ぼされることはありません。

 日本が北朝鮮から受ける可能性のある最大の被害は、北朝鮮崩壊による難民が日本に押し寄せた場合と、北朝鮮の原子炉がメルトダウンして、(北朝鮮の原子炉は、チェルノブイリと同じ黒鉛炉)原子炉内の核物質がばら撒かれ、ジェット気流に乗って日本海や日本にばら撒かれることです。

 <核開発を進めるなど、北朝鮮は危険なことばかりしていますがなぜどの国も北朝鮮をほっとくのでしょうか?>
 現状では、金正日が死んで状況が変わることのほうが、空爆などで手を出すより、ことが上手く解決する可能性が高いからです。

<解説>
 中国が自給自足経済の毛沢東路線を取って、アメリカ・ソ連と対立していた頃、北朝鮮はアメリカ軍の駐留する韓国と中国の間にあって、中国の友好国で、中国と国益を同じくしていました。

 ところが、1979年の中越戦争(中国とベトナムとの間の戦争)で、アメリカとの間の長い戦争を経験したばかりのベトナム軍に、中国は事実上の敗北を喫したのです。(人海戦術で、ベトナム軍の何倍もの兵員を投入し圧勝のつもりが、侵攻はしたもののベトナム軍の何倍もの損害を出して、予定していた目的地のはるか手前で軍需物資が底をつき、結局撤退せざるをえませんでした。)
中越戦争
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E8%B6%8A%E6%88%A6%E4%BA%89
 この戦争で、中国の人民解放軍は「毛沢東路線=自給自足経済」では近代戦は戦えないという結論を出し、毛沢東路線から鄧小平路線へ、完全に支持を変えました。

 この後、ベルリンの壁崩壊・ソ連崩壊・東西冷戦終結となり、中国も鄧小平の改革開放経済のもとで経済を資本主義化し、急激な経済発展とを遂げ、貿易で大儲けするに至りました。(人民解放軍も軍事予算が急増し、急速に近代化しました。)
 
 この過程で、北朝鮮は「中国の唯一の友好国」から「中国のお荷物」へと変わってしまいました。

 豊かになっていった中国は、貧しいままの北朝鮮へ援助増やし続けるよりも(豊かな国と貧しい国が国境を接していれば、貧しい国が不法入国や犯罪の温床となります。お互いの貧富の差が大きいほど、この傾向は大きくなるので、援助をして貧富の差を少なくする必要が出てきます。)アメリカと日本のように、中国と歩調を合わせて国力を増して通常兵器を大量に買ってくれる国になってもらいたいのです。
 また、現在のように食糧不作の年に、食糧援助がなくなれば国民の2割、500万人が餓死するような状態では、いつ独裁政権が崩壊して政治的混乱が起き、数百万という大量の難民が中国に流れ込むか分かりません。これを確実に回避するには、北朝鮮を豊かにするしかありません。

 ところが、過去の歴史を見れば、「国民が豊かになると、民主化要求が強くなり、独裁者は政権を追われる」という法則があります。
 つまり中国の希望は、「北朝鮮を集団指導体制で豊かにしてもらいたい。(=中国の現在の政治体制)世襲は認めないが、金正日が生きている間の独裁は認める。」ということなのです。

 更に、中国の経済発展・対外貿易拡大は、アメリカと中国の関係緊密化をもたらしました。
 今や、アメリカの貿易相手国第一位は中国で、中国の貿易相手国第一位もアメリカとなりました。
 中国は2007年にはアメリカとの貿易で、15兆円以上を儲けており、そのお金で軍備拡張をしていると言ってもいいくらいです。更に中国はアメリカの国債を70兆円以上も持っており、買い増ししています。
 ですから、北朝鮮とアメリカが戦争する事態になれば、中国は北朝鮮を見捨てます。アメリカと戦争すれば、中国は借金を踏み倒され毎年の大儲けも吹っ飛んで、経済が崩壊しますから。

 ただし、アメリカと北朝鮮の戦争で北朝鮮から数百万の難民が流れ込むのは、経済崩壊よりましではあるものの大迷惑です。
 そこで、北朝鮮にアメリカを刺激することはやめろと言っているのですが、金正日がなかなかうんといわないのです。

 金正日は、父親の金日成から政権を引き継ぐために、北朝鮮の謀略部隊の指揮官として実績作りをし、政権強化・財政確保のため国際的な違法行為に手を染めました。
 具体的には、大韓航空機爆破テロ(=アメリカ人も死亡)・アメリカドル偽造・覚せい剤密造などです。
 アメリカ政府は、金正日を拘束しさえすれば、いつでもアメリカ国内法で裁いて、刑事罰を執行することができるのです。
 アメリカ政府は、過去に外国の独裁者に対して、軍事作戦を何度となく計画したことがあり、(キューバのカストロ将軍、リビアのカダフィ大佐など…)実際に成功例もあります。

パナマ侵攻=ノリエガ将軍逮捕→フロリダ刑務所に収監
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%8A%E3%83%9E%E4%BE%B5%E6%94%BB

 アメリカが北朝鮮に電撃侵攻し、金正日を拉致した後に、北朝鮮に親中国の集団指導体制政権が成立するというシナリオがありうるのです。

 これに対して、中国に頼れなくなった金正日は、国民の餓死を無視し、空軍・海軍の在来兵器の更新を中止して防衛力を崩壊させてまでも、核兵器開発・在日米軍を攻撃できるノドンの実戦配備・長距離ミサイルの開発に力を集中しています。

 アメリカも、余命が知れている金正日を拉致をした結果、沖縄の米軍基地にノドンの集中攻撃を受け、在日米軍将兵に多数の死傷者が出るのは得策でないと判断していると思われます。

 また、金正日と少数のその取り巻きの生存のための核兵器開発であり、北朝鮮からの先制攻撃は自分たちの破滅を意味しますから、(アメリカは、攻められれば徹底的に反撃するのが国是)現在のところ、ほとんどありえないとアメリカは見ています。

 将来、日本が北朝鮮に滅ぼされることはありません。

 日本が北朝鮮から受ける可能性のある最大の被害は、北朝鮮崩壊による難民が日本に押し寄せた場合と、北朝鮮の原子炉がメルトダウンして、(北朝鮮の原子炉は、チェルノブイリと同じ黒鉛炉)原子炉内の核物質がばら撒かれ、ジェット気流に乗って日本海や日本にばら撒かれることです。

 <核開発を進めるなど、北朝鮮は危険なことばかりしていますがなぜどの国も北朝鮮をほっとくのでしょうか?>
 現状では、金正日が死んで状況が変わることのほう...続きを読む

Q真珠湾攻撃のアメリカ軍の正確な死者数

表題のものについて知りたく思っています。

以前、テレビを見ていたとき、
アメリカの各地にいって原爆の被害を訴えていた方に、アメリカ人の女性が泣きながら「私の兄は真珠湾攻撃の時殺された、そんなことを言うならばホワイトハウスに言ってくれ」といっておりました。
幼い頃から、「はだしのゲン」等のドラマをたくさん見せられてきて私にとって、けっこうショッキングな映像でした。(もちろん軍人と民間人の違いというのはありますが)


「真珠湾攻撃はなかった」
「真珠湾攻撃はアメリカ軍が知っていて、わざと攻撃させた」
「自虐史観はウンヌン」
という議論はナシでできるだけ正確な事を知りたいです、お願いします。
また、民間人もまきこまれたのか、それも知っている方がいれば教えてくださ。

Aベストアンサー

死者は約2400人。民間人を含みます。
http://www.geocities.jp/torikai007/pearlharbor/shipimage.html

> もちろん軍人と民間人の違いというのはありますが

軍人と民間人の命の重さが違うということでしょうか。
殺した人数の多寡が問題なのでしょうか。
戦争の評価ってむずかしいです。

参考URL:http://www.geocities.jp/torikai007/pearlharbor/shipimage.html

Q一夫多妻や一妻多夫が日本で認められてない理由ってなんですか?

一夫多妻や一妻多夫が日本で認められてない理由ってなんですか?


歴史的にみると昔は一夫多妻の制度はありましたが、今は普通にそのようなことを望む人はいないからですか?

Aベストアンサー

まずは一夫多妻の合理性を述べましょう。

一夫多妻は原始的な女性に対する福祉制度なのです。
女性に対する差別や従属的なものをまず初めに浮かべる方が多いのですがそうではありません。寧ろ逆なのです。
それが文化だから!と頭ごなししに言われても納得が行かない人はおおはず。それなりの現実性と合理性があります。

・一夫多妻を行う理由の一つとして「戦争」があります。
原始から、部族間の戦争で男達が死にました。
さらに狩での事故や獣に殺される危険もあります。

・二つ目は寿命が短かったこと
昔の平均年齢は二十歳を超えていません。多く生まれ多く死んでいくわけです。そして何時、病気にかかり夫が死んでもおかしくは無いわけです。
そんな世界では一生を共に添い遂げる可能性など寧ろ低いのです。


一人残された女性はどうなるでしょうか?差別や現金収入を得にくい環境で晒されながら子供を育て、働いていく人もいるかもしれませんが、飢え死にしたりする者も多かったのです。

一夫多妻制では、一人の有力な男に性関係と家事という労働と引き換えに養ってもらうことができます。

さらに女性にとって家事を分担できるため非常に楽です。
とても家事の巧い女性がいた時、第一夫人からの推薦で第ニ夫人、第三夫人を招き入れることもあるようです。



本題に入りましょうか。

日本のように明日の飯に困ることもなく、病原菌にあふれてもいない国で、
砂漠国家のように驚異的自然に囲まれており炎天下に放り出されれば間違いなく死ぬという事もない国
明日、獣に襲われたり、隣町との抗争に巻き込まれて死ぬ可能性のないよう文明が進んできた国々

そのような国では女性が一人でも生きていけるので男性に無理に付き従うことがなく、自然に権利も大きくなっていき一夫一妻になって行くわけです。

つまり現代日本では一夫多妻は
社会的に必要とされていないし合理性も無い。


一夫一妻の国々では未亡人を「キズモノ」とか「純潔が既に無い」とかそういう扱いになってしまいますね。残念なことに。


ちなみに日本は大昔は自然に恵まれ人口が500万人程度であれば田畑など耕さなくても野山に行き芋や山菜や果実をとって生きていけたわけです。

そのような国々では女が定住地として家を持ち男は蝶のように自由に飛び回っているという母系国家が形成され、子供は女性が養うもの、財産も女性に付くものでした。結婚と言う取り決めは無く。
彼氏、彼女位の恋愛関係ですね。しかし今のように町にデートに行くような関係ではありません。

女性は多くの男性と関係を持ち、男は種を付けに夜這いに来るわけです。
短歌や笛などを吹いて女の家に入ってもよいか確認をとる時に読まれるような句が今でも教科書に載ってますね。あれは短歌集というと堅苦しいですが、口説き文句集といっても過言ではないもので昔の人々はセックスをするために一生懸命短歌を勉強したわけです。

日本では廃れましたが国によっては現代でもそういう文化は残っています。


一夫一妻は現代の貞操観念を強調した宗教感によるものでもあります。
それを気にしすぎて逆に心を痛めてしまうこともありますし、一長一短ですね。
南米のある部族ではセックスは特定の相手を決めるものではなくスポーツ感覚で楽しむものであり。子供は村全体で養うものという考え方があったようですがキリスト教が入りこみ貞操観念が付いてからはなくなってしまったようです


セックスと結婚の形態はその国々の事情にあっているという事です。
脱線が過ぎましたね。そういう事です。

まずは一夫多妻の合理性を述べましょう。

一夫多妻は原始的な女性に対する福祉制度なのです。
女性に対する差別や従属的なものをまず初めに浮かべる方が多いのですがそうではありません。寧ろ逆なのです。
それが文化だから!と頭ごなししに言われても納得が行かない人はおおはず。それなりの現実性と合理性があります。

・一夫多妻を行う理由の一つとして「戦争」があります。
原始から、部族間の戦争で男達が死にました。
さらに狩での事故や獣に殺される危険もあります。

・二つ目は寿命が短かっ...続きを読む

Qオスプレイは何が問題?

オスプレイ配備が問題になっているようですが、なぜ反対してるんでしょうか?
今さら飛行機が一種類追加されたところで、あまり関係ないように思えます。

見た目、ヘリコプターのすごいやつぐらいにしか見えませんが、プロペラを使う飛行機だから騒音を心配してるということですか?
もしかして原子力で動いているとか?

軍関係の反対は今までよくありましたが、今回はいつも以上に騒ぎが大きいように思えます。
何が問題なのでしょう?

Aベストアンサー

その他、オスプレイには構造的欠陥にまつわる話が山ほどあって、その構造的欠陥が操縦難易度を上げ、操縦ミスが多発してます。
この欠陥は設計思想上、解決不能なものです。
つまり、オスプレイは修復できない危険性をはらむ機体であり、「危ないんじゃないのか?」との認識があるため、配備や上空通過に抵抗を持つ人が多い。

沖縄タイムスのオスプレイの構造的欠陥を簡易説明する記事です。↓
http://article.okinawatimes.co.jp/article/2012-08-19_37929
-------------------
オスプレイの6つの欠陥
【1】オートローテーション(自動回転)機能の欠如
通常、ヘリコプターに備わっている同機能が欠如しているため、エンジン停止時など緊急時に安全に着陸できない。
【2】ボルテックス・リング状態
回転翼機特有の失速現象で、下降する際に左右の回転翼に渦巻き状の気流が発生し、制御不能に陥りやすくなる。
【3】パイロットの操縦に起因する機体の振動(PIO)
左右にローターがあるため、横軸方向での操縦が不安定になりやすい。
【4】振動負荷の影響
従来のヘリと比べ、オスプレイは左右に回転翼があるという構造上、油圧配管や電気配線、機械系統の配置が複雑で不具合が生じやすい。
【5】ローター後流とその翼端の渦に対する過敏さ
複数での近接飛行の場合、飛行に伴い発生する渦巻きなどにより、制御不能になることがある。
【6】垂直揚力による下降気流(ダウンウォッシュ)
着陸時に他機種の約2倍の激しい吹きおろし気流が発生し、周囲のものを吹き飛ばしたり、着陸を困難にする。
-------------------

注:この記事を紹介すると、オスプレイの配備反対論と思われて、ミリオタ君達が攻撃してくる事があります。
ちなみに私は、オスプレイを配備するかしないかには全く関心がありません。
単にオスプレイの構造的欠陥に興味があるだけですわ。

その他、オスプレイには構造的欠陥にまつわる話が山ほどあって、その構造的欠陥が操縦難易度を上げ、操縦ミスが多発してます。
この欠陥は設計思想上、解決不能なものです。
つまり、オスプレイは修復できない危険性をはらむ機体であり、「危ないんじゃないのか?」との認識があるため、配備や上空通過に抵抗を持つ人が多い。

沖縄タイムスのオスプレイの構造的欠陥を簡易説明する記事です。↓
http://article.okinawatimes.co.jp/article/2012-08-19_37929
-------------------
オスプレイの6つの欠陥
【1】オー...続きを読む

Qイージス艦は日本製?

ご存知の方には、「何言ってんだ」「今頃アホか」な質問でしょうが、知らないものでお願いします。日本には、現在、6隻のイージス艦があるそうです。アメリカから購入しているとばかり思っていましたが、【日本、新たにイージス艦を建造】とあり、読んでみますと、2隻のイージス艦を建造し、追加配備するとの事でした。イージス艦は日本製だったのでしょうか?それとも米と、ライセンス契約を結んでおり、建造すると言う事なんでしょうか?それとも、360°あらゆる方向のミサイルを迎撃出来るシステムを搭載した艦の事を、【イージス】と呼ぶだけなのでしょうか?

Aベストアンサー

「イージス艦」とは「イージスシステムを搭載した戦闘艦」の略称です。
なので、イージス駆逐艦やイージス巡洋艦、定義上からいえば戦艦にイージスシステムを積めば「イージス戦艦」となります。

>イージス艦は日本製だったのでしょうか?
全体としては日本製、ただし、イージスシステムはアメリカからの輸入(またはライセンス生産)。
イージスシステムと一言で言っても、大きく分けて「レーダー」「ミサイル」「情報処理システム」で構成されています。
これらのハードウェア・ソフトウェアを組み合わせて初めてイージスシステムです。

>それとも、360°あらゆる方向のミサイルを迎撃出来るシステムを搭載した艦の事を、【イージス】と呼ぶだけなのでしょうか?
「あらゆる方向にミサイル迎撃できる」だけでは【イージス】とは言えません。
【イージス】は結果的に「あらゆる方向にミサイル迎撃できる」ものではありますが。
イージスシステムの本領(開発された目的でもある)は、「(全方位)同時多目標迎撃」です。
優秀な「レーダー」で多数の敵やミサイルを捕捉し(これには友軍の船や偵察機からの情報共有も含む、データリンクとも呼ばれる。)、
それを「情報処理システム」で分析して脅威判定などを自動で行い、
その判定をもとに「ミサイル」を用いて対処(迎撃)する。
これらを実現するためのシステムなのです。

ただ、似たような構想を持ったシステムを慣用的に【イージス】ということはありますね。
(実際に「ミニイージス」だったり「中華イージス」なんて言葉があります。)
(ただ、同性能かどうかは判断できませんので、要注意。)

以上、参考まで。

「イージス艦」とは「イージスシステムを搭載した戦闘艦」の略称です。
なので、イージス駆逐艦やイージス巡洋艦、定義上からいえば戦艦にイージスシステムを積めば「イージス戦艦」となります。

>イージス艦は日本製だったのでしょうか?
全体としては日本製、ただし、イージスシステムはアメリカからの輸入(またはライセンス生産)。
イージスシステムと一言で言っても、大きく分けて「レーダー」「ミサイル」「情報処理システム」で構成されています。
これらのハードウェア・ソフトウェアを組み合わせて初...続きを読む


人気Q&Aランキング