『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

本日、郵便書留で私宛に弁護士からの通知書が届きました。

内容は以前勤めていた会社に税務調査が入り、私の記入した帳簿に過少記載されていて
650万円の追徴課税をされた。
税務当局の史跡に基づき会計事務所が調査したところ税務当局の指摘は私の記帳されてきた帳簿に基づく過少収入の指摘、会計事務所の調査でもその事実が判明したと記載されていました。
一度ゴールデンウイーク明けに前会社にこの内容で呼ばれて行ったのですが
私は何も覚えがありません。
会社からお金を横領なんてしていません。
それなのに、刑事告訴も視野に と記載されていました。
5日以内に電話を とあったので電話したところ担当弁護士さんは本日不在のため電話をすることができませんでした。
現在私が住んでいる所と前会社は距離があり、高速で2時間弱の所です。
そして私は今妊娠7ヵ月で胎児に少し問題があり、あまり実家の方に帰ることができません。
そのような場合、私は逮捕されてしまうのでしょうか。
本当に不安で食事ものどが通ることができなくなりました。
どうかお答えお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

貴女の文面からしか判断できませんが、弁護士から来た通知書は、こういう事実が有りましたと言うだけであって、単なる通知書ですね。


その弁護士は、誰の弁護士なのですか。社長側なのか、株主側なのかで立場が違うでしょう。
社長が貴女に実際より少ない収入を告げて、貴女に虚偽の金額を帳簿に記載させたのだとして弁護士が社長側の弁護士だとしたら、それは貴女に罪を被せて社長自身は罪を逃れようとしている可能性が有ると思います。
既に650万円の追徴課税をされたそうですが、この先重加算税が取られるかもしれないし、悪質な場合は犯意を持って行った当事者が逮捕・投獄されることもあるでしょう。
ですから、社長としては貴女に罪を被せて自分の投獄は避けたいと思っているのかもしれません。

また弁護士が株主側だとしたら、会社の金・・つまり株主の金を社長に横領されたと考えますが、社長が苦し紛れに「俺は知らない。多分、帳簿をつけていた女が横領して、帳簿に過少に記載して誤魔化していたのだろう」などと言ったのかも知れず、株主としてはその言い分を一応は調べたいということでしょう。

貴女に何も覚えが無いなら、一番考えられるのは、社長が売上金から一部を抜いて私的流用(横領)をして、抜いた後の金額を貴女に告げて過少記載をさせたというものではないでしょうか。
必ずしも社長とは限らず、この前は「部長が横領していることを突き止めたけど、どうしましょう」という男性社員の相談が有りました。
その人は会計担当者ではないのですが、担当者は気づいていないそうです。
私の回答は、黙っていたほうが良いと云うものでした。
仮に横領額が2千万円だとして、この先部長が5千万円の横領をするとして、その人が社長に告げれば会社は将来の5千万円の損害を免れられるわけです。
しかし、その人は多分一時的には「偉い、良く見つけた」と褒められて持ち上げられますが、そのうち「何でもっと早く気づかなかったんだよ。お前が早く気づけば会社は2千万円も損害を受けなかったのによ」みたいに言われ、そのうち会社に2千万円の損害を与えた男みたいなレッテルを貼られてしまうのです。
そして全然気づかなかった大多数の人たちはお咎め無しです。これが世の中です。

貴女の場合は、社内の会計監査か何かで横領が有ったことがばれて、それを社長が貴女のせいにしていたのかもしれませんね。
そして、対外的に揉み消そうとしていたら税務調査が入ってばれてしまったので貴女に公的な容疑がかかってしまったということかもしれません。

法律の不備と云うものは沢山有りますよ。私も詐欺罪で書類送検されたことがあります。
容疑は、健康保険の資格が無いのに健康保険証を使ったから詐欺罪なのだそうです。
私がある年の6月に健康保険で歯の治療を受けたときは、健康保険に加入していたし保険料も払っていました。
もちろん健康保険証の有効期限内でした。
しかし、その年の12月に社長が勝手に全従業員の健康保険を2年前に遡って解約し、解約返戻金を受け取って着服したのだそうです。
2年前に遡って解約されたので、私が6月に健康保険で歯の治療を受けたときは健康保険に加入していなかったことになり、有効でない健康保険証を使ったので詐欺罪なのだそうです。
私を担当した検事は、「貴方は全く悪くないけど、法律ではそうなってしまうんですよ。不運でしたね。何とかしますから気を落とさないでください」と言ってくれて不起訴にしました。
でも社長は、何の罪にも問われず着服した金も返さずで終わりになりました。これが法律なのですね。

出来るかどうか分かりませんが、貴女が不安なら地方検察庁に問い合わせて自分が起訴されるかどうか尋ねてみると良いでしょう。
まだ担当検事も決まっていないですから、まず教えてもらえるとは思えませんが、親切な検事さんに当たれば大体のことを教えてくれるでしょう。
ともかく我々素人が議論していても何も解決になりませんから、

・法テラス|法律を知る 相談窓口を知る 道しるべ
http://www.houterasu.or.jp/index.html  のようなところに相談すると良いですよ。
市役所の無料法律相談は10分ぐらいですが当番の弁護士が軽く相談に乗ってくれます。
わずか10分ぐらいですが、近いので何回も行けば良いでしょう。

あと、もしも弁護士を頼むときは、会計に詳しい人でないと、やっつけられてしまうので要注意です。
弁護士同士の折衝は、先輩・後輩の関係で勝ち負けが決まります。
「先輩の顔を立てて、ここは私の負けと云うことにしますよ」、「おう、そうかね。助かるよ、君」とか、そんな感じです。
依頼人の利益の代弁者の顔なんてどこにも有りません。
ですから弁護士会会長ですとか元会長ですと、もの凄く強いのです。
依頼する弁護士を選ぶときは、そういう点も要注意ですね。
ただ、弁護士はべらぼうに金がかかります。1年100万、2年200万みたいになりますから大変です。
刑事被告人となると、自分で弁護士が雇えない人には国選弁護人が無料でつきますが、国選弁護人は報酬が安いので適当にお茶を濁す悪徳弁護士も居ますね。
要注意です。悪い弁護士だと思ったら忌避しましょう。
法務省人権擁護局は利用したことは無いのですが、相談に乗ってもらえるかもしれませんので一応お知らせしますね。

・法務省:人権擁護局
http://www.moj.go.jp/JINKEN/
頑張ってくださいね。大急ぎで動いて法的な知識を仕入れて理論武装したほうが良いですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

この弁護士さんは前会社社長の代理人であると記載されていました。

本日担当弁護士さんと電話したのですが
過去5年帳簿の過少記載があり、合計700万だそうです。
ですが私はそのお金を横領していなく、社長に何か言われてやったこともないのです。
ただ私の記載ミスなのです。
そりことに関して会社に多大なるご迷惑をおかけしたので
どうにか償いたいのですが専業主婦で700万は少し無理があります。
なので私も専門家にお願いして減給や分割にならないか相談してみようと思います。
親切なご回答ありがとうございました

お礼日時:2012/07/04 15:19

一番良いのは、あなたも弁護士へ依頼されることです。



弁護士であれば、あなたと面談等を行い、あなたの主張を代弁したうえで対応することになるでしょう。その上で、あなたの弁護士が相手にあなたに不利益となるような証拠があり、あなた側に責任を持たされる可能性があれば、あなたの了承を受けたうえで、それを低くするための交渉も行うことでしょう。
その中で、裁判等による負担等を考えて天秤をかけ、交渉してもらうことも可能でしょう。

単純に考えれば、あなたが役員や責任者である肩書等をもらっていなければ、あくまでも事務を担当したに過ぎず、チェック体制などを用意していないのは、会社の都合であり、会社の責任という考えもあるでしょう。さらに、そのチェック体制等を指導しなかった税理士にも責任があると思いますね。

逮捕や拘束をされるようなことがあっても、あなたの体のことを考えてくれることでしょう。心配であれば、医師の診断書などを入手し、手元に置いておきましょう。そうすれば、見えない胎児の状況等を説明する資料にもなることでしょうから、乱暴な取り扱いやいい加減な取り扱いは出来ないことでしょうからね。

さらに心配であれば、法律家に事前相談し、もしものときには依頼を受けてもらえる約束をとり、その旨をご家族などに伝えておくことですね。そして、拘束されるような際には、家族へ連絡させてもらうか、連絡してもらえるように伝えるようにすれば、直接法律家へ連絡しなくても対応がスムーズにできることでしょうね。

事前に対応したいのであれば、弁護士が一番です。弁護士はちょっとというのであれば、司法書士や行政書士でもある程度の相談は可能かもしれませんし、単純にあなたの言い分を法的な証拠として残せる内容証明等で相手へ伝えてくれることでしょうね。

質問文だけを見ると、いい加減な弁護士のようにも思います。ただ、悪意があれば、弁護士という肩書と法律知識を都合よく使って、あなたに金銭を請求し回収したいというだけかもしれません。あなたが法的な対応をし、相手にどうこう言わせないような形をとれば、相手の弁護士も何も言えなくなるかもしれませんよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

弁護士さんに依頼したいのですがそんなお金もなく
途方に暮れています。
本日弁護士さんと相手の弁護士さんと話をしました。
次に質問もしていますが、
凄く威圧的で怖い思いをしました。
自分の言いたいことだけバラバラ言って電話を切ってしまい
なんだかあっけないです。

お礼日時:2012/07/04 15:15

今年1月に亡くなった私の父は査察Gメンでした。

尾行、張り込み、潜入調査もしたことがあったようです。税金と言っても色々あります。法人税は法人つまり会社に課せられるもの、所得税とは個人営業者に課せられるものです。その他相続税、そうよぜいなどがありますが、今回税務調査が入り、課されたのはあなたが以前勤めていた法人でしょ。何故一社員である。あなたに弁護士からそのように通知書なんて来るのかりかいにくるしみますね。不正経理に加担したという確たる証拠でもあるのか理解に苦しみます。法人として追徴金をしはらつたのなら普通はそこで終わりのはず。また弁護士は依頼人の依頼を受けて活動をするもので依頼者は誰なのか?刑事告訴と言っているが、誰が誰を何の罪でどこに告訴するのか、はっきりしていますか?通知書は
わたしも警察官とし数々の告訴事件を受け付け捜査してきましたが、告訴じょうには告訴人、被告訴人、告訴事実が書かれていなくては有効ではありません。被告訴人はいついつどこでこのような行為をしたこれは、刑法上の何々罪にあたるよって厳重に処罰願いたい。
     ○○警察署長殿、あるいは○○地方検察庁検事正○○どのとね。
まあ妊娠7ヵ月の妊婦を逮捕するとは思えません。いいかげだなその弁護士は
     5日以内に電話を
とか言っておきながら、いないなんて。普通法律事務所には秘書、事務員がいて電話の取り次ぎとか。こちらからお電話するとかいうもんだが。通知書を見ていないので何ともはっきりしたことは言えませんが、心配ならその通知書持って他の弁護士探し相談してみてくださいお住まいの都道府県の弁護士会のホームページには所属弁護士の事務所所在地電話番号指名がのっているはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい回答ありがとうございます。

私が記載していた帳簿は一日の収支を記入していたもので
それが過少記載されているということでした。
不正経理していたなんてとんでもないですし、本当に何もしていないのに
疑われて悲しい気持ちです。
いろいろ考えてしまいストレスで食事ものども通らなくて胎児にも悪影響があるんじゃないかと
不安で押しつぶされそうです。

たぷん依頼主は私の勤めていた会社の社長だと思います。
どの罪で・・・ということは一切記載されていませんでした。
たぶん電話で話をするのかと思います。

明日(7/4)にもう一度お電話くださいということなのでもう一度してみようと思います。

ご親切な回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/07/03 17:17

何も覚えがなく 会社からお金を横領なんてしていないなら、会社の誤解でしょうから気にすることはないし、必要なら弁護士に相談してみたらいいです。

法テラスなら弁護士に無料相談できるし、「弁護士 無料相談 ○○」で○○は地域を入れて検索したらいいです。妊娠中でもあり心配が強いと胎児にも悪影響がありますから心配しないことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何も悪いことは一切していないのです。
無料相談 本日検索してみます。
胎児に悪影響があるのかと思うとより不安になります。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/07/03 14:18

せんせー それサギじゃないですか?


その内容で刑事告訴できるもんならやってみろって感じですけどね。
良いのか悪いのかおいといて検察は有罪率90%以上です。
つまり有罪を取れるかあやしいのは不起訴にしまくるってことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

不起訴になればいいのですが、
私の子供、主人、家族に悪影響がでるのではないかと本当不安です。

お礼日時:2012/07/03 14:16

証拠に基づく逮捕状が無い限り、逮捕にはなりませんよ。


※現段階では、帳簿が間違っている事は判明しても、なぜ間違ったのかが不明なので、
  なんら証拠にはなりません。

裁判になる可能性は高いですが、
なにより、無実なら証拠が無いはずなので、
逆に相手の調査にできる限り協力すれば、
その結果があなたの無実を証明する事になると思いますよ。
たとえば、当時の通帳のコピーを渡すとか・・・(要求されれば)

そもそも、その会社ではあなたが一人で帳簿を管理していたのですか?
通常、記載者とチェックする人(上長など)が別々ですよね。
もし、別々なら、あなたは、記載は担当したけど、チェックは上長のXXXさんですと言いきるのがよろしいかと。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくの回答ありがとうございます。

帳簿の原本が会社側にあります。
むしろ私は何も持っていません。
証拠はすべて会社側にあります。

帳簿の記載は週替わりで3人で行っていましたが
チェックは誰もしていませんでした。

親切なご回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/07/03 14:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q身に覚えの無い、弁護士事務所からの封筒

私は6年ほど前に離婚し、旧姓に戻りました。
それから2年後に再婚し、今の姓になりました。
姓が変わるごとに住所変更、名義変更はきちんとしてきました。
それが最近、今の住所に離婚する前の姓宛で郵便物がきました。
郵便局も、姓が違うので確認させてください、という内容のはがきをポストに入れてくれていましたので、電話で確認したところ、「書留が届いています」とのこと。
どこから着ているのか気になったので一応持ってきてもらったのですが、それが身に覚えの無い弁護士事務所からの封筒だったのです。
(姓がちがうので受け取らず持って帰ってもらいました。)

以前に(その時はすでに再婚していました。)別れた元夫が私の名前を使い、通販で商品を購入した(元夫が自分で受け取った)にもかかわらず代金を支払わず、請求されても知らん顔をし、「そんな名前の人間はいない」と言い放ったようです。通販のクレジット会社が、私の事を追跡調査?して今の住所に請求書を送ってきました。(その件は解決済み)
その時は今の姓宛でした。
皆様にお聞きしたいのは、今回の弁護士事務所はなぜ、住所は現住所にもかかわらず、6年も前に変わっている姓宛で送ってきたのか?
また、弁護士事務所から送られてきた郵便の中身は何なのか?
もうひとつ、私はなにか行動を起こしたほうがいいのか?

以上、もちろん推測でかまいません。
経験者の方、弁護士の方、もちろん普通?の方、考えられる事なんでも結構ですのでご回答よろしくお願いいたします。

私は6年ほど前に離婚し、旧姓に戻りました。
それから2年後に再婚し、今の姓になりました。
姓が変わるごとに住所変更、名義変更はきちんとしてきました。
それが最近、今の住所に離婚する前の姓宛で郵便物がきました。
郵便局も、姓が違うので確認させてください、という内容のはがきをポストに入れてくれていましたので、電話で確認したところ、「書留が届いています」とのこと。
どこから着ているのか気になったので一応持ってきてもらったのですが、それが身に覚えの無い弁護士事務所からの封筒だった...続きを読む

Aベストアンサー

No3に投稿した者です。
一応、封筒に書かれた名前を使って尋ねてみては。
簡単には今の名前は言わないほうがいいです。
電話番号は本当に、その弁護士事務所のものか、今一度、電話帳で確かめてくださいよ。 あと一応、消印が事務所の所在地のものかも確かめて。

あなたの情報がないから、きっと古い情報で書いたんでしょうから?
気になるのですが、その封筒は所在地、事務所名等は印刷ですか?
印刷あるいはスタンプ等であれば本物っぽい感じですけどね~、でもとことん疑った方がいいですよ。


その、封筒は大事に保管してくださいよ。
あとは、何か変わったことがあったらメモを書くこと。
これから、どういう流れになるかわかりませんから。

Q簡易記録とは何ですか…

郵便局からの不在票があり、差出人は全く知らない女の方で、種類は簡易記録でした。

簡易記録って何でしょうか…


全く知らない女の方…っていうのが不安です…


郵便局に問い合わせしてみたら
簡易記録の種別はないと言われました…もっともっと怖くなってきました…

不在票には簡易記録のとこに印してあるのに…その種別はないと…
何なんだろ…

差出人の女性の名前も全く知らない人です

結婚して名字が変わるにしても下の名前も全く知らない人です…(;´`)

Aベストアンサー

簡易と記録の文字の間に「・」が付いていませんか。・が付いてあれば、簡易書留と特定記録の2つの郵便のどちらかが該当すると言う意味になります。
ただ特定記録は不在の場合はポストに投函するので、通常は留守でも不在票は書きません。ポストなどが設置されていなくて、投函できない場合などは不在票をドアに入れて持ち帰りますが。
なので送られてきた郵便は簡易書留だと思います。
裁判所は関係ないですよ。裁判所からの郵便は「特別送達」と言う郵便になるので、不在の場合は「特別送達」に印を入れます。
「簡易・記録」の下に「特別送達」と言う文字があると思います。
何か大事な知らせなのでしょうね。受け取ってみるしか正体を知る事は出来ませんね。

Q覚えのない差出人から配達記録の郵便がきた。

留守中に不在配達票が届いていた。差出人をインターネットで調べると金融会社らしい。お金を借りた覚えもまったくない。郵便局にその旨伝えると、別に郵便物を見て、受け取らなくてもよいとのこと。でも、皆さん「そうおっしゃいます」ときた。不安といえば不安。インターネットの使用料が毎月、滞納していることはあるが、これは止められ前にいつも納付しているし、この会社とは全然関係もない。受け取るのも配達記録がいくので、嫌だし。その郵便物を認めるようなことになるのかな?まだ郵便物をみてないから、なんともいえないが、たぶん相手は振り込め詐欺のようにノウハウもあるし、一歩上だろう。本当に覚えがないので、拒否しようかと思いつつも、次の相手がどんな手でくるか不安でもある。皆さんならどうします。

Aベストアンサー

受け取ったほうがいいと思います。

状況は違いますが、
私の場合、お金貸して配達記録付きの内容証明を出しましたが、相手が引っ越したらしくあて先不明で手元に返ってきました。今月1日付けの住民票をもらっているので、それと内容証明郵便で公示送達をします。
公示送達とは相手が不在の場合でも2週間、裁判所に公示するだけで相手に通知したことを証明するものらしいです。2万円くらいかかるのですが。。。。

つまり、内容証明の文章はあなたが受け取り拒否をしたとしても裁判所で公示通達すれば、あなたは内容証明と同様な文章を把握したってことが裁判所が認めたことになります。認めたってことは知らない所で裁判が行われ、知らない所で敗訴扱いされる(強制執行される可能性があります)ことになります。
もちろん裁判所もバカじゃないので、証拠となりうる物証=この場合は内容証明(配達記録付き)の受け取らなかった記録or配達できなかった記録+相手の住民票+借用書か契約書かそういう類のものがないとそんなことはしないみたいです。

仮に配達記録の内容が内容証明だとして、その内容が間違ったものだとしたら今のうちに見ておいて、裁判所に異議申し立てはしておかないと、私の調べうる限りの最悪な状況は個人情報は流通されるし、強制執行もされる可能性も考えられます。っていうか私が貸した相手にそこまでするつもりですから。司法命令が出たら民事ですが、警察にも訴えうることも出来ますので。(警察は民事不介入が大原則)

ちなみに債権回収会社は法務省のHPで出ております。アプラスは法務省では認可していないみたいですので、無視してもいいと思いますが、何か買い物して、忘れてたっていうのでしたら大事に発展すると思いますよ。

参考URL:http://www.moj.go.jp/

受け取ったほうがいいと思います。

状況は違いますが、
私の場合、お金貸して配達記録付きの内容証明を出しましたが、相手が引っ越したらしくあて先不明で手元に返ってきました。今月1日付けの住民票をもらっているので、それと内容証明郵便で公示送達をします。
公示送達とは相手が不在の場合でも2週間、裁判所に公示するだけで相手に通知したことを証明するものらしいです。2万円くらいかかるのですが。。。。

つまり、内容証明の文章はあなたが受け取り拒否をしたとしても裁判所で公示通達すれば、...続きを読む

Q弁護士からの通知書に反論はできるの?

私も弁護士からの通知書がきました。お互い既婚者と知っていて去年の夏のみ何日か付き合ったのですが、その後は殆どメールだけでした。
しかし、相手の奥さんに知られ弁護士を通じて今後は一切の連絡を
するな、貴方の書いた文章には脅迫の文言もみられる、このことを
第3者に話したり、彼に連絡を取った場合には彼または、妻が法的手段をとる。という内容です。メールをしていたことがまるでストーカー扱いと犯罪者のような書かれかたで納得がいきません。
通知書の効力はどのようなものなのですか?また、この弁護士宛に
反論の手紙を書くことはできるのですか?犯罪者扱いにたいして、
逆にこちらからも『連絡はするな、法的手段をとる』という内容の
通知書を送ることはできますか?私は外国にいるので弁護士がいません。自分で上記のことができますか?私のしようとすることに
法的な違反はありませんか?教えてください。

Aベストアンサー

結論から言うと、通知してきただけのものに返信しても無意味です。文通ではないし、答弁書でもないんです。
また、合意があっての妊娠については、残念ながらお互いの責任なんですね。憤る気持ちは女性として理解しておりますが、法律論で言うと半分は自己責任となってしまいます。

金輪際、連絡を取りたくないということであれば、今回の通知どおりに連絡を取らなくすればいいだけのことです。反論したいのは、ただ怒りが収まらないというだけなのですよね?

通知書は誰でも送ることはできます。ただ、彼が送ってきたというなら、「何の法的手段が取れるんだ」と嘲笑してやればいいだけのことなんです。前述のとおり、「見当違い」ですから。だから、あなたが送る事だって確かに出来ますが、「法的手段を取る」という内容であれば、彼と同じ「間違い」をしてしまうというだけのことです。

また、海外ってどこの国かもわかりませんが、アメリカなどなら、国際的に活躍する弁護士も多くいます。依頼するのもいいかもしれませんが、日本の弁護士でもメールで有料の相談を受ける人もいます。
また、訴訟になれば、帰国の必要もあるでしょう。

ここで、整理しておきたいのは、あなたの望みは何ですか?
家庭を失って辛い思いをする可能性があっても、「悪く言われたくない。名誉を回復したい」ということが望みですか?
それとも、これから人並みでも幸せになりたいですか?

行動を起こすなら、少し先を見据えたことを行なうべきです。
冷静になってください。通知書にどこまでひどいことを書かれたのかわかりませんが、反論して公になり、辛いことまでも思い出し、家庭も今までどおりにいかなくなるかもしれませんが、それでも怒りをぶつけたら満足しますか?

結論から言うと、通知してきただけのものに返信しても無意味です。文通ではないし、答弁書でもないんです。
また、合意があっての妊娠については、残念ながらお互いの責任なんですね。憤る気持ちは女性として理解しておりますが、法律論で言うと半分は自己責任となってしまいます。

金輪際、連絡を取りたくないということであれば、今回の通知どおりに連絡を取らなくすればいいだけのことです。反論したいのは、ただ怒りが収まらないというだけなのですよね?

通知書は誰でも送ることはできます。ただ、彼...続きを読む

Qバレない横領・着服なんてあるんでしょうか

経理・会計事務に詳しい方などに回答いただければと思います。

横領・着服に関する事件が後を絶ちません。
銀行などで何年もバレずに億とか数千万円に及ぶこともありますが、
いつかは異動、そして退職する日が来ます。
私は常々、バレずに終われる横領・着服は100%とはいえなくても、ほとんど無いのじゃないかと思っているのですが、どうなんでしょう。

借金の返済に充てるためとかであれば、まだ心情を理解できないでもないですが(でも絶対やりたくないですけど)、
遊行費に使うなどは、とても考えられません。依存症に陥っているのでしょうか。

Aベストアンサー

 黒字で儲かっている、自分が経営している会社を清算した場合には、それまでに横領・着服していても見つからないでしょうね。

 ただ、普通そのような会社は経営者が高齢で事業が続けられないといった特殊な場合を除き、清算することは先ずないですから、税務署に徹底的に目をつけられて調べられると思います。
 税務署が横領・着服を刑事告発することはありませんが(税務調査で刑法上の犯罪が見つかったとしても、警察には資料提供できません。)、犯罪行為による所得でも所得ですから、横領・着服を税務申告していない場合には、脱税で告訴されます。

 赤字会社の清算では、弁護士が管財人となり、債権者の債権保全をおこないますから、その過程で横領・着服が発覚する可能性大です。
 もしこのときに経理資料を大量に処分して経理の実態が分からないようにした場合、着服で生じた赤字のほかにまともな取引で発生した赤字も含めて、資料処分を指示した人に、債権者から損害賠償請求をされる可能性大です。
 また、横領(=着服の刑法上の呼び方)は刑法犯ですから、誰でもその事実を知った人から告発できますので、会社がなくなったとしても、債権者や管財人から告発・告訴(管財人は、清算会社を代表するので告訴できます。)

 ばれずに着服できるケースは、着服目的で会社を運営し、破産管財人にも分からないように経理資料をつくる場合でしょうが、このときは詐欺罪が成立します。
 詐欺の完全犯罪は、被害者が気がつきませんし、横領ではありませんから、ご質問の対象外でしょうか。

 一番シンプルな、金融機関の外回り営業担当者が、おばあちゃんの預金通帳を預かって、預金の引きおろしを長年に渡って行い、預金の一部を着服していたところ、おばあちゃんが自然死してしまったときには、ばれないこともあるでしょうね。

 保険金詐欺にしても、着服にしても、繰り返せば見つかる確率は急に跳ね上がります。
 データーの中に1個の異常値があることは散見しますが、異常が2回続くというのは統計的に言って、何らかの「人の意思」である可能性が95%以上です。

 ですから、普通の人には考えられない心理状況であることは間違いないと思います。

 黒字で儲かっている、自分が経営している会社を清算した場合には、それまでに横領・着服していても見つからないでしょうね。

 ただ、普通そのような会社は経営者が高齢で事業が続けられないといった特殊な場合を除き、清算することは先ずないですから、税務署に徹底的に目をつけられて調べられると思います。
 税務署が横領・着服を刑事告発することはありませんが(税務調査で刑法上の犯罪が見つかったとしても、警察には資料提供できません。)、犯罪行為による所得でも所得ですから、横領・着服を税務...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング