ID登録せずに、ニックネームで質問できる♪教えて!gooアプリ

正社員として働くために、契約書にサインをし、ある企業(企業A)と雇用契約を結びました。
その直後、別の企業(企業B)から採用通知をもらい、企業Bで働きたいと思っています。
まだ企業Aでの業務開始日(最初の出社日)まで1ヶ月半ありますが、それまでの間に企業Aとの雇用契約を取り消して、企業Bでの雇用契約を締結させることはできるのでしょうか。
また出来る場合でも、何か罰則のようなものはあるのでしょうか。企業Aとの雇用契約には途中キャンセルについての記載はなく、「すべての変更については1ヶ月前の通知が必要」とのみ書かれています。

雇用契約についてご存じの方がいらっしゃいましたら、ご教授いただけないでしょうか。

A 回答 (3件)

労働者側からであれば問題なく解除できます。


あなたがよほど貴重な人材で無い限り、代わりはいくらでもいますので(悪い言い方でスマンが、)企業にさしたる損害は発生しません。
損害が発生しなければ、損害賠償請求もできません。
強制労働は労基法で固く禁じられていますので、それに反してまで労働を強制させる、もしくは損害賠償させる事はできません。
もっとも、日産の社長になる、とかだと、簡単にやめる事もできません。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ご回答を有難うございました。
とても有益な情報をいただき、非常に参考になりました。

お礼日時:2012/07/04 14:50

契約したからには、それを守るべきではありますが、


企業Aの担当者に謝り倒しましょう!

相手が合意すれば契約違反にはなりませんので^^
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答を有難うございました。
確かに。最後は謝り倒すことになりそうです。。。

お礼日時:2012/07/04 14:47

雇用契約解除については、各企業において、大きく全く異なります。


直接、企業Aの人事担当役職者と相談され行動されるしかありません。

無論、雇用契約を交わしている以上、企業によっては、勤務開始日前であっても、なんらかの罰則と言うより、金銭的な請求をされる企業も数多くあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答を有難うございました。
早々に担当者と話をしてみます。
早急にご回答をくださり、ありがとうございました。

お礼日時:2012/07/04 14:51

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q契約書提出後の内定辞退について

 現在就職活動をしている大学三年生です。
今1社から内定をいただいているのですが、その会社は第一志望ではありません。第一志望や第二志望の会社の合否がでるのは五月下旬から六月に入ってです。
 しかし内定をいただいている会社の入社契約書の締め切りが四月二十日に迫っています。やはり契約書を出す前に辞退をするべきなのでしょうか?しかし内定がひとつもなくなってしまうのは、この先就職活動を続けていく中でたいへん不安なのです。
 アドバイスよろしくおねがいします。

Aベストアンサー

内定承諾書には法的な効力などはありません。
過去の質問を「内定承諾書 内定辞退」なんかで検索すると同様のケースや、提出しちゃったんだけど…というのが見つかります。


> 入社契約書の締め切りが四月二十日に迫っています。

来年度の就職の件ですと、今年度の四月二十日に届かないからといって事務手続き上の問題が発生するとは考えられません。
早めに返事をして、

> 第一志望や第二志望の会社の合否がでるのは五月下旬から六月に入ってです。

なので、それまで待っていただく事は可能でしょうか?と訊ねてみては?


会社にしてみると、内定誓約書を出しておいて辞退するってのが最悪のシナリオです。

--
> その会社は第一志望ではありません。

面接なんかで違う事を言っちゃってると、言い訳が面倒ですが…。

Q雇用契約書にサインする前に教えてください!!

雇用契約書を近々書く予定の者です。

ワケのわからないまま
会社の言うとおりにサインして
下手に契約して丸め込まれたくないので、
しっかりと自分で確認したうえで
契約を結びたいと考えています。

でも法律とか雇用に関する
なんちゃらの義務とか
全っっ然わからないんです。。

知り合いに弁護士さんも
人事をやっている人もいないので、、

なのでいくつか疑問点があるので
ご存じで詳しい方いらっしゃいましたら
お答えいただきたいです。


まず、雇用契約書を書く上で

「乙は甲の定める就業規則に,,」とか
「就業規則に準ずる」とか

「就業規則」だらけでした。

そこで私が
「この就業規則ってどこにあるんですか?」と聞くと
「あぁ、それは本店にあるからここにはない」
と言われました。

(ちなみにまだ雇用契約書にはハンコを押していません)

インターネットで調べたら
就業規則を明示するのが
会社の義務だというようなことがあったので
(知能レベルが低くてすみません。。)
「書面で就業規則を見せてください」というのはアリなんですよね?
会社は断れないですよね?

事業場に10人以上の労働者がいないと
就業規則を書面化して置いておく(周知)義務はないともあったのですが
本当でしょうか?

私の働いている店舗は5人しかいません。

それでは自分が契約した詳しい内容
知らないじゃないですか?
それって契約っていえませんよね?


次に
雇用契約書は1枚で渡されて、
本人の控えってないみたいで、、

私はできれば
「自分のサインした雇用契約書」と「就業規則」
この2つをコピーして
契約期間中に手元に置いておきたいです。

コピーをさせてくれないということはありますか?
「そんな義務はないので」と言われますか?

法律でいう「明示」の意味がよくわかりません。

「コピーはだめ」と会社は言えるんですか?


私は契約内容と就業規則を
一気に頭に叩き込むことなどできませんし、

たとえばその日のうちに提出するように言われたとしたら、
契約書と就業規則のコピーができない、
お店に置いてない、となると
いざという時確認ができないだろうと
怖くて契約などできません。

なのでしっかりと
会社が契約の際に契約者にするべき義務を知って
コピーなどできるなら
「義務づけられているはずですよね?」と
強気で要求できるようにしておきたいです。

サインしてしまってから
後になって「そんなの聞いてない」となっても
「就業規約に書いてありますよ、契約したじゃないですか」
なんて言われても困ります。

あともう一つ、
雇用契約書の書面化は必ずしも義務付けられていないとは
どういうことですか?



文章まとまっていまくてすみません。

知力の浅い私ですが教えてください。

お願いします。

雇用契約書を近々書く予定の者です。

ワケのわからないまま
会社の言うとおりにサインして
下手に契約して丸め込まれたくないので、
しっかりと自分で確認したうえで
契約を結びたいと考えています。

でも法律とか雇用に関する
なんちゃらの義務とか
全っっ然わからないんです。。

知り合いに弁護士さんも
人事をやっている人もいないので、、

なのでいくつか疑問点があるので
ご存じで詳しい方いらっしゃいましたら
お答えいただきたいです。


まず、雇用契約書を書く上で

「乙は甲の定める就業規則に,,」...続きを読む

Aベストアンサー

雇用契約書に「就業規則に準ずる」とある以上は提示する必要があると思います。


就業規則は事業所ごとに定めるべきですから、「本社にある」という言い訳は通用しません。本社と同様の就業規則であるなら同様の物を閲覧可能な場所に保管しておく必要があります。

しかし「常時10人以上の労働者を使用する使用者は、必ず就業規則を作成し、労働基準監督署に届出なければなりません。(労基法第89 条)」とありますから、必ずしも就業規則が必要だとは限りません。

ただし就業規則が存在したとしても、コピーして個々に配布する義務はありませんのでこの点については貴方の要求は通らないでしょう。


現状として、就業規則が確認できない以上は雇用契約書において「就業規則に準ずる」と言う部分について説明を求め明確にしておくべきでしょう。
また、書面に残しておく必要があると思います。

Q雇用契約について

雇用に関しての質問です。

A社に採用が内定し、雇用契約を結びました。
しかしどうしても解決できない事情があり、大変迷惑を掛けしてしまう話なのですが、直前になって辞退を申し出た次第でして、雇用契約を結んだ場合法的にはそのA社に必ずしも勤務しなければならない(勤務開始予定日から)という話を聞いたのですが、自分で調べたところ、「雇用契約を結んだ後でも働くか働かないかの意志決定は採用される側にある」という話も聞きました。
実はその採用が明日からでして、非常識なのは重々承知な上で、事情があって辞退したい旨を今日したのですが、先方から「法的には契約を交わしてるので勤務して貰わないと困る」とも言われました・・・。

どちらが正しいのか混乱してしまい、こちらでご助言いただければと思います。

Aベストアンサー

以前、類似の質問に回答(アドバイス)したことがあります。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2000589(類似質問)

http://www7a.biglobe.ne.jp/~tsudax99/tebiki/saiyo/naitei.htm#内定者の側からの辞退(内定辞退)
http://www.jil.go.jp/kikaku-qa/jirei/01-Q05B1.html(内定の法的効果)
http://www.pref.saitama.lg.jp/A07/BA53/tobu_hp/soudan/soud_02.htm#q5(Q1-5 内定辞退)
http://www.hou-nattoku.com/consult/141.php(内定辞退)
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2009988(退職と損害賠償)
NO.2の方のアドバイスのとおり、相手方によく事情を説明し、円満に内定辞退を了解(雇用契約の合意解除)をするのが望ましいと思います。
(事情を説明しても、どうしても認めてもらえない・損害賠償請求するというのであれば、法的に対応せざるを得ないと思います。)

法的には損害賠償請求があり得ても、現実的には請求されることは少ないということではないかと思いますが・・・。

参考URLに載っていない、法律相談先をもう一つご紹介します。
法律扶助協会で実施している無料の法律相談というのがあります。
 法律扶助協会は、無料法律相談と裁判費用等の立替を行っている財団法人で、通常弁護士会内にあるようです。利用される場合は、「法律扶助協会の無料法律相談をお願いしたい。」と言った方がよいようです。なお、法律扶助協会の利用に当たっては収入要件等があり、例えば「単身者の基準月収額(年収を12で割る) 182,000円以下、2人家族 251,000円以下、3人家族 272,000円以下・・・」等が定められているようです。
 詳細は下記URLを参照してください。
http://www.nichibenren.or.jp/ja/link/bar_association.html(弁護士会)
http://www.jlaa.or.jp/(法律扶助協会 ひと目でわかる制度案内(右上))
http://www.jlaa.or.jp/branch/index.html(法律扶助協会)
また、労働局や都労働委員会で実施している「個別労働(労使)紛争あっせん」を申請し、弁護士や大学教授に話し合いを取り持ってもらうことも考えられます。無料・あっせんは1回・3時間程度。会社があっせんのテーブルに着かない場合やあっせん委員が示すあっせん案を拒否すれば、打ち切られてしまいます。金銭解決がほとんどですが。労働局の総合労働相談センター(コーナー)で問い合わせ等が可能です。
http://www.mhlw.go.jp/general/seido/chihou/kaiketu/index.html(個別あっせん)
http://www.mhlw.go.jp/general/sosiki/chihou/(労働局)

以前、類似の質問に回答(アドバイス)したことがあります。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2000589(類似質問)

http://www7a.biglobe.ne.jp/~tsudax99/tebiki/saiyo/naitei.htm#内定者の側からの辞退(内定辞退)
http://www.jil.go.jp/kikaku-qa/jirei/01-Q05B1.html(内定の法的効果)
http://www.pref.saitama.lg.jp/A07/BA53/tobu_hp/soudan/soud_02.htm#q5(Q1-5 内定辞退)
http://www.hou-nattoku.com/consult/141.php(内定辞退)
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2...続きを読む

Q転職で、入社直前で辞退した場合どうなるか、実例があれば教えてください

転職で内定を頂いているのですが、辞退を考えてます。
相手先企業は、かなり大きな企業です。
入社日が3/16なのですが、このようなタイミングで辞退した場合、どのような対応をされるか、心の準備をしたいので、ご存知でしたら教えてください。
大きな企業なので、人事に電話するだけで「しょうがないですね」になるのか、
「話をさせてください」と呼び出されて、説教されたり書類提出求められたりするのか、
などを知りたいです。

Aベストアンサー

時期が時期ですから理由は聞かれると思います。
http://ten-navi.com/contents/knowhow/p_kisokouza/p_005.php
ヤッパリ入りたいですってのは無理でしょうね。

Q雇用契約後のキャンセルについて

未経験でリラクゼーション関係の仕事の採用が決まり昨日契約書に印を押し、契約を交わした後、リラクゼーションの研修(フットとボディ)が始まりました。契約時は会社からは研修は1ヶ月と聞いておりましたが、研修時、私より前から研修を受けている人がいて、その方から「研修を受け始めてもうすぐで約2ヶ月になります。1ヶ月目は時給も交通費も発生するけど、それ以降は時給も交通費も発生しませんよ。」と聞いて。契約時に会社からは聞かされていなかったので、驚きました。

さらに(こちらは契約時に聞いたのですが)今研修を受けているところがその会社の系列の学院で研修中に辞める場合は授業料(研修費、教材費)を払わなければならないとのことです。

そして、家で調べてみたところ研修が終了して、店舗に配属されても、アルバイトとして働き、そこから社員になるには売り上げ目標を達成しなければならないらしいのですが、お客様の要望の多い整体でなければ売り上げ目標の達成は難しいとのことです。(研修で学ぶのはフット・ボディセラピー)でも、整体は学院に通った人しか出来ませんので、お金を払って学院に通うことになります。決して安くはない額です。学院に通ったからと言って、売り上げが上がらなければ社員にはなれないみたいです。

セラピストや整体の職業は全てそういうシステムなのでしょうか?
辞める場合は昨日受けた研修費を払わなければならないのでしょうか?

会社が言っていることや求人情報との内容が違かったり先が見えなくて不安や不信感でいっぱいです。

今は契約書に印を押してしまったことの後悔でいっぱいです。

このようなことについて、分かることがあれば、ぜひ教えていただきたいです。
よろしくお願い致します。

未経験でリラクゼーション関係の仕事の採用が決まり昨日契約書に印を押し、契約を交わした後、リラクゼーションの研修(フットとボディ)が始まりました。契約時は会社からは研修は1ヶ月と聞いておりましたが、研修時、私より前から研修を受けている人がいて、その方から「研修を受け始めてもうすぐで約2ヶ月になります。1ヶ月目は時給も交通費も発生するけど、それ以降は時給も交通費も発生しませんよ。」と聞いて。契約時に会社からは聞かされていなかったので、驚きました。

さらに(こちらは契約時に聞いた...続きを読む

Aベストアンサー

 以前類似の質問にアドバイス(参考URLのご紹介)をしたことがあります。
 参考になるかわかりませんが、URLをお知らせします。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4119077.html(リラクゼーション業界への転職)
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4740244.html(業務委託契約?請負契約?労働契約?)
 「リラクゼーション関係の仕事の採用が決まり昨日契約書に印を押し、契約を交わした」とのことですが、まずその契約が「労働契約(雇用契約)」なのか、「業務委託契約」「業務請負契約」なのかの確認をお勧めします。
 「業務委託契約」「業務請負契約」の場合、労働関係法令の適用を受けられる「労働者」ではないとして、「個人事業主」としての対応を求められる場合があります。
(労働時間や最低賃金の適用なし、健康保険・厚生年金保険・雇用保険の加入なし、労災は自分で加入、個人事業主として確定申告等)
 例えば、中途契約解除について、「労働契約(雇用契約)」の場合は労働者に契約解除に伴う会社への損害賠償はほとんど生じませんが、「業務委託契約」「業務請負契約」の場合は、契約書上に記載された契約内容に基づいて損害賠償責任が発生することがあります。
 また、研修費用についても、労働者の場合、退職に伴う費用返還には、一定の制限(使用者(会社)が当然行うべきものは返還請求できない、労働者が希望する研修・資格取得等の経費については、「会社の立て替え」や「労働者への貸付け」である場合に返還請求できる)が、「業務委託契約」「業務請負契約」で「個人事業主」として研修を受講した場合は、退職(研修受講中止)に伴う費用負担は、契約内容(委託・請負、研修受講)により、受講者本人に求められる場合があると思います。
(労働者契約の場合でも、研修受講を別契約で結んでいた場合は、退職(研修受講中止)に伴う費用負担は受講者本人に来る可能性が高いと思います。)
 お客様からの売り上げのほかに、「リラクゼーション関係の仕事がしたい」という人から「(民間)資格・技能取得」という形で収益を上げるという考えも、こういったサービス業ではあるのではないか感じます。
 求人票等の募集広告については、「労働基準法第15条には、労働条件の明示が定められていますが、この条文で言う労働条件の明示とは労働者個々人に対して書面で明示される労働条件のことです。つまり、求人誌やハローワークに掲載されている求人票はあくまでも募集の際に提示する労働条件の目安であり、労働基準法第15条で定める労働条件の明示には該当しません。」と厚生労働省の考えがホームページに掲載されています。
 求人票等の募集広告は「こういった仕事をしたい」という人を集めるための「看板」で、実際の労働条件は当事者(使用者と求職者)で決定するもの、という考えのようです。(もちろん事実と異なる求人票等の募集広告は行政機関から「改善」の行政指導等があり得ると思いますが、「求人票等の募集広告のとおりの労働条件を実施しなさい」という行政指導等はないようです。)
(職業安定法で「職業紹介、労働者の募集又は労働者供給に当たり、求職者、募集に応じて労働者になろうとする者又は供給される労働者に対し、その者が従事すべき業務の内容及び賃金、労働時間その他の労働条件を明示しなければならない。」(職業安定法第42条・第5条の3、職業安定法施行規則第4条の2)と規定されているのに、大きく違う労働条件等が労働(雇用)契約直前に示されたり、採用後に口頭で言われたりしていることが多いと思うのですが、具体的な労働条件の決定は労働(雇用)契約の当事者の責任ということのようです。)
 契約内容を確認され、労働(雇用)契約や労働(雇用)契約の色合いの強い「業務委託契約」「業務請負契約」の場合は労働基準監督署へ、「業務委託契約」「業務請負契約」の場合は研修費用の点を含め消費生活センター等へ相談されてはいかがでしょうか。
 また、場合によっては専門家への相談も必要かもしれません。
 質問者さんが女性でしたら、自治体で、男女共同参画センターを設置して無料で弁護士が相談に応じているところ(「男女共同参画」「法律相談」「自治体名(県・市等)」で検索できると思います。)もあるようです。
 労働相談の1つの形態として無料の弁護士が法律相談に応じているところもあるようです。(「特別労働相談」や「労働相談」「弁護士」で検索できると思います。)
(限られた時間の中での相談となると思いますので、「事実関係や相手方・会社の対応等を時系列的にまとめたメモ」、「どのような解決を望むか」、「同様の事例での判例、立証方法、訴訟と調停等(裁判所)の解決までの時間と費用、手続き、などの聞きたいこと」を事前に書面で準備しておくことをお勧めします。)

【参考?URL】
http://www.cscj.co.jp/labor/no164.html(業務委託契約・請負契約・労働契約)
http://www.pref.oita.jp/14530/rousei/sodan/sou4-5.html(請負契約と労働契の違い:大分県Q&A)
http://www.hataraku.metro.tokyo.jp/sodan/sodansitu/qa/qa01/qa01_02.html(業務委託契約・請負契約:東京都Q&A)
http://www.roudoukyoku.go.jp/seido/kijunhou/k-aramasi.htm(労働者:東京労働局)
(http://www.roudoukyoku.go.jp/seido/kijunhou/index.html(1 労働者:東京労働局))
http://www.zenroren.gr.jp/jp/soudan/q&a/q&a.html(Q4 業務委託契約・請負契約・労働契約)
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2034161.html(研修費用の返還等)
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3186986.html(研修費用の返還等)
http://www.pref.fukui.lg.jp/doc/roudouiinkaijimukyoku/qa/qa34.html(研修費用の返還:福井県Q&A)
http://www.jil.go.jp/kikaku-qa/jinji/J06.html(留学費用返還)
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2095107.html(求人票と実際の労働条件の相違)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/roudoujouken02/sonota.html(Q2 求人票と労働条件:厚生労働省)
http://www.ibarakiroudoukyoku.go.jp/soumu/qa/saiyou/saiyou02.html(求人票と実際の労働条件の相違:茨城労働局)
http://www.jil.go.jp/kikaku-qa/funsou/K07.html(労働者の損害賠償)
http://www.jil.go.jp/kikaku-qa/shushoku/K07.html(賠償予定の禁止)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/location.html(労働基準監督署)
http://www.kokusen.go.jp/map/(消費生活センター)

 以前類似の質問にアドバイス(参考URLのご紹介)をしたことがあります。
 参考になるかわかりませんが、URLをお知らせします。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4119077.html(リラクゼーション業界への転職)
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4740244.html(業務委託契約?請負契約?労働契約?)
 「リラクゼーション関係の仕事の採用が決まり昨日契約書に印を押し、契約を交わした」とのことですが、まずその契約が「労働契約(雇用契約)」なのか、「業務委託契約」「業務請負契約」なのかの確認をお...続きを読む

Q採用されたけど後日断るって普通ですよね

転職で採用され、入社することになっていますが、後日断るって普通ですよね
仕事内容に迷いがあって少し時間が経っていますが、初出社はまだなので断るか迷ってます。
断るのって言いにくいですよね。経験者の方お聞かせください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。
私も転職組です。
せっかくの転職の機会なので、これから先の事を
考えいろいろ迷いながら、就職活動をしていると思います。
私もそうでした。
何社も面接を受け、採用も数社いただきました。
しかし、その後1社に入社の意思を示した後もやはり悩み、
結局断りました。
やはり貴方と同じで、断りにくいなと思いながらも勇気を振り絞って
人事担当の方に内定辞退と謝罪を行いました。
仕事とは、単に生活する為の手段ではなく、人生の生活の中で多くの
時間を費やすと共に、自分なりのやりがいも必用な物だと思います。

もし、貴方の中で迷いがあるなら、仕事内容についてその迷いを自分で吹っ切るか、やはり辞退するか良く考えてくださいね。
やはり、自分が活き活きと笑顔で出来る仕事が一番だと思うので。。。
その為には金銭的に許されるなら、自分が納得できるまで探してみても
良いと思いますよ。

ただ断る場合も企業に対しては、企業にも都合がありますので、なるべく早く誠意を持って連絡してくださいね。
おそらく、はいわかりました。と淡々と受け答えされると思いますが
それは自分が逆の立場になった時の事を考えれば納得できると思います。 

はじめまして。
私も転職組です。
せっかくの転職の機会なので、これから先の事を
考えいろいろ迷いながら、就職活動をしていると思います。
私もそうでした。
何社も面接を受け、採用も数社いただきました。
しかし、その後1社に入社の意思を示した後もやはり悩み、
結局断りました。
やはり貴方と同じで、断りにくいなと思いながらも勇気を振り絞って
人事担当の方に内定辞退と謝罪を行いました。
仕事とは、単に生活する為の手段ではなく、人生の生活の中で多くの
時間を費やすと共に、自分なりの...続きを読む

Q一日で辞めた方いらっしゃいますか?

就職後、1日で会社を辞めたくなりました。
礼儀がすごく厳しい会社のようで、社風が合いません。
会社にはものすごく迷惑をかけるのは承知してますが、保険や年金等の手続きの前にと思い、会社に採用辞退を申し出ようと思います。
就職後、1日で会社を辞められた方、いらっしゃいますか?
そのような方がおられましたら、そのときのエピソードなど教えて頂けないでしょうか?

Aベストアンサー

こんな質問をすると、
「そんな考え方じゃどこに勤めても同じ」「会社に迷惑だから早く辞めて下さい」みたいな回答が来るよ~(笑)。

っと、まず、1日で辞める人はいますよ!まぁ合わないものは合わないんで、それは悪い事ではないと思うよ。まぁ続けてみないと真実は分からないってな意見もすごく「その通り」って意見なんだけどね。
まぁ君が「どうもおかしい。ここは違う」って思ってるなら1日でも3日でも辞めていいと思う!!
かくいう俺もすぐ辞めた事はあるし。そんな時に周りは「そんなんじゃダメだ・・。どこ行っても一緒!」みたいな事言ってくるんだよね。あれってなんなんだろうね。ちなみに俺は今は自分に合った職場で続けてるし辞めようともとも全く思わないね。すぐ辞めた会社に至っては、「ソッコー辞めてよかったぁ」と思ってるし。自分の色に合わないところはとことん合わないからね。それは本人にしか分からないだろうし、自分がそうだと判断したなら周りの意見に振り回されちゃダメだわな。
すぐ辞めたからってどこ行っても同じって意見は低脳の意見だと聞き流そう!自分は絶対に自分に合った職場に行くんだ!ってな意識があれば大丈夫!1日で辞めてもいいと思うよ!!

こんな質問をすると、
「そんな考え方じゃどこに勤めても同じ」「会社に迷惑だから早く辞めて下さい」みたいな回答が来るよ~(笑)。

っと、まず、1日で辞める人はいますよ!まぁ合わないものは合わないんで、それは悪い事ではないと思うよ。まぁ続けてみないと真実は分からないってな意見もすごく「その通り」って意見なんだけどね。
まぁ君が「どうもおかしい。ここは違う」って思ってるなら1日でも3日でも辞めていいと思う!!
かくいう俺もすぐ辞めた事はあるし。そんな時に周りは「そんなんじゃダ...続きを読む

Q採用されたけれど、勤務開始日当日辞退。

先日バイトの面接を受けて、採用の電話がきて、勤務開始日を決めました。

しかし、そのバイトの面接を受けた日に、前応募して放置されていたところから連絡がありました。
放置されていたので、腹立たしくて電話対応を不機嫌&適当にしてしまったので落とされるだろうと思いながらも、一応面接に行きました。
すると、意外に条件もよく、雰囲気もよくて、惹かれました。
そして、今日の夜に、採用の電話があったので、はじめに採用されたところを辞退しようとおもってます。

勤務開始日は明日です。
当日に断るの失礼だと思いますが、なんて言えばいいでしょうか?

もしくは、1日働いてからやめた方がいいですか?

Aベストアンサー

法律上は、口だけで契約は成立するものがほとんどです。それは、「お互いの意思が合致」することによって成立するとする契約がほとんどだからです。あなたの場合も「意思の合致」はありますよね!?だから、一応契約は成立してます。(って法律の細かい話はいいとして。)

バイト程度であれば、同業他社で働いても問題ないです。バイトは、会社の機密情報などを知る機会がないですので。

Q派遣の本契約後、就業前の契約キャンセルについて

派遣社員として本日3月2日より就業予定でした。
勿論事前に派遣先との面接から本契約を済まし、各種手続きの書類にも捺印し、
通常でしたら本日朝から問題なく就業開始のはずでしたが、
とても悪いタイミングで、同居の祖母が昨夜亡くなってしまいました。

明日通夜、明後日葬儀となり、本日は葬儀場の控え室で諸用をこなしながら待機しています。
母(今回亡くなった祖母の実の娘)が各手続きで忙しいので、私は要介護の祖父の世話と、訪問者等への対応にあたるため、
本日より葬儀の日まで3日間のお休みを頂きたいと派遣元に連絡しました。(実際休み自体はいただくことになりました)

担当の営業の方は、事情が事情なので仕方ないから休んで下さい。といった感じでしたが、
本日担当者から派遣先に連絡して頂いたところ、
欠員が出ての人員補充で、引き継ぎの為に早く就業開始して欲しかった、ということで、
本日より3日間就業できないと引き継ぎの期間が短くなってしまうため、
他で人を探して、雇ってしまうかもしれない(当方の話は白紙)と言われてしまいました。

勿論現段階で契約キャンセルが決定したわけではないですし、
派遣先企業様のご事情もお察ししますし、今回の場合は完全に当方の都合でご迷惑をおかけすることになってしまいましたので、
契約キャンセルもやむなしかとは思っておりますが、
実は数日前、本契約を交わす前に、
丁度派遣先との面接時期に急病で倒れた祖母の状態が芳しくないことと、それに伴い祖父も精神的・身体的にダメージがきているため、
もしかしたら色々な面で派遣先にご迷惑をおかけするかもしれないので、本契約前に断った方が良いのではないかと迷っている、という話を派遣元の担当者には伝えたのですが、
最初は1ヶ月契約だから、何かあればそれで契約を止めてもいいし、とりあえず今回は契約しましょうよ、と言われて本契約しました。
その結果こうなってしまいました…

このような状況の場合、契約キャンセルには問題ないのでしょうか?
また、もし契約キャンセルとなった場合、今までの手続きと今後はどのように進んでいくのでしょうか?
社会保険も手続きを進めていましたので、それもどのようにしていけばいいのか困惑しています。

何かご存知の方いらっしゃいましたら、アドバイス戴ければ幸いです。

派遣社員として本日3月2日より就業予定でした。
勿論事前に派遣先との面接から本契約を済まし、各種手続きの書類にも捺印し、
通常でしたら本日朝から問題なく就業開始のはずでしたが、
とても悪いタイミングで、同居の祖母が昨夜亡くなってしまいました。

明日通夜、明後日葬儀となり、本日は葬儀場の控え室で諸用をこなしながら待機しています。
母(今回亡くなった祖母の実の娘)が各手続きで忙しいので、私は要介護の祖父の世話と、訪問者等への対応にあたるため、
本日より葬儀の日まで3日間のお休...続きを読む

Aベストアンサー

>契約キャンセルには問題ないのでしょうか?

問題ないと思いますよ。契約というのはお互い履行するのが前程ですから、一方が履行できない(あなたが就業できない)なら契約不履行になるわけですから、キャンセルは可能でしょう。どういう事情があったにせよ、契約が履行していないのなら解除できるような旨の条項があるかと思いますので、もしお手元に契約書があれば確認してみてください。むしろ損害賠償も請求できる等の文面もある場合もありますから(ただ今回はお身内の方が亡くなられたという、やむを得ない事由なので請求されることはありませんが)。

>今までの手続きと今後はどのように進んでいくのでしょうか

それは派遣会社がやってくれるはずなので、場合によっては一筆書いたり捺印させられるかもしれませんが、指示を待つしかないでしょう。何もしなくてもいいかもしれません。
社会保険は何処まで手続きしてるかによるので一概には言えませんが、全く就業しなければ、雇用保険料などを引くことが出来ないので、最初から加入していない状態に戻されるかもしれません。これは派遣会社に確認したほうがいいでしょう。もし国民健康保険などに脱会の手続き済みであれば、再加入しなくてなりませんので、派遣会社から書類をもらってご自分で手続きすることになりますね。

>契約キャンセルには問題ないのでしょうか?

問題ないと思いますよ。契約というのはお互い履行するのが前程ですから、一方が履行できない(あなたが就業できない)なら契約不履行になるわけですから、キャンセルは可能でしょう。どういう事情があったにせよ、契約が履行していないのなら解除できるような旨の条項があるかと思いますので、もしお手元に契約書があれば確認してみてください。むしろ損害賠償も請求できる等の文面もある場合もありますから(ただ今回はお身内の方が亡くなられたという、やむを得な...続きを読む

Q口頭で契約更新に了承後、撤回や変更は可能ですか?

派遣で働いている者です。

長期で働いていますが、契約期間は3ヶ月ごとの更新で、丁度この4月で契約の区切りがつきます。

先月(3月)の後半頃、次回(5月~7月まで)の契約更新の意思確認を求められました。
その時は「更新します」との返事をしました。

が、4月に入ってすぐ、以前から希望していた仕事が募集をしているのに気づき、応募してしまいました。
応募先の会社からは、採用が決まれば、すぐにでも入社してほしいと言われています。
(どれ程待ってもらえるかは、交渉にもよりますが、との事)

急いで今の派遣元に連絡を取りました。
他社で採用試験を受けており、採用が決まれば今の仕事を辞めるかもしれない事。
辞めなければならない事が決まれば、最低でも何日前に連絡すべきかを問い合わせました。

すると、
7月まで契約期間があるので、それまで辞めてもらっては困る、
口約束だけでも更新に了承した事に変わりはない。
それを守るのは社会人としてのルールだ、との返答。

考えてみれば当然の返答です。
安易に更新に了承した自分に否があるのも理解してはいますが…
応募した仕事はなかなか募集のかからない珍しい職種なので、
この機会を逃すと、後何年レベルの単位で待たなければならないかも、と思うと諦めきれません。

派遣元と口約束で了承した段階で、その契約を撤回したり、内容を変更する事(1ヵ月更新に変更するなど)は不可能なのでしょうか?

派遣元や派遣先には今までお世話になっている手前、おかけする迷惑はできるだけ少ない方法を取りたいです。
(現状だけでも十分迷惑になっていると思いますが…)

どうか、ご教示下さい。

派遣で働いている者です。

長期で働いていますが、契約期間は3ヶ月ごとの更新で、丁度この4月で契約の区切りがつきます。

先月(3月)の後半頃、次回(5月~7月まで)の契約更新の意思確認を求められました。
その時は「更新します」との返事をしました。

が、4月に入ってすぐ、以前から希望していた仕事が募集をしているのに気づき、応募してしまいました。
応募先の会社からは、採用が決まれば、すぐにでも入社してほしいと言われています。
(どれ程待ってもらえるかは、交渉にもよりますが、との事)

急いで今...続きを読む

Aベストアンサー

絶対的な事は言えませんが、まだ1ヶ月近くあるのですし更新無しにする事も充分可能であろうと思います。
ただ、迷惑をかけるかどうかという点で言えば、すでに派遣元はやめられたら迷惑だと言っているのですからどうにもなりません。
長期で安定した労働を求めるなら、3ヶ月などと言う超短期ではなく、1年や3年契約にすれば良いのであって、派遣元が都合良すぎると思いますけど、世話になってるのではねぇ・・・

1ヶ月更新というか、要するに1ヶ月だけ延長するという事になると思いますが、それは相手次第でしょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング